スポンサーリンク

2009年04月18日

【人心掌握】有吉弘行の人心掌握術がスゴすぐる件




【はじめに】

◆昨日の記事の編集後記でご紹介した、「竜兵会―僕たちいわばサラリーマンです。出世術のすべてがここに」

一応、「竜兵会」のメンバーのインタビューで構成されているのですが、その中でも特に、元猿岩石の有吉弘行(以下記事内すべて敬称略で)のパートがすこぶる勉強になったので、取り上げてみたいと思います。

単なる「お笑い」というより、もはや「人心掌握術」と言ってもいいのではないか、と。


注:後半に、島田紳助氏の「XとYの法則」について言及されているDVDの紹介もあります。

関連記事はコチラ:【紳助のヒミツ】「紳竜の研究」はスゴかった



人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【目次】

第1章 広報部長・土田晃之に学ぶナンバー2の美学
第2章 新入社員・インスタントジョンソン・すぎに学ぶ下っ端として生きる方法
第3章 リストラ候補・デンジャラス・ノッチに学ぶリストラされない方法
第4章 チンピラ社員・有吉弘行に学ぶ上司の転がし方
第5章 総務部長・デンジャラス・安田和博に学ぶ組織を冷静に見る方法
第6章 独立成功のヤリ手・劇団ひとりに学ぶ組織に頼らない“ひとり力”
第7章 庶務担当課長・ヤマザキモータースに学ぶ組織との上手な付き合い方
第8章 副社長・ダチョウ倶楽部・肥後克広に学ぶ“なんくるないさー”的処世術
第9章 社長・ダチョウ倶楽部・上島竜兵に学ぶ組織のトップに必要な本当の資質



【有吉弘行に学ぶ上司の転がし方】

■1.大勢でいるときと、二人きりのときで態度を変える

◆有吉は上島竜兵に対しては、大先輩であるにもかかわらず、タメ口はおろか、「タクシー代をせびったり、出された金をひったくるように取ったりする」のだそう。

それなのに、上島は有吉が可愛くてしょうがないのだとか。

そこまでしておきながら、上島から可愛がられる秘訣は、「接する態度の違い」にあると、有吉はいいます。

竜さんが僕をどうしてかわいいかというと、実は僕、竜兵会のみんなでいるときと、竜さんと2人きりでいるときと、接し方が全然違うんですよ。みんなでいるときは、それこそ「チンピラ」とか「場あらし」的な傍若無人な振る舞いで、竜さんにも平気で「お前はつまんねーんだよ!」とかタメ口以上のツッコミしたりしますけど、竜さんと2人きりのときには、ひたすら竜さんのことを持ち上げるんです。それはもう
誰よりもヨイショしまくります。
 本当に他の人が見たら「お前、そこまでやるか」ってぐらいに徹底的にこびへつらいます。

有吉1










テラスゴスwww

しかもこの話が記載されている下の注の欄には、上島竜兵の証言があって、そこの見出しが「騙され続ける上島」www


■2.ディテールにこだわる

◆その「こびへつらう」にも芸が細かい!

高校時代、深夜番組でやっていた『怪傑!ダチョウ三銃士』を見て、上島のようなリアクション芸人になりたい、と思ってこの世界に入った、と言い、上島を喜ばせたものの、これも当然全部ウソ

有吉4










テラ笑顔wwww


◆ただし、普通にウソをつくだけではありません。

この場合注目すべきは、『怪傑!ダチョウ三銃士』という小ネタにあります。

 相手を信じ込ませるには、ただ憧れていましたとか、「○○さんみたいになりたいと思ってたんです」だけじゃダメなんです。もう少し細かいディテールというか情報を入れ込まないと、相手もなかなか信用してくれないんですよ。

・・・なるほど、そういう細部へのこだわりが効果があるんですね。

さらに、もう一つ手を加えているのですが、これ以上はネタバレ自重で。

とにかく、もはや有吉が何をしようと、上島は信じきっているのがスゴイです。


■3.相手によって手段を変える

◆さらに有吉は、竜兵会の陰のトップと言われる土田晃之には、別のアプローチ方法を。

土田さんにはぼくのこびへつらいヨイショ作戦は効かないので、別の方法をとるしかない。となると、土田さんの場合は真っ向から「技術論」で気に入ってもらうしかないんです。芸人としてのお笑いの技術論みたいなもので、「へえ、こいつもなかなかやるじゃん」的に気に入ってもらえないと、土田さんみたいに技術のある人(つまり仕事のできる人)には通用しません。下手に人情話をしてヨイショなんかすれば、逆効果になったりすることもあるし。

これは、実社会でも役に立ちそうなテクでは?

