スポンサーリンク

2010年08月22日

【文章術】『【決定版】成川式 文章の書き方 』に学ぶ文章術の7つのポイント




【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、先日のPHPビジネス新書の記事で取り上げた「文章術」の本。

実は本書は何度か改訂がなされており、最初の版が出たのは1996年ですから、14年にも渡って読まれてきた定番本のようです。

アマゾンの情報が少ないので出版社のサイトから。
累計15万部のベストセラーに、メモ・挨拶・Eメールの技術などを加え、ビジネス仕様へ大幅改訂!
句読点とカッコの関係など間違えがちなルールから、間違いなく文意を伝えるコツ、相手の印象に残す工夫まで、文章の書き方を完全網羅。
「文章をつくるのが苦手」「人からわかりづらいと言われたことがある」「書類やメールの文面を気にしていない」……ひとつでも当てはまった人は要チェック! ビジネスマンなら完全保存の文章術です。
文章の書き方が一通り述べられているのですが、特に今回は、「私が知らなかったこと」「直すべきこと」を中心にポイントを7つまとめてみました。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【目次】

第1章 <成川式>文章上達の心構え

第2章 <成川式>ちょっとした文章作法でみるみる上達

第3章 <成川式>文章上達「べからず」集

第4章 <成川式>注意すべき文章表記法

第5章 <成川式>しっかり覚えよう!文法編

付録


【ポイント】

■1.文書は、断定して書く

◆いきなり思いっきり引っかかってるんですがw
「〜だろうか」「〜なかろうか」「〜かもしれない」(中略)「〜と思う」「〜と考えられる」や「〜といわれている」などは、なるべく使わない。
⇒内容をぼかしたり、責任逃れにしないためである。
⇒文章を強くするためである。
基本は「断定して書く」

一応私も「考えるところあって」このような書き方をしているのですが、皆さんは普通に文章を書かれる際には、「断定して書く」方が良いと思います。

……って、さっそく「〜と思う」なんですがw


■2.カギカッコと句点「。」の使い方

◆原則「カギカッコの中の最後の文章には句点をつけない」というのは、知っていました。

ただ、文章が続いたり、その前に文章がある場合にはどうなるのか?
カギカッコの前に1文があって、カギカッコでくくった文が続くときは、閉じカッコの後にも句点を打つ(よい例3)。

(よい例3) 花子は言った。「今日は雨が降りそうね」。
これは感覚的に分かります。

もう1つ。
カギカッコの後に、新しい1文を続ける場合は、閉じカッコの後に句点を打つ(よい例4)。

(よい例4) 「今日は雨が降りそうね」。花子は言った。
この場合、文章を切らないで、「と」でつなげると当然句点はつきません。

この件については他のケースもありますので、自信のない方は、この部分は要チェックで。


■3.文語調の表現はできるだけ使わない

◆まずは、その「文語」についての解説。
文語とは、平安時代を基礎として発達した文体のことで、話し言葉を基準にした現代の口語文に対するものである。
と言われても良く分からないので、文語調とそれを訂正した具体例を。
×理由のいかんを問わず
○理由がどうあろうと

×意見の一致をみた
○意見が一致した
文語調を使わない方が、「読みやすく、親しみやすい文章になる」とのこと。

他にも「優勝を遂げた」「彼ごときに負けない」なんてところも文語調だそうなので、結構使いまくっていることにちょっと反省。

でも、使ってる方が自然に感じるのは、気のせいでしょうか?←言い訳


■4.「〜という」と「〜と言う」を、区別する

◆私は、本から引用する場合には、そのまま元の文章に従っていますが、自分で書く場合は、「〜と言う」が多いような。

でもキチンと使い分けが必要とのこと。
(1)実際に誰かが言った言葉でない場合は、「〜という」と表現する。

○サッカーというスポーツは、〜

(2)実際に言った言葉の場合は、「〜と言う」と表現する。

○「サッカーが好きだ」と言う人は、〜
ちなみに本書には「『時』と『とき』「『時』と『とき』」といったところの使い分けも紹介されていました。


■5.「ぶり」「目」「足かけ」「周年」を、正しく使う

◆この中から、比較的よく使う「ぶり」「目」についてご紹介。
(2)「ぶり」は、起算の時を含まない。

審議は、突然の中断から20日ぶりに再開した。
……「中断の日」を含めず、その次の日から数えて20日。

(3)「目」は、起算の時を含む。

審議は、突然の中断から20日目に再開した。
……「中断の日」を含めて数えて20日。
まぁ、違ったとしても1日だけなんですが、キチンとした文書では、そこが大事だったりしますから。

