スポンサーリンク

2009年10月01日

【本ネタ】土井英司さんの「スパルタ読書塾」(09年9月)に参加してきました


7eb297f6.jpg













【はじめに】

◆今日お送りするのは、超久しぶりセミナーレポ。

土井英司さん主催の「スパルタ読書塾」が、1年半ぶりに昨夜開催され、そこにお邪魔して参りました。

参考記事:【読書】土井英司さんの「スパルタ読書塾」(08年03月)に参加してきました(2008年03月07日)

実際には、「セミナー」と言うよりは、単に「生粋のビジネス書好き」が集まって、お酒を飲みながら本談義に花を咲かせていたわけですがw


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【土井さんのオススメ】

◆まずは、先日当ブログでもチラっとご紹介した、土井さん監修のビジネス書ガイドブックの原本を、実際に拝見しました。


土井さん曰く、著者の嗜好が土井さんと似てるらしいです。

いわゆる「オマエは俺か?」状態w

それもあってか、土井さんもかなり力をいれてやってらっしゃるそうなので、期待大ですね。


  • 塩野 七生
  • 定価 : ¥ 420
  • 発売日 : 2009/05/28
  • 出版社/メーカー : 新潮社
  • おすすめ度 : (7 reviews)

◆もちろん、この1冊だけでなく6巻まで合わせて。

塩野 七生さんといえば、「ローマ人の物語」 が有名ですが、土井さんによれば、日本が目指すべきは、「ローマではなくヴェネツィアである」、と。



◆土井さんにしては珍しく(?)、アイデア系のご本をプッシュ(メルマガでも紹介されてましたが)。

実際に商品化に結びつくアイデア発想法が収録されているそう。

というか「下手なセミナーより使える」と言われてしまったので、アマゾンアタック!


◆あともう1冊隠し玉がありましたが、これはオフレコでw

他にも最近土井さんが考えてらっしゃること等のお話も、セミナー参加者の特典ということで割愛させて頂きます。

・・・参加者にブロガーが少ないため、情報漏えいするとしたら私しかいないような。


【参加された皆さんのオススメ】

◆毎回のお約束で、「最近読んで良かった本3冊」を参加者がそれぞれ持ちよることになっております。

1年半前の前回のこのセミナーで薦められて購入し、実際に当ブログでご紹介して大ヒットした中には、こんなものもありました。


参考記事:【紳助のヒミツ】「紳竜の研究」はスゴかった(2008年03月14日)


参考記事:【モテ】あの"幻の名著"「モテる技術」が文庫本になって復活した件(2008年07月11日)

特に後者は関連本も併せたら、かなりの冊数をお買い上げいただいております。


◆そんなワケですから、今回も期待大でメモを取り続けました。

なお前提として、有料セミナーゆえ、ある程度ネタバレに配慮して、全部はご紹介しません

また、紹介された本のうち「当ブログと親和性のあるもの」を優先するゆえ、参加された中でも紹介された本が少ない人がいらっしゃいますが、ご了承下さい・・・って皆さんご覧になられているのか?



◆この本は私もかなりツボでした。

出たのは昨年末ですが、小飼さん「本書を読まずして、2009年を迎えるべからず!」と言われたくらいの名著ですね。

参考記事:【スゴ本】「予想どおりに不合理」ダン・アリエリー(2008年12月15日)



◆推薦者さんの職業(ディーラー)と絡めて、「なるほど」の推薦理由をお伺いしました。

私はこの本は、ブログでご紹介できるほど理解できなかったのですが、再挑戦してみたくなったという。←ヘタレw



◆当ブログの5月売上第1位のこの本。

私も感じたように、やはり「情熱」がこの本のキーワードのよう。

参考記事:【新しい問題解決の手法】「プロデュース能力 ビジョンを形にする問題解決の思考と行動」佐々木直彦(2009年04月28日)



