スポンサーリンク

2009年12月12日

【確かにスゴ本】「雷撃☆SSガール」至道流星




【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、「わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる」のDainさんが、「記事で激賞」しただけでなく、直後の「この本がスゴい2009」にも選んだという「スゴ本」

装丁を見て「アレ(汗)?」となった方もいらっしゃると思いますが、俗に言う「ライトノベル」でございます。

・・・私、ラノベって読んだことなかったんですけど、コレ、ラノベですよね???

しかも、「講談社BOXシリーズ」の名の通り、「ボックスに入っていて書店でチェックしにくい」ことこの上ありませぬ。


◆とは言え、中身はガチなビジネス書。

上記の紹介記事でDainさん曰く、

これは、ビジネス書。ツンデレ、妹、綾波キャラといったラノベ風味でコーティングされた、苦い苦い現実を飲ませる、れっきとしたビジネス書なので、ご注意を。

とあるように、本質的な部分では日頃私たちが読んでいる本と変わりありません。

手に取りにくいかもしれませんが、スルーするにはもったいなさすぎる1冊です!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【目次】

第1章 SS活動へようこそ!

第2章 カーチスソフトの電撃戦

第3章 SSDM攻城戦

第4章 東都出版反抗戦

第5章 遷都と世界旗

第6章 天使の休息

第7章 イーストラインの攻防戦

第8章 ザ・ワールド・イズ・マイン

第9章 公ア同盟

第10章 SSファンドの殲滅戦

第11章 ブランフォート戦線

第12章 王の雷撃

あとがき


【所感などなど】

◆本書は「物語形式」(ラノベなんで当たり前?)がゆえに、基本的なストーリー内容については、ネタバレ自重します。

かといって、何の話だか全くわからないのも困るので、アマゾンの内容紹介から引用。

零細DM発送代行会社を継いだ若き経営者・ジンは、彼女にフラれたその夜、キャバクラで「世界征服(SS)」を宣言する絶世の美女・リンと出会う。翌日、ジンの会社に押しかけて来たリンは、瞬く間に業界のルールと経営状況を把握し、誰も考えつかなかった斬新なビジネスプランをぶち上げる。だがそれは、リンのほんの第一歩に過ぎなかった…!第7回講談社BOX新人賞“流水大賞”受賞作品。

というわけで、「主人公の男性が、世界征服を目指す絶世の美女と出会い、ビジネスを展開する」というのが、大まかなアウトライン(大まかすぎw)。

ここに、「ラノベのお約束(何ですか?)」的に、「妹」「ドジっ子」「ツンデレ」の女性キャラたち(しかも皆美人!)が絡んできます。

・・・何だかますます当ブログの読者さんが困惑しそうな気が。


◆最終的な「世界征服」が何を目指していて、それを「どのようにやるのか」は、まさに本書の骨子なので、それは読んでからのお楽しみとして、当ブログ的に楽しんで頂きたいのは、本書内に登場する「数々のビジネスネタ」です。

と、言ったものの、これまたどこまで書いてよいのか微妙なので、著者のブログのネタバレ記事を参考にしようかと。

なお、本書を買うと決めてネタバレしたくない人は、読まない方が良いかもしれません(私は読んだ上でこの本を買いましたがw)。

SSガール、事実と架空の話:SSnovel.com


◆いくつかある中から、当ブログの読者さんが好きそうなビジネス寄りなネタを選ぶと、この辺かな、と。

 ●郵便ビジネス

 ●『作らないで売ってみる』マーケティング

 ●成功哲学


他にも、ビジネス的なテーマとして「ファンド」というのもありますが、ウチでは華麗にスルーw

中でも、最初の「郵便ビジネス」は、完全なアービトラージと言いますか、主人公でなくとも「その発想はなかったわ」となりそう。


◆そして「アービトラージ」であるが故に、やがてそのビジネスにも終焉が訪れるのですが、そこからの脱出方法も見事。

それもこれも、あらかじめ「終わりが見えているから」こそであって、ヒロインはこのビジネスを始める前にこう呟きます。

「でもね、ここまで大規模に上前を撥ねちゃえる商売ってあんまりないな。多分これは利益が出すぎて……長くは続かないわ」

この辺のヨミの深さは見習いたいものですネ。


◆なお、本作品は、アマゾンの内容紹介にもあったように、「第7回講談社BOX新人賞“流水大賞”受賞作品」でもあります。

この賞は、推理作家でもある清涼院流水さんの名を冠したもので、流水さんと言えば、当ブログではこのご本を以前記事にしておりました。


参考記事:【隠れた名著?】「成功学キャラ教授 4000万円トクする話」清涼院 流水(2008年02月16日)

ちなみにこの本のあとがきには、清涼院さんのこんな一面が。

ぼくは親兄弟が経済系の人間である血筋のせいか、昔からビジネス書の類が大好きで、やたら読んでいました。ビジネス書の中でも特にぼくが愛読していたのがいわゆる<成功本>で、数百冊は読んでいますから、あらゆる<成功本>に無視できない共通点があるのはイヤでも気づいていて、自分なりにまとめたいと思っていました。

つまり、「ストーリー作家」さんの、「ビジネス書的展開」という位置づけかと。


◆一方、今回の「雷撃☆SSガール」の著者である、至道流星さんは、本業は会社経営であるものの、かつてはビジネス書のゴーストライターをしていたこともあるそう。

ということは、ベクトル的には「ビジネス書作家」さんの「ストーリー本的展開」と言えなくもないような・・・?

