スポンサーリンク

2009年02月22日

【モテ】『もう合コンに行くな―3時間で女をオトす恋愛戦略「ナンパマーケティング」 』リーマンナンパマスター




【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、一種の「モテ本」

「モテ本」というより、ぶっちゃけ「ナンパ本」だったりします。

しかも、かなりホンネ系の。


◆当ブログの趣旨として、あまり「セ●クス」なんて言葉が多発される本は避けてきたのですが、本書の場合、著者の「自虐が入っているお笑いネタ」ですとか、「妙にビジネス書を意識した内容」(ナンパ本なのに)が、もろに「ツボ」に入ってしまって、どうしても紹介したくなってしまったという。

何たって、著者のブログによると、当初つけようとしていた(そしてもちろん却下された)本書のタイトルは

「セ●クス父さん オナ●ー父さん」(自重しますた)。

ちょwwwおまwww

意味はわかるが、ナンパ本買う人が「金持ち父さん貧乏父さん」読むか、っつーの!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【目次】

はじめに

第1章 心構え編
 「セックスの勝ち組」になる方法
 ナンパが生み出す可能性
 ボトルネックは出会いの絶対量 ほか

第2章 基礎知識編
 ナンパマーケティング概論
 マーケットイン型ナンパで成功率を上げる
 ナンパマーケティング戦略の4P ほか

第3章 実践編1
 最初で最大の難関を乗り越える
 あなたはなぜ声をかけられないか
 勝利の味をしめる ほか

第4章 実践編2
 電話番号を聞いてからのワークフロー
 3時間演じきれば勝ち
 電話をする ほか

第5章 クラブナンパ編
 クラブでは踊るな
 クラブナンパとストリートナンパの比較
 クラブの基礎知識 ほか

おわりに


【ポイント】

■本書で展開されているのは、生まれつきモテる人が教えてくれる情報ではなく、モテなかった人が「どんな努力をしてモテるようになったか」

 僕がモテないときに知りたかったのは、ホストクラブのナンバーワンや心理学の権威が教えてくれるモテる方法ではありませんでした。(中略)
 自分と同じような、どこにでもいる普通の人間なのに、なぜかモテて、ヤリまくっているヤツが「どうしてモテているか」、それが知りたかったのです。


■恋愛マニュアル本に書いてあるような方法は、恋愛偏差値40の人が42くらいになることはあるかもしれないが、恋愛偏差値70には絶対にならない


■出会いというフェーズがボトルネックであり、モテない問題の根源

 それなのに、この根本的な原因を解消せずに、恋愛マニュアル本に書いてあるような表面的なテクニックを駆使して、出会い以外のフェーズを改善しても、あなたの恋愛環境は一向に改善されません。親知らずが生えているのに、抜かずに鎮痛剤を飲んでいるようなものです。


■モテるために過去を捨てる

 現在あなたがモテていないのなら、それは、あなたがいままでおこなってきた「対女子の戦略」が間違っているということです。(中略)
 そして僕があなたに授ける戦略が「女子のニーズに合わせて自分を変える」ということであり、それがナンパマーケティングたるゆえんなのです。


■どこで誰をどのようにナンパすればよいか

結論から言うと「銀座でOLをスーツでナンパ」です。

    (具体的には本書を!)


■女子ウケの最も良い服装はスーツであり、特にターゲットとするOLはスーツが好きなことが多い

 スーツは形が決まっていて、色、柄、シングルかダブルかなど、限られた選択肢しかないので、私服に比べておしゃれに見せるのが容易です。
 さらにスーツは「仕事をしている人」という先入観を与えることができ、女子にも信用されやすくなります。


■ナンパに対する抵抗をなくすには、とにかく勝つこと

 だから最初はどんな相手でもいいです。(中略)

成功体験を何度か繰り返せば、ナンパが楽しくなります。僕も何度か成功しだした後は、ナンパに行きたくてウズウズしてきました。
 これは「ブスとセックスして満足しろ」と言っているのではありません。「いつかはモデル級とセックスするために、経験値を稼げ」と言っているのです。ドラクエでも最初はスライムやドラキーを倒して経験値を稼ぎレベルを上げていきます。


■デートの約束ではベネフィットを提示する

(誘いの携帯メールの事例を受けて)

 このメールでは「デート」をする「あなたと会う」ということを前面に出すのではなく、相手を気遣いつつ、「肌がツルツルになる」という女子にとってのベネフィット(特典)を提示しています。
 ――セオドア・レビットというマーケティングの教授が『マーケティング発想法』という本の中で、こんな言葉を紹介しています。
「顧客はドリルが欲しいのではなく、ねじの穴が欲しいのだ」
 ドリルを買う人というのは、ドリルという製品そのものが欲しいのではなく、穴をあけるというベネフィットにおカネを払っているということを表した格言です。同じように、デートに誘うメールでは、デートそのものを訴求するのではなく、デートに行くことによるベネフィットを女子に提示するのです。そうすれば、デートに応じてもらえる可能性が上がります。つまり、ベネフィットを提示することによって、あなたのドリルが売れるのです。


■ほぼ必ずと言っていいほど笑いの取れる「すべらない話」をいくつか用意しておく

「すべらない話なんて持ってない」という人が多いかもしれません。しかし、僕がデートでいつも話している「すべらない話」も自分で体験したことではないのです。すべて人から聞いた話で、何度も繰り返し話しているうちに自分のことのように話すことができるようになったのです。(中略)
 
