スポンサーリンク

2008年08月17日

【ランキング】このブログで売れている本(第2回コミュニケーション編)


【はじめに】

◆今日は、不定期で集計している、当ブログの「カテゴリ別売上ランキング」をお送りします。

今回の対象は、カテゴリ「コミュニケーション」

期間は、当ブログ開始から先月7月31日まで。

さすがにアマゾンが一気にデータをくれないので、期間を区切って足したという(涙)。


◆ちなみに、前回のランキングはこうでした。

【Amazon】このブログで売れている本(コミュニケーション編)(2007年11月27日)

約半年振りのランキングでは、あのシリーズが食い込んできましたよ!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【ランキング】

◆今回は、第10位から上に向かって発表していきます。

第10位

ココロでわかると必ず人は伸びる
総合法令出版
発売日:2004-06-25
おすすめ度:5.0

◆前回第3位だったこの本。

ほかではとんと記事を見ないので、隠れた名作なのでしょうね。

「涙は心の汗だ!」を地で行くかのような、「泣く」ことによる驚異的な効果は、別途専門家に分析して欲しいところ。

私も思い当たるフシがあるので(下記記事参照のこと)、ぜひ他の方にも読んで頂きたいな、と。

<参考記事>

【感動】「ココロでわかると必ず人は伸びる」木下晴弘(2007年08月15日) はてなユーザーの評価


第9位


◆どちらかというとブランディングのご本ではあるのですが、サブカテゴリがコミュニケーションということで(笑)。

いえ、実際見た目だって大切なコミュニケーションの要素ですから(汗)!

本来、ビジネス書で扱うテーマではなさそうなところを、うまい具合にビジネスパーソン仕様に仕上げた編集さんの勝利かと。

実際に役立つ小ネタが満載です!

<参考記事>

【見た目】『「見た目」の流儀』岡野 宏(2008年04月23日) はてなユーザーの評価


第8位

もっとモテる技術
ランダムハウス講談社
玉木 雄策(翻訳)
発売日:2008-07-25
おすすめ度:3.0

◆この本については、正直なところ、告知した予約の時点でかなりの数が売れていました(このシリーズの他の本クオリティゆえ?)。

その後読んでみて、テクニック的にかなりハードルが高いのには、私自身もビックリ(汗)。

下記記事も「及び腰」で書かれているのがお分かりかと(汗)。

モデル並みの容姿の女性をお望みの方でもない限り、積極的にはオススメしにくいです(汗)。

<参考記事>

【モテ】「もっとモテる技術」(2008年07月30日) はてなユーザーの評価


第7位

出逢いの大学
東洋経済新報社
中川 ミナ(イラスト)
発売日:2008-05-15
おすすめ度:4.0

◆今年に入って出た人脈本の中でも、なかなか売れている(であろう)1冊。

私が本書を読んで一番納得したのは、やはり「出逢い」も「量稽古」なんだな、ということ。

本業家事(とブログ(笑))が忙しくて、ひたすら不義理しまくっている私には耳が痛い内容でした(汗)。

<参考記事>

【人脈術】「出逢いの大学」千葉智之(2008年05月17日) はてなユーザーの評価


第6位

ロジカル・コミュニケーション
日本実業出版社
発売日:2007-01-18
おすすめ度:4.5

◆薄くて、イラストが多い割には中身が濃い1冊。

ただ、パッと見はその濃さに気が付かないので、初心者にもとっつきやすいのがポイント。

それもあってか、「部下・後輩に読んでもらう」等の使い方が正しいのかも。

「ロジカルな話のまとめ方」という観点における、「最低限これだけは」の部分が身につきやすそうな作りです。

<参考記事>

【論理的な話し方】「ロジカル・コミュニケーション」安田 正(2008年05月10日) はてなユーザーの評価


第5位

レバレッジ人脈術
ダイヤモンド社
発売日:2007-12-14
おすすめ度:4.0

◆人脈本としては異例のベストセラー

そして当ブログが最初に掲載された単行本でもあります(笑)。

本田さんとはたまにメールのやりとりをさせて頂いているのですが、常に「コントリビューション」を意識されてらっしゃる方だな、と感じます。

というか、他の人の話も合わせると、この本に載っている以上のことを実践されている模様(汗)。

それは成功します罠。

<参考記事>

【人脈】「レバレッジ人脈術」本田直之(2007年12月14日) はてなユーザーの評価


第4位

モテる話術
イースト・プレス
発売日:2003-06-20
おすすめ度:4.0

「モテる」シリーズの中でも「話術」にフォーカスした1冊。

下記記事でも引用した「小さなリスクを積み重ねることで少しずつ信頼を育んでいく」という一節には、ハゲシク納得

シリーズの他書に比べても、一番実践しやすそうな感じがします。

「それ、どうしたの?」と思わず言いたくなってしまうという(←詳しくは下記記事を(笑))。

<参考記事>

【モテ】「モテる話術」(2008年05月16日) はてなユーザーの評価


第3位


◆これもいわゆる「モテ本」です。

心理学的なテクニックを多用しており、実践的というより理論的な感じ。

内容的にはかなり濃いので、恋愛系の情報商材も真っ青

実はコレで石井先生がナンパしまくっていたと言われたら、信じちゃいそうです(笑)。

<参考記事>

【モテ】「ホムンクルスの目」石井裕之(2007年10月15日) はてなユーザーの評価


第2位

モテる技術 (ソフトバンク文庫 コ 2-1)
ソフトバンククリエイティブ
大沢 章子(翻訳)
発売日:2008-07-17

◆上記の石井先生の本も濃いですが、コストパフォーマンスから言ったら、この本も群を抜いています。

何せ、696ページ(汗)!

