スポンサーリンク

2009年03月15日

【モテ】このブログで売れている本(モテ本編)


【はじめに】

◆今日お送りするのは、不定期で集計するカテゴリ別売上ランキングの番外編。

今回は当ブログでは定番の「モテ本」に初挑戦でございます。

実は、とある池面の著者さんから『いずれ、「モテ本まとめ買い」するかもしれないので、その節は、よろしくお願いします。』コメント欄で言われてしまったので、数字を確認してみようと思った次第。

対象期間は、モテ本を扱うようになった2007年1月1日から昨日2009年3月14日まで。

全15冊一挙にお送りします!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【ランキング】

15位


◆当ブログでご紹介した中では珍しい、様々なリア充によるモテネタの数々を収録した1冊。

電車の中では読みにくい装丁がステキです。←なわけないw

ただ、その見た目とは裏腹にテクとしては、なかなか充実しており、侮れません!

参考記事:絶対に公開してはいけない『「裏モテ」の秘策』(2009年02月10日)


14位


◆こちらは「モテるーズ」という恋愛の精鋭2人による恋愛指南が満載。

完全な男性向けというわけではないので、その分、テイスト的にはえげつなさが軽減されております。

初っ端で「聞き上手は、まちがいなくモテる」とあって、人の話を聞かない漏れ涙目。

参考記事:【モテ】「3秒でハッピーになる モテ名言セラピー」ひすいこたろう+モテるーズ(2008年05月09日)


13位


◆ふと気が付くと、ディスカヴァーさんの本がもう1冊続いておりました。

こちらは一転して、生物学的

「身も蓋もない」お話が好きな方に。

参考記事:【モテ】「なぜ、その人に惹かれてしまうのか?」森川友義(2007年09月14日)


12位


◆銀座の某大型書店では、未だランキングに入っているというロングセラー。

ただ、ここで描写されてるアレな男性というのは、「俺ってイケてる?」的な、いわゆる「勘違い系」が多いので、俗に言う「非モテ」とはちょっと違うと思います。

女性の方が書かれる恋愛指導本の多くが、「ある一定レベル以上から先」の話が多いのは、ちょっと残念なところ。

参考記事:【モテ】「テッパン男」檀 れみ(2008年11月05日)


11位


◆純粋なモテ本ではないですが、服装を考える上では、参考になる1冊。

特に、新書なのにカラーがふんだんに使われているというのは、ポイント高いです。

自分の「VIPカラー」(下記参考記事参照)をチェックするだけでも元は取れそうな・・・。

参考記事:【服装戦略】『男の価値は「色」で決まる! 』今井志保子(2008年05月06日)


10位


今年一番の「問題作」。←性的な意味でw

このブログで何度か記事にした、私の過去の「恋愛系メルマガ」をご覧頂いた方ならピンと来るかもしれませんが、「私がもしモテ本を書くとしたら、こんな感じで書きたいな」、というのをほぼそのままやられてしまっております。

「モテ&ビジネス書ネタ」の金字塔だと思われ。←違うw

参考記事:【モテ】『もう合コンに行くな―3時間で女をオトす恋愛戦略「ナンパマーケティング」 』リーマンナンパマスター(2009年02月22日)


9位


◆上記の本とはうって変わって、今にわかにブーム「草食系男子」に特化した恋愛本。

女性に嫌われない立ち振る舞いを学ぶにはうってつけ。

でも、それ以前に「相手がいない」草食系男子なら、他の本も併用した方が良いかもしれません。

参考記事:【モテ】「草食系男子の恋愛学」森岡正博(2008年09月21日)


8位


「婚活時代」を読んで危機感を持った方が、次に読むべき1冊。

著者の大橋さんが対応されてきた事例がすこぶる多いだけに、そのコンテンツには説得力があります。

真面目な恋愛や結婚を意識されている方なら、必読!

参考記事:【モテ】「また会いたくなる人 婚活のためのモテ講座」大橋清朗(2009年01月27日)


7位


◆中身を読む前に「速報」で記事にした時点で結構お買い上げ頂いており、読後の「テク難しすぎ」という感想が間に合いませんでした。

この本を読む前に、同じ著者チームによる「モテる技術」の方を読んで実践し、効果が出てからでも遅くはありません。

本書に書かれている内容は、一種の「飛び道具」としてお考え下さい。

参考記事:【モテ】「もっとモテる技術」(2008年07月30日)


6位


「人を好きになる前に読んでおきたい」名著。

私は初めてこの本を読んだ時に「目からウロコが落ちまくり」ました。

同時に「身も蓋もない」話に涙するかもしれませんが。

参考記事:【モテ】『彼と彼女の科学的「恋の法則」』はオススメ!(2008年10月07日)


5位


服装身だしなみをテーマにした本も何冊かご紹介しておりますが、こと「モテ」に特化しているのがこの本。

服のことを理解している上で、男性の目から見た、「モテる服」を教授してくれる、という点でありがたいです。

それにしても、先日の「品評会記事」を見るにつけサイジングって重要ですよね。

参考記事:【脱非モテ?】『ファッションスキルは大人の「教養」』森井良行(2009年01月10日)


4位


◆本書の著者のシリーズの本は、単行本の時点から「分厚い割には安い」のが特徴でした。

それが昨年、この本も文庫化され、コストパフォーマンスがさらにアップ

同じシリーズの「モテる技術」と合わせて読むことをオススメします。

参考記事:【モテ】「モテる話術」(2008年05月16日)


