スポンサーリンク

2008年10月09日

【メール】「コストゼロで人脈と売上を増やす仕事の仕組み」平野友朗




【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、「メルマガコンサルタント」として名高い平野友朗さんの新作。

上記リンク先での平野さんのお言葉によると

「ビジネスメール活用の効率化をうたった集大成の本」

なのだそう。


◆アマゾンの内容紹介にもこうあります。

「コミュニケーションが上手くいかない」「営業が苦手だ」と思っている人こそ読んでください。
『メール力』とは、営業力・交渉力・人脈力・コミュニケーション力といった、ビジネスを加速させる要素がすべて含まれています。
メール力こそが、ビジネスを制すのです。
この本を閉じた時、メールがあなたの一番の味方になっていることでしょう。なぜなら、一昔前のように、営業力がモノをいう時代ではなくなったのからです。

相変わらず、ビジネスメール初心者のワタクシにとっては、お役立ちの1冊でした!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!






【目次】

はじめに
序章 メールの基本を押さえて「仕組み」をつくる
1章 知的生産を実現する仕事の仕組み
2章 GoogleをビジネスパートナーにするGmail活用術
3章 その他大勢から抜きんでるコミュニケーションの仕組み
4章 ひと手間かけた好感度アップの仕組み
5章 売上と人脈をつれてくる営業の仕組み
6勝 ひと味違うメールが書ける「文例・フレーズ集」
7章 誰にも聞けないメールマナーQ&A
おわりに


【ポイント】

・ビジネスメールの7つのポイント(抜粋)

□「お世話になっています」等の挨拶を必ず入れている
□宛名、挨拶のあとに、自分の名前を名乗っている
□用件に入る前に、「〜の件でご連絡しました」等の要旨を伝える一文を挿入している
□社名・氏名・住所・電話番号など、基本的な情報を載せた署名をつけている

・ビジネスメール8つの法則(抜粋)

 →テキスト形式にする
 →機種依存文字(半角カタカナ、丸つき文字等)を使わない
 →読点を多めに
 →漢字の連続は避ける

・単語登録に充てた時間はすぐに元がとれる

・単語を登録する場合には、「よみ」の部分を「@+文字列」で行うと、通常の変換候補として表示されなくて便利

・メールタイムは1日3回として、「その他の時間は一切メールを立ち上げない」ようにすると、業務効率は大きく改善する

・万が一のためのメールのバックアップは「すべてのメールをGMailでも受信する」という方法で可能

・Googleカレンダーを社内スタッフに公開しておくと、自分の動きを把握してもらうことができる

・自分から送ったメールは自分、相手から投げかけられたメールは相手で終わるようにすると、お互いに気持ちよくやりとりを完結することができる

・相手を褒めるときは、自分以外の人間の視点を入れると、より説得力が増し、言われたほうの喜びも増大する

・好かれるメールは「適切なタイミングで」「こまめな連絡」を意識

・お礼のメールのタイミングは当日がベスト

・ひと味違うメールが書ける「文例・フレーズ集」より


 →お願いをするとき:
 「いつも無理言ってすみません」「ご無理を承知で申し上げますが」

 →誤りたいとき:
 「心得違いをしておりました」「深く反省しております」

 →異論・反論があるとき:
 「素人の考えかもしれませんが」「〜とのこと、困惑しております」

 →断りたいとき:
 「お力になれず〜」「結論から申し上げますと」


【感想】

◆丁度先日の、野口先生の新刊でもGMail激プッシュされており、あちらと本書を併せ読むと、GMailに懐疑的だった方も、心動かされそうな気が(笑)。

ただ、平野さんはさすがに「メールが本職」だけあってか、メーラーとしては「Becky!」を使い、GMailはあくまで「バックアップ」という位置づけです。

いずれにせよ、「GMailのデータベース化」というのは、昨今のトレンドのようで、かくいうワタクシも、ソーシャルブックマークではなく、「あとで読む」で、何でもかんでも自分のGMailのメールアドレスに送っております。

色々なメールアドレスに届いたメール(メルマガ等)で、データベースとして使えるもモノも、同じGMailのメールアドレスに転送しているので、「情報が一元化」されているのではないか、と。


◆もっともこういった「システム・ツール系」のお話は他の著者さんでもいいわけで、やはり平野さんの本領は、「メール作法」

ビジネスを行う上で、「無理なく・無駄なく」連絡を行うためのメールの書き方が、本書では幅広く展開されています。

私も以前、「5分で送信! ビジネスメール 速書き文例集」を読んで、メール執筆の時間短縮に挑戦しましたが、平野さんの場合、上記ポイントのように、「メールタイムを1日3回」として、さらに業務効率を上げてらっしゃいます。

・・・私も昨日「1日3回」に挑戦してみたのですが、どうしても不安になってしまって、ついつい見ちゃうんですよね(涙)。

特に仕事が煮詰まっている時だとその感情が顕著で、これも一種の「現実逃避」なのかと(汗)。


◆また、私のように「ビジネスでメールを使いこなせてない」方には、やはり第6章、第7章あたりのノウハウは必読。

かつて「●●株式会社 御中 ■■様」とメールの宛名を書いてたワタクシとしては、もっと早く本書に出会いたかったです・・・って、これはメール以前の問題ですが(汗)。

他にも、上記ポイントで挙げた「文例・フレーズ」も、すぐにでも役立つことウケアイ。

献本をお断りする際に、「プロフ読んで!」と言うより、「お力になれずすみません」と書いた方が、どれだけ好印象を与えられることか(遠い目)。


◆ところで、本書のタイトルを見て、「メールの文面程度で、人脈や売上が違ってくるのか?」とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。

