スポンサーリンク

2010年10月03日

【逸品】文具王オススメのパンチ『アリシス』を買ってみました




【はじめに】

◆今日は、久々に文房具ネタを。

以前、ブクマされまくっていて、気になった文房具の記事がありまして。

【文具王】2穴パンチに“120年ぶりの構造革新”、これなら絶対間違いない! - ライフ - 日経トレンディネット 【文具王】2穴パンチに“120年ぶりの構造革新”、これなら絶対間違いない! - ライフ - 日経トレンディネット

文具王こと高畑正幸さんが、2穴パンチの新製品『アリシス』を紹介されたもの。

私も「こりは買わねば!」と、速攻でアマゾンアタックしようとしたら品切れで、そのままついつい忘れておりました。


◆ところが先月、日経新聞土曜版の『NIKKEIプラス1』で、「スマートに使える進化系文具」なる特集があり、そこで堂々3位に入った、この『アリシス』を見て、「やっぱ買わねば」と決心w

今回はアマゾンでも在庫があり、無事入手できた次第です。

その後それなりに使ってみて、そろそろ記事を書いてもよいかな、と。

微妙ですけど動画もございますので、ご覧下さいマセ。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【外観&ハンドルロック機能】

◆アリシスの特長として、とにかく「小さい」

ハンドル部分がロックされていることもあり、通常はこんなにコンパクトです。

アリシス ロック状態












これなら、使わない時には、机の引き出しに収納しておくことも可能。

幅が、机の2番目の引き出しの高さに近いので、立ててしまったりすることもできます。

文具王の収納見本


◆このハンドルロックは、ロックされた状態からさらに押し下げることでロックが解除されます。

逆に、押し下げて左にあるボタンを押すと再度ロックがかかる仕様。

動画でその模様をやってみました。



片手で撮影しながらなので、動画はちょっとブレてしまってますが、ハンドルロックも片手でできますw



【用紙ガイド】

◆このコンパクトさを可能にしているもう1つの要因が、独自の「用紙ガイド」

従来の穴あけパンチですと、最低限用紙ガイドの長さだけは、どうしてもデフォルトで必要でした。

それが、アリシスですと冒頭の画像をご覧いただければお分かりのように、使わない時には用紙ガイドの長さは存在しません

その秘密が「キャタピラーのようなガイド」

動画でもちょっと分かりずらいのですが、ニョロニョロと伸びてきますw



どういう仕組みかについては、分解するわけにもいかなかったので、こちらの画像でご確認を。

文具王のサイトのガイドの画像


◆さらにコンパクトとは関係ないのですが、個人的にありがたかったのが、ガイドの高さが、常に穴開け部分と同じになるよう、「脚」が付いていること。

従来の製品のように、書類の重さでたわむこともありません。

アリシス 用紙ガイド











そして、上記の動画でもカタカタいっているように、ガイドは定型サイズのところで必ずセットされますので、微妙な穴のズレもないです。

大量に穴開けしていると、たまにガイドがずれてくることがあるので、これも職業柄w嬉しい仕様。


【穿孔(せんこう)】

◆いよいよ穴開け。

言い忘れてましたが、このアリシスの最大の特長は「穴を開けるのに必要な力が従来製品の1/2で済む」ということ。

その秘密は「2重テコの仕組み」ということで、またまた文具王のサイトから解説部分を丸ごとご紹介。



文具王も「独特の感触」言われていますが、確かに他の穴開けパンチとは、穴を開けたときの感触や音がちょっと違うような。

こちらは、実際に穴を開ける時の動画です。



……スイマセン、この動画じゃ「感触」までは分かりませんねw


◆ちなみに、「穴を開けるのに必要な力」については、事務所にあった穴開けパンチが「50枚用」と、このアリシスよりあきらかに大きかったので、比較できませんでした。

そもそも、押し下げるハンドルも2割以上長いので、理屈で考えたら、そっちの方が明らかにラクなハズ。

でも今回アリシスのマックスである35枚の穴開けをやってみたら、ほとんど変わらないように感じました。

もし同じサイズの従来品と比較したら、圧倒的にアリシスがラクだと思います(1/2かどうかは微妙でしょうが)。


【感想】

◆というわけで、従来品もまだまだ十分使えるのに、このアリシスを買ってしまったワタクシw

ただ、機能もさることながら(もちろん機能も優れてますが)、ルックスが秀逸なんですよね、コレ。

たまたま事務所のテーブルがオフホワイトなんで、それに合わせてホワイトを選んだのですが、文具王のように引き出しにしまわないでむしろ卓上に飾っておきたい外観です。

さすがに、色違いで揃えようとまでは思いませんけどw

カール事務器 2穴パンチ アリシス 穴あけ枚数35枚 ブルー

カール事務器 2穴パンチ アリシス 穴あけ枚数35枚 レッド


◆また、今回の記事では触れておりせんが、穴を開けた後のゴミの始末方法への配慮もされており、まさに至れり尽くせり

ここまで機能&外観てんこ盛りで、お値段が単行本1冊程度というのもスゴイです。

文具王が「これなら絶対間違いない!」と言われるのも納得。

上記記事での裁定も10点満点ということなので、もし買われる機会があれば、ぜひご検討を。


書類整理のお供に1台どうぞ!



【関連記事】

【文具王流】『究極の文房具ハック』高畑正幸(2010年09月17日)

【文房具】文具王の「究極の文房具カタログ」から選んだ定番文具8品(2009年11月12日)

【文房具】「仕事にすぐ効く 魔法の文房具」における文具10選(2010年06月24日)

【動画アリ】「はりトルPRO」を試してみました。(2009年12月02日)

「ハイテックC コレト」と「フリクションボール」買ってみました(2007年03月18日)


【編集後記】

◆冒頭の「スマートに使える進化系文具」で、アリシスは3位だったのですが、では1位は何かというと、コチラ!

マックス バイモ HD-11FLK/B ブルー
マックス バイモ HD-11FLK/B ブルー

このバイモも実は既に使っておりますので、機会があればまたご紹介でも(既にお使いの方も多いと思いますが)。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「文房具その他ツール」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(0)TrackBack(0)文房具その他ツールこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51865672