「罰ゲームかよ(涙)」という厚さに、ぎっしり詰まった恋愛のノウハウ

これで1000円しないというんですから、「モテ本好き」なら、とりあえず買っておきたいところです。

<参考記事>

【モテ】あの"幻の名著"「モテる技術」が文庫本になって復活した件(2008年07月11日) はてなユーザーの評価


第1位


◆今回もこのカテゴリーの中ではダントツでした。

男女共に、ぜひとも読んでおきたい名著

恋愛関係のみならず、職場の異性との人間関係の改善にも絶対に役立ちます!

<参考記事>

女性用:【女性必読!】「ベスト・パートナーになるために」ジョン・グレイ(2007年08月14日) はてなユーザーの評価

男性用:【モテ】「ベストパートナーになるために」ジョン・グレイ(2007年08月09日) はてなユーザーの評価


【感想】

◆今回も1位は「ベストパートナーになるために」でした。

まだお読みでない方には、なぜにそんなに売れているのかお分かりになりにくいかもしれませんが、私自身、この本を読んで、「あー、あの時こうしておけば良かった」ということがどれほどあったことか(遠い目)。

男女共に、「相手(異性)は、自分と全く違う考えをするものだ」とは思っておらず、それゆえその食い違いが時として衝突を招きます。

ただし、あらかじめ「相手は違う考え方をするものなのだ」とわかっておけば、対処もできるというもの。

実際、私もこの本を読んでから、ヨメとの衝突が極端に減りましたし。


◆そして今回の特徴としては、やはり「モテる技術」のシリーズ3作がランクインしたことかと。

「もっとモテる技術」は、万人向けではないものの、私のゼミの後輩が、ここで書かれているテクによく似たテクを駆使して、クラブで数多くの女性をナンパしていたこともあり、私自身としては、やり方自体を全否定するつもりはありません。

当ブログをお読みの読者さんは、私の後輩クンのような「華麗な(?)人生」を歩みたいとは思ってないでしょうから(笑)、無難に「モテる話術」を読んでおけば、大丈夫かと(何が?)。

これに「ホムンクルスの目」を併せれば、「今年の夏は完璧」ですね(笑)!←何のこっちゃ(笑)?


◆また、「人脈術」の本も、新たにランクインしてきました。

ただ、人脈を拡げるためには、コミュニケーションスキルも大事なんですが、どちらかというと、まず自分自身が他人から見て「魅力的」になる方が大事かな、と思ってみたり。

それは、内面的なものだけでなく、「見た目」も含めてのお話。

そういう意味では、今回挙げたような本は、皆、密接に関係しているのかもしれませんね。

気になる本があったら、ぜひご一読を!


【関連記事】

【ランキング】このブログで売れている本(第2回ビジネススキル編)(2008年05月19日)

【Amazon】このブログで売れている本(勉強本編)(2007年12月16日)

【Amazon】このブログで売れている本(コミュニケーション編)(2007年11月27日)

【ランキング】このブログで売れている本(ビジネススキル編)(2007年08月27日)


【編集後記】

◆昨日から、ヨメの実家に泊りがけできております。

レスやコメント等はおそらく今夜遅くになってしまうと思いますので、あらかじめご了承下さいマセ。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ランキング・未読本紹介等 」へ

この記事のカテゴリー:「コミュニケーション」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 10:00
Comments(6)TrackBack(0)ランキング・未読本紹介等このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
この記事へのコメント
初めまして♪いつも楽しく読ませていただいてます。

第7位の出逢いの大学、僕も読みました。
こういうランキングに自分の読んだ本が入ってると、流行を先取りした感があって少し嬉しいですね(笑
Posted by シノ at 2008年08月17日 15:57
>シノさん

こちらこそ初めまして。
コメントありがとうございます。
というか、ブログ拝見したのですが、院のテスト大丈夫なんですか〜(汗)?
私もブログはなかかな止まりませんが、やるべきことはやった方が・・・と残業そっちのけでブログ書いてる人に言われたくないですよね(笑)。
これからもおヒマな時にご覧頂ければ幸いです!
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2008年08月18日 01:15
smoothさん、こんにちは!

いつもランキングが充実してますね(^^

smoothさんのランキング特集は見ると買いたくなってしまうので、
見ないようにしているのですが(苦笑)、今回は誘惑に負けて見てしまい、
そしてまた買って(アマゾンカートへGOして)しまいました(笑

Posted by 早川 ノブ at 2008年08月19日 03:48
>早川ノブさん

お買い上げありがとうございます(涙)。
今回のラインアップも結構ベタなのとウチならでは(笑)のものが混在しておりますね(汗)。

私も実はノブさんのところで買いました〜!
読んでみてよかったら記事にしますので、その時はよろしくお願いします。
ちょっとウチ的には微妙なんですがー(汗)。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2008年08月20日 02:10
smoothさん

お買い上げありがとうございます(涙)・・・って、え〜!!!

smoothさんに買って頂けるなんて超光栄です!
著者の方からサイン本もらうくらい嬉しいですよ!
(微妙な例えですが、とにかく嬉しいということです)
Posted by 早川 ノブ at 2008年08月20日 19:16
>早川ノブさん

いえいえ、日頃のご恩返しと言いますか、買おうか買うまいか迷ってて、ノブさんがプッシュされたので買ってしまいました(笑)。
そこまで喜んでいただけるとは、また買ってしまいそう・・・って、実は最近そちらで色々ご紹介されている心理関係の本のテクなのでわ〜(笑)?
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2008年08月21日 01:36