スポンサーリンク

2009年12月30日

【仕事術】「自分は評価されていないと思ったら読む本」から学ぶ7つのポイント




【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、見た目はキュートながらも、結構ガチな仕事術のご本。

「仕事術」と言うよりは、厳密には「働き方」と言った方が近いかも。

アマゾンの内容紹介から。

社内で、取引先で、就職・転職の面接で…失望や不安、不満が消える。みるみる変わっていく自分に驚く!企業変革のカリスマコンサルタントによる、40の仕事の哲学。

現状に、何らかの不満等がある方なら、読んで損はない1冊です。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【目次】

第1章 まず、仕事へのモチベーションを高める

 なぜ働くのか。それは自由のためである
 成長とは信頼残高が増えることである ほか

第2章 発想を変えて、自分の市場価値を高める

 1番を目指せ!2番では人の記憶に残らない
 自分の価値は希少性で決まる ほか

第3章 会社とうまく付き合うことに手を抜かない

 会社の支配者は「経済原則」である
 白と黒を混ぜると「真っ黒」になる ほか

第4章 必ず来るピンチは、こうして乗り越える

 崖っぷちに立たされたときこそ成長の好機である
 失敗はない。すべて成功への布石である ほか


【ポイント】

◆付箋を貼ったところが多かったので、サクサク短めに参ります。

■1.「働く目的って何だろう?」という疑問が浮かぶときは、調子のよくないとき

◆初っ端から思い当たるフシが。

なぜなら、順調なときは、そんなことを考える暇がないほどやることがいっぱいなので、意欲的に仕事に取り組み、充実した日々を送ることになるからです。

言われてみたら、確かにそうかもw

自分も会社を辞める頃、そんなことを思っていた記憶があります。

迷い無く働いていた時期は、そんなこと考える暇がなかったですし。


■2.「成長」のサイクルに入った人は、加速度的に成長する

◆要は、人は「だんだんと成長する」ことはなく、あるタイミングでかくんと成長する、ということ。

そしてその成長の仕方を知らないと、停滞している時期に「この仕事は自分は向いてないのでは?」と思ってしまいます。

ちょっとやってみてはすぐ「向いてない」と諦める。自分にはもっと向いている仕事がある、会社がある、といって、転職を繰り返す……。いわゆる「自分探し」のサイクルに入ってしまうのは、こういう人です。

大事なのは、「成長を実感するまで諦めない」こと。

実際私も、ブログであるタイミングでドカンと伸びましたから(体験はあくまで仕事以外w)。


■3.今の自分は過去の選択の総決算である

◆現状に何か不満があっても、それを外部要因に求めるのではなく、内部要因(=自分自身)に求めるべき。

 他人や環境に責任を押し付けていたら、そこで思考停止します。(中略)

 まず、「今の自分」は、すべて「過去の自分に責任がある」と認識すること。すると、ようやく「自分の未来、自分のこれからは、自分の判断、選択次第で変わっていく」という認識に立てるわけです。
 理想の未来は他の誰でもない。自分で作るのです。

この辺りは類書でもよく言われていることですが、大事なのでリマインド。


■4.自分の値段を上げるには、性質の違う(=相反する)2つの能力を身につける

「コモディティにならない」という話はよくありますが、これは結構具体的。

 論理的思考力を持った人が、市場に1万人いたとします。結構な数です。
 そして、ハートフルなコミュニケーションができる人も1万人いるとします。これも、結構な数です。
 でも、この2つの能力は、1人の人の中に共存しにくく、両方兼ね備えている人が市場に10人しかいなかったらどうでしょうか?

つまり、自分の今、得意な能力と相反する能力を身につける、というのが1つの手である、と。

実際にはかなり難しいのでしょうが、だからこそ「希少性」があるわけですね。


■5.覚悟して努力すれば、運までを支配し、やがて幸運が巡ってくる

◆他人の成功を「運がいい」と思いがちな人は要注意。

「運がいい」と総括してしまうことは、その成功の背後にあるその人の努力を認めず、そこから学ぼうする意欲がないということ。そういう考えの人は、そもそも、「努力が運をも支配する」という法則を知ろうとしていないのです。

実際、努力をしていると周囲に「サポーター」が現れ、その応援によって成功につながることも多いそう。

 成功した人を見たら、「ラッキー」と総括するのではなく、「どんな覚悟をしたのか」「どんな努力をしたのか」「どんなサポーターがいて、どれだけの支援を得たのか」と考える。そうでなければ、自らの成功はやってきません。

