スポンサーリンク

2008年07月21日

【Amazonキャンペーン有】『「お金を稼ぐ!」勉強法』藤井孝一


「お金を稼ぐ!」勉強法
三笠書房
発売日:2008-07-18
おすすめ度:4.0


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、「週末起業」でおなじみの、藤井孝一先生の最新作。

勉強法とは銘打ってらっしゃいますが、私のような「勉強のテクニック」に執着する勉強本オタクとは一味違う、リターンを意識した、「社会人のための自己投資法」を伝授して下さっています。

アマゾンの内容紹介から引用。

もし、あなたが勉強を「趣味」「単なる自己実現」と位置づけるなら、本書ではなく別の本を買うことをお勧めします。そうではなく、勉強を「自己投資」と位置づけ、何がなんでもそれを回収し、稼ぎにつなげたいのであれば、本書は絶対にあなたの役に立ちます。

自分の自己投資に何となく疑問を感じている方なら、必読かも!

なお、おしまいに「アマゾンキャンペーンのお知らせ」もありますので、お見逃しなく!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【目次】

1章◎ちょっとした勉強で「年収を倍増する仕掛け」とは?
 1「勝ち組の勉強」と「負け組の勉強」―これだけ差が出る!
 2勉強するだけでは、「1円」も稼げない!
 3「学んだこと」をお金に変える考え方 ほか

2章◎「お金にならない勉強」はするな!
 1「資格があれば何とかなると思っている」
 2「必要な能力以上の勉強をしている」
 3「勉強していることを周りに隠している」 ほか

3章◎年収2000万円以上になるための「自己投資術」
 1「いつ」までに「いくら」稼ぎたいのか?
 2「勉強道具」には惜しみなく金を使え
 3勉強は「意志」に頼るな、「習慣化」せよ ほか

4章◎今より3倍稼ぐ「超アウトプット勉強法」
 1勉強しながら同時にアウトプットせよ!
 2ブログで「お金をかけずに」自分を売り込む!
 3メルマガを使って「見込み客」を探せ!

5章◎とにかく3週間続ければ人生が変わる!
 1なぜ挫折してしまうのか?―勉強が続かない人の共通点
 29時に帰ると決めたら、9時に帰る!
 3脳力を最大限に生かす「早朝勉強法」


【ポイント】

■「勉強」を「お金」に変える
⇒勉強するならば、稼ぎを生みだす仕掛けにまで育てること

⇒ビジネスマンなら、勉強に時間やお金を費やした以上、「意地でも回収する」という覚悟が必要

⇒勉強による自己投資は、元手を回収すれば、後は利益を生むだけなので、投資効率は極めて高い


■藤井先生の「稼ぎ」史(抜粋)
●「書く」

「メルマガ発行」「雑誌にコラム・インタビュー記事を連載」


●「相談に乗る」

「コンサルティング契約」「eメールコンサルティング」


●「お墨付きを与える」

「書籍の監修」「ビジネスプランの審査員、監修員」


●「話す」

「講演会・勉強会で講師として講演」「セミナー会社のビデオで講師」


■「勉強道具」には惜しみなくお金を使え
⇒勉強は座ってすることが圧倒的に多いので、「机」と「椅子」にはお金をかける

⇒社会人にとって最も大事なものは「時間」なので、時間を節約する道具惜しみなく買うべき


■「意志」に頼らず「習慣化」する
⇒行動を習慣化させるには、日常必ずやることの中に、習慣化したい行動を組み込んでいく(ex:歯ブラシと一緒に、暗記したい参考書を置いておく)

⇒習慣化のコツは、習慣化するまで「聖域をつくらない」こと

⇒続けられても、一般に、3がつく時期転機になりやすいので注意(3日目、3週間目、3か月目等)