◆推薦者さんのご家庭では、この本をきっかけにお子さんを含めて「歴史書ブーム」になったそう。

アマゾンのページに動画広告があるのですが、最後の方の『「天●人」見てるヒマがあったら、この素晴らしい本を読むべきですよ』という直江兼続のセリフに茶吹いたwww



◆推薦者さんは「リーダーシップ」に強い関心があって、この本を選ばれました。

かつて土井さんが「1000冊に1冊の名著」激賞して、アマゾンで1位になった1冊でしたね。



◆この本も当ブログでは大人気でした。

この本をきっかけに「社長の仕事」について、しばし土井さんのお話が(詳細はオフレコ)。

参考記事:【ライフハック】「減らす技術 The Power of LESS」レオ・バボータ(2009年08月08日)


  • 橘 玲
  • 定価 : ¥ 1,680
  • 発売日 : 2009/06/04
  • 出版社/メーカー : 講談社
  • おすすめ度 : (22 reviews)

◆今の時代だからこそ読むべき本なのですが、「惜しむらくはタイトル」という意見には私も同意w

やっぱビジネス書を出しなれていない出

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)  <おっと、それ以上は言うなよ…
. |     (__人__)____
  |     ` ⌒/ ─' 'ー\
.  |       /( ○)  (○)\
.  ヽ     /  ⌒(n_人__)⌒ \
   ヽ   |、    (  ヨ    |
   /    `ー─−  厂   /
   |   、 _   __,,/     \ 


参考記事:【黄金の羽根】『貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する』橘 玲(2009年06月08日)



◆この本は、まったくのノーマークでした。

前作から6年越しの続編だけあって、言葉が重いのだそう(きっ、気になる!)。



◆とある方から、「この本は実践的」である旨お話を聞いていましたが、今般、推薦者さんからお伺いした「実践ぶり」には舌を巻きました。

この本の教え通りにマニュアルを整備し、信じられないくらい生産性を向上させたそうです。

参考記事:【号外】『「仕組み」仕事術』アマゾンキャンペーンのお知らせ(2008年03月03日)


【私が持っていった本】

◆私は他の方とかぶることを想定して、多めに5冊持っていったのですが、全然かすりもしませんでしたw

というか、前回は私以外でも何冊かかぶった本があったのですが、今回はゼロ。

完全に取り越し苦労だったようです。


◆まずは、「ガツンとやられた」この本から。

今まで読んだ読書本の中で「最もアウトプットを意識した」モノだと思っています。

参考記事:すぐに使える「ロジカルシンキング・リーディング」テクニック5選(2009年09月04日)



「旅行記」としても楽しめるし、数々の苦難を経た上での「悟りの開き具合」が見事・・・と力説したら、何故かウケました。

いや、実際に読んだら、私や小飼さんがなぜ圧倒されたかわかりますって・・・。

参考記事:【必見?】はあちゅうの世界旅行記が半端ない件(2009年08月26日)



◆前回ここで薦められて買ったDVD、「紳竜の研究」の書籍化ということで、記念に(?)持参。

土井さんも「いい本だ」と認めながらも、「でもやっぱDVDでしょ」とのことw

参考記事:【著名人絶賛!】島田紳助のアノDVDがついに書籍化された件(2009年09月03日)


【感想】

◆冒頭の画像が暗くてわかりにくいのですが、新しいエリエスのオフィスは、入ってすぐが、この書斎風のミーティングルーム(なんですか?)。

蛍光灯をつけると、通常の業務が行えるくらい明るくなるそうなのですが、今回は最後まで間接照明で意味も無くムーディ

実際、そこら辺のバーに行くよりも、よほど雰囲気がよくリラックスできました。

私はお茶でしたが、他の皆さんはワイン飲まれてましたし。


◆ただし、今回は女性参加者がいなかったので、ビジネス書好きのオトコ達だけで、2時間以上に渡ってアツく語りあったワケなんですよね、これが。

ム、ムサイぜ、俺たちwww

この「スパルタ読書塾」自体が、結構クローズドな集まりなので、今後もこんな感じだとは思いますが。


◆なお、お知らせとして、メルマガで土井さんが伝えてらっしゃるように、11月5日には大々的なイベントがあります。

エリエス5周年記念イベント「史上最強のマーケティング・サミット2009」

気になるゲスト陣が多々いらっしゃる中、私としては谷山雅計さんに注目したいところ。

谷山 雅計 ¥ 1,890

参考記事:【スゴ本!】「広告コピーってこう書くんだ!読本」谷山雅計(2008年01月15日)

