スポンサーリンク

2009年04月12日

【恒例】記事別アクセスランキング(09年3月)


【概要】

◆今日お送りするのは、お馴染み「記事別アクセスランキング」

今回は2009年3月分です。

参考までに、過去3ヶ月分を。

2009年2月

2009年1月

2008年12月

意外な記事がランクインしていて、自分でもちょっとビックリでした。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【ランキング】

★2009年3月1日から3月31日までのページアクセストータルを、上から順に並べております

第1位

【提言】「会社に人生を預けるな」勝間和代(2009年03月17日)


◆勝間さんの新作の記事が、断トツで1番でした。

問題作(?)だけあって、あれよあれよとはてブが付きまくり、ちょっとビビりましたが、それほど炎上する事もなく無事に軟着陸。

ちなみに、2月の1位はやはり勝間さんの「断る力」の記事だったので、2連覇達成ですね。


第2位

【仕事術系】「仕事頭がよくなるアウトプット勉強法」増永寛之(2009年03月16日)

仕事頭がよくなるアウトプット勉強法
サンマーク出版
発売日:2009-03-16
おすすめ度:4.5

◆当ブログではド定番の勉強本。

本書は従来からあるインプット重視ではなく、アウトプット重視の勉強を推奨されています。

アクセスゲットの要因の1つは、「あとで新聞(3月17日号)」だと思われ。


第3位

【2009】「新社会人向けオススメ本7冊」(2009年03月19日)

◆前年度は、小飼 弾さんにご紹介して頂き、大ヒットになったこの企画も、今年は「めでたさも、中くらいかな」状態。

それでもはてブもしっかりつき、このランキングでも上位進出を果たしました。

どの本も、結構オススメなので、チェックしてみてください。


第4位

【超「仕組み」】『小飼弾の「仕組み」進化論』(2009年03月14日)

小飼弾の 「仕組み」進化論
日本実業出版社
発売日:2009-03-19
おすすめ度:4.0

◆3月には2冊も本を出された小飼さん。

こちらは小飼さんご自身からリンクされたこともあって、アクセスが集まりました。

まぁ、私の方でも、本の正式な発売前に、都内某店にて購入して記事にする、というそれなりの苦労もあったわけなのですが。


第5位

知らないと損する「デスクをきれいに保つ効果的な方法」活用法(2009年03月11日)


◆これは、日経産業新聞からのご紹介記事。

本を読んで書いた記事ではないので、このようにアクセスが集まるとちょっと微妙な気持ちにはなるのですが、それだけニーズがあるテーマなんでしょうね。

・・・たとえ私のデスクがぐちゃぐちゃだとしても。


第6位

【速報】あの「仕事術の名著」もとうとう新書化!(2009年03月05日)


◆これまた、夜の空き時間に速報で出した記事です。

正直、鮒谷周史さんの元々の単行本(「仕事は、かけ算。」)を皆持っていると思っていたので、まさかこんなにアクセスが集まるとは思いませんでした。

もしどちらもお持ちでない方がいらっしゃいましたら、ぜひご一読を!


第7位

【モテ】「モテ・バイブル」藤田サトシ(2009年03月27日)

モテ・バイブル
中経出版
発売日:2009-03-20
おすすめ度:3.0

◆モテ本ネタなのに、何故か小飼さんにご紹介いただくという予想外の展開があったのがこの記事。

ページ数に対する本の厚さのことまでは、私は全然気にしてませんでしたよ。

本の内容は、ギャグを除けばすこぶる真っ当なので、結構オススメです。


第8位

【本ネタ】リアル書店でチェックした気になる本(2009年03月22日)

◆これまた未読本というか買ってもなかった本の記事にアクセスが集まると、個人的には微妙な気分。

今改めてラインナップを見ると、その後「記事にした本」もあれば、「結局買わなかった本」、さらには「買ったけど、ハズした本」とさまざまです。

買ってハズした本については、ノーコメントでー。


第9位

【濃縮】「新超高速勉強法」椋木修三(2009年02月28日)


◆2月の記事であるにも関わらず、3月にランクイン。

2月のアクセスランキングの記事の感想欄でもご紹介したように、相変わらずこの記事、書名で検索した場合には上位表示を実現しております。

これがいつまで続くのか・・・?


