スポンサーリンク

2009年06月02日

【顔写真の力】「ビジネスに使える! 見た目を9割上げる写真活用術」タツ・オザワ




【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、ちょっと珍しい「ビジュアルテクニック」のご本です。

日頃私たちが何気なく使っている「顔写真」

こと、ビジネスにおいては、この顔写真を改善することにより、大きな効果が望めるよう。

ホームページのみならず、ブログチラシ、そして名刺

私たちは、もうちょっと戦略的に顔写真を考えた方が良いのかもしれません。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【目次】

まえがき

第一章 なぜ、顔写真は最強のビジネスツールなのか
 文字よりも映像のほうが印象的
 人は顔の表情でコミニュケーションしている
 顔の認識能力は生まれつき ほか

第二章 顔写真だけでこんなに成功する!
 実例1 短期間でブランディングに成功した起業家
 実例2 売上を四倍にした司法書士
 実例3 セルフイメージを上げて「幸せな成功」を手にしたトップ・セールスマン

第三章 誰も教えてくれない! 絶対に知っておきたい写真の基礎知識
 ビジネスに失敗する写真
 ヘッド&ボディ・ポジション
 頭を傾ける ほか

第四章 効果的な写真はこうつくれ
 ステップ1 目標を明確を持つ
 ステップ2 期限を設定する
 ステップ3 ターゲットを決める ほか

第五章 驚異の写真活用術
 ホームページに載せる
 ブログで自己開示する
 名刺はビジネスの最強ツール ほか

第六章 成功を勝ち取るとっておきの方法
 まず理想の自分ありき
 セレンディピティを引き起こす、良質の顔写真
 理想の自分をいつ見るか ほか

あとがき


【ポイント】

■知っておきたい写真の基礎知識

◆アメリカの写真大学で「絶対やってはいけない」と教わるのが、「マグ・ショット」というアングル。

これは、カメラに向かって頭も体も平行に構え、いわゆる証明写真のように、真正面から撮影するショットのことです。
 運転免許証、パスポート、新聞や雑誌、テレビなど、いたるところで見られる写真です。

写真大学ではさておき、ググった限りでは、むしろ「逮捕時に撮られる写真」という方が一般的なよう。

マグショット―ハリウッド犯罪調書(本はオススメしているワケではありませんw)

でも、いずれにせよ、確かにイカンですわな、これは


◆なぜこれが「イカン」のか、という点について、本書にはこうあります。

 まず、正面を向くことで、立体感に欠けた、平面的な顔に見えてしまうからです。
 それに、人間の顔というのは、左右非対称にできているのです。その非対称が鮮明になり、人相が悪く見えてしまいます。

「人相が悪く見える」かどうかは別として、この左右対称か非対称か、という点については、実は「モテ」にも関係している・・・というお話をかつて読んだ記憶が。

なぜ、その人に惹かれてしまうのか?―ヒトとしての恋愛学入門
ディスカヴァー・トゥエンティワン
発売日:2007-05-31
おすすめ度:5.0

参考記事:【モテ】「なぜ、その人に惹かれてしまうのか?」森川友義(2007年09月14日)


◆それはさておき、左右非対称であることがわかるような「マグ・ショット」を避ける理由について、引き続き本書から引用します。

 人間の顔も同じで、左右のバランスの良い人を見ると安心します。誠実でバランスのとれた人生を送ってきたのだろうと、勝手に外見からその人を判断してしまいます。
 一方、バランスの良くない顔を目の当たりにすると、信頼できないという気持ちがわきおこったり、不安を感じたりします。たとえ中身は立派でも、その人を誤解してしまうのです。

それがゆえに、左右非対称であることがわかりやすい「マグ・ショット」は避けよ、ということですね。

なるほど、顔写真の多くが、真正面から撮ったものではない理由が納得できました。


■顔を均等に見せるにはどうしたらいいか?