アイデア系の本の中では、この本がマイ・ベスト

アマゾンでも中古が値崩れしてませんし、少なくとも谷山さんが次に本を出されたら、私は迷わず買います


◆また、土井さんも、今後色々とメディアに露出されるよう。

具体的な話はあまり教えてもらえなかったのですが、今月終わりには、新聞にドーンと載るのだとか。

テレビに出演するというお話も、セミナーの中でも匂わせられただけで、結局詳細は聞けず・・・ってどうせオフレコにしなくてはいけないんですが。

今後も私としては、ビジネス書シーンのキーマンの一人として、土井さんに注目していきたいと思っております。


◆というわけで。

土井さんもご自身の時給を考えられたら、お忙しい中、このような奉仕セミナーをやられるのもなかなか難しいとは思いますが、せめて、次回は1年以内でお願いできたらな、と。

また、飲み物等のサービスをして下さったエリエスの古屋さん、お疲れ様でした。

そして、滅多に会えない、スパルタ読書塾の塾生の皆さんも、またお会いできる日まで、お元気で!


【関連記事】

【読書】土井英司さんの「スパルタ読書塾」(08年03月)に参加してきました(2008年03月07日)

スパルタ読書塾に行ってきました(2007年01月30日)

新生スパルタ読書塾に行ってきました!(2006年08月12日)

土井英司さんの「スパルタ読書塾」に行ってきました!(2006年07月06日)

「スパルタ読書塾」の第2回目に参加してきました【マインドマップ付き】(2005年11月30日)

土井英司さんの「スパルタ読書塾」に行ってきました(マインドマップ付き)(2005年10月25日)


【編集後記】

◆丸善オアゾならば、この本も1日早く手に入るかと思って昨日電話したものの、まだ入荷しておらず・・・。

勝間 和代 ¥ 777

うーん、どんどん出遅れております。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「セミナー」へ

この記事のカテゴリー:「読書・速読」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(4)TrackBack(0)セミナー・イベントこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51729037
この記事へのコメント
ご無沙汰しています。毎回お邪魔していたスパルタ読書塾、ついに皆勤記録も途切れてしまいました(汗)。

楽しそうだなー。いいなー。

の一言です。ウラヤマシイ。

日本のビジネス書事情にもすっかり疎くなってしまいましたが、アメリカの本屋もなかなか面白いです。とにかくでかい店が多くて価格競争もあるので、店頭コンシェルジュの力など違う要素が含まれていて、興味深いです。

帰国した頃に、次の読書塾があることを期待することにします。

smoothさんもご多忙と思いますが、ご自愛くださいね。ではまた、失礼します。
Posted by プチファイ! at 2009年10月01日 14:24
>プチファイさん

ご無沙汰ですー。
プチファイさんのブログはRSSリーダーに登録してあるんで、動向は把握しております。
帰りの電車の中でも某氏と「プチファイさんいないと寂しいですねー」と言っておりました。

>帰国した頃に、次の読書塾があることを期待することにします。

えっとー、ホントは、もうちょっと頻繁にしてもらえることを期待しているんですがー(笑)。

プチファイさんもお体に気をつけて!
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2009年10月02日 02:47
やっぱり、smoothさん行かれたのですね。
私も申し込もうと思ったのですが、この間、別件で新オフィスへ行ったので、今回は遠慮しました。(笑)

今回もDVDをご紹介するとしたら、竜兵会DVDでの有吉インタビューですかね。あ、でもこれは本か(笑)

じゃぁ、次は5周年イベントで。
Posted by ten at 2009年10月02日 20:23
>tenさん

もともと、塾生にしか募集かけてないみたいなので、そんなこと(?)で遠慮しないで下さい(爆)!
こういう機会でもないと、tenさんにもお会いできないし。

有吉本は、私もオススメ・・・というか、面白いですけど、実践はしたくないし、して欲しくないです(笑)。
ちなみに、某所にてその本プッシュする予定です!
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2009年10月03日 02:07