スポンサーリンク

2010年05月20日

【ムック】1200冊見た中から「気になるムック本」を12冊選んでみました


【はじめに】

◆最近、新刊なのに完全にノーマークだった本が、何冊もあることが判明したワタクシ。

自分ではリアル書店等できちんとチェックしているつもりでしたが、ムックは巡回するコーナーに置かれていないせいか、漏れていたようです。

そこで、アマゾンの検索欄に「ムック」と入れて、新しいもの順に並べたところ、ダーっと76,000件超もヒットw←多杉

…というか、そのほとんどがビジネス以外(旅行や料理、H系等)なんですけどネw

そこで、コツコツと「10ページ・1200冊」まで見た中で、気になった本を12冊選んでみました。

皆さんの参考になれば幸いです。

<追記>

1冊追加して計13冊になりました。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【気になるムック12冊】

小山龍介 TOOL HACKS! (LOCUS MOOK)
小山龍介 TOOL HACKS! (LOCUS MOOK)

本書では、「TOOL HACKS!」のタイトル通り
ペンやノートといったアナログツールからiPhoneやスキャナといったデジタルツール
さらにはSugarSyncやTwitterといったクラウドツールまでを「整理」「時間」「思考」の3つのカテゴリーに分け「概念→ツールを使った具体的な方法論」の順に解説していきます。

また、ノート術について野口悠紀雄氏、Twitter活用術について川井拓也氏、情報収集術について高橋洋一氏との特別対談を収録。

さらには、アナログツールからデジタルツール、クラウドツールまでの「これそオススメ」なベストバイを紹介します!

デジタル機器やクラウドサービスが苦手な方も、仕事術初心者の方も誰もが楽しめる内容になっています。

◆いかにも「ムックらしい」1冊。

本書には「考具」の加藤昌治さんが登場されているようなのですが、この「TOOL HACKS!」こそが、現代の「考具」なのかもしれませんね。


装丁の仕事174人 (玄光社MOOK WORKBOOK ON BOOKS 8)
装丁の仕事174人 (玄光社MOOK WORKBOOK ON BOOKS 8)

第一線で活躍中のブックデザイナー174人の作品を1人1ページの構成でそれぞれ4~16点ずつ紹介。 ブックデザイナーの略歴、連絡先などのパーソナルデータと作品データを添付しているので、制作依頼のインデックスとしても活用できます。

◆ちょっとお高いお値段なのですが、これから本を出そうとお考えの方や、出版関係者の方なら読んでおくべきムックかな、と。

前作から2年半ぶりの登場です。


ツイッター 会社と仕事はこう変わる (日経BPムック)
ツイッター 会社と仕事はこう変わる (日経BPムック)

■企業でツイッターを導入 活用するための情報が1冊に!

日経ビジネス編集部が、膨大な取材を基にツイッターで変わる会社と仕事を解き明かします。先進企業に直接取材し、ビジネスでツイッターを使う際のノウハウや注意点などを聞き出しています。

■UCC失敗の研究 ツイッターの課題やリスク、迅速に解決するための方法

■先進企業リポート&先達があなたにアドバイス「企業が備えるべきツイッター・リスク対策」
日本オラクル/マイクロソフト/GABA/ UCC/日本コカ・コーラ/ニフティ「デイリーポータルZ」/ネイバージャパン/インテグレート/スケダチ/東海大学

■日本企業、軟式・硬式アカウント別「成功事例」を紹介
■TOKYO FM■カトキチ■豚組■菓秀苑森長■ビジネス・ブレークスルー大学

■ツイッターが今すぐ使える実用情報も!便利ソフト、サービス60
■ソフトバンク孫正義社長が語る「これで日本も変わるぜよ」
■創業者ビズ・ストーン インタビュー 「これがないと生きていけない」という価値

◆今回、1200冊の中には他にもTwitter本はあったのですが、この本が一番濃い感じがしました。

ビジネス寄りの内容らしいので、そろそろ仕事でも使いたい、という方へ。


iPhoneスゴ技BOOK (SOFTBANK MOOK)
iPhoneスゴ技BOOK (SOFTBANK MOOK)

iPhoneの不満や疑問を解消したり、知っていると時間の短縮やコストの節約につながる「スゴ技」をまとめました!ほかでは読めないスゴ技ネタがたっぷり詰まっています。ビジネスでもプライベートでも、iPhoneを使いこなしたい人は必読です!

iPhoneの基本的な操作に慣れてくると、さまざまな不満や使いにくいところ、どうしたらいいのかよく分からないことなどがたくさん出てきます。

本書ではそれらの不満や疑問を解消したり、知っていると時間の短縮やコストの節約につながるさまざまな「スゴ技」を一冊にまとめました。

基本的な機能であっても、案外知らなかったり、忘れていることもあります。本書を読めば、先にiPhoneを買った友人や同僚でさえ知らなかったテクニックが身につきます!