◆ならばどうしたらよいか。

 顔と体のポジションを調整すればいいのです。カメラに対して平行に構えないよう留意して、全体のバランスを取るのです。

本書では、環境ジャーナリストの枝廣淳子さんの顔写真が例として出ています。

あれ?この本の帯と同じような服装のような・・・?

NQ ネットワーク指数

本書では具体的なポジションが解説されておりますが、その辺はネタバレ自重で。


■その他のテクニック

◆ポジション以外にも留意する点が多々。

本書からいくつか抜粋します。

●頭を傾ける

頭を傾けることで硬さが取れ、画面の中に斜めのラインが現れることで人物に動きも出てきます。

「猫背」も困りものですが、背筋が伸びすぎているのも、「硬くて止まった感じ」になってしまうのだとか。

また、「傾ける」と言ってもあくまで自然な角度でだと思われ。


●目線について

 人物の目線の方向によって、見る人に違ったメッセージを与えます。

人によって目線を合わせるのか否か、という問題ではなく、「どのようなメッセージを与えるか」が重要。

例えば「遠くを見ている目」で、「リーダーとして幅広い見地で世の中を見渡している様子」を表す等。


●ライティング

これについては、基本となる4つのパターンが本書では紹介されています。

ただ、やはりこればっかりは、実際に同じ人物による「4つの具体例」をご覧頂かないとわかりにくいかと・・・(というわけで詳細は本書を)。


●アングル

 写真のアングルによって、ビジネスの地位が決まるのをご存知でしょうか?
 社会的地位や立場、人物の強弱も表現できるのです。

本書では、モデルとなるデザイナーの男性の写真が2枚掲載されており、2枚目の方は言われないで見たら、「お偉いさん」といった感じ。

デザイナーというよりも大企業のCEOに見えますよね。下から撮ったほうが力強さを表現できるからです。

写真は極端にローアングルから撮ったものではありません。

それでも微妙にアングルを変えただけで、「受ける印象が全然違う」というのは目からウロコでした。


■顔写真を使い分ける

◆上記のように、写真によって、「相手に与える印象を変えることは可能」です。

本書でも、以下のような例が紹介されています。

●「若造」に見られてしまう社長が、会社案内には「強面」の写真を使い、ブログには「カジュアル」な写真を使う

●取引先が「個人」から「上場会社」まで幅広い税理士が、客層に合わせた写真を使い分ける



◆特に後の例の税理士さんは「6枚もの写真」が紹介されているのですが、「表情」やら「アングル」、さらにはメガネのような「小物」を使い分けることによって、上場企業からベンチャー、個人客まで対応しているようです。

この辺は、例えばホームページを作成する際に、お客さんの「タイプごとにページを分けて」おき、さらにLPO(ランディングページ最適化)等をすれば、成約率も変わってきそう。


■「顔名刺」の威力

◆本書では、ホームページブログ、チラシ等での顔写真の使い方についても解説されています。

その中で、個人的に一番「ツボ」だったのが、名刺

私たちも認識しているように、名刺には大まかに言って「職場等で支給されている定型の名刺」「たくさんの情報を満載している名刺」の2種類があります。

 ここで私が提案したいのは、第3の名刺の使い方です。
 各業界の第一線で活躍している、一流の人物の名刺を知っていますか。実にシンプルで、なんの売り込みもなく、受け取り手の心地よさを与えます。
 このシンプルさを見習い、なおかつ、相手に強烈にアピールする名刺。
 つまり、顔写真を表面いっぱいに掲載して、文字を裏面にシンプルに載せる名刺をつくるのです。これを私は「顔名刺」と呼んでいます。


