スポンサーリンク

2009年11月22日

【メモ】『[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読める』アマゾンキャンペーンのお知らせ




【本の概要】

◆先日アマゾンアソシエイトのデータを見ていて気が付いたのが、上記『[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読める』をお買い上げ頂いた方が何人かいらっしゃったということ。

私も一応[旧版]の方は持っているものの、結局フォトリーへの道は断念(?)しているので、どうしたものかと。

ただ、この新版、アマゾンキャンペーンやってるんですよねーw


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【目次】

第1部 拡がる人生の選択肢

 こうして、フォトリーディングは生まれた
 古い読書法に固執するか?それとも…

第2部 フォトリーディング・ホール・マインド・システムを学ぶ

 ステップ1 準備
 ステップ2 予習
 ステップ3 フォトリーディング
 ステップ4 復習
 ステップ5 活性化

第3部 スキルを活用し、マスターしよう!

 フォトリーディング・ホール・マインド・システムを生活の一部に
 フォトリーディング・ホール・マインド・システムで勉強しよう!
 究極の読書法で生涯学習―シントピック・リーディング
 最強のビジネスツール―グループ活性化で情報共有
 フォトリーディング経験を豊かなものに
 「天才」を目覚めさせよう!ダイレクト・ラーニング
 フォトリーディング・ホール・マインド・システムの極意


【アマゾンキャンペーンのお知らせ】

◆内容に関しては、アマゾンの内容紹介に

今回「新版」として登場した本書は、フォトリーディングのステップを進化・改良させた最新版にして、これまでの日本版では紹介されなかった章を収録した完全版!

とあるのが、旧版を持っているモノとしては、ちょっと気になるところ。

ただ、私自身、まだ本書を読んでいないので、取り急ぎキャンペーンの告知だけ。

『[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読める』アマゾンキャンペーン!

●期間

11月18日(水)~11月25日(水)

●特典

「神田昌典さん、録り下ろしメッセージ(音声ファイル)」

『新版 あなたもいままでの10倍速く本が読める』
発刊を記念した今回のキャンペーンの特典は、本書で解説されている驚異の学習法「フォトリーディング」を日本に広め、ビジネス・学習界に衝撃を与えた重要人物……。
そう、あの神田昌典さんの録り下ろしメッセージ!

『神田昌典が語る学習法
~なぜフォトリーディングはベストセラー作家を生み出すのか?~』

誰もが聴きたかった!
そして、他では聴くことのできない貴重な音声をぜひ手に入れてください!

さらに……!
この音声をダウンロードしていただいたお客様に限り、Wプレゼント!
ダウンロード時に、神田昌典さんよりスペシャル特典がございます!
(神田昌典さんの運営するスペシャル特典ページのURLをお知らせいたします。
 そちらのページで再度、ご登録していただく必要がございます。)


◆私自身は「ベストセラー作家になりたい」とかいうのは全然ないんですが、当ブログの読者さんやブロガーさんの中には、そういう夢をお持ちの方もいらっしゃるのではないか、と。

神田さんのところのCD会員の方は別として、そうでない方は、なかなか神田さんの話を聞く機会もないでしょうから、本代で話が聞けるなら、お買い得だとは思います。

申し込み方法等、詳しくはキャンペーンサイトまで!

『[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読める』アマゾンキャンペーン!


2001年の発行以来、多くのビジネスパーソン、クリエイター、教育関係者から大注目を集め、数々のベストセラー作家を世に送り出した驚異の学習法「フォトリーディング」を紹介した、43万部を超える大ベスト&ロングセラー『あなたもいままでの10倍速く本が読める』が、内容を進化・改良させて、パワーアップして登場!

「本のページをパラパラめくり、文書を脳に写し取る」

という、常識を覆す手法は、単なる速読術に留まらず、「人間の能力の新しい使い方」として、多くの実践者を生み出しました。

今回「新版」として登場した本書は、フォトリーディングのステップを進化・改良させた最新版にして、これまでの日本版では紹介されなかった章を収録した完全版!

「あっという間に文書が読めて、しっかり理解できる」。

ビジネス・教育界が新時代に向けて注目する「まったく新しい学習法」を、あなたも始めませんか?


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ランキング・未読本紹介等 」へ

この記事のカテゴリー:「読書・速読」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 22:00
Comments(2)TrackBack(0)ランキング・未読本紹介等このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
この記事へのコメント
最近読ませていただいております。

素朴な疑問がわきました。

1 ブログ主様は勝間さんの古くからの同志?のようですがなぜフォトリーディングはおやりにならないのでしょうか?

2 ブログ主様にとってマインド・マップは一過性のブームだったのでしょうか?現在も作成・活用されているのでしょうか?

フォトリーとマインド・マップに興味はあるのですが、周囲に実際に使っている人がいないので参考までにと思い
質問させていただきました。お答えいただけますと幸いです。



Posted by 読者A at 2009年11月22日 22:39
>読者Aさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。

ご質問の件についてお答えを。

1 私の場合、税理士試験の受験中に、普通の速読術の教室に通っており、そこそこ速く読めるため、特に必要を感じてはいません。

また、私自身、どうしても「一字一句読みたい」方なので、フォトリーに通っても効果が出なさそう、という意見が知人間では多いです。


2 元々マインドマップは、本の内容紹介と、セミナーメモ、さらにアイデア出し等で使っていました。

その後、本のマインドマップについては、アンケートをとったところ、手描きでやるべき、という意見が多かったものの、私の字が汚いのと、読めるように描くのが大変なので、途中で断念。

セミナーメモについては、セミナー自体に出かけることが少なくなったので、こちらもかなり頻度が下がっております。

一方、取材を受ける時等は、マインドマップで話す内容を整理しておき、終わってからそのマップを取材者に渡したりしています。


なお、フォトリーもマインドマップも「手段」であって「目的」ではないと思います。
「何をしたいか」によって、お答えも変わってくるかもしれませんが、残念ながら、私はフォトリーについて言及できる立場にありません。

また、マインドマップについても、私は性にあってるツモリなのですが、オフィシャルな講座を受けておりませんので、やはりコメントは難しいところです・・・。


Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2009年11月23日 02:02