◆同じように、かなり沢山あったのが、「iPhone本」

この本のアマゾンのページには、コンテンツの中身がある程度紹介されていたので、気になる方はご覧になってみてください。


DIME BIKE 自転車通勤STARTING BOOK! (小学館SJ・MOOK)
DIME BIKE 自転車通勤STARTING BOOK! (小学館SJ・MOOK)
DIME BIKE 自転車通勤STARTING BOOK! (小学館SJ・MOOK)

自転車通勤を始めたい人のための入門ガイド。

自転車通勤の入門ガイド。最新の通勤自転車ベストバイカタログ、自転車人(近藤真彦、原田泳幸、星野佳路、勝間和代)からの進言、自転車通勤仕事術、最新電動アシスト自転車インプレッション、通勤ファッション、保存版マップほか。

◆先日、「小鳥ピヨピヨ」のいちるさんが「通勤用にどんな自転車を買えばいいか 」というエントリを挙げてらっしゃったので、この本を。

私はあくまで「エネループバイク派」ですがw


日経キャリアマガジン 2010vol.2 ビジネス・コミュニケーション (日経ムック)
日経キャリアマガジン 2010vol.2 ビジネス・コミュニケーション (日経ムック)

特集1 最初の15秒で決める!「できる」プレゼン術
特集2 Q&Aで解決!ダメ会議クリニック
特集3 草食世代に贈る!新米リーダーのためのマネジメント
特集4 明日から効く!上司より頼れるビジネススキル書30冊
特集5 日本経済新聞&電子版、数字力で先読みの達人になる「先読み力」をつける技術
特集6 「できません」ではすまされない 最低限のPCスキル・英語力レベルチェック

大満足な学びを!通信制大学・大学院の賢い選び方
シンプルに!スマートに!ビジネスメール文例集

私の仕事論 前澤友作
コラム 本田直之
できる男の第一印象 必読の5冊

◆スルーしかかったのですが、表紙に「明日から効く!上司より頼れるビジネススキル書30冊」とあってアンテナにひっかかりました。

同様に「できる男の第一印象 必読の5冊」というのも気になりますね。


ステーショナリーマガジン 006 (エイムック 1942)
ステーショナリーマガジン 006 (エイムック 1942)

ステーショナリーマガジン第6弾!
デザイン性と機能性に優れ、持っていてうれしくなる文房具を厳選・紹介しています。

●いまこの文具が売れてます

●魅惑のペン・鉛筆たち
・愛され続けて56年パーカー「ジョッター」
・傑作「シャーボX」 全33種
・11本の白が美しいペン
・「鉛筆は素敵だ」

●毎日使いたい便利なステーショナリー
・ペンスタンドに早変わりするペンケース
・ペンケースに入れたいスリム&ミニ文具
・普段使いの高性能はさみ
・暮らしに寄り添う便利カッター
・大人も使いたい!できる学童文具

●仕事がはかどる!プロ使用文具
・プロ使用文具 梱包編
・プロ使用文具 机上編
・プロ使用文具 工事用ペン編

●ノート・メモ帳の最新情報
●一度は行きたい全国の文房具店
●ロング&ベストセラー文房具物語
●文具はじまり物語

文房具ヲタとしては、こういうムックはたまりませんなw

アマゾン的には、冒頭の「TOOL HACKS! 」とあわせて買われているようです。


クラウドで仕事術が変わる! Google超活用術 (INFOREST MOOK PC・GIGA特別集中講座 385)
クラウドで仕事術が変わる! Google超活用術 (INFOREST MOOK PC・GIGA特別集中講座 385)

インターネット検索の最大手「Google」が、無料で使えるサービスを数多く提供していることを知っているユーザーは多いでしょう。
Googleのサービスは日々進化していますので、最新性が求められる分野です。
「GMail」「GoogleDocs」といったGoogleによるクラウドサービスの充実をはじめ、超高速ブラウザ「Google Chrome」の機能が強化されつつある現在、Googleによるクラウドサービスの最新情報を随所に入れながら、主要な公式サービスの使い方を紹介する実用ムックです。

「クラウドネタ」も色々あるのですが、とりあえずこちらを選んでみました。

Google先生もしょっちゅうバージョンアップしちゃうので、ムックでタイムリーにチェックするのが良いのかも。


ベストムックシリーズ・75 やべっちFCワールドカップ完全読本 (BEST MOOK SERIES 75)
ベストムックシリーズ・75 やべっちFCワールドカップ完全読本 (BEST MOOK SERIES 75)

・矢部浩之&名波浩厳選 BESTテクニシャンは?スーパースター50

・W杯32ヶ国完全分析&総展望 優勝国はどこだ!?MVPは!?