 自分のまわりには面白い友だちがいないという人は、芸人が話している内容をパクればいいのです。

人志松本のすべらない話 [DVD]
アール・アンド・シー
発売日:2006-06-28
おすすめ度:4.5


■クラブナンパでは、クラブ慣れしていなさそうな女子をターゲットにする

◆クラブ慣れしていない子の主な特徴
 ・基本的に座っている
 ・踊らない
 ・バッグをロッカーに預けずに持ち歩いている
 ・クラブ友だちがいないため、一緒に来ている友だちとだけ話している


【感想】

◆上で一生懸命書いた割には、本書の面白さがイマイチ伝わってなさそうで、若干不安なワタクシ。

まぁ、最終目的が「ナンパの成功」だとしたら、本が面白い必要は特にないのですが。

ただ、本人のブログを読むにつけ、「読者を楽しませようとする」意識は十二分に感じられます。

そういう「心遣い」も、ナンパ成功の一因かもしれません。

「オチ」を意識しているところなんか、「ナンパ本」とは思えない作りw


◆そして、その「オチ」も、多発されているのが「ビジネス書ネタ」だったりします。

著者の「ナンパ理論」の前提として登場するのが、マーケティング本等では一般的な内容やフレーズ。

例えば「ナンパにおける財政改革」という部分では、「モテない趣味」の支出を我慢して、「モテるための設備投資」(服と家)にカネをかけるよう説いているのですが、その事例として登場するのが、かつて日産のゴーン氏行った大胆なリストラのお話。

 またモテない趣味をやめれば時間ができます。その時間的リソースをナンパやデートに充てれば非常に強い経営体質になります。あなたのカルロス・ゴーンもV字回復です。

ちょwww


◆もっとワロタのが、おもてなしの事例として出てくるディズニーランド

 徹底的に突き詰めたサーービスを提供しているからこそ、ディズニーランドにいる短時間の間に「満足」の域を超えた「感動」を与えることができ、90%を超えるリピーター率という脅威の業績を収めているのです。
 女子とのデートでは、ディズニーランドのような短時間に質の高いサービスを居酒屋で提供します。自分自身をディズニーランド化するのです。
 そうすればディズニーランドのように多くの女子があなたの家に来園し、最終的にあなたのスプラッシュマウンテンに乗ることになり、朝までエレクトロニカルパレードです。

 エレクトロニカルパレードw
          ↓


最後のオチはワケワカメですが、通じてしまうところがwww

というか、上記の2例とも、「最後の1行はなくてもいい」のに、「そこにこだわる」「著者の美学」がステキ。

まるで、丁度最近はてな界隈でも話題になった、こちらを彷彿とさせます。

高田純次発言集1300選(高田純次語録)


◆肝心の(?)ナンパの手法については、私自身が実践経験がほとんどないので、効果のほどは保証できないのですが、著者本人がかつては「テレビゲームばかりやっていた」ということもあってか、極めて「システマティック」

詳細は本書を読んで頂くとして、基本的には「定型化された1つのパターン」を、どの女子に対しても提供するよう。

この辺は「だめんず・うぉ〜か〜」に登場するブルース氏に通ずるところがありますね。

これはある程度数をこなす場合には、ブレがないという点では、有効だと思われ。

具体的な「ストリートナンパ・トークスクリプト」や、「電話番号を聞いてからのワークフロー」なんてものもありますので、ご参考まで。


◆それにしても、「ナンパする気がなくても楽しめるナンパ本」というのは、おそらく初めてでした。

著者のコアコンピタンスは、あくまで「ナンパ」なんでしょうが、この表現力は、もっと注目されても良いかと。

だめんず・うぉ〜か〜の取材もあったそうなので、ひょっとしたらひょっとするかもしれません(性的な意味で←違うw)。

最後に、著者の座右の銘(?)を、「やる夫」風味で。

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ 「性●なくして成功なし」だお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


  / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__) どう考えてもこのブログじゃまずいだろ・・・
  |     ` ⌒´ノ  常識的に考えて・・・
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \

とにかく楽しめる1冊です!



【関連記事】

◆今回は、ナンパについて言及のあるものを中心に。

絶対に公開してはいけない『「裏モテ」の秘策』(2009年02月10日)

【モテ】あの"幻の名著"「モテる技術」が文庫本になって復活した件(2008年07月11日)

【モテ】「モテる話術」(2008年05月16日)

【モテ】「女のことは芸人に聞け モテもん」(2008年01月13日)

完全「モテ本」マニュアル 永久保存版(2008年10月18日)


【編集後記】

こちらは、ナンパではないですが、婚活系の1冊。

婚活の傾向と対策
婚活の傾向と対策

アマゾンにまだ説明がないので、出版元のサイトから。

男女の悩みをそれぞれに答えながら、心理学者である著者が正しい婚活の方法を丁寧に解説。異性の恋愛心理を熟知しながら、対策を練ることができる構成。結婚したい男女必読の一冊!

また、画像拡大した帯にはこうあります。

婚活サイト「match.com」に寄せられた相談と回答に基づく50の演習問題!

なるほどー。

名前は聞いてましたが、アノ「match.com」さん絡みでしたか。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「モテ・恋愛」へ

この記事のカテゴリー:「マーケティング」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:30
Comments(2)TrackBack(0)モテ・恋愛このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51620350
この記事へのコメント
はじめまして。
最近ブログをはじめました。
メジャーブログに伺って、日々、勉強中です。イキナリのナンパ本紹介でびっくりでしたがおもしろかったです。

Posted by わんわん at 2009年02月23日 05:33
>わんわんさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。

勉強中の初心者さんにも容赦なく(?)ナンパ本を紹介するのが、当ブログでございます(汗)。

あ、でもこの本は色んな意味でスゴイと思いますよ(ナンパ関係なく)。

今後ともよろしくお願いします。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2009年02月24日 02:20