なお、「足かけ」「周年」については、本書にてご確認を。


■6.丸カッコ()の細項目には、<>を使う

◆私は丸カッコの中もさらに丸カッコでくくっていましたが、これは誤りとのこと。
×(ロッキード事件(丸紅ルート)判決)
○(ロッキード事件<丸紅ルート>判決)
また、同様に丸カッコの中を「(())」でくくるのも間違いですので、ご注意を。

ちなみに、カギカッコを使う順番は、「『 』」の順番ですので、こちらもお間違いのないよう。


■7.「〜など」を使う場合は、2つ以上の例を挙げる

◆そもそも、「2つ以上の例」以前に、「〜など」とひらがなで書かずに、「〜等」と漢字で書いている私……。
×うどんなどの、めん類が好きです。
うどんやラーメンなどの、めん類が好きです。

(1)「〜など」を使う場合は、2つ以上の例を挙げる。
⇒読み手が、例で示す全体像を推定できる。
⇒1つの例を挙げただけでは、全体のイメージがつかみにくい。
ちなみに、注書きによると、資格試験や社内試験の論述問題では、「とう」と読ませる場合には漢字で「等」と書いたほうが点数が高くなることがあるそう(採点者に、漢字が好きな高齢者が多いため)w

いや、でも上の文でさえ「資格試験等の〜」と書こうとしてましたし、私はかなり重症のようです。


【感想】

◆まとめていて、かなり片寄った内容になってしまい、ちょっと反省。

ここで挙げたのは、あくまで私が意識しておきたい内容であって、本書の中心部分とは言いがたいです。

たとえば、「同じ意味の言葉を重複して使わない」ですとか、「不要な修飾語を使わない」といった、類書でも見かける内容は丸ごとカット。

同様に、「文末に、変化をつける」のような、自分がこだわっている部分は、あえて載せる必要もないかな、と(個人的に)。


◆ただ、実は他にも「守られていない」項目がちらほら。

『「〜化」「〜性」「〜的」という表現は、なるべく使わない』なんてのは、当ブログのタイトル自体がアウトですよ。

これは「化」「性」「的」というのがあいまいな表現であり、なくても十分意味が通じるから。

ただし、「効果的」「基本的」のように、一般的な言葉として定着している語句は除外するとのこと。

確かに「あいまいな表現」というのは、そうなんですけど、わざと意識して使っていることもあるんですけどね。

……今、「意識的に使っている」と書きかけたのを、直してみましたw


◆あくまで、このブログは趣味の活動なので、ガチガチに堅苦しく考えなくても良いのでは? と思う反面、そのフレーズがそのまま新聞広告に載ってしまうこともある以上、こういった基本ルールも、できる限り守っていきたいと思うわけでして。

とはいえ、「知らない」ものは「守りようがない」ですから、とりあえず「知っておく」のも大事かと。

特に、ビジネスユースでブログを書かれている方なら、こういった本を持っておくと、何かあった時に便利だと思われ。

巻末に索引も付いていますし、辞書代わりに1冊どうぞw


備えあれば憂いなし!

【決定版】成川式 文章の書き方 (PHPビジネス新書)
【決定版】成川式 文章の書き方 (PHPビジネス新書)


【関連記事】

【ライティング】「書いて稼ぐ技術」永江 朗(2009年11月20日)

【文章術】「話は5行でまとめなさい」に学ぶ5つのポイント(2009年09月17日)

【ロジカルライティング】「仕事ができる人の論理的に考え、書く技術」小野田博一(2009年06月24日)

【横書き文章術】「説得できる文章・表現200の鉄則 第4版 ネット時代の横書き仕事文はこう書く」(2009年05月19日)

【文章術!】「文章のみがき方」辰濃和男(2008年02月13日)


【編集後記】

◆ふと思い立って、大昔によく聴いていたこの曲を、YouTubeで視聴。



いい曲たくさん書いてた人だけに、また活動して欲しいものです。

ゴールデン☆ベスト
ゴールデン☆ベスト



人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「メルマガ・ライティング関係」へ

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:30
Comments(0)TrackBack(0)メルマガ、ライティング関係このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51852814