・セルジオ越後×矢部浩之
3大インタビュー
・Wスナイデル
・Fトーレス
・岡崎慎司

・W杯いまさら聞けないQ&A
前田有紀のワールドカップトリビア100選

「ワールドカップネタ」のムックもかなりある中、ネタとしてこの本をw

日本代表にも、何とか頑張ってほしいものです。


仕事力300%UP最強の勉強法―カリスマ講師陣が勢ぞろい! (AERA Mook)
仕事力300%UP最強の勉強法―カリスマ講師陣が勢ぞろい! (AERA Mook)

◆アマゾンに情報がなく、逆に出版社サイトの目次が細かすぎるので、ここでは登場される著者さんたちのお名前のみ列挙してみます。

本田直之、荘司雅彦、林 成之、築山 節、石田 淳、日垣 隆、藤巻健史、小山龍介、小宮一慶、國貞克則、安河内哲也、芦原一郎

…かなり濃い面子ですね。


2010~2011 会社を辞めるときの手続き完全ガイド
2010~2011 会社を辞めるときの手続き完全ガイド

◆これまたアマゾンに情報がないので、昨年版の内容紹介から。

各種制度の変更点を盛り込み内容を刷新した、好評既刊『会社を辞めるときの手続き完全ガイド』の最新版。
「失業保険はどうすればもらえる?」、「健康保険はどれを選べばいい?」、「年金の申請はどうする?」、「退職金や年金の税金は?」など、会社を辞めるときに発生する各種手続きを完全ガイド。
転職する若者から結婚退職の女性、定年退職予備軍まで、会社を辞める人に必携の1冊です。

たぬきちさん以外にも、お辞めになる方はいらっしゃるかと。


電子書籍の基本からカラクリまでわかる本
電子書籍の基本からカラクリまでわかる本

巻頭対談 小飼弾×池田信夫 電子書籍が切り拓く未来とは?

PART1 出版に変革をもたらすキンドル&iPad
業界を変える二つのハード/「iPad」紹介/「キンドル」紹介

PART2 アメリカで本格化している電子出版ビジネス 西田宗千佳
・アマゾンはeBookでどうやって儲けている?
・iPadのビジネスモデルはどうなっている?
・アップルとアマゾンは対決する形にあるのか
・eBook日本上陸の動き(アマゾンとアップル、ソニー)は水面下でどうなっている?
・日本の出版社は「電子書籍出版に及び腰」というのは本当か? など

PART3 在米ジャーナリストによる米電子書籍事情 最新レポート
石川幸憲&飯塚真紀子

PART4 電子出版ビジネスAtoZ
・過去に日本で普及しなかった理由
・音楽配信との共通点と相違点 など
・フォーマットについて
・ビューア―について
・電子書籍における書店の動向は?
・印刷会社の動向は? など

PART5 電子書籍が変える本をめぐる常識
・これまで本を読まなかった人たちが読むようになる?(市場の拡大)
・絶版書籍の再登場 過去の名作がよみがえる?
・無名の著者の発掘は業界の活性化につながる? など

◆表紙の文字がおどろおどろしいので、一瞬スルーしかけたのですが、巻頭対談が、「小飼弾×池田信夫 電子書籍が切り拓く未来とは?」というのは超気になります!

他の項目も結構面白そうですし、これは見逃せないですね…。


追記(番外編)


厳しい時代を勝ち抜くために、限られた時間を有効に活用し、最大の成果を出すための最新ノウハウを、ビジネスの第一線で活躍する専門家や著名人に取材し、紹介します。特に、厳しい環境の中、これまで以上の成果を、効率的に出したいと考え、がんばっているビジネスパーソンを、主な読者対象にします。
パソコンや携帯電話を駆使して働くのが当たり前になった今日でも、あらゆるビジネスシーンにおいて、究極のアナログツールである「ノート」と「書類」の重要性は少しも変わっていない。そのノートの選び方や使い方、書類の書き方などについて、基本的な考え方はもちろん、達人の実践ノウハウや極意を、実際に使っているノートや書類を示しながら、具体的に、分かりやすく、解説します。

◆アマゾンで「ムック」扱いになっていなかったので、見落としてましたが、好評のアソシエのムックシリーズの「ノート&書類術」とあらば、見逃すわけには参りません!

気になる書影はこちらでご確認下さい。


【編集後記】

◆上記「勉強本ムック」に登場されている小宮一慶先生の新作のテーマも「勉強力」

ビジネスマンのための「勉強力」養成講座 (ディスカヴァー携書)
ビジネスマンのための「勉強力」養成講座 (ディスカヴァー携書)

これも要チェックです。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ランキング・未読本紹介等 」へ

この記事のカテゴリー:「読書・速読」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 07:30
Comments(2)TrackBack(0)ランキング・未読本紹介等このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51822116
この記事へのコメント
いつも素晴らしい情報をありがとうございます。

さっそく、アマゾンアタック3連打させていただきました(汗)。

・・・ちなみに、
1 グーグル
2 電子書籍
3 ステーショナリー
です。

今後とも宜しくお願い申し上げます!
Posted by 川田浩志 at 2010年05月20日 13:07
>川田先生

いつもいつもアマゾンアタック感謝です(涙)。
その3冊ですか〜。
なるほどなるほど(笑)。

私もどれとはいいませんが、既に何冊か購入済ですよん!


Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2010年05月21日 08:26