私の記憶でも、キレ者と言われるような人ほど、ベタベタのお世辞は嫌っていたような気がします。

そこで逆に「認めてもらえる」部分を見せるのがポイントのよう。


◆それでは、ダチョウ倶楽部のリーダーでもある、肥後克広に対するアプローチ法は?

 あの人は、頭がイっちゃってるみたいな人が好きなんですよ。江頭さんとか、タコ八郎さんみたいな。もともとストリップ劇場のコントで育っている人なんで、そういう破天荒な人が好きなんですね。それがわかったんで、後は簡単、「僕、破天荒ですよ」ってところを見せてあげればいい。
「昨日、銭湯のぞき見してたら捕まっちゃいました」「お前、凄いな!もっと聞かせろ、聞かせろ」とか、破天荒な芸人がやりそうだなと思うことを、教科書どおり、それをやりましたって言うと、「凄いな、お前!」ってなる。

これは実際にはやってないわけなんですけど、有吉は肥後の目の前で別の破天荒スグルことをやってのけます。

ただこれも本の中ではドデカいフォントで書かれていたので、自重www


◆また、上島と肥後は有吉を奪い合ったことがあるらしく、「いくら払えば水揚げできるんだ?」と言われたとか(芸者かYO!)。

実際、欄外の肥後の発言によると有吉に「お前、養子にならないか?」とまで言ったことがあるそう。

恐るべき人心掌握力!


■4.悪口と陰口は違う

◆そんな言いたい放題の有吉でも、一つ徹底しているのが、「当人のいないところでは罵倒しない」ということ。

 竜さんがいないときに、竜さんの悪口は言わない。それだけは絶対に守ります。その人がいない席で、その人の悪口を言うのは、それは"陰口"になるんで。絶対にやっちゃいけない。人間、陰口を言われているのを知ったら本気で嫌な気分になる。だから徹底して言わない。

欄外で指摘されてるんですが、「当人の前ではニコニコ」「当人がいないと罵倒」しまくる上島は、真逆ですねw

でも、この本では有吉は上島のこと散々言いまくっているような・・・って、公の場というか書籍だからいいのか?


◆ただ、有吉も上島の凄いところは認めているという。

 みんな困るのは「オチどうする?」ってところなんですよ。その一番重要なところを、竜さんに丸投げしちゃえば、なんとかしてくれるから。スベったらスベったで、僕らはそれに対して「おもしろくないだろ!」って言えば、スベったことにはならないし、おもしろかったらおもしろかったで、「おもしろいじゃねーか」って偉そうに言えばいいし。そういう意味では使い勝手がいい。
 うちの上島は、芸能界でもトップクラスで"オチをまかせられる人"なんで、それは本当に凄いことなんですよ。どこに出しても恥ずかしくない。

とか言いつつ、その後の部分で、「頼りになるのは、リアクション系の番組だけ」とバッサリ切ってますがw


■5.やりっぱなし、言いっぱなしはダメ

◆他にも有吉の意外な(?)一面だと思ったのが、竜兵会のみんなを個別にフォローしているところ。

サシで飲んで相手に「有吉はホントはイイ奴だ」と思わせておく、というのもありますが、日頃からみんなのブログをチェックしているのだとか。

 すぎなんてブログ見てると、「これちょっとヤバいな!悩んでるな」とかすぐわかるんですよ。「こいつ、ストレス溜まってるな」みたいなことがあると、すぐに電話入れたりしますし。みんなのブログを読んで何かあるな、「あれ、いつもと違うな」とか「これヘコんでるな」っていうのを見つけると、すぐフォロー。それは細々とやってますね。

そういうきめ細かいフォローがあればこその、傍若無人ぶりなんだな、と。

アメとムチじゃないですが、中間管理職の方は、取り入れてみてはいかがでしょうか?

