スポンサーリンク

2008年11月29日

【勝間式自己啓発本】「起きていることはすべて正しい」勝間和代




【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、いよいよ投下された、メガトン級の勝間本(汗)。

既に昨夜小飼さんのブログでも紹介されている「起きていることはすべて正しい」です。

「7つのフレームワーク力」厚いと思いましたが、今回はそれを上回る359ページ(汗)

でもお値段は据え置き(?)の1,575円(笑)!

分厚いのに読みやすくて、むさぼるように読みきってしまいました。

久しぶりに「勝間濃度120%」の本書を読んで知恵熱が出そうですがー(笑)!

081130追記

本書の関連で、ラテラルシンキングの記事を書きました。

20秒で理解するラテラルシンキング


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【目次】

■はじめに:"メンタル筋力"と「運をつかむ勝間式4つの技術」

■第1章:「偶然を幸運に変える」セレンディピティの技術
 数々のセレンディピティの軌跡と「ベストマザー賞」での黒木瞳さんとの出会い
 この1年に起きた「8つの偶然」をいかに幸運に変えたのか?
 「効率化すると疲れる、大変ですね?」の大いなる誤解 ほか

■第2章:勝間式技術1【広げる】 あなたの潜在意識が目覚める!脳内フレーム120%活用法
 97%の潜在意識の活用で成果が10倍に
 ステップ1――潜在意識と成長パスの関係を理解する(ホップ)
 ステップ2――潜在意識を活用して自分のデータベースを強化する(ステップ) ほか

■第3章:勝間式技術2【絞り込む】 「99%捨て、1%の本質をつかむ」即断即決法
 1%の本質をつかむ「即断即決法の技術」
 ステップ1――「捨てる」ことの重要性を心から理解する(ホップ)
 ステップ2――捨てるための「技術」を覚える(ステップ) ほか

■第4章:勝間式技術3【殖やす】 「4つのダイヤ」を引き寄せるパーソナル資産増強法
 ステップ1――パーソナル資産の大切さに気づく「もったいない」の精神を養う(ホップ)
 ステップ2――「4つのダイヤ」とすばやい反応で、パーソナル資産の好循環を作る(ステップ)
 ステップ3――得られたパーソナル資産を、常に使い切る目配りをする(ジャンプ)

■第5章:勝間式技術4【調和する】 勝間式人間関係の兵法――「5つのわがまま力」で年収が20倍になった秘密
 ステップ1――「わがまま」と「成功」の関係性を理解する(ホップ)
 ステップ2――アサーティブな振舞いを身につける(ステップ)
 ステップ3――自分の応援団を増やしていく(ジャンプ)

■おわりに:起きていることはすべて正しい

■本文中に出てきた書籍&オーディオブック25

■巻末付録1:運を切り拓く「勝間語」事典

■巻末付録2:運を戦略的につかむ「勝間式グッズ」


【所感などなど】

◆本書は冒頭でも書きましたようにとんでもなく厚い上に中身も濃いので、いつものようにポイントを挙げようとしたのですが、ムリでした(涙)。

そこで、私が読んで感じたところなんぞを少々・・・。


◆さて、本書のコンテンツを私なりに表現するなら、「『新インディ』の技術論化」


「はじめに」で勝間さんも述べてらっしゃるのですが、本書は「精神論」ではなく、「技術論」に落とし込むことを意識されています。

その落とし込み方も、「フレームワーク」あり、「具体例」あり、「体験談」あり、で、いわゆる今までの「勝間本」と同じく、読者にとって再現性があるようになっているわけで。

そういう意味では、ある種の「マニュアル」(いい意味で)でもあり、むしろ本書の方が「人生戦略マニュアル」と言っても過言ではないくらいです。


◆たとえば、第1章の冒頭では、勝間さんの今年1年間の「幸運」("運"という表現が適切かどうかは別として)が8つ挙げられていて、それぞれについて、「偶然」で終わりかねないところをいかに「幸運」に変えたか(「セレンディピティ」)、が本書内における「テクニック」の注意書きつきで列挙されています。