この2冊、アプローチの仕方は違えど、似ている感じを私は受けました(名前が似てるのは別としてw)。

だからこその、「流水大賞受賞」なのかもしれませんがw


◆とはいえ、「成功学キャラ教授」は具体的なビジネスのお話ではなく、「成功哲学」がメインテーマでした。

ただし、「雷撃☆SSガール」の方でも、ヒロインが主人公にこう語るシーンがあります。

「いいことジン。物理学を学ぶ者なら誰でも知っている基本法則。どんな『作用』にも、同じ力で反対の方向に働く『反作用』があるの。大砲を撃てば、大砲が反動で反対に動く。誰かが1億円儲ければ、誰かが1億円損をする。単純明快。……でもね、簡単にいっちゃえば、成功哲学って代物は、その物理学の基本法則を否定してるの」

上記にある至道さんの記事でも、成功哲学についてはこのように言われています。

正直ぼくにとって、こういうの書くのは凄まじく簡単です。角度を変えて幾らでも書けちゃいますね。色んな人の成功事例やケースを知ってるから、無理やり成功哲学に当てはめて書いちゃえば、見事にそれらしい出来映えになるもんです。微塵も心に思っていないことでも、びっくりするくらい生産できる。

これはいずれ、成功哲学のご本を出されるヨカン!

・・・とオモタら、次回作はこの「SSガール」の敵側の話だとか。

業務報告:SSnovel.com

これまた楽しみです!


◆本書も「キャラ教授」と同じく、「装丁だけ見たらぜってー買わない」本ですが、「キャラ教授」は水野俊哉さん、今回はDainさん、と本の目利きの方の言葉を信じて買ったら大正解でした。

私はラノベ経験が浅い(と言うかなかった)ので、そちらの魅力度は計りかねるものの、それ以外のプロットと、ビジネスネタだけでも、十二分に楽しめることウケアイ。

ちなみに私は「キャラ教授」同様、読み始めたら止まらなくなり、朝の4時までかかって一気に読みきった次第。

面白いストーリー本は、これだから困りますよ、マジで・・・。


この本、ひょっとしたらバケるかも!!?

至道 流星, MAMI ¥ 1,365


【関連記事】

【隠れた名著?】「成功学キャラ教授 4000万円トクする話」清涼院 流水(2008年02月16日)

【豪華キャンペーン有】「知っているようで知らない 法則のトリセツ」水野俊哉(2009年02月27日)

【最強のメンター?】「夢をかなえるゾウ」水野敬也(2007年08月30日)

【成功物語】「ドリーム」犬飼ターボ(2007年12月10日)

「チャンス―成功者がくれた運命の鍵」 犬飼ターボ (著)(2005年08月15日


【編集後記】

◆水野俊哉さんの名前が出てきて思い出しましたが、「成功哲学」と言えば、水野さんがもうすぐこんな本を出されるんですよね。

誰もが無理なく夢を引き寄せる365の法則(気づき)
誰もが無理なく夢を引き寄せる365の法則(気づき)

これはスンゴイX'smasプレゼントだな、と。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「マーケティング」へ

この記事のカテゴリー:「自己啓発・気づき」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 10:00
Comments(3)マーケティングこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバック
こんなに 爽快で、こんなに時間が過ぎるのが早く もっと感じていたい! なんて通常のビジネス書では起きもしない化学反応 そんなワクワクな読書を久々に感じてしまった。 今回の本 雷撃☆SSガール 至道 流星 (著), MAMI (イラスト) [Amazonで詳しく見る] ....
リアルさと、オタクさと、世界征服さと -365 雷撃☆SSガール【あなたの人生が勇気に満ち溢れる555冊の多読成功術】at 2009年12月17日 23:57
この記事へのコメント
僕もDainさんが紹介されていたことから気になって本屋でチェックしてきました。
腹の出たいい歳した親父がスーツ姿でチェックするには正直表紙が「アレ」でしたが(笑)
次回仕入れ時のリストに追加決定しています。

朝4時までですか… 読み時を考える必要ありということですね!
Posted by Taka@中小企業診断士(業務休止中) at 2009年12月12日 14:25
明日、水野さんの出版記念パーティーに行ってきます。どんな方なんでしょうね。不安です。
Posted by 佐々木 at 2009年12月13日 00:03
>Takaさん

おぉ!この本やはりチェックされてましたか(笑)!
面白いと言う点では絶対面白いんですが、装丁はやはりネックですね・・・。

>佐々木さん

初めまして。
私は明日何と仕事なんですが、楽しんできて下さいマセ。
私も水野さんとはお会いしたこと無いんで、なんとも言えませぬー。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2009年12月13日 02:01