スポンサーリンク

2009年01月20日

【ランキング】このブログで売れている本(ブランディング編)


【はじめに】

◆今日お送りするのは、不定期で集計している、当ブログの「カテゴリ別売上ランキング」

今回は、初の「ブランディング」カテゴリなんぞを。

対象期間はこれまたアバウトに、当ブログ開始時点から、昨日2009年1月19日まで。

コンスタントに人気のある「人脈」「キャリア」「ブランディング」関係の本を中心に登場しますので、ご覧下さいませ!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【ランキング】

◆今回は、このカテゴリ初、ということで、15位からお送りしていきます。

15位


◆いきなり骨太な本が。

本書は、コンテンツのクオリティが高く、著者の露木さんのように実践できれば結果はついてくるとは思うのですが、ハードルは結構高いかも。

個人や会社のブランディングを考える上では、是非とも読みたい1冊。

参考記事:【amazonキャンペーン有】『御社の売上が6倍になる!「新」プロデュース術』(2008年08月10日)


14位


◆こちらもキャリア系の本としては、秀逸。

あまりにコンパクトにまとまりすぎているので、読む、というよりは、全編チェック入りそう。

まぁ、この「ハーバード・ポケットブック・シリーズ」の本は、みんなそうなんですが。

参考記事:【キャリア形成】『自分のために「キャリア」を自分で創る』(2008年09月09日)


13位
仕事は見た目
あさ出版
発売日:2006-11-20

◆女性の方の書かれたファッション本

とりあえず、ビジネスシーンでの服装に関して、一通りの知識を得ることができるかと。

「イメージコンサルタント」というご職業柄か、小物や顔の手入れまで、トータル的に言及されているのが特徴です。

参考記事:【外見】「仕事は見た目」谷澤史子(2008年11月04日)


12位


◆タイトルは挑発的ですが、これまた骨太な人脈本。

ただ、安易に「お金目当て」で本書を手に取ると、肩透かしをくらうかもしれません。

他の人脈本を何冊か読んでから挑戦すると、奥深さがわかるかも。

参考記事:【信頼】「金になる人脈―その近づき方・つくり方・転がし方」柴田英寿(2008年08月02日)


11位


◆先月ご紹介した本が、すでにこの順位に。

タイトルには「人脈力」とありますが、内容としては、むしろ抜擢されるような個人ブランディングについて。

最近のこの手の本の中では、ピカイチだと思います。

参考記事:【個人ブランディング】「抜擢される人の人脈力」岡島悦子(2008年12月18日)


10位

一生モノの人脈力
ランダムハウス講談社
発売日:2008-03-26

本田直之さんご推薦の1冊。

読んでみたところ、なるほど、本田さんの実践されてらっしゃることに通じるものがありました。

私は以前の版のハードカバーも持っていますが、折角読みやすいソフトカバーで復刊されたのですから、この機会にぜひ!

参考記事:【人脈】「一生モノの人脈力」キース・フェラッジ(2008年04月07日)


9位


◆これまた女性の方の書かれたファッション本

新書なのにカラーイラストが豊富なのが魅力的です。

私のように、モノトーンばかり着ているモノには、色々と勉強になりました。

参考記事:【服装戦略】『男の価値は「色」で決まる! 』今井志保子(2008年05月06日)


8位


◆本書の場合、「自分ドメイン」という概念がまずツボでした。

自分のキャリアを考える上で、「SWOT分析」を取り入れる等、「目からウロコ」のお話も多々。

新書にしては濃い内容のご本です!

参考記事:【自分ドメイン】「会社を替えても、あなたは変わらない」海老根智仁(2008年04月26日)


7位


今月紹介したばかりの本が、まさかここまで人気があったとはビックリでした。

もうちょっと後にこの企画をやっていたら、さらに順位が上がっていた可能性大。

ただ、「モテ」を意識した「ファッション本」ということで、もともと「モテ本」が人気のある当ブログ的には、「ツボ」なのかも。

参考記事:【脱非モテ?】『ファッションスキルは大人の「教養」』森井良行(2009年01月10日)


6位


◆こちらは「モテ」は意識していない、ビジネスシーン中心の「ファッション本」

着こなしだけでなく、もうちょっと細かい「ハック系」のネタも収録されています。

迷われている方は、巻末に『■付録…本番3分前でもできる! プロフェッショナルに一歩近づく「見た目」の技術』という付録が付いていますので、リアル書店でそこをチェックするのも良いかも。

参考記事:【見た目】『「見た目」の流儀』岡野 宏(2008年04月23日)


5位


キャリア本としては必読の1冊。

あちこちで何度も書いてますので、詳細は省きますが、「なぜ私が目標設定できないのか」が腑に落ちました。

また、個人ブランディングについても実に深い内容が書かれていますので、ぜひご一読を!

参考記事:【キャリア形成】「キャリアをつくる9つの習慣」高橋俊介(2008年07月28日)


4位

出逢いの大学
東洋経済新報社
発売日:2008-05-15

「普通の人が書いた人脈本」として人気を博したこの本。

著者の千葉さんは、ご自分で言われるほど「普通」ではない(非凡と言う意味で)と思うのですが、サラリーマンでも人脈をひろげることができる、というのは心強いです!

