スポンサーリンク

2009年04月14日

【速報】勝間和代さん翻訳の「天才! 成功する人々の法則」のページができました&プルーフを読んで


天才!  成功する人々の法則
講談社
勝間 和代(翻訳)
発売日:2009-05-13


【はじめに】

先日ご紹介していた、マルコム・グラッドウェルの新作(翻訳・勝間和代さん)の「天才! 成功する人々の法則」が、いよいよアマゾンで予約可能となりました。

それを記念して(?)、2章までのプルーフ(見本)を読んでのご紹介記事を簡単にお送りしてみようかと。

上記記事の注意点どおり、「引用なし」で参ります!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【レビュー】

★発売前の本なので、ある程度ネタバレに気をつけて書いてみます。


◆本書の邦題のメインタイトルは「天才!」

原題の方では「Outliers」ということで、意味的には「並外れた者」ということですか。

本書では、世の中に知られている紛れもない「天才=並外れた者」が、必ずしも、「個人的な資質や努力」のみによって存在したのではない、ということを、さまざまなデータによって実証しています。

言い換えると、森で高くそびえる木は、その木のみならず、その木の育った環境等についても理解しないといけない、ということらしく。


◆例えば、まず第1章から。

カナダのホッケーヨーロッパのサッカーのナショナルチームのメンバー構成には、ある一つの特徴があるそうです。

逆にバスケットボールや、同じサッカーでもアメリカのサッカーには、その特徴は見られないとのこと。

果たしてその「違い」は何か?

そしてその特徴を生む「原因」とは?

・・・思わず最初から引き込まれ


◆グラッドウェルの主張によると、結局、才能のあるなし、にかかわらず、まず「生まれつきのある原因」によって、活躍する人そうでない人、厳密に言うと、有利な人不利な人が存在する、と。

・・・「運も才能のうち」とは言いますけどね。

ただ、それが「教育」にも関係するとなると、ちと問題かも。

実際我が家でも同じ理由で、ムスメはかなり不利だったりするので。

本書でも要因の1つとして触れられている「能力別クラス」が日本にもあったりすると、かなりマズイな、と。

勝手に自重しすぎかもしれませんけど、とりあえず歯切れ悪くてスイマセン


◆一方第2章では、タイトルに「1万時間の法則」とあるように、頂点に立つ人が圧倒的にたくさんの努力を積み重ねていたことについて述べられています。

登場するのは、以下の方々。

ビル・ジョイ

ビートルズ

ビル・ゲイツ


◆これだけですと、「そうか、天才と呼ばれる人々は努力家なんだ」で済みそうですが、あにはからんや

彼らが何故「1万時間」とも言える時間を費やす事ができたのか。

その「結果」ではなく「環境」について、グラッドウェルは分析。

そこにも実は本人たちの資質とは別の次元の要因がありました。

つまり「1万時間できたorやらざるをえなかった事情」が彼らにはあったのです。


◆ここで面白いのが、「もし」何らかの理由でこれらの要因が不足していたら、上記の3人(グループ)は、名を成し遂げられなかったかもしれないということ。

特にビル・ゲイツは、若い頃の話を読んでいるとありえないくらい好機にめぐまれています。

だからといって、彼の能力を疑うわけではないのですが、ゲイツ自身、その点について曰く、「とてつもない幸運が続いたおかげだ」、と言ってるくらい。


◆さらに話はもっと大きくなって、「人類史における世界の富豪ベスト75」のうち、そのほぼ20%が、ひとつの国のひとつの世代に集中しているのだとか。

つまりアウトライアーの成功というのは、その出現した時代性にも左右されるということ。

ビル・ゲイツや、スティーブ・ジョブズは、その時代に生まれたからこそ、アウトライアーに成りえた、とも言えるわけですね。

・・・「自分はこの時代に生まれてきて正解だったのだろうか」とこの年になって思ってみたりw←遅すぎ


【所感】

◆非常に簡単ですが、最初の80ページ弱ですから、こんな感じで。

自分自身、途中までの見本で記事を書くのは初めてなので、どこまでどう書いてよいのかよくわからず。

思うところを書こうにも、ネタ伏せちゃうと「細かくは言及出来ず」と言いますか。


◆ただ、上記で触れた「才能開花まで1万時間」というお話は、本書より前から、ちらほら目にしていた記憶が。

たとえば、実際にその点について言及しているのがこの記事です。

「すぐに稼げる文章術」日垣 隆:マインドマップ的読書感想文

ちなみに、本書の中で「何かでお金を取ろうと思ったら、目安として最低1万時間はやり続けなければならない」という一節がありました。

この記事書いてからさらに2000時間超書き続けておりますので、私が稼げるようになるのは、あと5年弱・・・ってまだまだ先ですな。

(´・ω・`)ショボーン


◆なお、私が今のところ4年と4ヶ月弱、毎日毎日ブログで長文を書いていられるのも、ある意味「環境に恵まれた」部分もあります。

その「環境」というか、応援してくださる方々・・・。

●品格のカケラもない記事でも許してくださる、著者様、出版社の皆様
(一応、最低限のネタバレだけには注意してます)