これについては、以前、某著名ビジネスパーソンの方が、同じように著名なビジネスパーソンの会社の方の営業担当の方のメールの書き方について、私に教えてくださったことがあって、その方曰く、「あの書き方じゃ、上がるべき売上が上がらない」と(汗)。

多分、他の人にも同じようにメール書いているのだろうから、「逃した売上が結構あるのではないか」、とその方は言われていました。

誤解を招くといけないので、具体的にどういうメールなのかは、ここでは書けませんが。


◆こう書くと、そのメールが「さぞかし失礼なメール」だと思われる方がほとんどでしょうけど、あにはからんや

私もその営業担当の方とメールのやりとりしたことはあるのですが、きわめて普通でした。

ただ・・・。

本当に売上を上げる人のメールは、「それとはちょっと違う」よう(笑)。

そしておそらく、「買う・買わない」みたいな話も、そういった「ちょっとした違い」が明暗を分けるのだと思います。


◆ちなみに、本書の「第3章 その他大勢から抜きんでるコミュニケーションの仕組み」「4章 ひと手間かけた好感度アップの仕組み」では、その「ちょっとした違い」に関連したお話が展開されており、ここは本書の読みどころの一つ。

おそらく結果が出ている人は、この辺の対応が無意識のうちに出来るのだと思います(だから「仕組み」なのか(汗))。

とりあえずは、「そのメールを読んだ相手がどう感じるか」まで想いを巡らせることができるようになるのが、大事なのかな、と(汗)。

・・・私も全然ヒトのことは言えませんがー(汗)。


後で読んで「青ざめる」くらいなら、お早めに!



【関連記事】

【超】『超「超」整理法』野口悠紀雄(2008年09月25日) はてなユーザーの評価

【ビジネスメール】「5分で送信! ビジネスメール 速書き文例集」川島 冽(2008年08月14日) はてなユーザーの評価

【ハーバード流】『読み手志向の「書く技術」で成果をつかみ取る』デボラ・デュメーヌ(2008年05月05日) はてなユーザーの評価

【今年最後の衝撃!?】「効率が10倍アップする新・知的生産術」勝間和代(2007年12月15日) はてなユーザーの評価

「デジタル・ワークスタイル」徳力基彦(2007年05月08日) はてなユーザーの評価


【編集後記】

◆ずーっと、「3〜5週間待ち」だったこの本の、在庫がやっと入りました。


最近、ムスメの言動にムカっと来てしまう私は必読かも(汗)?


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

この記事のカテゴリー:「メルマガ・ライティング関係」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:45
Comments(4)TrackBack(0)ビジネススキルこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
この記事へのコメント
> 特に仕事が煮詰まっている時だとその感情が顕著で、これも一種の「現実逃避」なのかと(汗)。

同感ですw
すぐに嫌になるとメールに逃避します・・・
Posted by まるるちゃん@エンビジ at 2008年10月09日 10:41
 丸山です。

 今日の本はいいですね。ビジネスマナーの本はありますが、メールの細かい部分については不十分なように感じていました。チェックさせていただきます。

 別の記事の話ですが、宝島の記事、読ませていただきました。ブログで接している人の文章が活字になっているのは、ちょっと感激してしまいました。筆者でもないのに、ヘンでしょうか(^^;;

PS 後で読んで「青ざめる」くらいなら、お早めに! というキャッチ、かなり個人的にヒットです。コッソリどこかで使わせてもらうかもしれませんw
Posted by 丸山 at 2008年10月09日 12:48
文書の書き方は新人の頃に教えてもらいましたが、メールはけっこう我流です。
意外にきちんとしたマナーを教わらず、我流の人も多いですよね。
時々ビックリするようなメールに遭遇もします。
自分のメールも青ざめさせないよう、読まねば〜。
Posted by ビルダーナース at 2008年10月09日 21:26
>まるるちゃん

結局メール処理って、一番簡単な「TO DO」だったりしちゃいますよね。
私も返事書かなきゃいけないメール溜め込んでいるので、つい・・・(汗)。

>丸山さん

平野さんは、先日大掛かりなビジネスメールのアンケートされてたので、それも反映されているかと。

宝島もチェックしていただき感謝です!
日頃の文体とは多少変わってますが、お笑い系なのはいつも通りなんですけどね(笑)。

そして「青ざめる」はホントは「蒼ざめる」ではないか(「顔面蒼白」とか言いますし)と思う今日この頃です(汗)。

>ビルダーナースさん

私は野放しで育てられたので、上記のように「●●御中■■様」って何年も書いてました(汗)。
メールについては、先日、顧問先の新人の女性からのメールに「どぉしたらいいでしょうか?」とあって、ビビりました(汗)。
スイーツ(笑)。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2008年10月10日 01:45