・・・ってブログじゃなくて、リアルで観察してですけどねw


【感想】

◆いやー、他にも爆笑モノのエピソードが満載なのですが、この辺で。

紹介してない中にも戦略的ヨイショ法が数々あるのですが、単に持ち上げるだけではなくて、キチンと考えた上でその方法を取っているのが凄いな、と。

また、上記のブログの話や上島&肥後両氏に取り入った話も、いずれも「観察力」のなせる技であることが、本書を読むとよくわかります。

これって、恋愛にも応用できそうな(本書では色気のある話は一切出てきませんが)。


◆そもそも、本書を買うに至ったのは、はてブ界隈でも話題になった、いくつかの有吉ネタがあったから。

有吉弘行はNHKでも毒を吐く:てれびのスキマ

⇒NHKのネイルアートの初心者向け趣味・実用講座で柳原可奈子をいじりまくり


有吉弘行が見たギリギリの芸能界:はてなでテレビの土踏まず

⇒アリエナイくらいきわどい質問に答えまくり


有吉弘行のブレイク論:てれびのスキマ

⇒「ブレイクするっていうのはバカに見つかるってことなんですよ」という名言を吐く


有吉弘行がダウンタウンら先輩芸人へ悪口三昧:はてなでテレビの土踏まず

⇒TBS系「リンカーン」レギュラーを罵倒しまくり

これらが全て、ここ1〜2ヶ月での出来事、というのがスゴイな、と。


◆そこで発売されたのが本書なわけですよ。

その辺の期待に十分応えてくれたと個人的には思ってます。

何せ、夜中にこの本読んでてこらえきれずに爆笑してたら、ヨメが何が起こったかとわざわざ見に来たというくらい。


◆なお、本書の他の芸人さんのパートで、面白いかどうかというよりも、学ぶところがあると言う意味では、やはり土田晃之劇団ひとりですかね?

特に土田の「出る番組によってポジションを変える」という話(役割的な意味で)は秀逸。

さすがヒナ壇の神と言われるだけのことはあります(マジで)。

ホントはそれも書きたかったのですが、有吉ネタだけで一杯になってしまった・・・。


◆また、付録のDVDは上記のキャプチャー画像のように「テロップ入り」で長さも80分あります。

内容は、基本は本書のネタとなったインタビューのようなのですが、土田に至っては、携帯電話でメモった上島&肥後のエピソードの紹介だけ(それも本書未収録ネタが多々!)で終わってる・・・ってどんだけの量メモってるんだ、っていうw

土田









                 ↑
携帯を見ながら淡々と上島のダメっぷりを暴露していく土田w


◆一方上島は、構成を考えないで喋っているので収拾がつかなくなっていたりw

ツッコム意味でのテロップもいい感じで入っていて、とにかく笑えました。

上島










竜ちゃんテンパリ中w


これで税込み1470円ならお買い得では?



【関連商品】

◆同じお笑い系で勉強になったのが、こちらのDVD(当ブログの常連さんにはお馴染みですが、一応)。

見所は、この中に収録されている2007年3月の「特別限定授業」

その後、紳助が実際にいくつものプロデュースや企画を成功させていることを踏まえて観ると、より一層凄さが際立つかと。

紳竜の研究 [DVD]
アール・アンド・シー
発売日:2007-05-30
おすすめ度:4.5

参考記事:【紳助のヒミツ】「紳竜の研究」はスゴかった(2008年03月14日)


【編集後記】

◆アマゾンで総合1位という快挙を成し遂げたこの本。

マインドマップ資格試験勉強法
ディスカヴァー・トゥエンティワン
発売日:2009-04-15
おすすめ度:5.0

当ブログでも発売前に勉強本のまとめ記事で触れただけなのに、実は結構お買い上げ頂いておりました。

干場社長の記事でも、初速の勢いが10万部超作品のペースだとか。

こ、これは大ヒット確定か?


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「コミュニケーション」へ

この記事のカテゴリー:「ブランディング」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:30
Comments(13)TrackBack(3)コミュニケーションこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51649346
この記事へのトラックバック
竜兵会―僕たちいわばサラリーマンです。出世術のすべてがここに 作者: 竜兵会 出版社/メーカー: 双葉社 発売日: 2009/04 メディア: 単行本 ビジネス書籍系のアルファブロガーであるマインドマップ的読書感想文で紹介されていて、面白そうだったので読了。 【人心掌握】有吉
[書籍]竜兵会―僕たちいわばサラリーマンです。出世術のすべてがここに【(Am I) confusing you?】at 2009年04月25日 20:29
嫌われない毒舌のすすめベストセラーズ発売日:2009-07-09amazon.co.jpで詳細をみる (Amazy) 【はじめに】◆今日お送りするのは、先日速報にて発売をお知らせしていた、「毒舌あだ名付け芸人」、有吉弘行氏の初めての「ビジネス書」(?)。 一足先に出版され、大人気だっ....
【人たらし】「嫌われない毒舌のすすめ」有吉弘行【マインドマップ的読書感想文】at 2009年07月10日 08:35
【はじめに】◆勝間さんの記事で後姿が曝け出された(?)smoothです(あいさつ)。 今日お送りするのは、先日まで行われていたブックファースト新宿店開催の「ブロガーフェア」で、私が選んだ本について。 都内の1店舗展開では、さすがに行かれた...
【フェア】ブックファースト新宿店のブロガーフェアで選んだ本【マインドマップ的読書感想文】at 2009年11月13日 08:20
この記事へのコメント
こちらからのアクセスが急にと思ったら、こんな風に書いてくださっていたんですね。前の記事のときは、こちら、まだ、記事アップしていなかったので…。
それにしても、軽口、下手にたたけませんね。いえ、10万部、行くとは思いますが…たぶん…よ、よろしくお願いします!
Posted by 干場 at 2009年04月18日 13:08
>干場社長