■本とのつき合い方
⇒一度全体をざっと読む

⇒その際には、頭からじっくり読むのではなく、必要と思われるところだけを拾い読みしていく

速く読む技術を身につけても、速く理解できるわけではないので、速読については(藤井さんは)懐疑的

⇒多くの本に当たり、「自分に合わないな」と思ったら、途中で読むのをやめてしまう

⇒多くの本に当たっているうちに、自分に合った本を見つけるのがうまくなる


■「身銭を切って」勉強する
収入の10%再投資として学習に使う

⇒さらに10%広告宣伝費(人脈づくり等)に使う

⇒大切なのは身銭を切ることであり、痛みを伴わなければ、真剣味がなくなるので、得られるものが少なくなる


■「年収2000万円」稼ぐ人たちの勉強法
⇒ある雑誌の特集によると、年収2000万円以上の人は、古典や偉人伝、歴史書などの教養に重点を置いた書籍を読んでいる

⇒それ以下の人は、反対にすぐに役立つ実用系の書籍を手に取る傾向がある

⇒「どんなことからでも学んでやろう」という気持ちがあれば、偉人の日常生活からも学ぶことはたくさんある


■ブログで「お金をかけずに」自分を売り込む
⇒インプットしたものは、すかさずアウトプットするのが鉄則であり、それにはブログに書くという手段がある

⇒ひたすらセミナーに参加し、感想をブログにアップし、ついに「セミナーコンサルタント」になったという人も

⇒学んだことで商売をするようになると、ますます情報の精度が高まり、事例も入ってくるようになり、結果、また仕事が入ってくるという好循環が生じる

⇒人に真似されてしまう程度のノウハウは、しょせんその程度のノウハウであり、自分にしかできない自信がある人は、何事もオープンにできる


■メディアの使い分け
コンテンツマネジメントは、書き込んだ情報を時系列に並べ替えてくれ、いざとなったら検索もできるブログが向いている

仲間をつくることが、効率的な勉強の一番手っ取り早い方法であり、それにはSNSが良い

⇒情報をより多くの人に、タイムリーに届けたいなら、メルマガが向いている


■成功したかったら本を書く
⇒知識が身についてから本を書くのではなく、本を書くことで勉強する

⇒ハードルの高さが低い方から順に「ネット媒体」⇒「業界・専門誌」⇒「一般雑誌」⇒「一般書籍」となっており、最初は「ネット媒体」「業界・専門誌」あたりを狙う

⇒本を出していれば、周囲は専門家として見なしてくれ、講演の講師に招かれるし、仕事も取れる


■「稼ぎ方」は「見込み客」に聞く
⇒自分で考えているだけではアイデアは出てこないので、お客さん候補の人と会って、話しながら商品をつくっていく


【感想】

◆今まで当ブログとしましては、「勉強本」をご紹介する際に、主に、勉強についての「How To」を中心に展開してまいりました。

しかし、今回ご紹介した本書は、どちらかというと「Why」「What」といった部分にフォーカスしている感じ。

もちろん、勝間さんの本本田さんの本も、勉強を「稼ぎ」について結び付けてはいましたが、本書の場合、むしろ、まず「『稼ぎ』ありき」で、逆算する上で「勉強」がある、と認識した方が良さそうです。


◆実際に、藤井先生も私と同じように、スタートは「読んだ本の書評」から始まっているのですが、その「意識」は、私とは大違い!

当時の先生の1ヶ月のお小遣いは5万円で、そのほとんど全てを書籍代に充てていたご様子なのですが、そこからが違います。

 苦肉の作で始めたのが、読んだ本の書評を書くことです。書評を書いては方々の雑誌社に売り込み、買っていただいたのです。これだけで、書籍代の5万円を超える収入を得るようになりました。それを元手に、より高価な書籍を買ったり、セミナーに自腹で参加したりすることができるようになりました。


◆ここでスゴイな、と思ったのは、「書評を雑誌社に売り込む」という藤井先生の積極性。

ブログやメルマガで書評を書いている方は多いですが、「自分で売り込む」なんて、なかなかできるものではありません。

「ありません」なんていってる時点で、「メンタルブロックかかりまくり」なわけで、この辺も稼ぎとは縁遠い自分に思わず納得です。

  (´・ω・`)ショボーン


◆さらに藤井先生の場合、上記ポイントでも挙げた『「稼ぎ」史』にもあるように、付随するビジネスや、発展させたビジネスで、どんどん稼ぎを大きくされていったという(汗)。

書評ブログやメルマガをおやりになっている方なら、この部分だけでも見る価値はあると思われ。

そもそも「稼ぐ」というと、どうしてもアレルギーっぽくなる方もいらっしゃいます(私も多少その気があります(汗))が、「稼ぐ」ということは、お客さんから「お金をもらう」わけですし、その分、責任や、品質が問われることになります。

そういうものを背負う「覚悟」があってこそ、さらなる成長が望めるのかもしれないな、と。


◆なお、本書で藤井先生が書かれていた(実際に先生が実践した)方法の1つが、「無料相談に応じる」というもの。

無料で相談に乗ることにより、実績を作り、同時に自分のノウハウにしていくわけです。

そしてその相談を受ける過程において、お客さん(にいずれなるかもしれない人)から「意見、要望、不満、不安」等を聞き出して、その上で商品を開発するという仕組み。

これは、なかなか理に適ったやり方だと思われ(「クレクレ厨」にたかられない限り)。

・・・もちろんここを読んで私の頭の中に浮かんだのは、「本業関係」じゃなくて、「ブログ方面」ですけどね(笑)。←お約束


現状を打破したい方なら、必読!