●ネット素人の私が分からないことがあっても、すぐ助けてくれるブログ仲間の皆様
(いつも「教えて君」でスイマセン)

●5時以降、基本的に残業しなくてもやっていける手のかからない顧問先の皆様
(夜、私が電話に出て「忙しそうですね」と言われた際に否定しないでスイマセン)

●黒背景でダラダラ長文なのに、読んで下さる読者の皆様
(職場で閲覧しにくくてスイマセン)

こうした皆様のおかげで、私は着々と(?)「アウトライアー」を目指すことができます(時間だけならw)。

ありがとうございます!


◆・・・何だか本題からずれてしまいましたが。

とりあえず初っ端から面白い事例がバシバシ出てきているので、この後の章も楽しみです。

もちろん、ここまでの部分だけ読んでも十分楽しめましたし、「早く全部読みたいなー」と言ってみるテスト。

「献本お断り」って言ってますけど、講談社って実家から近いですし、お金握って行ってみるか。←子どもかよw


読んで悔いナシな1冊のヨカン!

天才!  成功する人々の法則
講談社
勝間 和代(翻訳)
発売日:2009-05-13


【関連記事】

【速報】勝間さんの翻訳するマルコム・グラッドウェルの新刊のプルーフ(見本)がもらえる件【ブロガー対象】(2009年03月30日)

【ティッピング・ポイント】「急に売れ始めるにはワケがある」マルコム・グラッドウェル(2007年07月18日)

『第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい』 マルコム・グラッドウェル (著)(2006年03月01日)

【オススメ】「アイデアのちから」が予想以上に面白かった件(2008年11月25日)


【編集後記】

◆ちょっと気になるご本。


アマゾンの「この商品を買った人は〜」で何故か最近よく見かけます。

原題にある「トレードオフ」という概念はかなり好きなんで、要チェックかも。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「勝間和代」へ

この記事のカテゴリー:「ランキング・未読本紹介等 」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:15
Comments(12)TrackBack(5)勝間和代このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51647309
この記事へのトラックバック
天才! 成功する人々の法則 作者: マルコム・グラッドウェル, 勝間和代 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2009/05/13 メディア: ? こちらを見て【速報】勝間さんの翻訳するマルコム・グラッドウェルの新刊のプルーフ(見本)がもらえる件【ブロガー対象】:マインドマップ的読
[書籍]「天才! 成功する人々の法則」プルーフ(見本)【Nの世界】at 2009年04月15日 06:48
天才! 成功する人々の法則(2009/05/13)マルコム・グラッドウェル商品詳細を見る この本のプルーフ(見本)を読みました。 マインドマップ的読曮..
天才になる法則はあるのか?【状元への道 めざせ汗牛充棟 読書日記】at 2009年05月06日 14:07
 smoothさんのところで紹介されていた、勝間さんの新刊翻訳本のプルーフプレゼント。 【速報】勝間さんの翻訳するマルコム・グラッドウェルの...
勝間和代さん翻訳の「天才!」プルーフを読んだ【kaleiDO sCOPEs】at 2009年05月07日 10:07
天才! 成功する人々の法則講談社勝間 和代(翻訳)発売日:2009-05-13amazon.co.jpで詳細をみる (Amazy) 【本の概要】◆今日ご紹介するのは、何度かこのブログでも取り上げてきた、マルコム・グラッドウェル作、勝間和代さん翻訳の「天才! 成功する人々の法則」。 すでに....
【勝間さん激賞!】「天才!成功する人々の法則」がいよいよ発売へ!【マインドマップ的読書感想文】at 2009年05月13日 08:35
天才! 成功する人々の法則(2009/05/13)マルコム・グラッドウェル商品詳細を見る  【 目 次 】   プロローグ ロゼトの謎   第一部 宮.
天才! 成功する人々の法則 マルコム・グラッドウェル(著)【Makeup Life! メイクアップ・ライフ!】at 2009年09月05日 13:40
この記事へのコメント
琉海です。

>夜、私が電話に出て「忙しそうですね」と言われた際に否定しないでスイマセン

ツボでした。朝から笑わせていただきました・・・w
Posted by 金城有紀@ウェブ参謀 at 2009年04月14日 09:36
>琉海さん

久しぶりのコメントが、そこかYO!(爆)
ていうか、アナタにも散々お世話になっております。
ありがとうございます。
どこかで見捨てられてたら、今の私はありませんでした。
感謝!

Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2009年04月15日 01:10
初めまして、Guinness好きと申します。
初めてコメントさせていただきます。
いつもブログを楽しく拝見させていただいております。
以前、プルーフプレゼントの記事を見て速攻応募し、無事いただくことができました。
プルーフの記事をブログにアップしましたのでトラバさせていただきました。
今後も楽しみにしております。
Posted by Guinness好き at 2009年04月15日 01:41
>Guinness好きさん

はじめまして、コメントありがとうございます。
また、ブログもご覧頂き感謝です。

そしてプルーフの申し込みありがとうございました。
よくまとまっていて、ステキなエントリだと思いましたよ(コメントもさせて頂きました)!

ところで、トラバが来てないようなので、よろしければ、再度お送り下さい。
こちらの個別記事のリンクを貼りなおしていただくか、前の記事に宛てになってしまいますが・・・。


Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2009年04月15日 02:17
はじめまして。
いつも大変参考にさせて頂いています。

私もプルーフの申し込み記事を見させて頂き無事に読むことができました。
ありがとうございました。

これからも楽しみにさせて頂きます。
Posted by N at 2009年04月15日 06:47
smoothさん、こんにちは。

この本、出てすぐに原書を買ってしまいました。勝間さんが翻訳するなら買わなかったのにw

飛行機でも1万時間フライト経験するパイロットって熟練者と言われますよね。私は集中的に一万時間費やしたことって何かあるかなあ…

やっぱり圧倒的な努力は必要ですよね。運が無ければそれまでと言われればそうなんですが、運があっても実力が無ければ成功しないわけで。

将来はともかく、現在の所は仕事をがんばりたいです。なんて、ちょっと反省してしまいました〜


Posted by Sio Ikzk at 2009年04月15日 11:12
はじめまして、smoothさん。

いつも楽しく拝見させて頂き、ビジネス本購入時には参考にさせて頂いております。

先日の「【速報】勝間さんの翻訳するマルコム・グラッドウェルの新刊のプルーフ(見本)がもらえる件【ブロガー対象】」を見て、早速申し込まさせて頂きました。

コレを機にsmoothさんをTTPさせて頂き、早速書評してみました。

これからも楽しみにしておりますので、がんばってください。
Posted by aozora at 2009年04月15日 22:04
>Nさん

はじめまして。
コメントありがとうございました。
また、プルーフもお申し込みありがとうございます。

2章まで読むと、やはり続き早く読みたいですよね〜。
ここはやはり、講談社さんに乗り込むか(ウソ)。
今後ともよろしくお願いします!

>Sioさん

おっと、林田さんと同じく原書組がいらっしゃいましたか(笑)。
確かに今までの流れ的に、勝間さんが翻訳してもおかしくないところでしたよね。
そして、お仕事頑張ってください!
私も自分にそう言い聞かせています(爆)。

>aozoraさん

はじめまして!
コメント&プルーフ申し込みありがとうございます。
沢山の方が申し込んでくださったと聞いていたのですが、皆さん積極的で素晴らしいと思います。

書評も拝見しました!
ただ、むしろその後の「もう合コンに行くな」の方が嬉しかったりします(笑)。
今後ともよろしくお願いしますね。


Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2009年04月16日 02:31
さすがにsmoothさん!
批評がうまい!

私もプルーフ読ませていただきましたが、
いまいち、どこがいいの?!っと思ってしまったのが正直な感想で、いまだにブログに感想のせられなくって困ってました(汗)

マルコムさんはきっととても文章がうまいのでしょうね。原文で何か読んでみたいです。

smoothさんの感想を少々引用させていただいて感想書きまぁ〜す!(笑)
Posted by イヴォンヌ at 2009年04月21日 16:01
>イヴォンヌさん

エー、この本面白いじゃないですか(笑)!
それと、イヴォンヌさんは英語の実力から言って、原文でOKな人なんですから、プルーフ申し込まなくても良かったんですよ(爆)。

いずれにせよ、感想お願いしますね〜!
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2009年04月22日 02:23
smoothさんこんにちは!
私もsmoothさんのプルーフ版告知記事で無事見本をゲットすることができました!
早く続きが読みたいですね〜。
いつもホットな情報ありがとうございます♪
せめてものお礼にこちらからポチっとさせて頂きます〜☆
Posted by 二代目 at 2009年04月27日 11:16
>二代目さん

アマゾンアタックありがとうございます(涙)。
そちらにもお邪魔させて頂きました。
記事でもご紹介頂き、感謝です。

丁度今週辺り、勝間さん、グラッドウェル氏と対談なんですよね。
こちらも楽しみです。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2009年04月28日 03:52