3位


◆実際にやる、やらないは別にして、女性へのアプローチテクニックがこれだけ詰まっている本というのも珍しいかと。

しかも扱いが「コミック」(ただし内容はコミックではなく、テキストがメインの実用書です)のせいか、値段もお安め。

紙質もコミックレベルであることを除けば、大変お買い得だと思います。

参考記事:【モテ】「ホムンクルスの目」石井裕之(2007年10月15日)


2位


◆本書は単行本の時点で読んでいたのですが、その濃さに仰天した記憶があります。

その時点で、半年に1度だけまぐまぐでの廃刊を防ぐために出していた「恋愛系メルマガ」を断念(この本に敵わないので)。

普通に考えたら、情報商材として高値で売られていてもおかしくないレベルかと。

参考記事:【モテ】あの"幻の名著"「モテる技術」が文庫本になって復活した件(2008年07月11日)


1位


「男女の違い」について、これほどまでに「分かりやすく」かつ「鋭く」言及している本もなかなかないのでは?

一応「モテ本」として選びましたが、「職場での異性との接し方」についても学べます。

今回の15冊の中でも、最初に読むべき1冊。

参考記事:【モテ】「ベストパートナーになるために」ジョン・グレイ(2007年08月09日)


番外


◆実は今回の1位の本より売れていたのがコチラ。

これを「モテ本」というのはやはり抵抗がありますが、実際、上記「恋愛系メルマガ」でも、2,3回ネタを拝借したことがあります。

結局、セールスも恋愛も相手あってのことですから、この本のテクニックが使えないわけがありません。

まずは下記参考記事で、色々な方々の賛辞の声をお読み下さい。

参考記事:【速報!】最強のビジネス本「影響力の武器」の[第二版]がいよいよ登場!!(2007年08月18日)


【感想】

◆当ブログにおける「累積売上」ということで、ウチではお馴染みの書籍が並びました。

そんな中、今年に入ってからの本なのに、5位に食い込んだ『ファッションスキルは大人の「教養」』の健闘が光ります。

同じく、今年の1月以降にご紹介した本は

8位:「また会いたくなる人 婚活のためのモテ講座」

10位:「もう合コンに行くな」

15位:『「裏モテ」の秘策』

の計4冊。

短期間でランキングに食い込んだだけあって、それぞれ個性が光っており、今後も期待できそうです。


◆なお、先日立て続けに承認欲求に関連する本を読んだこともあり、今後も、広い意味での「モテ本」というのは、支持されるのではないか、と考えております。

特に、「コミュニケーション」「ファッション」の2つのテーマ。

今後も、これらのテーマについては、出来る限りチェックしていくつもりです。

ジャンル的にあまり本が出されないので、難しいところではあるのですが。


◆また、「恋愛戦略」を考える上では、「マーケティング」思考も重要になってきます。

10位の「もう合コンに行くな」は、どこまでガチなのか分かりませんが、一応マーケティング要素を含んでいる・・・と言っていいものか?

ただ、この本にあったように「出会いというフェーズがボトルネックであり、モテない問題の根源」という説には同意。

デパート女子校勤務だと、どんなにアレな男性でも普通は相手が見つかる、というのが、その説を補強しています(多分)。

いずれにせよ、「プロダクト・アウト」よりは、「マーケット・イン」のアプローチの方が成功する確率は高いと思われますので、あまり「自分のこだわり」を大事にしない方がいいんじゃないでしょうか?・・・と言ってみるテスト。


◆それと、6位の『彼と彼女の科学的「恋の法則」』は、あまり知られていないものの、個人的には「激オススメ」

昨日の記事じゃないですけど、「恋愛」というものの「仕組み」が学べる名著です。

こういう「仕組み」を知っていれば避けられる問題も、知らないと大怪我しかねません。

もっとも、「恋は盲目」とばかりに、周りが言っても聞かないケースがほとんどなんですがー。


気になる本があれば、ぜひお読み下さい!

【関連記事】

【ランキング】このブログで売れている本(ブランディング編)(2009年01月20日)

【ランキング】このブログで売れている本(第2回コミュニケーション編)(2008年08月17日)

【ランキング】このブログで売れている本(第2回ビジネススキル編)(2008年05月19日)

【Amazon】このブログで売れている本(勉強本編)(2007年12月16日)


【編集後記】

◆昨日本をご紹介したばかりなのに、小飼さんが今月もう1冊出されるそう



勝間さんとの対談もあるとのことなので、これまた楽しみです。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「モテ・恋愛」へ

この記事のカテゴリー:「ランキング・未読本紹介等 」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:30
Comments(0)TrackBack(2)モテ・恋愛このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51632362
この記事へのトラックバック
モテ・バイブル中経出版発売日:2009-03-20amazon.co.jpで詳細をみる (Amazy) 【本の概要】◆今日ご紹介するのは、久々のモテ本。 bestbookさんの記事で★5つ付いているのを拝見して、思わずアマゾンアタックしてしまいました。 560ページという超大作であるこの本....
【モテ】「モテ・バイブル」藤田サトシ【マインドマップ的読書感想文】at 2009年03月27日 08:35
【本の概要】◆今日お送りするのは、不定期で集計している、カテゴリー別ランキング。 今回のジャンルは、当ブログのテッパンネタである「モテ本」でございます。 集計期間は、前回集計時の続きからで、2009年3月15日から昨日2010年6月19日まで。 前回から1年以上経って....
【モテ】このブログで売れている本(モテ本編2)【マインドマップ的読書感想文】at 2010年06月20日 10:08