えー、何か知らぬ間に「はてブフィーバー」状態になってしまいました。
そちらにも興味のある方がお邪魔していると思いますので、ディスカヴァーさんのご本でもお買い上げ頂けたら幸いだな、と。

そして「マインドマップ資格勉強法」も10万部いきましょう!
・・・スイマセン、まだ読んでないのですが(汗)。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2009年04月19日 01:56
smooth先生。
またすごい本を発掘してきましたね(・_・;

芸能人の方は人脈で食べてる面もあるので、
コミュニケーションに一家言ある人がおおいでしょうね。
紹介記事を読んで、この本が欲しくなりました。
※マキャベリ「君主論」、「韓非子」と重量級の本を買ったので、
 新刊書の購入は封印モードです(−−;

そうそう。
「Yes,Bossのすすめ!」買いました。
会社で悩んでたので、すごく役に立ちそうです。
上司からのフィードバックのもらい方は、
早速月曜から使ってみます。

Posted by じゅにがも at 2009年04月19日 06:11
>じゅにがもさん

封印しないで、ぜひお買い求め下さい(笑)。
てか、この記事に書いてない部分も結構スゴかったりするんで。

「Yes,Bossのすすめ!」、いいでしょう(笑)。
新人のうちにあの本が読めるのはラッキーだと思いますよ。
タイトルつけ直してキチンと宣伝打てば、そこそこヒットしそうな気がしますが・・・って、私は関係者じゃないですけどね(笑)。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2009年04月20日 01:49
有吉すごいですね、、w

爆笑&はてぶ即させていただきました^^

Posted by 有吉すごい、、、 at 2009年04月20日 22:25
はじめまして!欲しくなる感じのレビュー、ありがとうございます☆有吉最高だな〜。

早速発注www
Posted by トーニャハーディング at 2009年04月21日 17:24
>有吉すごい、、、 さん

レス漏れ失礼しました!
お楽しみ頂き感謝です。
今後ともよろしくお願いします。

>トーニャハーディングさん

お買い上げありがとうございます(涙)。
私自身、この本は買ってよかったとマジで思いました。
お楽しみいただければ幸いです。
今後ともよろしくお願いします。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2009年04月22日 02:19
人の悪口ばかり言う人間は行動も最低だったんですね!(怒
Posted by 名無し at 2009年04月25日 00:23
>名無しさん

全部分かった上で、それでも有吉を見守れるのは、「竜ちゃんの器の大きさ」ゆえかもしれませんね。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2009年04月25日 03:12
これは!!竜兵会
そんなに興味なかったのに
ほしくなっちゃいました

見所が奇才すぎますね笑
Posted by タソのゲシュタルト at 2009年04月26日 02:07
>ゲシュタルトさん

こんばんは、はじめまして。
コメントありがとうございます。

ホントは笑いがお好きな方だったら、全般的に楽しめる本だと思うんですが、一応ビジネス書ブログなので、有吉氏にしぼってみました。
DVDも付いてますし、お買い得だと思います。

それとそちらにお邪魔したんですけど、息子さん、かわいいですね〜(笑)。
ウチのムスコにもそういう時代があったような(遠い目)。
両親に似ず、やたらビッグな赤ちゃんだったので、ふにゃふにゃしてた期間は一瞬でしたね(笑)。

それとフライヤー拝見して、かつてはこういうのに埋もれるような(笑)生活送っていたことを思い出しました。

今後ともよろしくお願いします。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2009年04月26日 02:18
大ファンです^^
Posted by ごろん at 2009年05月08日 07:20
>ごろんさん

コメントありがとうございます。
何やら有吉氏は、完全にブレイクしちゃいましたね〜。
今に冠番組とか持ちそうです。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2009年05月09日 01:31