スポンサーリンク

2008年07月04日

【MindMap】「マインドマップ(R)が本当に使いこなせる本」がかなりキテる件


ペンとノートで発想を広げる“お絵描き”ノート術 マインドマップ(R)が本当に使いこなせる本 (アスキームック) (アスキームック)
アスキー・メディアワークス
ブザン・ワールドワイド・ジャパン、ブザン教育協会(監修)
発売日:2008-06-30
おすすめ度:5.0


【本の概要】

◆今日お送りするのは、先日の編集後記で触れた、「マインドマップ(R)が本当に使いこなせる本」

アスキーのマインドマップのムック本としては、以前コチラの本をご紹介して、確かにクオリティは結構高かったです。

しかし、今般、新たに出版された本書は、それをさらに上回る出来(汗)。

何といっても収録されているマインドマップが、「すべて正規のマインドマップにフォーカスした内容」というのがスゴイです。

そこで今回は、画像満載でお送りしようかと。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【目次】

3p マインドマップ発明者 トニー・ブザン氏 巻頭インタビュー マインドマップの世界へようこそ!
9p 第1章 マインドマップ(R)を描いてみよう
10p ご存じでしたか? 「マインドマップ」
12p 1. マインドマップの基本ルール
14p 2. マインドマップを描いてみよう
18p 3. マインドマップ習得のヒント
20p 4. “やりがちミス”徹底対策講座
26p 達人のマインドマップ拝見 1
32p ブザン・ワールドワイド・ジャパン 代表取締役CEO 神田昌典氏 特別インタビュー

41p 第2章 マインドマップ(R)上達の極意
42p 1. 全脳思考時代の強力なテクノロジー「マインドマップ」
46p 2. 全脳思考実現の方程式「シナジェティック」
50p 3. 知的アウトプットの量と質を劇的に変える! 「大きい紙」のススメ
54p 4. マインドマップを毎日、じっくり丁寧に描けば上達する瞬間が訪れる
58p 5. マインドマップを挫折しないコツは「自分で自分をほめる」
62p 6. マインドマップですごい企画書が作れる3つの黄金ステップ
66p 7. 本に書かれている内容をたった1枚で思い出せる「マインドマップ読書術」
70p 8. マインドマップ習得の「心の壁」を取り除く! よく効く4つの処方箋
74p 9. マインドマップの疑問にズバリ回答! 壁を越える8つの知恵
78p 達人のマインドマップ拝見 2

83p 第3章 マインドマップ(R)活用事例
84p CASE1 財団法人 日本サッカー協会 JFAスポーツマネジャーズカレッジ マインドマップの発想力と表現力
88p CASE2 千代田区立九段小学校 マインドマップ授業「ごんぎつね」の真実
92p CASE3 亜細亜大学 経営学部 ホスピタリティ専攻 マインドマップで学生たちが得た“宝”
96p CASE4 祇園 京履物司 ない藤 技能伝承のマインドマップ
100p CASE5 学校法人野村学園 パール幼稚園 潜在力を引き出した講座の一部始終
104p マインドマップコンテスト大賞受賞者 やまもとさをんさんに聞く マインドマップで人生変わりました!

105p 第4章 パソコンでマインドマップ(R)を描く
106p iMindMapで始めよう!
108p 1. iMindMap操作の基本手順
110p 2. iMindMap
112p 3. 活用事例ベスト8
120p Special Interview 株式会社ALMA VISTA iMindMapの魅力、そして可能性
124p 4. マインドマップをタブレットで描こう!
125p 最新タブレット&タブレットPCカタログ
126p CD-ROMの使い方

以上、アスキーさんのページから引用致しました


【ポイント】

■トニー・ブザン氏 巻頭インタビュー

◆お馴染、トニー・ブザン氏がインタビューに登場。

4ae43998.jpg






お話の内容で気になったところをメモ。

「言葉がわからなくともイメージは万人共通のもの」

「現在は、ナレッジ(知識)の時代を生きているのに、"ナレッジ・マネジメント"はどれもうまく機能していない」

「次に訪れるのはインテリジェンス(知性)の時代であり、その時代においてマインドマップは有効である」


なお、上記画像の左下には、ブザン氏愛用のツールが(笑)。


◆もうひとつ興味深かったのが、こちら。

18ba87ad.jpg






一応別の会議の議事録とのことなのですが、その内容をお互いに確認するための契約書になっているとか(サイン等有り)。

これは意外な使い方ですね。


■「マインドマップ(R)を描いてみよう」より

◆これまたマインドマップといえばお馴染みの石ヶ森久恵さんの指導の下、細かく細かく(笑)手順を追ってます。

2aa1c4b0.jpg






面白いのは、枝の上のアイコンが「どういう意図で描かれたものなのか」等のコメントもあること。

また、ちょっとした「表現のコツ」(『枝を蛇行させて「道のり」を示す』等)も勉強になりました。

ここは「要チェック」で。


■インストラクターのペン&ノート

◆なぜかアスキーさんの目次にはないのですが、文房具ヲタとしては見逃せないのがコチラ。

c2d20971.jpg






マインドマップ公認インストラクター(&研修生)さんたちが、愛用のペンとノートを持って大集合であります(笑)。

なお、ご自身のマインドマップも同時に掲載されていて、どのペンだと、どんな感じのマップになるかもひと目でわかるという。

もちろん、マインドマップの講座を受講前に、担当される講師さんのマップもチェックできます(笑)。


■神田昌典氏 特別インタビュー

◆ブザン・ワールドワイド・ジャパン(BWJ)のCEOでもある、神田昌典さんのインタビュー。

タイトルは「社員のやる気を200%引き出す"マインドマップ効果"とは?」

この中でピンときた一節を。

たとえば、ロジカルシンキングだけでも、"収束"はできますが、収束するために必要なデータは別途、"拡散"した情報から引っ張り出さないといけません。
 マインドマップはそのような"拡散思考"と"収束思考"を自然かつ同時に行えるメカニズムを持っています。

これは納得

確かに私も今は、「拡散したいとき」に、よくマインドマップを使ってますね(雑誌の取材等)。


■マインドマップ(R)上達の極意

◆ここは従来の初心者向けマインドマップ本の内容から、ちょっと踏み出した(?)コンテンツではないか、と。

ルールに則ったマインドマップを一定量描くことによって到達できる「その先の世界」のお話。

私はここまで達していないので、「なるほどねー」とうなずいてばかりでした(汗)。

e33002d1.jpg







◆特に「本をマインドマップ化する」という行為自体は、フォトリーの講座でも行われているようですし、本書のこの部分を読んで、新たに知ったことも多々。

「自分はマインドマップはマスターしている!」といった自信のある方にこそ、一応目を通して頂きたいです。


■DVDのコンテンツなど

◆本書には、太っ腹なことにDVDが付いています。

75e68acf.jpg











上記のメニューをご覧いただくとお分かりのように、「ビデオで学ぶマインドマップ」として、「手描き」のマップを五十嵐順子さんが、iMindMapを使ったマップの描き方を伊藤 賢さんが指導してくれています。

というか、今回DVDを見るまで気が付かなかったのですが、このDVDには、「iMindMapの体験版」が収録されていました(汗)。

マジで、知りませんでしたよ(汗)。


◆んで、さっそくインストールして作ってみたのがコチラ。

このブログについて、簡単に自己紹介してみたマップです。

d4b39bcf.jpg






スンマセン、体験版なので画像として保存ができず、写りの悪いケータイカメラで撮ったら、こんなに暗くなってしまいました(汗)。

印刷はできるっぽいのですが、カラープリンタが職場にないので、断念(涙)。


◆いやー、でもこれ面白いですよ、マジで。

基本的にワタクシ、「取説」とか読まない人なんですけど、感覚的にできました(笑)。

しかも、デフォルトのアイコンとは別に、自分のPCの画像も貼り付けられます。

8e2ec115.jpg






正直、思ったよりも(失礼)使えそうです!


◆DVDでの賢さんのご説明ですと、「枝を出したり引っ込めたり」も可能なので、プレゼンやセミナーのスライド代わりにもなりそうな。

・・・って、私はそういう機会もないですが(笑)。



◆なお、DVDにはアイコンの素材として、このブログにもコメントを下さったこともある、やまもとさをんさんの作品が収録されています。

相変わらず写りが悪いので、逆効果(?)かもしれませんが、こんな感じの可愛らしいアイコンが多々。

d968177c.jpg






なんか、フォルムが伊藤 賢さんっぽいな、と思った私は考えすぎ(笑)?


◆ちなみにさをんさんは、「マインドマップコンテスト大賞受賞者」でもあります。

(本書には受賞作品も掲載されています)

もちろんブログにも、素敵な作品が多数掲載されていますので、マインドマップ好きならぜひご覧アレ。


【感想】

◆長々と書いてきましたが、いやー、この本はマインドマップやる方なら、買って損はないでしょう!

とにかく全ページフルカラー

しかも完全「正式マインドマップ仕様」


◆マインドマップ上達のためには、練習することはもちろんなのですが、他の方の作品を見るのも非常に良いことです。

そして本書には、インストラクターさんが描かれたマインドマップがわんさか載っていて、私もかなり刺激を受けました。

というか、描かなくても見ているだけでうまくなれそうな気分(笑)。←ヲイ!


◆上記では触れなかったのですが、「マインドマップ活用事例」として、色々なシーンでも取り組みが紹介されており、その中で「日本サッカー協会 JFAスポーツマネジャーズカレッジ」の例が興味深かったです。

受講者の皆さんが描いたマップのテーマは「どのようなクラブを作りたいのか?」

残念ながら画像が小さくて、書かれた文章はほとんど読めないのですが、見ていてワクワクしながら描かれていることがわかりました。

これが、マインドマップの原点なんだな、と思ったワタクシ。


◆こんだけ中身の濃いムックが1200円というのは、有り難い限り。

なお、今の時点でアマゾンのレビューを書かれている方は、ブログもやられており、レビューも仕込みではないです(笑)。

私も「5つ星評価」に賛成します!


ペンとノートで発想を広げる“お絵描き”ノート術 マインドマップ(R)が本当に使いこなせる本 (アスキームック) (アスキームック)
アスキー・メディアワークス
ブザン・ワールドワイド・ジャパン、ブザン教育協会(監修)
発売日:2008-06-30
おすすめ度:5.0


【関連記事】

【必見!】月刊アスキー2月号特別付録は、マインドマップ好きには見逃せない件(2008年01月08日)

【マインドマップ】「できる社員」の最強メソッド マインドマップ(R)ビジネス超発想術(2007年09月13日)

【マインドマップ】月刊アスキー7月号を買うべき理由(2007年06月02日)

【トニー・ブザン×神田昌典 「マインドマップ」脳を刺激する講演会】に行ってきました(2005年11月04日)

ブザン ジャパンの「マインドマップ・セミナー」に行ってきました(2005年08月30日)


【編集後記】

◆本業と家事とブログで最近イッパイイッパイになっております(汗)。

コメントに対するレスも今しばらくお待ち下さいマセ。

メールのお返事等も、何とか今日中に仕上げるツモリでおりますので、よろしくご理解の程、お願い申し上げます・・・。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「マインドマップ」へ