「お金を稼ぐ!」勉強法
三笠書房
発売日:2008-07-18
おすすめ度:4.0


【関連記事】

【レバレッジ】「レバレッジ勉強法」本田直之(2007年09月25日) はてなユーザーの評価

【勉強本の大本命】「無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法」勝間和代(2007年04月11日) はてなユーザーの評価

【起業&仕事術】「なぜ、週4時間働くだけでお金持ちになれるのか?」ティモシー・フェリス(2007年09月27日) はてなユーザーの評価

【アイデア思考法】『ビジネスマンのための「儲かる発想」』鳥井シンゴ(2008年02月27日) はてなユーザーの評価


【アマゾンキャンペーンのお知らせ】

◆冒頭で申し上げたとおり、今回のご本は、下記の要領でアマゾンキャンペーンが実施されます!

ビジネス選書&サマリー|『お金を稼ぐ!勉強法』〜「学んだこと」を「お金に変える技術」

【キャンペーン参加方法】
(1) 7月23日(水)までにオンライン書店アマゾンで、藤井孝一の最新刊『お金を稼ぐ!勉強』〜「学んだこと」を「お金に変える技術」』を1冊以上購入してください!

(2) お客様のメールアドレスに、アマゾンさんから注文確認メールが届きます。

(3) 7月23日(水)の23:59までに、お名前、メールアドレス、注文確認メールに書かれている注文番号(※注文番号例・17桁の数字 : 000-0000000-0000000)を下記に入力してください!

(4) 音声ファイルが完成次第(7月下旬を予定)、ご登録のメールアドレス宛に音声ファイルがダウンロードできるページのURLをお送りいたします。


◆なお特典は、

滅多に講演をしない著者が、ある通信教材の受講生だけに語った講演の音声ファイル『学びを稼ぎに変える技術』(非売品)を無料進呈します。
あなたの勉強やスキルアップに必ず役立ちます!

とのこと。

お申し込みはお早めに!


【編集後記】

◆今日のご本が「稼ぎ」ということで、その関連でもう1つ「稼ぎ系」のアマゾンキャンペーンのお知らせを。

当ブログでは、普通あまり「稼ぎ稼ぎ」やりませんが、興味のある方のみご覧くださいませ。


『やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている』キャンペーンサイト!

こちらは、今日21日から7月31日までだそうです(詳細は上記サイトをご確認下さい)。

なお、私は「モロ稼ぎ系」の本は得意ではないので、記事にはできませんが、特典の"「仕組み」セミナー"の映像は見たいかも・・・(汗)。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「私と100冊の勉強本」へ

この記事のカテゴリー:「起業全般」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 10:00
Comments(4)TrackBack(0)私と100冊の勉強本このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51470515
この記事へのコメント
smoothさん、こんばんわんこ!∪・ω・∪

今回の2冊は良書の臭いがプンプンしますよー。
と思ったら、土井さんも聖幸さんも紹介してますね。

今更ですが、アマゾンプライムに登録したので、がっつり「アタック」しちゃいますわ!
Posted by 具太郎 at 2008年07月21日 23:24
>具太郎さん

お買い上げありがとうございます(涙)。
他のお二人とかぶったのはたまたまですから。
でも、昨日の記事の反響がでかすぎて、こちらにはあまり人も訪れていない模様(涙)。
ちなみに、2冊目は、具太郎さんにはいいかもしれませんが、当ブログのほとんどの読者さんにはアウトのヨカン(汗)。

      
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2008年07月22日 00:01
お勉強でお金を稼ぐのってホントたいへんですね。お勉強した内容を勉強させてお金を稼ぐのが(資格なら専門学校とか)一番近道なんですね。・・・とほほ。
Posted by マリンゾウ at 2008年07月22日 08:18
>マリンゾウさん

ご無沙汰しております。
確かに専門学校で講師されている方は、実はご自身もその試験に合格されていないケースがあるみたいです。
教えることによって、身につくことも多いかと。

Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2008年07月23日 00:46