第10位

【速報】マインドマップの「隠れた名著」他、アスペクトの新書が始まった件(2009年03月04日)

マインドマップ営業術世界一シンプルな営業の教科書ビジネス英単語連想記憶の法則―360キーワード・3000用例を短時間マスター!
晴山式英単語記憶術―よく使うカタカナ語で英単語数を激増させる段取りがよくなる心理法則仕事は早くて雑でいい
Amazy

◆これまた速報記事が登場。

アスペクトさんもそうなのですが、後発の新書シリーズは、装丁にこだわっているところがちらほら見受けられますね。

先日ご紹介した「アフタヌーン新書」はそうでもないですがw


【感想など】

◆なんとなく地味ーに終わったつもりでいた3月なのですが、アクセスから見るとなかなか面白いものがありました。

まず、総アクセス数から言うと、3月は2月より15%ほど増えています。

もっとも3月は記事数が44と恐らく過去最高だった(2月の記事数より12%増)ので、これはまぁ想定内かな、と。

ただし、1つの記事当たりのアクセス自体が増えており、これにはいくつかの要因が考えられます。


◆まずは上記でも言及した、「検索エンジンでの上位表示」の件。

全部の書名で実現しているわけではないのですが、今までだったら考えられないほど上位で表示されております。

これは1〜2日では大したことはないものの、積み重なると大きな差になるんですよね。

・・・約2年間に渡ってほぼ村八分状態だったんですが(遠い目)。


◆もう1つ考えられるのが、「はてブのホッテントリのジャンル分け」

私も比較的最近まで気が付かなかったのですが、ホッテントリにいくつかのジャンル分けが行われていました。

目に付いたところで、こんなジャンルが。

「生活・人生」

「コンピュータ・IT」


◆このジャンル別のホッテントリですと、どうもブクマ数が5ぐらいから選ばれている感じ。

そして場合によっては、通常のホッテントリと同じく、数日間掲載されているよう。

その代わり、通常のホッテントリのような爆発的なアクセスはありませんが。


◆それまでウチの記事は、ざっくり言って、ホッテントリ載りの「ブクマ100超の記事」(滅多にない)と、そうでない「ブクマ10前後〜0の記事」(ほとんどコレ)に二分されていました。

それが、このジャンル別ホッテントリ設置によって、その間の扱いをされる記事が徐々に出てきて、ほどほどのアクセスを集めてくれているよう。

今回のランキングで上位に来た記事も、ブクマ数が20〜30という、今まであまりなかったタイプです。

この辺のほどほど記事が、総アクセス数アップに貢献してくれたのではないか、と考えております。


◆もちろん、そのベースとなるのは、日頃応援してくださる読者の皆様のアクセスがあってこそ。

なかなかご恩返しはできませぬが、皆様のアクセスやブクマやコメントやお買い上げで一喜一憂しております。

来月はちょっと忙しいので不安なのですが、今後ともよろしくお願いします!


【編集後記】

◆最近気になる本。


既に土井英司さんのメルマガで紹介されているので、ご存知の方も多いかと。

いちブロガーとして読んでおかないといけなさそうです。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ランキング・未読本紹介等 」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 10:00
Comments(2)TrackBack(0)ランキング・未読本紹介等このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
この記事へのコメント
smoothさん、おはようございます!
楽しい週末が終わってブルーになってる
じゅにがも@揚げ足取りモードです(・_・;

>総アクセス数
>記事数

2月(28日)と3月(31日)で
一ヶ月の日数が多いので、それを補正する必要があるのでは?
吉本佳生さんの「金融機関のカモにならない!お金の練習帳」に
同じような話が出てましたよ
(マクドナルドの10月の売り上げが9月の3%アップ・・・とかの話題)

では!
Posted by じゅにがも at 2009年04月13日 05:56
>じゅにがもさん

突っ込みどうもです(笑)。
確かにおっしゃるとおり、この辺の補正はしないと比較はできないですよね。

ただ、ちょっと迷うのが、日数が多ければ記事数も基本的には多いんですが、今年の2月の方が、昔の31日ある月よりも記事数が多かったりするんですよね。
最近は2本目の記事書くことが多いんで。

ウチは「続きを読む」でページをたたんでいるので、そうでない場合に比べて、ある程度記事数とPVには相関関係があるとは思うのですが。

それとも1本記事辺りの平均PVで比較した方がいいんですかね?
あんまり凝ってもぶっちゃけ「どうでもいい」という読者さんの方が多い予感。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2009年04月14日 02:38