スポンサーリンク

2010年10月07日

【名言集】『ショーペンハウアー 大切な教え』


ショーペンハウアー 大切な教え (智恵の贈り物)
ショーペンハウアー 大切な教え (智恵の贈り物)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、『読書について』でお馴染みのショーペンハウアー(Wikipediaでも、ショーペンハウエルではなく、ショーペンハウアー表記)の処世訓。

巻末の参考文献を見ると、『読書について』以外にも7冊ほど著作が列挙されており、それらから選ばれた「名言」は、計238

下記目次を見るとお分かりのように、本書は7つの章に分かれていて、それぞれテーマごとに掘り下げられています。

各ページごとに簡潔しているので読みやすく、手軽にショーペンハウアーの世界を堪能できる1冊だと思われ!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【目次】

1 幸福に生きる

2 自分を愉しむ

3 マイペースに暮らす

4 知性を磨く

5 快く過ごす

6 本と向きあう

7 自由にはばたく


【ポイント】

■1.自分の持ち物のありがたさに気づく
 人は自分の持っていないものを見ると、つい「あれが自分のものだったなら」と考えがちで、そのために不足感に陥ってしまう。それより、できるだけ「もし、これが自分のものでなかったなら」という逆のケースを想定すべきだ。つまり、自らが現在手にしているものを、仮に失った場合のことを考えるのである。財産も健康も、友人、妻子、恋人といった自分の愛する人々も、また馬や犬にしても、いずれも唯一無二の存在だ。たいてい、失ってみてはじめてその価値がわかるものである。


■2.幸福にあっては不幸を想定する
 時は大きな変化をもたらし、物事は元来はかないものであるという事実を忘れてはならない。したがって、どんな場合にも、反対の事態を想定することだ。幸福にあっては不幸を、友情にあっては敵意を、好天にあっては雲に覆われた空を、愛にあっては憎しみを思い浮かべ、信頼して打ち明ける際には、裏切られて後悔するところを想像するのである。また、その反対の場合にも、常に逆のケースを意識の中に入れておくといい。


■3.刺繍の裏をのぞく
 人生は、刺繍をほどこした布にたとえられる。生涯の前半は布の表を見せられ、後半は裏を見せられる。裏は表のようには美しくないが、得るところは大きい。針がどのように動いたのかがわかるからだ。


■4.孤独の二つの利点
 知的水準の高い人は、孤独によって二つの利点に恵まれることになる。一つは、自分自身を相手にしているという利点、もう一つは、他人を相手にしなくてすむという大いなる利点である。


■5.偉大な者は後世のために仕事をする
 同時代の人々の感謝を生きているうちに経験したいと思う者は、時代に歩調をあわせなければならない。だが、そうしていると、決して偉大なことは成し遂げられない。偉大なことを目指す者は、のちの世界に目を向け、後世のために確固たる自信を持って、自分の仕事を仕あげるべきである。


■6.自分の弱みを話せ
 相手を上機嫌にさせるには、最近自分が見舞われたトラブルについて話すか、個人的な弱みを包み隠さず打ち明けるのが何より効果的だ。このことは、人間の本性を実によく表しているといえる。


■7.遠く離れて美しさを知る
 人生のさまざまな情景は、粗いモザイクの絵のようなものだ。近くから見ても何の印象も得られない。美しいと思えるようにするには、そこから遠く離れて見る必要がある。


■8.悪書は読まない
 悪書は読まなさすぎるということはなく、良書はいくら読んでも読みすぎるということがない。悪書とは知性を侵す毒であり、精神を破壊するものだ。良書を読むための条件は、悪書を読まないことである。人生は短く、時間と体力には限りがあるからだ。


【感想】

◆実際にそうかはさておき、本書はやはり『超訳 ニーチェの言葉』を意識しているのだと思います。

私は正直なところ、「哲学」的な作品は守備範囲ではないので、実はこの『超訳 ニーチェの言葉』も読んでおりません。

とはいえ、装丁を含めたパッケージ全体としては惹かれるものがあり、そこに出てきたのが本書。

私はリアルな「本」として、現物を確認した上で購入しましたが、読書好きなら「ショーペンハウアー」の名前だけで買ってしまいそうなw


◆もちろん本書は、フレーズ集ですから、ページによっては数行で終わっているものもあります。

ただし、その一つひとつの重いこと、苦いこと。

よくよく考えたら、ニーチェはショーペンハウアーに影響を受けているのであり、ガチな哲学者だったんですよね(今さら)。

本書の帯にも「アルトゥル・ショーペンハウアーは私が誇りとする厳格な教師である」というニーチェの言葉が載っています。


◆そしてこの「厳格な教師」さんが、非常に「孤独が好き」であることが明らかにされているのが、第3章の「マイペースに暮らす」

あまりに「ぼっち」なので、上記のポイントでは1つしか取り上げていませんが、小見出しだけ拾ってみても
「孤独を愛さない者は、自由を愛さない者だ」
「人間関係は深入りしすぎない」
「非社交的な人は知的」
「独りきりの醍醐味」
等々、
「これでもか」ぼっちを礼賛しております。

他の章でも「群れることを嫌う」お話が出てくるので、よほど人付き合いが嫌いなのだと思われ。

多分何も知らないで本書を読んだら、フツウに驚くと思いますので、ここで先に告げておこうかと。


◆本書は、『超訳 ニーチェの言葉』より一回り小さいサイズでありながら、ハードカバー厚めの紙を採用しており、さらに手に取りやすい作りになっています。

さらにお値段も『超訳 ニーチェの言葉』より400円ほど安く、プレゼントとしてあげるにはいい感じ。

ただし、中身は上記で申し上げているように、ビターテイストなので、贈る相手はよく考えて頂きたく。


『ニーチェ』の次に来るのはコレかもしれません!?

ショーペンハウアー 大切な教え (智恵の贈り物)
ショーペンハウアー 大切な教え (智恵の贈り物)


【関連記事】

【名言】「スティーブ・ジョブズ名語録」桑原晃弥(2010年08月05日)

【オシムの言葉】「考えよ! ――なぜ日本人はリスクを冒さないのか? 」イビチャ・オシム(2010年04月13日)

【豪華!】「心に書きとめておきたい名経営者の至言」日経ベンチャー編(2008年08月16日)

【感動!】「最後の授業」ランディ・パウシュ(2008年06月16日)

ジャック・ウェルチの「私なら、こうする!」(2007年05月11日)


【編集後記】

◆今日ご紹介した本と同じく、イーストプレスさんからもうじき出るご本。

頭が突然鋭くなる「全脳」刺激法
頭が突然鋭くなる「全脳」刺激法

茂木先生の作品は、当ブログとしてはあまり取り上げていないのですが、これは面白そうです。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「自己啓発・気づき」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 07:30
Comments(0)自己啓発・気づきこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク