スポンサーリンク

2010年07月26日

【77のテクニック】「キャッチコピー力の基本」川上徹也


キャッチコピー力の基本 ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニック
キャッチコピー力の基本 ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニック


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、私たちブロガーには必須の「キャッチコピースキル」を上げてくれる1冊。

先日上京された聖幸さんと、リアル書店を物色中に、二人で見つけました(聖幸さんも後にゲットされたよう)。

アマゾンの内容紹介から一部引用します。
情報があふれる現代社会においては、「タイトル」「見出し」「決めゼリフ」「キャッチコピー」など、受け手の気持ちをとらえて離さない「ワンフレーズ」が、すべてのビジネスシーンで何よりも重要になってきました。
そこで本書は、仕事で一番必要なのに、誰も教えてくれなかった「言葉の選び方、磨き方、使い方」を、普通のビジネスで使えるように、わかりやすく解説します。(中略)
広告、出版などのクリエイティブ業界の人だけでなく、商品開発や店頭でPOPを書く人まで、辞書代わりに1人1冊所持したくなる本です。
これは結構使えそうなヨカン!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【目次】

はじめに

第1章 「キャッチコピーカの基本」の基本3力条

第2章 「言い切リ力」をつける

第3章 「読み手」に考えさせる

第4章 「語呂のよさ」を考える

第5章 「比喩力」を磨く

第6章 「名言」を貯金する

第7章 「組み合わせ」で化学反応を起こす

第8章 「造語力」を身につける

第9章 「ストーリー」を喚起させる

【ポイント】

■1.みんなが言いたかったことをスバッと言う
 「みんなが言えないのに言いたかったこと」をスパッと言うのは、簡単そうでハードルが高い技です。会議など閉じられた場ではできても、大勢の人がいるところでは、誰しもが言いたくても言えなかったフレーズを見つけ出すのは難しいものです。逆に言うと、それを見つけ出すことができれば、多くの人の気持ちをキャッチすることに成功できるのです。
 ●見本⇒カゼは社会の迷惑です
 ●見本⇒亭主元気で留守がいい


■2.具体的な数字を入れる
 ●普通⇒安くて手軽なドリップコーヒー
       ↓
 ●見本⇒コーヒー1杯19円
 このように具体的な数字を打ち出すことは、企画書、プレゼンテーション、報告書など、仕事のあらゆる場面で有効な手法です。
 あなたが就職や転職するときなどのプロフィールでも、実績をできるだけ具体的な数字であげると、印象に残りやすくなります。もし、書くべき数字が見あたらないのであれば、今後「数字をつくること」を意識してみてください。


■3.得になること、効果を入れる
 ●普通⇒腰に無理な負担がかからないように設計した座椅子
       ↓
 ●見本⇒「長時間座りづめでも腰が疲れにくい」と、腰痛持ちから10年以上も支持され続けている座椅子
商品自体の機能よりも、購入する側のメリットを強調していることがわかるでしょう。こんなふうに、受け手の具体的なメリットが書かれてあると、「あ、これは自分に関係がある!」と思ってもらえる可能性が高くなるのです。


■4.脅して言い切る
 ●見本⇒進化する変態企業 変われない会社は2年で滅ぷ
 ●見本⇒銀行亡国 「再建」放棄が日本をつぶす
 このテクニックは、得意先への提案やプレゼンでも有効です。得意先やその商品・サービスのウイークポイントを探し出し、「このままだと、こんな大変なことになりますよ」というニュアンスを言い切るのです。


■5.命令して言い切る
 人は命令されると、何かしらの反発を覚えます。その一方で、命令されることに喜びを感じる心理もあります。競争が激しく、スルーされる確率が高い商品などの場合は、あえて命令形にして、人の心を刺激するという方法があります。
 ●見本⇒『お金は銀行に預けるな』
 ●見本⇒『スタバではグランデを買え!』


■6.隠愉(メタファー)でたとえる
 小説家の村上春樹さんが2009年にエルサレム賞を受賞したときのスピーチは、「壁」と「卵」というメタファーを使って大きな話題になりました。(中略)

 メタファーを使わなければ、それほどまでに大きな話題にはならなかったかもしれません。メタファーを使ったことで、鮮明にイメージが喚起され、聞き手の心に残ったのです(逆の効果として、壁の解釈を巡って、さまざまな意見がありました)。


■7.擬物法を使う
「擬物法の名人」といえば、アナウンサーの古舘伊知郎さんでしょう。今ではニュースキャスターのイメージのほうが強くなっていますが、アナウンサー時代、スボーツ中継や歌番組で印象深い擬物法のフレーズを数多く残しました。
 たとえば、F1レーサーのミハエル・シューマッハのことを、「顔面三浦半島」「顔面ケルン大聖堂」「F1ティラノザウルス」などと擬物法で表現しました。水泳選手のイアン・ソープのことは、「水中四輪駆動」「沈まないタイタニック」などと表現しました。