◆本書では実際の「顔名刺」(「顔」と言ってもバストショットですが)の具体例と、その使い方や効果についても言及されており、これがなかなかスゴイ。

私もかつては、セミナー等でやたら名刺を頂いたものですが、さすがにこの「顔名刺」に属するものは見たことがありません。

確かに「インパクト」という点では絶大かも。

名刺での効果にお悩みの方なら、検討の価値アリです。


【感想】

◆私のような「顔出し不可」の人間にとっては、「顔写真」というテーマ自体、ほとんど実践不可です。

それでも本書を取り上げたい、と思ったのは、実際に掲載されているいくつかの写真を見て、「なるほど、そうだよね」と思ったから。

私はともかくとしても、実際に顔写真を活用されている方にとっては、本書で言及されていることの多くが「知っておくべきこと」だと思います。


◆まずは、使っている顔写真自体に問題はないか。

そして、その顔写真が使われているシーン(媒体等)と写真、さらには訴えたいメッセージがリンクしているかどうか。

顔写真も、ただ「笑顔」なら良いわけではなくて、むしろ「真摯な表情」の方が適している場合もあります。

言われて見れば、結構当たり前なのに、今まで深く考えたことがありませんでした。


◆一方、その顔写真を見る方も「深く考えて」はいません。

単に見て、無意識レベルで、何らかしらの判断を下しています。

「信用する」「しない」、「買う」「買わない」、「連絡する」「しない」等々、ホームページやチラシ等において、何の気なしに決められてしまう様々な事柄。

それらがコントロール可能なのであれば、できるに越したことはありません。


◆本書では、上記に挙げたテクニック以外にも、「セルフイメージを高める」ための写真活用法も紹介されています。

写真の中だけでもワンランク上の自分を実現し、それを日々目にすることによって、セルフイメージが高まる、というのは、話としても納得

第6章では、それを実践して成功を勝ち取った原健一郎さんと、その運営されている旅館(「雉子亭 豊栄荘」)について紹介されています。

 写真を撮ったのが10月初旬。できあがって手元に届いたのが中旬。
 それから毎日、彼は写真を眺めることを始めました。引き出しにしまって他の誰に見せることもなく、朝、昼、晩と、自分だけが顔写真を見始めたのです。

必ずしもこの顔写真だけが要因ではないにせよ、原さんの旅館はほどなく業績がぐんぐん上がって「楽天トラベル」の「部屋数30室未満の宿のうち、予約完売率が第1位」になったそう。

・・・人に見せないやり方なら、私にもできるかもw


ビジネスシーンで顔写真を活用したい方なら必読!



【関連記事】

【顔出し】「営業力は社長の「顔出し」で3倍アップする」落合英之(2008年08月20日)

【オススメ】「視覚マーケティングのススメ」はお役立ち!(2008年07月27日)

【4つのパーツ】「お客のすごい集め方」阪尾圭司(2007年07月13日)

「脳科学から広告・ブランド論を考察する」山田理英(2007年02月27日)

「パーソナルブランディング」 ピーター・モトンヤ (著) 本田直之 (訳)(2005年06月09日)


【編集後記】

「ある広告人の告白」等、名著発掘で名高い(?)あの「海と月社」さんがやってくれました。

完全網羅 起業成功マニュアル
海と月社
三木俊哉(翻訳)
発売日:2009-05-29

全米屈指のベンチャー・キャピタリストによる
起業バイブルの決定版、待望の邦訳!
多くのビジネス界のグルたちが絶賛する全米ベストセラー。

資金調達、人材採用、売り込み、ブランド構築、
口コミマーケティング・・・

あなたの起業を成功させるための
計画の立て方から実行の仕方までを
懇切丁寧に伝授。
これまでにない、まったく新しい起業バイブル。
あのクレイトン・クリステンセンも
「愉快で完璧、そして極めて実用的」と絶賛!

社内起業、非営利組織の立ち上げ、社会起業にも効果大の1冊

この後にアマゾンの内容紹介では、ジェフリー・ムーアやクレイトン・クリステンセンを始めとする、全米の著名著者たちが推薦の言葉を寄せております。

これはアマゾンアタックせざるを得ません!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「デザイン」へ

この記事のカテゴリー:「ブランディング」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(0)TrackBack(0)デザイン・写真このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51672084