スポンサーリンク

2009年02月06日

【モテ】ファイル整理していたら、恋愛系メルマガの原稿が出てきたでござるの巻


【はじめに】

◆今までこのブログでも何度か言及してきた、私の黒歴史、こと「恋愛系メルマガ」

ずいぶん前に廃刊になって、そのまま記憶から遠のいていたのですが、たまたまPCのファイル整理をしていたら、原稿が出てまいりました。

散々「恋愛系恋愛系」と連呼していたので、「どんだけエグいのか」と思われている方もいらっしゃると思いますので、参考までにその中から1つ選んでメインコンテンツをご紹介してみます。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【内容】

◆コンテンツは、以下のメイン部分以外に「最近気になる本」「気になる雑誌」「ありがたいお言葉」等々が号によって色々ついてくるのですが、とりあえず、今回はメイン部分のみで。

メルマガという形式のため、30文字程度で頻繁に行変えしております。

なお、イキナリクリスマスイブに投稿かましているので、生温かく見守ってくださいw


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】「ランチョン・テクニック」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■今日は、クリスマス・イブです。

アナタはどんな女性とどんな1日を過ごされるのでしょうか?


バブル時代には、法外な金額のディナーに、お目当ての女性を

連れて行く男性が結構いたものです(私は違いますが)。


実際、私の友人でも「二人で10万円」というありえないデートを

かましたヤツがいました。


彼の場合、無事結婚したからいいようなものの(笑)。



■このような行為を「恋愛」という観点から考えた場合、

もちろん


「相手の女性に対する想いの表現」

「相手の女性へのある種のプレッシャー(食い逃げできない?)」


などの効果はあると思いますが、実は「食事」だけが持つ

特別の効果があります。



■それが、心理学者のグレゴリー・ラズランが、自らの研究の結果

明らかにした「ランチョン・テクニック」と呼ばれるものです。


「ランチョン・テクニック」とは、簡単に言うと


『人は、「食事中に関わりのあった人や物」を好きになる』


というものです。



■さて、ラズランが行った実験によると、実験の「被験者」に

過去に一度評定した「政治的意見」を再度提示したところ、

「食事中に提示されたもの」は「以前に比べ好意的」に

なっていたそうです。



■そして、ここがもっとも大事なのですが、


 「被験者は食事中に『どの政治的意見』が提示されたか

  思い出せなかった」


そうなんです。


つまり、


 「好意度の変化は無意識に起こっている」


と推測されるわけで。



■言い換えれば、例えばアナタが女性と一緒に食事をして、

相手の女性に何らかの「心理的変化」が起きたとしても、

相手の女性にとってはそれは「無意識下」に起きている

ことなのですよ。


・・・何となく、下心がばれにくいような(笑)?



■ところで、食べ物に対する無意識下の反応としては、

パブロフの実験が有名ですね。


あの「ベルが鳴ると唾液が出る」というヤツです(笑)。



■実はラズランは、食べ物に対する自然な反応は「唾液分泌」

の他にも数多くあるということに気がついたのでした。


その一つが「楽しく心地よい感情」です。



■これによりアナタは、女性と食事を一緒にすることによって、

「快適な感情」や「好意的な態度」をアナタが意図する

「何か」に結びつけることが可能なのです。


この場合の「何か」とは、もちろん「政治的意見」などではなく

「何らかの提案」や、「アナタ自身」ですね!



■私は正直なところ、あまり「食事する」という行為に執着して

いなかったのですが、この効果を知って考え直しました。


一人でコンビニ弁当なんか食べてたら、もったいないな、と(笑)。



■というワケで、結論。


今からでも間に合うようなら、お目当ての女性と一緒に

「素敵なクリスマスディナー」を!


・・・と当日にメルマガで言われても困りますよね(汗)?


大変失礼致しました!!!


(参考:『影響力の武器』 ロバート・B・チャルディーニ(著))

影響力の武器[第二版]
誠信書房
社会行動研究会(翻訳)
発売日:2007-09-14
おすすめ度:4.5


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【感想などなど】

◆今まで何度か、モテ本関連の記事で、この「影響力の武器」を含めていることにツッコミを頂いていたのですが、それというのも、過去、こういう経緯があったため。

私にとってのこの本は、今でも立派なモテ本でございます。

他の箇所でも使えるコンテンツがあったので、もう1,2度ご紹介していたかと(確か)。


◆それにしても、このブログのユニークユーザーがまだ300人/日だった頃に、マックスで1000部以上配信していたこのメルマガ。

当時からブログでモテ本を積極的にご紹介していれば、もうちょっと早くユニーク1000にいけたのかもしれませんね(獲らぬ狸)。

もっとも当時のこのブログはガチでマーケティングライティング関係の本がメインだったのですが。

今とはえらい違いww

てか、まさかここまでモテ本が支持されるとは思いませんでしたよ。


◆また、こういった「非・モテ本」(「非モテ」本にあらず!)を「モテ本」として読むのも、また面白いものです。

逆に、モテ本から、アポ取りや、セールスのテクニックが学べることもありますしね。

それはさておき、バレンタインまで、もう後少しです。

このメルマガの記事も何らかのご参考になれば・・・。


【関連記事】

【モテ】「モテるおカネのつかい方」牛窪 恵(2009年01月29日)

【モテ】「また会いたくなる人 婚活のためのモテ講座」大橋清朗(2009年01月27日)

【モテ】「テッパン男」檀 れみ(2008年11月05日)

完全「モテ本」マニュアル 永久保存版(2008年10月18日)

【モテ】『彼と彼女の科学的「恋の法則」』はオススメ!(2008年10月07日)


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「モテ・恋愛」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 21:00
Comments(2)TrackBack(1)モテ・恋愛このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
この記事へのトラックバック
【はじめに】◆本日2本めの記事は、「バレンタインデーまでもう秒読み」ということで、先日お送りした、「恋愛系メルマガ」から、もう1本ネタをお送りしたいと思います。 参考記事:【モテ】ファイル整理していたら、恋愛系メルマガの原稿が出てきたでござるの巻(2009年0...
【モテ】「恋愛系メルマガ」のネタから・・・【マインドマップ的読書感想文】at 2009年02月12日 21:35
この記事へのコメント
おおぉ!ついにsmoothさんの黒歴史公開ですか!
ってか、すごい説得力あるモテ系メルマガでないですか!
『人は、「食事中に関わりのあった人や物」を好きになる』
これ、すご〜く納得です。私の場合は今時流行らないですが"飲み"であったりするのですが、一緒に食事をしたかしないかで、随分と親近感が違ってきます。(一緒に深酒して得た強い絆は数知れず…)
最近ランチは健康的に自作のお弁当と決め込んでましたが、「一緒に食」の大切さ見直してみたいと思います!
ありがとうございました♪

Posted by 二代目 at 2009年02月07日 11:16
>二代目さん

説得力の有無は別として(笑)、まさにワタクシの「黒歴史」でございます(汗)。
ホント、何のために恋愛系のメルマガなんぞしていたのか、という。

まぁ、「ある種のアンテナを立てる」という意味では、今のブログのモテ本チェックにも役立っているのですが。

そして一緒に食事をするのは、非常に大事のようですね。
私はあいかわらず、基本はコンビニ弁当なんですが〜(涙)。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2009年02月08日 02:54