それを見ると、なるほど「陰ではこういう『行動』や『心がけ』があったのか」とうなずくことしきり(汗)。

もちろん、「新インディ」誕生の話などは、まさに「セレンディピティ」そのものですし。

(参考記事:【回顧録】勝間さんの新刊について思うこと。

また、本書内の随所でも、こういった「勝間式テク」とともに事例として、馴染み深いエピソードが掲載されているので、カツマーなアナタなら、楽しめることウケアイでしょう。


◆今回、特にその「教え」の中でも、多く言及されているのが「人」について。

 そして数あるパーソナル資産の中でも、私が最も貴重で大事にしている資源は、「人」です。
 なぜなら、人について、特に信頼できる人間関係については、どんなにお金を積んでも手に入らないからです。

今までも「三毒追放」「アサーティブに振舞う」といった「教え」がありましたが、本書ではそれらを含めて、直接間接併せると、「人」に関係する内容がとても多いです(第5章に至っては丸々1章「勝間式人間関係の兵法」)。

勝間さんが売れている秘訣は、もちろんご自身の資質が大きいのですが、それと同じくらい(失礼(汗))周りからの協力によるところが大きく、かつ、勝間さんもそれを意識した上で、今以上に周りが協力したくなるよう振舞ってらっしゃるのだなー、と思ってみたり。

他にも、勝間さんが影響を受けたり、見習いたいと思ってらっしゃる著名人のエピソード(特に黒木瞳さん)が数多く収録されていますので、こちらもお楽しみに。


◆ところで、タイトルの「起きていることはすべて正しい」

この言葉の本意について、勝間さんはこう言われています。

「起きていることはすべて、自分に対するメッセージ、あるいは何らかのチャンスとして受け止めよう。そして、そのメッセージを分析し、そこに対して自分の持っているパーソナル資産を正しく割り当て、使いきり、最大の成果になるように行動を続けよう」

つまり、勝間さんの場合、何かチャレンジして成果が上がらなかったとしても、それを「分析のチャンス、パーソナル資産を得るチャンス」として、さらに成長の糧にしてしまうわけです。

まさに「フィードバックの鬼」(汗)。

最初は、単なる「自己啓発的運命論」のタイトルなのかと思ってましたが、勝間さんはやはり違いますね(汗)。


◆それにしても、初めて「年収10倍アップ勉強法」を読んだ時も、コンテンツもさることながら、そのアプローチの仕方(リンク多用や具体的商品掲載等)にたまげた記憶があるのですが、本書も、「自己啓発的内容」を、ここまで「技術」として言語化していることに驚きました。

言っていることは、「新インディ」と同じでも、説得力や再現性は、本書の方が明らかに上(汗)。

この調子ですと小飼さんではないですが、数年後どんなスゴイ本を出されるのか楽しみです。


◆なお、本書の第3章の「自分の強み・弱みを理解する」という部分で、お馴染み、「ストレングス・ファインダー」が紹介されており、何故か小飼さん、聖幸さんとともに、私の結果も掲載されております(汗)。

1.最上志向
2.学習欲
3.親密性
4.未来志向
5.コミュニケーション

(参考記事:【自分の"強み"を調べてみました】「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」マーカス・バッキンガム

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
日本経済新聞出版社
田口 俊樹(翻訳)
発売日:2001-12-01
おすすめ度:4.0

まさか、こんな形でご本に載るとは夢にも思わなかった自分(汗)。

勝間さん、ありがとうございました!


◆ところで、本書の終わりの謝辞には、こんな一節があります。

 そして、最後にもう1つだけ、お願いです。
「ここに書いてあることは、勝間和代だからできるのだ」「私には無理」と受け止めないでいただきたいと心から思っています。

私たちは、勝間さんの圧倒的な実績の前に、ただただ眺めてしまいがちではないでしょうか?

しかしそれは、勝間さんが望むことではありません。

勝間さんの本を読んだなら、私たちも私たちなり実践すべきですし、そのために勝間さんは本書を書かれたわけですから!


来年といわず、今すぐにでも実践したくなる1冊!



