スポンサーリンク

2009年10月24日

【堀江流成功本】『夢をかなえる打ち出の小槌』堀江貴文


  • 堀江 貴文
  • 定価 : ¥ 1,260
  • 発売日 : 2009/10
  • 出版社/メーカー : 青志社
  • おすすめ度 : (2 reviews)


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、お馴染みホリエモンこと堀江貴文さんの最新刊。

ご本人のブログでも、昨夜紹介されてますね。

内容は、意外なことに結構ガチ自己啓発書

おそらく対象読者は、堀江さんのブログを読んでいる若者なのでしょうが、40過ぎのオサーンである私も勉強になりましたよ!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【目次】

第1章 夢をかなえる「打ち出の小槌」とは?

 信じた者は救われる
 東大生というプレミアムパス
 お金より信用を貯めろ ほか

第2章 ゼロになることを怖がらず、挑戦しよう

 貯金して何がうれしいの?
 貯金しても負け組のまま
 持たざる者が何を恐れる? ほか

第3章 夢を邪魔する常識の殻を破れ

 他人と同じことをやっていても意味がない
 行列になんか並ぶなよ
 コツコツやって楽しいの? ほか

第4章 適度な借金でさらなるショートカットを

 なんで家を持つの?
 借金の仕方も学べ
 お金は使えばいい ほか 


【ポイント】

◆何気に付箋はかなり貼ったのですが、何気に30代以上でもでも共感できそうな部分に絞ってみましたw


■信じさせたものが救われる

◆堀江さん曰く、「信用とは周りがどう評価するかであり、絶対的な信用があるわけではない」、と。

そこで、自分に価値があることを認めさせるために必要なのが「自信」

 信用はあいまいなものだから、自信さえあれば、ごまかしやハッタリも利かせられる。言い換えれば、信用が応用が利くのだ。

さらに、信用の本当の価値について。

 信用さえあれば、そこには経済価値が生まれるのだ。おそらく、多くの人はその価値をわかりきっていない。お金をどれだけ貯めても、価値はそれ以上でもそれ以下でもない。
 信用は違う。そこに秘められているポテンシャル(潜在能力)が計り知れないことを知るべきだ。信じさせたものは救われる、ということだ。

一歩間違えば、詐欺にもなりかねませんが、とにかく相手に信用してもらうことが大事なよう。

・・・確かに私も献本お断りしていることで、得られる信用みたいなものはあるかも。


■心の中の打ち出の小槌

◆本書のタイトルにもある「打ち出の小槌」

これは、堀江さんによれば、会社における無形固定資産である営業権(人材、ブランド、ノウハウ等)のようなもの。

 これを個人に当てはめてみると、その人の持っているキャラクターやイメージ、人脈、ノウハウというのが、まさに企業でいうところの無形固定資産に相当する。

そして、物語に登場する打ち出の小槌は、好きなものを生み出してくれる一方、こちらの打ち出の小槌は「信用をどんどん創造してくれる」もの。

ただし、この無形固定資産は会社の場合と違って見えにくく、人との関係を持たないと顕在化しないと堀江さんは言います。

 たとえば、誰かに仕事を発注するとしたら、「この人ならこれぐらいの成果が出せるだろう」と判断して、その人の見えない価値に対して金額を提示し、「○○円でこの仕事をやってほしい」と依頼するわけだ。そして、生み出した成果の対価としてある金額が払われるのだが、その額は、信用を数値化したものである、そこではじめて、人の持つ無形固定資産が顕在化するのだ。

この考え方は、結構納得

例えば、私がこのブログを運営する過程で持ちえた、人脈ノウハウ等も一種の無形固定資産ですからね。

そう、今まで投下した時間手間は、費用となって消えたのではなく、無形固定資産となって積みあがっているんです、と言ってみるテストw


■営業力をつけろ

◆私たちにありがちな考えというのが、「いいモノを作ってさえいれば、人は集まってきて、モノが売れる」というもの。

実際、一昔前までは、この考え方が主流だったような。

ただし堀江さん曰く「モノを売るためには営業しなければならない」、と。

そしてそれは、仕事を通して「信用」を築くのもおなじこと。

どんなにいい仕事ができる能力を持っていたとしても、その能力を売り込むことができなければ、何も価値は生み出せない。
 だから、信用を得るためには、自分を売り込む「営業力」が不可欠なのだ。

会社員時代に、営業を経験できなかったのは、私が後悔していることの1つです。

今はブログで皆様に本をお買い上げ頂いておりますが、本当のビジネスとしての営業も・・・って、本業そっちのけですねw←お約束


■他人と同じことをやっていても意味がない

◆これまた堀江さんらしい発言。

自信につながる成功体験を得るためには、ほかの人と違うことをして成功することが一番だ。
 ほかの人と同じことをやっていたら、よくても同じ結果にしかならず、新しい工夫やアイデアがなければ、ほかとの差別化ができないから、差をつけることはできない。それでは、自信にならないとはいわないが、その自信は極めて小さい。

