スポンサーリンク

2009年06月01日

【文房具】シャープの「デザイン電卓EL-N802」が結構良さげな件




【はじめに】

◆しばらく文房具ネタをやっていなかったので、最近買ったものをご紹介してみようかと。

冒頭のシャープのデザイン電卓「EL-N802」

これが思ったよりいい感じでございました。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【外観】

◆まずは、私が気に入った外見から。

アマゾンの箱から出したところです。

EL-N802_1




















パッケージ上部の「SLIM DESIGN」のロゴもクールです。


EL-N802_2





















◆パッケージから出したところ。

つや消しの「黒」が私ごのみ。


EL-N802_3















◆高さが「17.5僉という薄型なので、隣に本を置いてみました。

SHARPからは色々と薄型の製品が出ているのですが、これも結構薄め。

なお、画像撮り忘れましたけど、スタンドを立てれば、4僂らいになります。


EL-N802_4
















「デザイン電卓」を名乗るだけあって、外観のみならず、キーに使われている「フォント」も独自のもの(らしいです)。

お使いのSHARPの電卓と比べて頂くと、違いがわかるかも。


【機能等】

◆この辺はアマゾンの商品説明に詳しいので、そこからご紹介。


■お洒落なカラーリングと飽きのこないシンプル&スマートなデザインを採用
マットな光沢感が美しい「ブラック」本体と同系色のキーを採用し、シンプル&スマートなデザインに仕上がっています。

◆この辺については、上記をご参照のこと。

個人的には「マットな光沢感」というのがツボです(「ジェットストリーム4&1」と同じですね)。


■検算時に便利な「アンサーチェック」機能を搭載
まず、テンキー上部のスライドスイッチで「アンサーチェック」機能を選択します。計算結果が自動的に記憶されるので、再度計算をして結果が同じであれば、画面上に「OK」と表示されます。  
シャープ製の「デザイン電卓」では、初めて本機能を搭載しました。

◆これについては、動画でも掲載しようかと思いましたが、要は、2回やった計算結果が同じだったら「OK」と表示されるということ。

長い計算式を入れる際には、いったん答えを紙に書いたり、メモリーに入れてましたが、それが不要になります。

自分自身、基本的にはエクセルで色々やっちゃっているので、使いまくる予定はありませんが、お仕事の内容によっては便利な機能かと。


■指先にフィットする四角形のキー形状により、スピーディな入力にも対応可能

◆キーの形が入力速度に関係あるのかわかりませんけど、普通に入力しやすいです。

デザイン電卓って、もうちょっと使いにくいものかと思っていたので、それは良かったな、と。


◆なお、アマゾンの内容紹介にはないものの、主要機能について、パッケージの裏に書いてあったものをご紹介。


■サイレントキー・・・当社従来機種に比べて、キーの操作時の音が静かになっています。(当社EL-N422比 約20%低減)


確かに使ってみて、音は小さいです。

ただ、逆に「カチカチ」いう音で、入力を確認していたような方ですと、ちょっと心配になるかも。


■早打ち対応(2キーロールオーバー)・・・すばやい入力をするために、先に押したキーを離す前に、次のキーを押しても入力を受け付ける機能です。

◆これは実際にやってみたら、ホントでした。

ただ、今まで私の使っていたCASIOの製品でも、これはできていました。



◆と、オモタら、新たな発見!

電卓早打ち講座:株式-投資 初心者卒業講座  電卓講座編

・電卓の反応速度の良いもの。
3キー分の入力を一時記憶できる機能の付いた電卓を選ぶ
初歩的な判定方法として、1を押したまま同時に2・3も押します。
そして、1を放して、次に2を放します。それで「123」と表示されていれば、どんなに速く打っても電卓が指に追いついてきます。
(最近残念な事に、123を同時に押すと反応が足りない電卓が主流になってきました。少なくとも1と2を同時に押して、1を離すと1、2と表示される電卓を買いましょう)
TWINPOWER(電池とソーラーパワーを併用しているもの)だと大体反応してくれると思います。

私のカシオの製品は、キー2つまでは大丈夫なのですが、「3」まで押してから、最初の「1」を離すと、「2」ではなく「3」が表示されてしまいました!

うーん、今までタイプミスがあったのも、そこに原因があったのか?(←責任回避w)

もちろん、今回のSHARPの製品は「1」を離したら「2」が表示されたので、大丈夫!


◆最後に仕様も。

■仕様■
◇表示:液晶
◇計算桁数:12桁
◇計算機能:加減乗除、定数計算、メモリー計算、パーセント計算、べき乗計算、逆数計算、税計算など
◇電源:太陽電池(本体に組み込み)、DC 3V リチウム電池 CR2025 ×1個(本体内蔵)
◇使用時間:約5年(内蔵リチウム電池のみで1日当たり1時間使用した場合)◇自動節電機能:約7分
◇使用温度:0℃~40℃◇外形寸法:幅110mm × 奥行177mm × 高さ17.5mm◇質量:約150g(電池含む)
◇付属品:リチウム電池1個(本体内蔵)、取扱説明書 /



【感想】

◆上記でご紹介したように、私はCASIOの製品を使い続けておりました。

税理士試験を受けようと思った際に、家電量販店に買いに行って、何も考えず「デザインのみで」、SHARPではなくCASIOを選んだんですがw

その後、キチンと専門学校に通うようになって周りを見渡すと、あきらかにSHARPユーザーの方が多かったわけで。

実際、学校としても推薦機種としてSHARPを挙げていたようです。


◆さて、一旦使い始めた電卓は、キーポジションもさることながら、メーカーによって使い勝手が全然違います。

上記の「電卓早打ち講座:株式-投資 初心者卒業講座  電卓講座編」の下の方に「小技」と題された部分があるのですが、やはりSHARPとCASIOでは違うよう。

もし、何らかの試験等を受験される方であれば、その点だけはご留意下さい・・・って、試験受けるような方ならご存知ですかね。


◆私は試験終了後もCASIOを使い続けていましたが、それは慣れているというのもさることながら、デザイン的にピンと来るものを知らなかったから。

もちろん、完全な「デザイン電卓」であれば、見た目は良いのでしょうけど、12桁という会計関係の仕事なら必要な桁数を満たしている機種も少なかったりします。

その点、今回の「EL-N802」は、「見た目」「機能」のバランスが良いのではないか、と。

使い始めたばかりですが、結構良さげな予感!



【他の色もあります】

◆私は「黒一色」なので、ハナから他の色は目に入りませんでしたが、あと2色あります。

SHARP 12桁デザイン電卓(ナイスサイズタイプ) シルバー系 EL-N802-SXSHARP 12桁デザイン電卓(ナイスサイズタイプ) レッド系 EL-N802-RX
Amazy

「黒はどうも・・・」という方に!


【関連記事】

【本の管理】USB接続バーコードリーダー「TSK-U」を買ってみました。(2009年05月10日)

【文房具】「ハンコ・ベンリ」を買ってみました!(2009年03月09日)

【ノイズキャンセリングヘッドホン】ATH-ANC3を買ってみました(2008年08月19日)

【本ネタ】カールの「ブックスタンダー」が極めて秀逸な件(2009年01月25日)

【本ネタ】ブックストッパー3種使い勝手徹底比較(2008年02月12日)


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「文房具その他ツール」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 20:30
Comments(0)TrackBack(0)文房具その他ツールこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。