スポンサーリンク

2009年05月27日

シンプルでセンスの良いクールビズ一覧


【はじめに】

◆日経産業新聞5月27日号の「パーソナルスキル」面に「クールビズ」の記事が出てたのでご報告。

見出しの方も

「クールビズ、ノータイだけじゃない」
「今年は全身でセンス光らす」

・・・とかなり威勢が良いです。

なお、そのイキオイに押されたので、タイトルは久しぶりにホッテントリメーカーを使ってみた次第w


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【内容】

◆お話をお伺いするのは、新宿伊勢丹メンズ館の営業部バイヤー五十嵐さん。

各アイテムについてこう言われています。

■シャツ

⇒第2ボタン付近に補助的なスナップボタンを付けるのが今年のトレンド

⇒えりと布地の色が異なる「クレリックシャツ」や前襟が高い「ドゥエボットーニ」も今年も人気


クレリックシャツ




ドゥエボットーニ




◆厳密には、「ドゥエボットーニ」とは、前襟のところにボタンが2つ付いてるシャツのことですね。

結果的にやたら襟が高くなっているシャツが多いですが。

それと、ボタンダウンでなくても「ドゥエボットーニ」とは言いますが、ほとんどのモデルがボタンダウンになっている感じです。


■ネクタイ

⇒クールビズの基本はノーネクタイ

⇒ただし、営業等、ネクタイ着用が欠かせない場合には「ニットタイ」がオススメ




⇒ニットでも剣先のあるデザインなら、フォーマルな場でも違和感を与えずに済む


◆クールビズでなくとも「ノータイ」で済ませている私でも、確かに営業職だったらネクタイはしていそう。

ちなみに「ニットタイ」は一つも持ってないのですが、上記の画像のようなデザインなら違和感なく付けられそうです。

なお、剣先があるタイプはアマゾンでは見つかりませんでした。


■上着(ジャケット)

⇒生地の枚数を減らした「アンコンストラクテッド(アンコン)」タイプが着心地がいい

⇒「アンコンジャケットを選ぶ際は肩と胸に注目して欲しい」
(フリー編集者・池田保行さん)

⇒試着時に肩の部分が丸く盛り上がり、胸にもしっかり曲線のラインが出るようなら問題なし




■パンツ

⇒今年は淡い水色ラベンダーなど鮮やかな色合いのものが店頭をにぎわしている


ちょwww「淡い水色」「ラベンダー」なんて、組み合わせが結構難しいと思われ。

さすがにこの辺は、鵜呑みにしない方がよいのではないでしょうか?←小心モノ


【感想】

◆他にも、ベルトについて言及がありましたがこの辺で。

私も、会社に属さないようになってからかなり経つので、正直、どのくらいまでクールビズが許されているのか全然わかりません。

そもそも私自身、仕事で人と会わない限り、ネクタイすらしてませんし、基本、夏も冬も黒のカットソーばかりなもんで。


◆ただ、服装のカジュアル化の違和感というのも、段々と慣れてくるもので、初めはいい顔をしていなかった上司が、「いきなりクールビズデビュー」とかしてきて「周りがビックリ」、なんて話も聞きます。

こんなとき、キョドってないで上司の冒険を散々褒めちぎれば、段々と「むしろそれが普通」になるってもんです。

逆に、自分が冒険して周りの「冷たい目」を感じたら、次回は多少堅めにするとか。

この辺は、適宜空気読んで対応していただきたいところ。


◆なお、紙面の方では、「女性向けの着こなし」についても言及しています。

いくらクールビズでも、やはり「ノースリーブはNG」だそう。

その他詳細については、日経産業新聞5月27日号でチェックしてみてください。


【関連記事】

【服装】ビジネスシーンにふさわしい服装術(男性編)<メモ>(2009年01月14日)

【脱非モテ?】『ファッションスキルは大人の「教養」』森井良行(2009年01月10日)

【モテファッション?】「男のファッション基本講座 カラー版」(2008年05月27日)

【服装戦略】『男の価値は「色」で決まる! 』今井志保子(2008年05月06日)

【見た目】『「見た目」の流儀』岡野 宏(2008年04月23日)


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ブランディング」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 21:00
Comments(2)TrackBack(0)ブランディングこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51669306
この記事へのコメント
いつも楽しく拝読させていただいています。
私アパレルで働いておりますが、ドゥエボットーニは現在アパレルでは着ているのを見るとすでに恥ずかしいシャツの襟形になっております。現在はアメカジが流行の兆しを見せておりおそらくイタリアっぽい台襟の高いシャツは冬にはほとんど見ることができなくなってくると思います。着ているのはちょっと勘違いしちゃったおじさんの着るものになると思いますのでファッション誌を見ていただくとわかると思います。影響力のある方のブログなので勘違いさんが増発することを恐れてコメントさせていただきました。
Posted by 佐藤一郎 at 2009年05月27日 21:59
>佐藤一郎さん

コメントありがとうございます!
なるほど、ドゥエはアパレルではもう「アウトなアイテム」なんですね。
ということは、レイトマジョリティからラガード辺りなんですかね?
そして時代はアメカジっすかー。
どうせ私の学生時代のアメカジとは全然違うんでしょうけど(笑)。

影響力うんぬんに関しては、当ブログは基本がビジネス書なので、それほど大したことは無いと思いますヨ(笑)。
というか、元ネタが新聞なだけに、そちらの方がよほど影響力あると思うんですがー(汗)。

Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2009年05月28日 03:37