著名人の人脈本と併せて読むと、効果倍増かも。

参考記事:【人脈術】「出逢いの大学」千葉智之(2008年05月17日)


3位


◆一見(一読?)、個人の働き方の本のようですが、実は「個人ブランディング」に関する重要なコンテンツが含まれています。

土井さんのところの「ベストセラー作家養成コース」ではしっかり叩き込まれる「自分ブランドの確立」に関することですとか。

今改めて、下記参考記事を読んだのですが、「スゴイ本」ですよ、コレ。

参考記事:【伝説】『「伝説の社員」になれ!』土井英司(2007年07月10日)


2位

レバレッジ人脈術
ダイヤモンド社
発売日:2007-12-14

◆やはり「人脈本」としての、人気No.1はこの本でした。

「当ブログが、初めて書籍(単行本)に掲載された」、という点でも思い出深い1冊。

リアルで接していても感じるのですが、本田さんのお心遣いには、学ぶ点がホントに多いです!

参考記事:【人脈】「レバレッジ人脈術」本田直之(2007年12月14日)


1位


◆そして、見事1位に輝いたのは、勝間さんの「起きていることはすべて正しい」で私の「ストレングス・ファインダー」の結果が掲載されてしまったという、この本でした。

正直、お買い上げ頂いた方のお目当ては、この「ストレングス・ファインダー」なんでしょうが、実際、それだけの価値はあると思います。

「キャリア」「自分ブランディング」を考えるのなら、まず「自分自身の本質」を知らないと。

参考記事:【自分の"強み"を調べてみました】「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」マーカス・バッキンガム(2008年06月26日)


【感想】

順当な本あり、意外な本あり、のランキングでした。

まず「意外」というのは、一連の「ファッション本」

必ずしも新しい本ばかりではないのですが、順位的にはそれぞれ健闘していると思います。

特に7位の『ファッションスキルは大人の「教養」 』は、今回最大のダークホースでした。

確かに、このジャンルは、ニーズの割りに出版される本自体が少ないので、引き続きチェックしていくつもりです。


◆一方、「順当」というのは、「人脈本」「キャリア本」関係。

ただし、「人脈本」については昨年から急に出版される数が増えたこともあり、多少食傷気味かな、とか。

私としては、本田直之さんの「コントリビューション」勝間和代さん「GIVEの5乗」のみ意識しております。

結局それって、2008年初頭時点と同じじゃん、という。


◆逆に、「キャリア本」については、こういう景気情勢のためか、今後もニーズは確実にあると思います。

社内で生き延びるにせよ、転職するにせよ、起業するにせよ、自分のキャリアについて考える必要性は、今まで以上にあるわけですから。

今回ランキングに登場したキャリア系の本は、いずれも良書なので、未読のものは是非チェックしてみてください!


【関連記事】

【ランキング】このブログで売れている本(第2回コミュニケーション編)(2008年08月17日)

【ランキング】このブログで売れている本(第2回ビジネススキル編)(2008年05月19日)

【Amazon】このブログで売れている本(勉強本編)(2007年12月16日)

【Amazon】このブログで売れている本(コミュニケーション編)(2007年11月27日)

【ランキング】このブログで売れている本(ビジネススキル編)(2007年08月27日)


【編集後記】

◆昨日から、ヨメとムスコが高熱で倒れております。

仕事の途中で保育園から呼び出しを受け、戻るツモリで机そのままにして飛び出したものの、思ったより二人の具合が悪く、結局戻れず。

インフルエンザの診断は発熱から1日経たないとできないとかで、まだはっきりわかっていないのですが、症状から見ておそらくインフルエンザではないか、と(看護師のヨメ談)。

この原稿を書いている段階では、まだ私は大丈夫ですが、さすがに高熱で床に臥せった場合は記事更新は難しいと思います。

申し訳ございませんが、メールのお返事やその他こちらからのアクションをお待ちの方も、その旨ご了承くださいマセ・・・。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ブランディング」へ

この記事のカテゴリー:「ランキング・未読本紹介等 」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(3)TrackBack(0)ブランディングこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
この記事へのコメント
smoothさん、こんにちは!
「未読のものは是非チェック」というお言葉に従い、アタックさせていただきました(笑)。1位はまぁ順当ということで、個人的には「一生モノの人脈力」が面白かったです〜。

それはそうとご家族の体調不良、心配ですね(涙)。早く良くなりますように。smoothさんも体調には十分ご留意くださいませ。
Posted by ニャロメ at 2009年01月20日 10:47
どうも、こんにちわ〜!
私の本をご紹介いただき有難うございました。おっしゃるように「ハードル高い」という声が多いですね。あれだけ懇切丁寧に書いたのに(泣)

「一生モノの人脈力」今読んでいます。結構痛いところを突いていますね。人脈は使えば使うほど枯れる、というのは間違い。とか。

インフエンザは今年は特に怖いですね。smoothさん、娘さん共々お身体ご自愛ください。
Posted by ゆきんこ at 2009年01月20日 14:05
>ニャロメさん

アマゾンアタックありがとうございます(涙)。
ホント感謝しております。
「一生モノの人脈力」は確かに良かったですよね。
大昔にメールで本田直之さんに薦められて、復刊前のハードカバー買ったことを思い出します。

そして家族の方は、今日の記事の編集後記に書いたのですが、ヨメだけがインフルエンザという結果になりました。
家族がうつらないか、ビクビクしております。

>ゆきんこさん

ぶっちゃけクオリティが高すぎると、売上が伸びにくいというか、逆に実践しやすいような次元のコンテンツの方が、昨今は売れているような気が(笑)。

というわけで、インフルエンザは私も怖いです。
ヨメもワクチン打っててかかりましたから。
ただ、家事やったり寝床をヨメに奪われてしまったので、記事執筆はかなりスクランブルです(涙)。

Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2009年01月21日 08:22