実際、堀江さんは「子どもの頃から」そういう意識を持っていたのだとか。

休み時間にはドッジボールをするのが当たり前だったところに、雑誌などに載っていた新しい遊びを提案して、皆を引きずり込み、皆が慣れるまで勝ちまくっていたそう。

苦戦するようになると、また新しい遊びを提案して(以下繰り返し)。

まさに子どもの頃から「アービトラージ(鞘取り)」を実践していたんですね。


■ショートカットの道はたくさんある

◆堀江さんが納得できないものの1つが、つまらないことをコツコツとやること。

 しかも、つまらないことを我慢するという美徳は、すでに本来の意味を失っていて、コツコツすること自体が完全に自己目的化している。
 いってみれば、コツコツ教だ。

実際、堀江さんが受験勉強を始めたのは高校3年生の夏から。

半年間のプロジェクトを立てて、それを実行して東大に現役で合格。

 あなたは、私のことをズルいと思うだろうか?
 粘り強く、根気強く、コツコツやってゴールにたどり着くものを、世の中は重んじる傾向がある。だが、それはもう時代には合ってはいない。
 それを全否定するわけではないが、道はそれだけではないのだ。
 コツコツを否定するだけで、無駄なことをしないですむショートカットの道がたくさんあることに気づけるはずだ。

要は、ファーストチョイスで「コツコツとやること」を選択するのではなく、まず「ショートカット」を探るのが堀江さんのスタイルかと。

従来は、「過程」を重視する風潮が根強くあったので、「コツコツ」も意味がありましたが、「結果」というか「成果物」で評価するのであれば、「ショートカット」を考えた方が良さげです。


【感想】

◆冒頭で書いたように、本書はおそらく「20代以下の若者」を対象にしているのだと思います。

具体的に言及はされていないものの、特に資産を持っていない層

そういう層に属する人が、何も踏み出さないでくすぶっていることに関して、「チャレンジしろ」と、ハッパをかける堀江さん。

小見出しを拾っても「貯金しても負け組のまま」「持たざる者が何を恐れる?」「借金が成長を生み出す」と、かなりアグレッシブです。

堀江さんとしては「お金が貯まらないと起業できない」という人に向かって、「お金で時間を買え」と言う意味で、借金を薦めているのに、何かに依存する傾向がある人は、娯楽のために借金しちゃいそうですが。


◆とにかく書かれていることは、ブログや類書で見られる「堀江節」そのもの。

いい意味で、「身も蓋もない」のが素敵です。

正論をおっしゃっているのに、追従者がなかなか現れない、というか、実践する人が現れにくい、という点で、小飼 弾さんに似ているかも。

どちらも「空気を読まない」印象があるのは、これからの時代の成功者の特徴なのかもしれません。


◆とはいえ、メインテーマの1つである「心の中の打ち出の小槌」の話は、ハゲシク同意。

この小槌、言い換えれば、現時点で持っているストックのみならず、「今後フローを生み出す要因」ということかと。

さまざまなスキルや、個人ブランディング、さらには人脈等々もあわせて、「信用」をもたらしている・・・と思って、今日もブログを頑張るワタクシw

今まで単純に「人脈」「個人ブランディング」を考えていた方は、それが何のためになのかを考える上でも、本書の主張に耳を傾けて欲しいと思います。


◆自分がライブドアブログを使っていることや、大昔に堀江さんからサインをもらっていることもあって、堀江さんの本は結構読んでいる方だと思うのですが、今までの著作の中でも、本書は役に立つ1冊だと私は感じました。

単純に、言いたい事を言いっぱなしにしているのではなく、「ではどうするか」について、自論が述べられているのもポイント。

ただ、「ではどうするか」を実践するには、「失うもの」(家族やら資格やら)がある自分には、ちょっとハードルが高かったのですがー。


失うものがある人でも、とりあえず読んでおくべき1冊!

堀江 貴文 ¥ 1,260


【関連記事】

【対談】『ホリエモン×ひろゆき 語りつくした本音の12時間 「なんかヘンだよね・・・」』(2009年09月06日)

【堀江節】「徹底抗戦」堀江貴文(2009年03月12日)

★「ライブドアブログで稼ぐ!儲ける!」 堀江貴文 (著)(2005年09月09日)

「堀江本。」堀江貴文 (著)(2005年03月23日)

「100億稼ぐ仕事術」 堀江貴文(著)(2005年02月27日)


【編集後記】

「身も蓋もない」と言えば、昨日のお買い物もそんな感じ。

インセンティブ 自分と世界をうまく動かす
タイラー・コーエン
日経BP社
売り上げランキング: 17400

これもなかなか面白そうです。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「自己啓発・気づき」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 10:30
Comments(0)TrackBack(0)堀江貴文このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51739327