【覚え書き】

◆ポイントというほど列挙しませんけど、今後の自分のために、フレーズをいくつか。

「迷ったときには、とりあえず、より新しいこととか、よりリスクが高めなことをやってみる」

「三毒追放の最もわかりやすい効果は何かと言うと、「味方が増える」効果

「自分のできないことをできている人がいた場合、妬む暇があったら、その人の行動をとことん分析して、自分の方法論として手前に引き寄せてくる」

「私はこれまで、できる人とできない人との差がどこにあるのかを観察してきましたが、1番大きいのは、「自分の力をどれだけ等身大で正しく評価できているか」だと思います」

「本当に大事な資産は、経験、技術、お金、人脈なのです」

ホントは、こんなに付箋貼ったんですけどね(笑)。

840734bc.jpg







【参考書籍】

◆本書で紹介された書籍の中から気になったものを2冊。

心の科学 戻ってきたハープ
講談社
大地 舜(翻訳)
発売日:2008-01-23
おすすめ度:4.5

◆確か、ラジオにお出になった時に薦めてらした記憶が。



◆勝間さんの人生観を大きく変えた小説(シリーズ物)。

黒木瞳さんにも薦められたところハマってらっしゃる模様(個別ページがないので辿って探してください(汗))。


【関連記事】

【スゴ本】「史上最強の人生戦略マニュアル」フィリップ・マグロー 著・勝間和代 訳(2008年10月01日)

【強力!】「勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力」勝間和代(2008年06月15日)

【勝間流】「勝間和代にインディペンデントな生き方を学ぶ」セミナーに参加してきました!(2008年06月05日)

【新インディ】勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド(2008年03月01日)

【回顧録】勝間さんの新刊について思うこと。(2008年02月29日)


【編集後記】

◆おそらく、今年最後の勝間本となるのが、コレ。


表紙画像は勝間さんのブログにあります。

「精神的なヌード写真集」なんて言われた日には、興味津々

これは非常に楽しみです(笑)!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「自己啓発・気づき」へ

この記事のカテゴリー:「勝間和代」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 07:30
Comments(11)TrackBack(5)自己啓発・気づきこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51568431
この記事へのトラックバック
起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術(2008/11/29)勝間 和代商品詳細を見る  【 目 次 】   ■はじめに:“...
起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術 勝間和代(著)【Makeup Life! メイクアップ・ライフ!】at 2008年11月30日 00:45
これまでの自己啓発本では身につけることが難しかった、潜在意識の活用をはじめとする、決定版勝間式成功本と言える一冊です。
起きていることはすべて正しい 勝間和代【フォトリーディング@Luckyになる読書道】at 2008年12月02日 22:40
手帳選びは終焉していなかったんですが、やっぱり今日から勝間和代手帳にします。ハイ。 なぜそんなことを言いはじめたかというと、それは??.
これからの座右の書〜起きていることはすべて正しい【kaleiDO sCOPEs】at 2008年12月03日 17:21
【はじめに】◆勝間さんの記事で後姿が曝け出された(?)smoothです(あいさつ)。 今日お送りするのは、先日まで行われていたブックファースト新宿店開催の「ブロガーフェア」で、私が選んだ本について。 都内の1店舗展開では、さすがに行かれた...
【フェア】ブックファースト新宿店のブロガーフェアで選んだ本【マインドマップ的読書感想文】at 2009年11月13日 08:20
起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術勝間 和代 ダイ
起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術【蔵前トラック供at 2011年11月23日 14:49
この記事へのコメント
smoothさん、おはようございます。
先程、勝間さんのブログを拝見してから
こちらに来ました。

smoothさんが知恵熱を出しそうな勝間本、
これは読まずにいられません。

本屋さんに行ってきま〜す。
ご紹介ありがとうございました。

Posted by ねじりはちまき鳥 at 2008年11月29日 08:55
>>smoothさん

こんにちは

このカツマー本だけはすぐに読まなければなぁと思いました。

ストレングス・ファインダーにsmoothさんの結果が載っていることですし(笑)
Posted by Master at 2008年11月29日 09:40
こんばんは、smoothさん

勝間さんの過去の事もさらりとですが、
書かれていて、非常に為になりました。
お腹一杯です。
(ついでに手まで痺れてますが(笑))

久しぶりですが、トラックバックさせて頂きます。

Posted by ケイエム at 2008年11月30日 00:43
最近の勝間さんの書籍は、
なぜみんな表紙に顔写真が載っているのでしょうか。

私はそれだけで内容に関わらず買う気も立ち読みする気もしません。

ヴィジュアル系とでもいいたいのでしょうか?