私の場合(成功というほどのレベルまでは達してませんが)は「100%運」ですが、他の成功者の方の場合は、この辺りをよく分析すると宜しいかと。


■6.「自分を高く買ってくれる会社を探す」のは本末転倒

◆例えば「仕事の報酬は『仕事』」という風に考えた場合、その報酬自体には必ずタイムラグがあるもの。

つまり、1,2年、もしくはそれ以上経ってから、大きい利子を伴って、昇進経済的リターンとして跳ね返ってくるワケです。

 ですから、「投資先としてもっと自分を高く買ってくれる会社を探そう」と、せっかちに考えてしまうと、今目の前にある仕事に精力を注ぐよりも、「常に転職先を探す」というモチベーションを持ってしまいがちです。これは、本末転倒だと覚えておいてください。

確かに仕事に集中していなければ、自分自身の市場価値も上がりません。

やはりまずは、目の前の仕事に注力すべきかと。


■7.「べき志向」から解放されれば、挫折感や不幸感から解放される

◆本書によれば、挫折感や不幸感の背景には、常に「べき志向」があるとのこと。

例えば「仕事は完璧に『すべき』」「ちょっと失敗したら挫折を感じてしまう」等々。

そこで提案されているのが、「べき志向」からの解放。

 つまり、「……べき」と思わなければ、そこに挫折や不幸を感じることはないのです。すなわち、挫折感や不幸感から解放されたければ、「べき志向」を捨てればいいというわけです。

同様に「どうせ志向」も挫折感・不幸感を招きます。

「どうせ」は自分自身への言い訳であり、自分の能力に蓋をするシャッターです。

そこで、この「べき」「どうせ」という言葉を、私達の辞書から消してしまうことを本書は提言。

私は「どうせ」は使いませんが、意味も無く「完璧志向」だったりして「……べき」と思いがちなので、留意したいと思います。


【感想】

◆本書は単行本(ソフトカバー)ですが、値段は1000円とかなり抑え目。

しかしページ数は223ページあり、かつ、内容的にもかなり濃かったです(類書とかぶるコンテンツがあったとはいえ)。

冒頭でも触れたように、「働き方」「心構え」的なコンテンツが詰まっているので、どちらかというと、若手向けかも。

……いい年して本書に付箋貼りまくった自分は何なのかと。


◆状況的には、「自分の下に付いた新人が、現状に不満を漏らしている」という若手社員が、その新人に「これでも読めば?」と渡す感じ(?)。

読んだ新人がもっと反発する可能性もあるくらい、「真っ当な」内容です。

「終身雇用制崩壊」「キャリア・サバイバル」な昨今、上司が直接の部下に渡したら「ポジショントーク」と思われるかもしれませんが。


◆ただ、だからと言って、現状の職場を「仮の場」と考えたり、「すぐ辞める」つもりで働いていたとしたら、それこそ「どの会社でも目が出ない」可能性大。

類書にもあるように「3年は頑張る」つもりでガムシャラに働くのが正解かと。

とはいえ、3年働きぬいた方でも「成長が止まる瞬間」があって、それが本書にある「4年目の天狗」(今回はご紹介してませんが)。

4年目になって「もう学ぶことはない」と謙虚さを失うと、成長も止まってしまうそう。


◆個人的には、上記ポイントの4番目の「相反する2つの能力を身につける」という話がツボでした。

自分の「武器」を複数身につけることが大事だとは思っていましたが、その方向性のヒントを得たと言いますか。

……って、1つでもちゃんと「ヒトサマに誇れるような能力」があるというワケではないんですがー。


年内に読んで、年明けからに備えたい1冊です!



【関連記事】

【選ばれる人】「プロ・ヘッドハンターが教える仕事ができる人のひとつ上の働き方」兼本尚昌(2009年07月17日)

【仕事術】「藤田晋の仕事学 自己成長を促す77の新セオリー」藤田 晋(2009年04月26日)

【仕事観】「いい仕事ができる人の考え方」村山 昇(2009年04月06日)

【処世術】「認められる力 会社で成功する理論と実践」太田 肇(2009年02月26日)

「仕事は、かけ算。」鮒谷周史(著)(2006年06月14日)


【編集後記】

◆昨日のリアル書店でのお買い上げ。


ほとんどテレビ自体観ない私が読むのもどうかと思いますがw


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

この記事のカテゴリー:「自己啓発・気づき」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 10:30
Comments(0)TrackBack(0)ビジネススキルこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。