スポンサーリンク

2008年10月14日

【モテ服?】『女ウケする「男のモテる無難服」を極める』@SPA!を読みました


【はじめに】

◆今日2本目の記事は、お世話になってる(笑)雑誌SPA!の特集から。

先週号の予告を見た時点から、結構楽しみにしておりました(笑)。

1万円台で変身 女ウケする[男のモテる無難服]を極める

女がもっとも好感を抱く、「30歳男の無難なファッション」とは一体どんなものなのか?
そこで今回、SPA!ライター陣&編集部員が自前の勝負ファッションで登場、街頭の女子を対象にアンケート調査を実施。そこで惨憺たる評価だった彼らが、+1万円台で「女ウケする無難服」へと大変身します!!
「ここ一番の私服デートで、♀にガッカリされない秘訣」が満載の当企画。
私服にイマイチ自信のない方、必読です!!

いざページを開いてみると、結構ハードル高そうな(汗)?




【初の私服デート】

◆まずは、編集部員&ライター陣の私服を、女子100人にリサーチするという企画が。

その中のワースト5に対して、専門家からアドバイスがあって、変身するというもの。

うーん、登場される「モテ服アドバイザー・荒木省吾」さんって、検索かけても見つからず・・・。

それはさておき、気になった点をいくつか。


■あんまり「無難服」じゃない(笑)

◆いえ、こちらの一方的な思い込みだったんですが、「無難服」っていうから、ユニクロ、GAP、無印あたりを予想していたところ、もうちょっとエッジの効いた服をセレクトされてました(詳細は誌面を)。

てか、「Before & After」はいいんですけど、Beforeの時点で、「D&Gのデニム8万円」とか着てる香具師(編集部ライター)が出ているのは、どうよ?っていう。

別のライターは「ベルトや時計はグッチ」とか言ってるし、「SPA!読者不在」なんじゃないか、と・・・。

え?私がオサーンなだけですか、そうですか???


■具体的な商品名が明記されていない

◆一応、金額(でも「約●●円」という表記)は出ているものの、商品名も素材も記載ナシ。

なるほど、雰囲気はわかりますが、具体的なアクションには結び付けにくいような。

もちろん、ファッション雑誌ではないですから、お店にお取り置きお願いするような企画ではないですけどね(笑)。


■「"プラス"1万円"台"」なのね(笑)

◆予告を見たときは、てっきり「全身で1万円」かと思ってましたが、甘かった!

今あるアイテムに何かを「足す」or「変える」、のに、1万円「台」ということで、トータル1万6000円でもOKということのようです。

うーん、子どものおむつ代もかかるしなー・・・って、私の場合、本を買わなければ余裕なんですけど(笑)。


★なお、具体的なポイントについては、個別の事例と密接な関係にあると思われますので、ここでは割愛。

興味のある方は一応チェックを。


【"ここだけは押さえたい"30歳オトコの私服】

◆次に登場されるのが、イメージコンサルタントの谷澤史子さん。

こちらは結構お役立ちのアドバイスがありました。

その中からいくつか。

・「自分をどう見られたいか」を念頭に、無難な色のアイテムを揃えてみる

・初対面の女性に悪印象を与えてしまうのが"肌見せ"

・オススメショップはZARA、コムサ・デ・モード、ボナジョルナータ等



◆この中で、「ボナジョルナータ」というのは知らなかったので調べてみたところ、ファイブフォックスの中の1ブランドみたいですね。

BUONA GIORNATA 株式会社ファイブフォックス採用情報

勉強になりました(笑)。

なお、この谷澤さんの新刊がこちらです。


今度書店でチェックしてみます!


【女子座談会 彼氏の私服は地味なほうが、変え甲斐がある!!】

◆最後に、「常にオトコのファッションチェックに余念がないというOL4人」による「女ウケポイント総ざらい」

顔にモザイクがかかっているせいか(?)、結構言いまくり(笑)。

でもタメになるお言葉も多々あるので、その中からいくつか。

・余計な装飾をせずにジャケットを羽織るのがベスト

・3色以上は使わないほうがいい

・安物でもいいから、うまくまとめた"きちんと感"を女は求めている

・着こなしで参考にすべきは、谷原章介


他にも「(女性に)じゃんじゃん相談してほしい」なんて言われてましたけど、そもそも「モテ服」探している時点で、「相談できる女性がまだいない」のではないでしょうか(汗)?

とりあえず、モテるためには、自分の「こだわり」に固執しないということではないか、と・・・。


【感想】

◆上で書いたように、今回の「無難服」というのが、40代の私には全然無難じゃなかったのに、多少ショックを受けますた(汗)。

もっとも私は以前から「モノトーンラブ」だったり、スーツもグレイか紺のみという超コンサバなスタイルなので、余計そう感じたのかもしれませんが(笑)。

とりあえず、この手(どの手?)のファッションに関心のある方は、昨日からホッテントリに挙がっているこの記事のアイテムを、一つ一つググるかリンク先をチェックすると良いかも。

脱オタファッション実践編

私も結構参考になりました(今さら(汗))。


◆こういったレベルの情報を入手する雑誌も、適当なのがない(もうちょっと上のファッション誌はいくらでも(笑))のですが、「毎回定番の顔ぶれが同じ」とか言われちゃいながらも、この辺の雑誌の定番特集が無難かも。

Begin (ビギン) 2007年 11月号 [雑誌]
世界文化社
発売日:2007-09-15
おすすめ度:3.0

結局、雑誌は「新しいもの新しいもの」と追っかけていかないと、ネタ切れなってしまうので、それはそれで難しいのかも。


・・・と、子どもができてからというもの、1シーズン1万円程度しか服にお金かけてないsmoothがレポートしてみました(汗)。

後は、若手に任せた!←誰かはわからずw


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ブランディング」へ

この記事のカテゴリー:「モテ・恋愛」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 20:15
Comments(2)TrackBack(0)ブランディングこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51539894
この記事へのコメント
smoothさんの記事を見て思わずコンビニに走りましたw

で、谷原さんのリンクをチェックしてどんなんだろうと確認したり(爆)
Posted by まるるちゃん@エンビジ at 2008年10月14日 22:35
>まるるちゃん

んー、書評メルマガ&ブログやってる方が、なぜにこの記事にコメントを(爆)。

そして谷原さんのはオフィシャルサイトなだけで、ファッションショットが多いというわけではないです(汗)。
個人的には、この方、超コンサバなイメージですが。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2008年10月15日 02:40