どっちみち、勝間さんの本は普通以下レベルの人には役に立ちませんから読みませんが…。
Posted by なべ at 2008年12月01日 08:27
>ねじりはちまき鳥さん

いらっしゃいませ。
この本はカツマーなら必読でございます(汗)!
この際、どういう手段でもいいですから(笑)、早めにご賞味ください。

>Masterさん

読んでいただけるのは嬉しいんですが、私のストレングスファインダーの結果は・・・(汗)。
てか、ブログを紹介されることよりも、こういうパーソナルなテストの結果を公表される方がよほど恥ずかしいですね(汗)。

>ケイエムさん

私もお腹一杯です(笑)。
自己啓発書もこういうアプローチがあるのかと、今さらながら感心しております。
後は実践あるのみ!

>なべさん

>最近の勝間さんの書籍は、
>なぜみんな表紙に顔写真が載っているのでしょうか。

それはやはり、勝間さんに限らず、著者は顔出しした方が、売れることは間違いないからだと思います。
私が出版社の社長だったとしても、絶対顔出しさせたいですけどね。
・・・自分がブログでは顔出ししてないくせに(笑)。

実際、勝間さんの意図に関わらず、マガジンハウスからのムックは、「書店の強い要望で」顔出し写真のようですし。
http://kazuyomugi.cocolog-nifty.com/private/2008/11/7-40e6.html

なお、帯をはずせば、顔写真もないので、それはそれでアリなんじゃないでしょうか?
お!この本帯外すと、勝間さんのサインがありますよ!
知らなかった(ありがとうございます)!

Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2008年12月01日 09:38
smoothさん、こんにちは。

さすがに新刊対応は早いですね。
僕はようやく今日読みました。
一見自己啓発的な内容を技術的に
落とし込んだのはさすがですね。
これまでの本であまり扱ってこなかった
内容だけにどれだけ受け入れられる
ものか、楽しみです。
Posted by LuckyUS@フォトリーダー at 2008年12月01日 15:25
>LuckyUSさん

私も最初読んだ時の印象は、「新インディ」+「フレームワーク力」って感じでした。
この手法で成功したら、他にも応用が効きそうな。
さすが勝間さん、と思わせられましたね。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2008年12月02日 03:47
smoothさん、おはようございます!
勝間さんの新刊、土日に読了しました。
グーグル化の出版から1年足らずなのに、
違うテーマでの出版ラッシュ&聞いたことのない具体例が満載。
勝間さんを目標にしてると永遠に追いつけないんじゃないか・・・と
読みながら凹みました(−−;

smoothさんの強み、僕とは「親密性」が一緒でした。
残念ながら「最上指向」がなかったので、
僕は書評ブログで1位を狙わないでしょうが(^-^;

では!
Posted by じゅにがも at 2008年12月08日 09:44
>じゅにがもさん

勝間さんを目標にされるとは、いい根性です(笑)。
てか、相手はサイボーグじゃないかって感じですよね。
私は私なりに、のんびり・・・といきたいところですが、毎日イッパイイッパイでブログやっております(汗)。

親密性が一緒ということは

ナカーマ(*・∀・)人(・∀・*)

好きということなんですよ、きっと。
これからもどうぞご贔屓に(笑)。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2008年12月09日 00:38
こんにちは、smoothさん

いつも参考にさせていただいています。
ストレングス・ファインダーの資質が4つ同じだったので、
思わずコメントいたしました。

私は、最上志向・親密性・学習欲・未来志向・ポジティブでした。

日頃の行動が似てるやも知れませんね。


Posted by florence at 2008年12月12日 00:37
>florenceさん

コメントありがとうございます!

4つ重なってるのもスゴイですが、しかも違うのが最後の1つということは、上位4つが全て同じわけですよね。
コレはスゴイ・・・。

ひょっとして私の腹違いの兄妹だったりして(汗)。
(*・∀・)人(・∀・*)

今後ともよろしくお願いします。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2008年12月12日 02:03