【感想】

◆この記事の冒頭で、「私たちブロガーには必須」と申し上げたように、ブログタイトルと、その反応(アクセスやブックマーク、Twitterでの言及等)には、かなり密接な関係があります。

例えば、私のブログ記事の場合、以前は、普通に「書名&著者名」をブログタイトルにしていました(冒頭のキーワードは別として)。

全くもって凡庸というか、自分自身で注目を集めようとは思っていなかったワケですね。

ところが過去何度か、たまたま書名の方に、元からフックがかかっていたため、はてなブックマークが集まってしまったことがあったという。


◆典型的なのがこの記事の本のタイトル。

【起業&仕事術】「なぜ、週4時間働くだけでお金持ちになれるのか?」ティモシー・フェリス:マインドマップ的読書感想文 【起業&仕事術】「なぜ、週4時間働くだけでお金持ちになれるのか?」ティモシー・フェリス:マインドマップ的読書感想文

これは、本書の分類によるところの「hint18 問いかけてみる」「hint09 かかる時間を示す」の合わせワザ。

さらに、本のテーマとして手堅い「お金」「恋愛」「健康」のうちの1つである「お金」ですから、それはブックマークも集まります罠。

また、現在最多被ブクマ数のこの記事の本のタイトルの場合は、「hint08 具体的な数字を入れる」「hint09 かかる時間を示す」の2つが使われています。

【話し方】「たった1分間で相手を引きつける話し方13のテクニック」アラン・ガーナー:マインドマップ的読書感想文 【話し方】「たった1分間で相手を引きつける話し方13のテクニック」アラン・ガーナー:マインドマップ的読書感想文


◆最近では、ホッテントリの味をしめて(?)、書名が大人しいと、よくある「〜で学ぶ●つのキモ」といった、「アサマシイ」タイトル付けが常習化。

さらには、禁断のワザ(?)である「ホッテントリメーカー」に頼ることも多くなってしまいました。

ただ、他のブログのアクセス解析は存じませんが、ライブドアブログだと、「どのリンク元からどの個別記事にアクセスがあったか」が上位30位まで分かります。

それを見てしみじみ思うのは、「タイトルの付け方いかんで、アクセスが全然変わるんだな」、ということ。

記事を読んだ上で、ブックマークされたり、TwitterでRTされたり、本をお買い上げ頂いたり、ということとダイレクトにつながっているかまでは見えませんが、とにかく「アクセス」だけは、ほぼ「タイトル勝負」といって良いと思います(記事のテーマはもちろんですが)。


◆本書は、豊富な事例を用いて、過去の「ヒットコピー」を分析するとともに、それらの参考文献や出典を巻末に5ページに渡って収録している(計208点)ところも、すごいな、と。

紹介された「77のテクニック」のうちには、ちょっと似ていたり、利用がむずかしそうなものもありますが、煮詰まった時等にパラパラめくるだけでも、アイデアが湧いてきそうな感じ。

また、世間で話題のフレーズ等を分析しても面白そうです。

「リア充爆発しろ!」というのは、「hint15 命令して言い切る」「hint61 合わない名詞と動詞を組み合わせる」の合わせワザだな』みたいなw


「アテンション」が必要な方なら必読!

キャッチコピー力の基本 ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニック
キャッチコピー力の基本 ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニック


【関連記事】

【フツウにスゴ本】「ザ・コピーライティング」ジョン・ケープルズ (著), 神田昌典 (監修)(2008年10月20日)

【スゴ本】「費用対効果が見える広告 レスポンス広告のすべて」後藤 一喜(2009年07月30日)

【スゴ本!】「広告コピーってこう書くんだ!読本」谷山雅計(2008年01月15日)

「10倍売る人の文章術」ジョセフ・シュガーマン(著)金森重樹(監訳)(2006年05月08日)

【マインドマップ書評】「なぜ通販で買うのですか」 斎藤 駿 (著)(2005年06月28日)


【編集後記】

◆ちょっと気になる本。

「働きがい」なんて求めるな。
「働きがい」なんて求めるな。

アソシエの連載の書籍化とのことなので、要チェックかな、と。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「メルマガ・ライティング関係」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:00
Comments(2)TrackBack(0)メルマガ、ライティング関係このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51844389
この記事へのコメント
smoothさん、こんにちは&お久しぶりです。
記事読まずにアマゾンアタックしてしまいました(汗)今日届くのが楽しみです。
Posted by LuckyUS@フォトリーダー at 2010年07月29日 06:00
>LuckyUSさん

ご無沙汰しております(汗)!
といか、早朝にコメントいただいたせいか、レスし損ねておりました。
申し訳ございません。

そしてアマゾンアタックありがとうございました(涙)!!!
この本、私たちのブログタイトルにも応用できそうですよw
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2010年08月02日 02:36