スポンサーリンク

2010年07月16日

【理系式アイデア本】『ブレーン・ハッカー 巨人の「肩」に乗れ!』デイビッド・マレイ


ブレーン・ハッカー 巨人の「肩」に乗れ!―「新しいこと」を次々に考える“脳”! (East Press Business)
ブレーン・ハッカー 巨人の「肩」に乗れ!―「新しいこと」を次々に考える“脳”! (East Press Business)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、本田直之さん翻訳の「アイデア本」

原題が「Borrowing Brilliance」と言うだけあって、アイデアを「借りてくる」ことで、素晴らしいアウトプットを生み出せることが、数多くの事例とともに紹介されています。

ところで、この手のアイデア本として珍しいのが、著者のデビッド・マレイが「理系の発明家」であるということ。

アマゾンの内容紹介から、著者経歴を引用します。

発明家、企業家。工学部の学生の頃、ニュートンの「自然哲学の数学的諸原理」に触発され、卒業後は航空宇宙エンジニアとして、スペースシャトル、次期戦略ミサイル、地球を周回する国際宇宙ステーションなどをニュートンの方程式を応用し、NASAとの協働で設計・建設。その後、いくつかの会社を起業、最初の会社は「Inc」誌によって「急成長した全米100社」に選ばれた。フォーチュン500の企業数社で重役を務めたほか、ソフトウェア会社インテュイット社のイノベーション部門の統括経験もある。

この経歴を踏まえて読むと、本書の内容がより一層「腑に落ちる」ハズ!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【目次】

"うまくいっている人のやり方"を応用する この本の「レバレッジ発想法」こそ"創造"の秘密! 本田直之

はじめに これこそ究極の「発想の転換」 「コペルニクス」たちの“目と頭”を借りる法

1部 創造的アイディアの「建設」 巨人の「頭脳」の“いいところ取り”する!

 定義する―「解決しようとしている問題を定義する」
 借りる―「似たような問題のあるところから、アイディアを借りる」
 組み合わせる―「借りてきたアイディアを、結びつけ、組み合わせる」

2部 創造的アイディアの「発展」 巨人の「頭脳+α」で行動する!

 培養する―「組み合わせた材料を培養して、解決に導く」
 識別する―「解決策の長所と短所を見分ける」
 育てる―「短所を排除し、長所を伸ばす」

結論


【ポイント】

■創造的なアイディアは、解決しようとする問題の上に成り立つ

 チャールズ・ダーウインの伝記の中に、このテーマに関する彼の考えが書かれていた。「振り返ってみると、問題を解くことよりも問題そのものを見極める方が難しかった」。アルバート・アインシュタインの伝記にもこう書かれている。「問題をはっきりさせることは、解くことよりもずっと大切だ」。


■「材料」がアイディアを決定する

 使う材科がエンジニアの創造するものの形を決めるように、あなたのアイディアも、それを築くために使う材料に左右される。だから、アイディアを構築する前には、解決のための材料を集めなければならない。どんな場合でも、材料が解決策の性質を決める。何もないところから、何かを作ることはできない。何か別のものから作るのだ。


■「正反対」から借りてくる

 借りるアイディアを探しにいくときに、自分の業界から離れて踏み出す一歩は、正反対の方向であるべきだ。あなたと同じ市場で「大きい商品」が成功しているなら、「小さい商品」を作ってみよう。「柔らかい商品」が成功しているのなら、「固い商品」を作ることを考えてみよう。


■メタファーを「確立」する

 ルーカスが、探していた「SFと神話」という組み合わせをついに見つけたのは、3度目の草稿を書いているときだった。(中略)

ある日、彼は自分が「神話の要素を持ったファンタジー」という形のSF脚本を書こうとしているのだということに気づいた。スパイ映画でもない。西部劇でもない。古代の伝説だ。「スター・ウォーズ」のアイディアが生まれたのは、このときだった。ルーカスの頭の中でふたつのアイディアが融合し、意味と目的をもったものに育ち始めた。


■潜在意識に創造のプロセスを教える

あなたが定義した問題、集めた材料、たとえによって構築した枠組みを、「意識による思考」という控室から、「潜在意識による思考」という宴会場に招き入れるのだ。つまり、影の自分に、問題、借りてきたアイディア、そして前途有望な組み合わせを与えるということだ。


■「怒り」や「興奮」は創造の起爆剤

創造的思考では、感情を利用しよう。興奮しよう。怒ろう。喜ぼう。(中略)

伝えられるところによると、ステイープ・ジョプズ、ニュートン、ウォルト・ディズニー、マリー・キュリー、ビル・ゲイツは、感情を利用した。彼らは、考え、「そして」感じた。あなたもそうすべきだ。心の中の「ブイ」を監視し、水面下の深いところでアイディアがひっかかったら、引き寄せる準備をしておかなければならない。その釣り針と糸こそ、創造的なプロセスにおける感情だ。


