スポンサーリンク

2009年10月21日

【本田直之さん初の小説!】「走る男になりなさい」を読みました!




【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、ついこないだ「意思決定力」を出されたばかりの本田直之さん最新刊「走る男になりなさい」

内容は何と、想定外の「小説」です!

色々なジャンルの本を出されていた本田さんですが、まさか「自己啓発小説」で来るとは思いませんでしたよ。

これはもう、本田さんファンならずとも、要チェックです!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【目次】

★小見出しを書いてしまうと、一部重大なネタバレになるので割愛します。


【所感などなど】

◆まずは、アマゾンの内容紹介から、あらすじを。

物語の主人公は、猫じるし出版、広告営業部に勤める
27歳の岸田海(かい)。
ある日突然、新雑誌創刊準備室へ
異動を命ぜられた海を待ち受けていたのは、
性格も考え方もバラバラ、「わけあり」な8人の仲間たち。

庶務課のオバサン、和田トモコ。
広告営業部のスポーツウーマン、湯川ユウ。
元書籍営業部の弓島ヒカル。
アラフォー、巨体の山崎花子。
バツイチ子持ちの美人編集者、古堂薫。
元売れないミュージシャンの北村エリカ。
史料編纂室出身の変人、野本ゆかり。
エリート編集者、竹下ダイゴ。

売上を立てなければ、創刊準備室は解散、そして解雇。
彼らは、新雑誌創刊に向けて、はたして走り出せるのか――?

主人公・海が、
くり返し押し寄せてくる困難に打ち勝ちながら、
さまざまなスキルを身につけ、
V字回復していく過程を描いた「成長物語」。


◆とにかくビックリしたのが、女性陣の多さ

8人のメンバー中、男性は1人だけです。

いくら雑誌創刊準備室とはいえ、何このパラダイス状態www

しかも、いきなりゴニョゴニョ(自主規制中w)


◆主人公の「海」は、とにかく素直。

理不尽な要求や、越えがたいような壁も、何とか努力してクリアしようとします。

ある時は、メンバーに教えられ、またあるときは自ら学び、徐々に成長していく海。

キャラ設定的に「騙されやすい」(天然?)だけに、この辺の成長ぶりは、結構自然に受けとめられました。

本田さんも若い頃は、こんな感じだったのかな、とか思ってみたりw


◆また本書内には、「自己啓発小説」らしく、「学びのコトバ」がちりばめられています。

ネタバレの絡みもあるので、ちょっとだけご紹介。

『外部要因思考』といってね。うまくいかない原因を外に求めている限り、何も変えられませんよ。(中略)
なんでもいいから自分で変えられる部分を変えて、『とにかくやれることを実行する』のが、わたしの流儀です。

「ポジティブ・シンキングっていいと思うけど、昔から、それだけじゃ足りないって思っちゃうタチなんです。行動しないと意味がない――ポジティブ・アクションにしなくちゃって

 ランと仕事はよく似ている。
 息があがってきてつらくても、自分のペースで腕を振り、足を前に出し、確実に前進していかなくてはならない。


・・・他にも本田さんの著作ライフスタイルを知っている方なら、ニヤリとする記述がありますので、お楽しみに。


ライフスタイルと言えば、本書内にさりげなく登場する本田さんオススメのお店や品々も、本書の魅力の1つかと。

こちらもいくつかご紹介。

●アンカフェ




●大文字




●BAKERY CAFE 632




●IL PACIOCCONE




●ホノルル・クッキー・カンパニー




●POLAR ハートレートモニター RS800CX


・・・デートやプレゼント、お土産のご参考まで(最後のPOLARはちょっと高すぎますがw)

お店の方には、機会があればいくつか行ってみるツモリです。


◆ちなみに、個人的には登場人物のモデル(絶対いるはず!)が、それぞれ誰か、ということが気になってしょうがありませんでした。

奥さんの田島弓子さんは、絶対出ているハズ。

ただ、女性多杉なんで、他はわかりませぬ。

意外と出版社の裏方さん(編集者さんとか)が多くいそう・・・?


◆日頃あまり小説を読まないせいか(?)、読み始めたら、久しぶりに最後まで一気に読みきってしまったワタクシ。

ネタバレ自重のため、詳しく書けないのがもどかしいのですが、ストーリー的には二転三転

結構ビジネスのドロドロした部分の描写もあるのが意外だったかも。

こちらはもう「リアル仕事術」です罠。

ただ、やはり本書のポジションとしては本田さん流「夢をかなえるゾウ」ですかね?


打倒「ゾウ」には「●●●●」で!(ネタバレ自重)

本田 直之 ¥ 1,365


【関連記事】

【最強のメンター?】「夢をかなえるゾウ」水野敬也(2007年08月30日)

【快作!】「天使は歩いてやってくる」犬飼ターボ(2008年10月22日)

【成功物語】「ドリーム」犬飼ターボ(2007年12月10日)

「オレンジレッスン。」犬飼ターボ(2006年11月14日)

「チャンス―成功者がくれた運命の鍵」 犬飼ターボ (著)(2005年08月15日)


【編集後記】

◆いよいよ今日から発売なのが、こちらの本。


本田さんご夫妻も愛用しているiPhone。

私は相変わらず京ぽんですが、何か?←最近逆ギレ気味


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「自己啓発・気づき」へ

この記事のカテゴリー:「本田直之」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:15
Comments(6)TrackBack(1)自己啓発・気づきこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51738106
この記事へのトラックバック
【本田直之さん初の小説!】「走る男になりなさい」を読みました!:マインドマップ的読書感想文 想定外の小説ってどんなんでしょうね。 そのキャッチで読みたいわ。 asahi.com(朝日新聞社):「忙しくて」本読めぬ30代 4人に1人「1カ月0冊」 - 社会 忙しくて本が読め
想定外の小説からスタート!【小説総合情報サイト? ノベリポ!】at 2009年10月21日 21:46
この記事へのコメント
本田さんらしいなって思ったのは、青山ブックセンター!(笑)


アソシエが今号も秀逸な件
Posted by とっしー at 2009年10月21日 22:09
>とっしーさん

青山ブックセンター周りの店もいくつも出てきますもんね。

私も今回ご紹介したお店のうちの1つにいく予定です。

アソシエは、買いそびれてますた(汗)!
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2009年10月22日 03:31
smoothさん、こんにちは。
いきなり小説とは驚きですね。早速アタックしましたよ。打倒ゾウとなりますか!?
Posted by LuckyUS@フォトリーダー at 2009年10月22日 04:51
>LuckyUSさん

アマゾンアタックありがとうございます(涙)。
私も小説にはビックリしました。

そして、何と言う早起きさん!
てか、私の場合、本のちょっと前に寝てるんですがw
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2009年10月23日 01:26
こんばんは!

マインドマップ描きましたので
良かったら
また見て下さい!
Posted by snow at 2009年10月24日 19:17
>snowさん

コメントありがとうございます。
マップ拝見しました。
相変わらずよくまとまっていて、素晴らしいと思います。
私の分まで(?)、よろしくお願い申し上げます。
私はもう、普通のテキストだけで3時間くらいかかってるんで、マップを描く気力が・・・(涙)。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2009年10月25日 03:27