スポンサーリンク

2009年08月10日

【身だしなみ】ハンドスチーマー、蒸気スゴ杉ワロタwww




【はじめに】

「夏場はスーツもすぐシワになりますよね」と言うことで、いつも週末に、まとめてハンドスチーマーでシワ取りをしていた私。

長年使ってきたスチーマーがさすがに壊れたので、先日新たに購入したのが上記の製品。

これが、想定外に「スゴ杉」でございましたw

100125追記

本製品は製造が中止されており、現在は基本性能が全く同じ後継機種が販売されております。

シュアー ハンドスチーマー SSH-601
石崎電機 (2009-12-10)
売り上げランキング: 12167

参考記事:【業務連絡】あの「蒸気スゴ杉ハンドスチーマー」に後継機種が出ていた件(2010年01月25日)


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【もともと使っていた製品】

◆ついこの間まで使っていたモノの製品名は、「NationalのNQ-500」といいます。

よくよく考えたら、税理士になった時にはすでに使っていたハズなので、ひょっとして10年選手だったカモ。

さすがに製品名でググっても、メーカーのページはヒットせず、このようなユーザーさんのサイトが。

National ブラッシングスチーマー NQ-500:Channel Goods

・・・この記事が書かれたのが2001年で、この製品、既に10年前からあったんですか。

まぁ、構造的にはシンプルですし、長年使い続けたとしても、それほどフシギではないかも。


【ハズレ製品を1回買いました】

◆このナショナルの製品のスチームの出が少し悪くなってきたので、買い替えを決意。

そこで都内量販店まで出向いて物色し、某社の某製品を購入しました。

ところがこれが大ハズレ

とにかく、なかなかシワが取れないんですよ、マジで。

仕方なく、つい最近まで調子の悪いナショナル製品を騙し騙し、何とか使っていたのでした。


【再度買い替え】

◆とはいえ、まったくスチームが出なくなると、さすがにいかんともしがたいわけで。

再度スチーマーの購入を決意した私が購入したのがこちら。


アマゾンでレビューがないのが心配でしたが、そこは「人柱」ということでw

恐る恐る使ってみたところ、想定外に「強力」であることが判明したのでした。


【使用感その他】

■蒸気パネェっす!

◆ここからは動画を中心に。

1人で操作しながら撮影まで行うのは、結構大変ですたw

まず、スチームを出してみたところ。



蒸気SUGEEE!!!!

マジで1メートル超噴出しております。

ハズレ品はおろか、ナショナルの製品よりもはるかにパワフル!


■スーツの上着のシワ取りをしてみました

◆次に実際にスチームでシワを取るところを。

まずは上着の袖の肘の内側の部分。

ここは、肘を曲げていると自然にシワになるところです。



数回スチームを当てると、綺麗にシワが取れました!

テラスゴス!


◆わかりにくいかもしれないので、「Before & After」の画像を。

Before

ハンドスチーマー01














After

ハンドスチーマー02














見事にシワが取れているのがわかるかと。


■スーツのパンツのシワ取りも

◆お次はスーツのパンツ。

柄のスーツだと、シワの取れ具合が分かりにくいかと思い、無地のスーツをセレクト。

あまり目立たないところで、「股の付け根部分」のシワを取ってみました(片方の足だけ吊るして撮影)。



こちらもリクエスト(?)にお応えして、「Before & After」

Before

股の付け根01
















After

股の付け根02
















もう、最初の1〜2回のプッシュで、シワがあらかた取れているのがわかります。


◆そこで、今度はパンツの腿の裏側部分にトライ。

ここは、座っていたら普通にシワが付いてしまうところです。



こちらも、ほぼ秒殺(てか、動画も瞬殺w)。

面白いようにシワが取れました!

こちらも「Before & After」を参考まで(蒸気のせいで露出が変わったせいか、パンツの色が違って見えますがw)。

Before

パンツのシワ取り01
















After

パンツのシワ取り02

















【留意点等】

◆この製品、個人的には大満足しております。

ただ、1人で勝手に盛り上げってもアレなので、いくつか留意点を。


●結構デカいです

◆本体重量440gとありますが、もっとありそうな感じw

また、以前のナショナルの製品と違って、ヘッドの部分が横にせり出しているので、カバン等に入れてもかさばりそう。

いずれにせよ、「旅行に携帯する」のは、物理的に不可能と思われ。


●スチーム出杉です

◆上の動画でもお分かりだと思いますが、スチームは「シュー」ではなく、「ぶしゅーっ!!」と勢いよく出ます。

マジ、危険

また、使用中はヘッドの部分も結構熱くなるので、小さなお子様のいるご家庭では、取り扱い注意ですね(ウチもです)。

もっとも、それだけパワフルだからこそ、シワが取れるのだと思いますが。


●水がすぐなくなります

◆「スチームが出杉」なゆえに、タンクの水が結構早くなくなります。

もっとも、3倍蒸気出てれば、3倍早くなくなるのも当たり前。

ナショナルの製品でしたら、1週間分のスーツのシワ取りするのに、給水は0〜1回だけでしたが、この製品だと2,3回は必要かも。

それでも、シワが取れないよりは、全然マシですねw


【感想】

◆結構私は、スーツのシワが気になる方でして。

スーツを着ている時に電車の中で座らないのも、上着の背中や、パンツにシワが付くのが苦手だからだったりします。

たとえ座ったとしても、当然背中はつけませんが、パンツはどうしょうもありません。

・・・自分のイスと違って、電車の座席だと、パンツにヘンなシワが付くのは私だけなんでしょうか?


◆個人的な見解として、スーツの後姿って、上着やパンツがシワだらけだったりすると、あんまりカッコ良くないんじゃないか、と。

鏡見ても後ろまではわからないので、気にしてない人が多いのかもしれませんが、独身時代の私は、1回着たスーツは必ずシワ取りしていました(今はアバウトw)。

ぶっちゃけそれも全て、「モテ」のためでしたが、何か?

もちろん、シワ取ったからと言って必ずしもモテるわけじゃありません。

ただ、スーツが「いつもシワだらけ」よりは、「いつもシワなし」の方が、仕事もデキそうに見えますよね?


デキるビジネスマンは、身だしなみから!



【編集後記】

◆実は、今回の製品の対抗馬だったのがコチラ。


レビューも悪くないですし、台に置いてアイロンとしても使えるようです。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「文房具その他ツール」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:15
Comments(2)TrackBack(0)文房具その他ツールこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51703379
この記事へのコメント
この製品、届きました。
確かにシワがとれる!

最初は、この手の製品をはじめて使うので、こんな動作でいいのか?(動画を拝見していなかったので、上記が数秒は出続けるものだと思っていました)
とか、いろいろ疑問があったのですが、smoothさんの動画のおかげで安心できました。

そもそも、なんでこれでシワがとれるのか、ものすごく不思議だったので、ちょっと検索してみたらこんな感じらしいと、知らなかった。
http://questionbox.jp.msn.com/qa361044.html

ともかくご紹介ありがとうございました。

Posted by ken at 2009年08月23日 10:53
>kenさん

そっか、プッシュして数秒しか蒸気が出ないというのは、普通皆さんご存じないんですもんね。
私は先代の時からその仕組みに慣れていたので、特にブログで書かなかったのですが、普通押して数秒で止まったら、壊れたかと思っちゃうかもしれませんね。

なお、旅先でシワを取る際には、浴槽にお湯はって、その蒸気を使うやり方もあります。
それよりは、このスチーマーの方が数段パワフルですけど。
そしてくれぐれも火傷等にご注意を。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2009年08月24日 01:09