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 08:30
Comments(9)TrackBack(1)マインドマップこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51458111
この記事へのトラックバック
ペンとノートで記憶に残す!アイデアがわき出る! 本当に頭が良くなるマインドマップ(R)“かき方”超入門 (アスキームック)月刊ビジネスアスキー編集部, ブザン教育協会発売日 : 2010/03/29出版社/メーカー : アスキー・メディアワークス 【本の概要】◆今日ご紹介するのは、....
【マインドマップ】「本当に頭が良くなるマインドマップ(R)“かき方”超入門」がやはりキテた件【マインドマップ的読書感想文】at 2010年04月04日 09:35
この記事へのコメント
smoothさんこんにちは!
これは〜早速ポチりましたっ!マインドマップ基礎講座に1日出ましたが、納得いくものが未だ描けずにいます。やはり、他の人のマップをもっともっと見たいというのが本音です。これはそんな思いを満たしてくれそうですね!到着楽しみです〜。最近ウチ辺りでは、朝amazonポチれば次の日到着する素早さですよ。
Posted by 二代目 at 2008年07月04日 08:48
smoothさん、こんにちは。

もしかして久々にと思って期待したら、ついに出ましたね、smoothさんのマインドマップ。これ見れただけでもう満足っす(笑)
Posted by LuckyUS@フォトリーダー at 2008年07月04日 10:40
smoothさん、こんにちは。

おっと、初心者マインドマッパーがNext Stepを踏み出すために必要なアイテムが勢揃いしているようですね。これは必読かも〜!

何事も形から入る「原点思考」の私めには非常に気になる本です。早速買ってきます!ポチッとな。
Posted by Sio @ Sio's Gadget Blog at 2008年07月04日 11:38
お名前を出して頂いたからには出てこなければと思いました(笑
ご紹介ありがとうございました!
いつもブログは拝見させて頂いているのですが、
あまりコメントを残しておらず申し訳ないです。

それにしてもこの本は本当にいいですよね。
私も同じく文房具に釣られやすい人なので、
あの紹介ページはとても嬉しいサプライズでしたね。
何を買おうか思わず物色してしまいます。
そして今までにない程に掲載されたマインドマップの実例、
これだけでも十二分に買い!の一冊でした。
もしも自分が本に関わっていなくても
周りにオススメしまくっていただろうと思います。
これを機にマインドマップを書く人が増えると嬉しいですね〜。

Posted by やまもとさをん at 2008年07月04日 16:13
>二代目さん

アマゾンアタックありがとうございます(涙)。
きっと期待に応えてくれる一冊だと思います。
そして、あれ?二代目さんはまだプライム入ってないんでしょうか?
こと日本においては、会費も安いのでオススメです。

>LuckyUSさん

ブログタイトルにつけていながら、出し惜しみしているようでスイマセン。
てか、今までも何度かアップしてるハズなんですが〜(笑)。
あ、そっか。いつもは小さくて読めないやつばかりでしたね(汗)。

>Sioさん

おーっと!またまたお買い上げありがとうございます(涙)。
Sioさんは既にあるレベルに達してらっしゃるので、その先の世界を知る上では丁度いい本だと思います。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2008年07月05日 03:21
>やまもとさをんさん

いえいえ、コメントはお気になさらずに。
私もさをんさんの大賞受賞の際にコメントしようと思ってて、結局恥ずかしくてしませんでしたし(汗)。
それにしても、この本、かなり濃かったですよね。
今後は、新たにマインドマップ始めたい、という方にはこの本を薦めるつもりです。


Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2008年07月05日 03:24
>何といっても収録されているマインド
>マップが、「すべて正規のマインドマッ
>プにフォーカスした内容」というのがス
>ゴイです。

マインドマップにも流派みたいのがあったんですね。

今まで知りませんでした。
チェックします!

感謝!
Posted by 元お笑い芸人の中小企業診断士ハワードジョイマン at 2008年07月05日 10:10
>ハワード・ジョイマンさん

コメントありがとうございます。
流派というか、「オフィシャル」か「アンオフィシャル」かの違いかもしれませんね。
今後ともよろしくお願いします。




Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2008年07月07日 00:50
smoothさま
myblogにコメントありがとうございました。本物のmindmapが書けるよう日々精進いたします。
Posted by zhuangyuan at 2008年07月22日 21:58