■問題を「再定義」する

 へンリー・フォードは、「世界で一番安い車を作る」と彼が説明した「モデルT」に関して、とても具体的な問題を解決した。一方、ゼネラルモーターズ社のCEO、ウィリアム・デュランは、この問題を言い換えて、「人びとが買える車を作る」と再定義した。ふたつの問題の違いはなんだったのだろうか?
 へンリー・フォードは安い車を作った。ゼネラルモーターズ社はもっと面白くて、もっと高い車を作ったが、1919年に融資部門GMACを作ることで、問題を解決した。人びとが月賦を利用することで、「買える」ようになったのだ。これらのアイディアによって、ゼネラルモーターズ社は最終的にフォード社よりたくさんの車を売った。


■アイデア再構築の手段:「並べ替え」

 へンリー・フォードは、自動車も組立ラインも発明しなかった。彼は、食肉加工会社からアイディアを借りて、現代の「動く」組立ラインを作ったのだ。食肉加工会社では、牛を解体するために、動くフックとコンべヤーシステムを利用した。フォードはこれを逆転させ、自動車を組み立てるために同じアイディアを利用した。彼はただ、違う業界のアイディアを並べ替えて、自分のビジネスの問題を解決するために生かしたのだ。


【感想】

◆世間一般的には、「アイデアを借用する」というと、「パクリ?」という反応が来かねませんが、本書を読んで今さら認識したのが、過去の発明や発見の多くが、何らかの形での「借用」であることが極めて多いということ。

ただし、借りてくる場所が、「同じ分野」だと、下手すれば「盗人」扱いなのに対し、まったく違う分野だと「創造的」と言われるワケで。

例えば本書では、ビル・ゲイツがスティーブ・ジョブズのアイデアを「借用」して、「ウィンドウズ」を発表したことによる両者のいさかいについて言及。

その一方で、論文における「引用数の多さで重み付けをする」、というアイデアを「借用」して「ページランクを考案したグーグルの二人は賞賛されています。

なるほど、アイデアは「遠いところから借りろ」と。

…丁度弾さんが、こんな記事書かれてますがw

404 Blog Not Found:The Best vs. The Most - 書評 - アップルvs.グーグル


◆もう1点、「問題を定義する」ことも、アイデアにとって重要であることがよくわかりました。

確かに、「問いが正しければ、問題は解決したようなもの」とはよく言ったもの。

ポイントでは取り上げなかったのですが、問題を理解するために、まず「見上げ」て(高次元)、そして「見下ろす」(低次元)という手法も興味深かったです。

ふと、小山龍介さんのこの本のことを思い出してみたり(「レイヤー」の話とか)。

ライフハックのつくりかた
ライフハックのつくりかた

参考記事:「ライフハックのつくりかた」小山龍介(2007年04月09日)


◆また、本書の訳者である本田直之さんも、冒頭で述べられているように、様々な分野からノウハウを「借用」されています。

特に本田さんの場合は、借りてくる場所が「脳科学」「投資」といった、本の直接のテーマとは関係ない分野からのものが多いせいか、スマートな気が。

似たようなビジネス書が濫造される中、本田さんがキチンとポジションを築かれているのは、こういう点にあるのかもしれません。

そもそも「レバレッジ」という言葉も、元々は投資用語ですもんね。


◆ポイントだけ抜き出すという、当ブログの構成の関係上、ちょっとわかりにくいのですが、本書で述べられているのは、「6つのステップ」に従ってアイデアを創り出す、という手法です。

そのステップとは「定義する」「借りる」「組み合わせる」「培養する」「識別する」「育てる」の6つ。

それぞれ、事例も豊富に収録されていますし、キチンと読み進めていけば、かなり効果がありそうなヨカン。←単純w

アイデアとは、「何にもないところから生み出すワケではない」、と思うだけで、自分でも何とかなりそうな気がするってもんです。


理系らしく、「ロジカル」な1冊!

ブレーン・ハッカー 巨人の「肩」に乗れ!―「新しいこと」を次々に考える“脳”! (East Press Business)
ブレーン・ハッカー 巨人の「肩」に乗れ!―「新しいこと」を次々に考える“脳”! (East Press Business)


【関連記事】

【ヒットの秘密】「理系の企画力!」宮永博史(2009年08月07日)

【商品開発の天才?】「ヒットの神様」内田 耀一, コイケ ジュンコ(2009年06月30日)

【枯れた技術の水平思考】「任天堂 “驚き”を生む方程式」井上 理(2009年05月15日)

【発明】「発明家たちの思考回路」エヴァン・I・シュワルツ(2007年10月12日)

【アイデアワイズ】「アイデアをいただいてしまえ」(2007年06月27日)


【編集後記】

◆今号の雑誌「ブルータス」はジブリの特集。

BRUTUS (ブルータス) 2010年 8/1号 [雑誌]
BRUTUS (ブルータス) 2010年 8/1号 [雑誌]

ヨメが大ファンなので、アマゾンアタック!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「アイデア・発想・創造」へ

この記事のカテゴリー:「本田直之」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 07:30
Comments(0)TrackBack(0)アイデア・発想・創造このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。