スポンサーリンク

2008年06月01日

私は「美女二人とランチ」で人生が変わりました


【はじめに】

◆スイマセン、今回のタイトルは、「ホッテントリメーカー」の生成によるもので、深い意味はありません(汗)。

いえ、タイトルが一致しないと、トラックバックが送れないもので・・・って、無理にトラバせんでもいいんですがー。

でも、このタイトル、推定はてブ数が「1599」なんですよっ!

ホントにそんだけブクマされたら凄いですけど(笑)。


◆ただし、「美女二人とランチ」というのは本当のお話。

つい先日、いつもお邪魔している、お馴染み「カフェ セレ」にて、「ランダムハウス講談社」の精鋭美女お二人とランチをしてきました。

「献本お断り」で知られるsmoothが、なぜ出版社の方とランチをしたのか?

今その秘密が明らかに(汗)!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【そもそものいきさつ】

◆今回いらっしゃったうちのお一人であるTさんは、勝間和代さんの、「決算書の暗号を解け! 」の編集担当。

「決算書の暗号を解け! 」と言えば、「カツマニア」として知られ、著作を片っ端からブログの記事にしているワタクシが、唯一読んでいない本でもあります(汗)。

実は、昨年末に勝間さんとお食事した際にも、勝間さんのこの本にかける想いをお伺いするにつけ、「読まないとマズいなー」というか、かなりのプレッシャーを感じていたのでした。


◆そして、3月の勝間さんの「100万部突破記念パーティ」で、Tさんと初めてお話したワタクシ。

もうカツマニアのくせに『「決算書の暗号を解け!」読んでない』という時点で、引け目ありまくりなわけでして(汗)。

そんなTさんが、新しい本を手掛けられ、それが「かなりの自信作」というお話。

それならば、一度ランチをご一緒して色々教えを乞いましょうか(引け目ありますし(汗))、となったのでした。←ちょっと腰引け気味


【「最後の授業」について】

◆そのご本とは、以前動画をご紹介した、ランディ・パウシュ教授「最後の授業」

最後の授業 ぼくの命があるうちに
ランダムハウス講談社
矢羽野 薫(翻訳)
発売日:2008-06-19

既に発売されている原書の方は、米国では大変なベストセラーとなっているそう。

ニューヨーク・タイムズ紙1位(4/27〜6週連続)
ワシントン・ポスト紙1位(4/13〜6週連続)
パブリッシャーズ・ウィークリー紙1位(4/21〜6週連続)
amazon.com1位(4/8〜7週連続)

・・・確かにスゴイっす。


◆そもそも、原書のアマゾンのページでの高評価ぶりも凄まじいですし。

ほとんど5つ星な上に、それらに対する同意も多々。

レビュー数自体も今日現在で266もありますね。

ベストセラーぶりも納得ですよ。


◆ところで、ランダムハウス講談社さんの特設ページにあるダイジェスト動画(書籍版)がYouTubeにアップされていますので、まずはそれからご覧下さい。




なお、動画の最後に、特設ページへのアクセス方法が出るんですけど、素直にランダム講談社さんのトップページから飛んだほうがわかりやすいかも(笑)。

いずれにせよ、到達したらいきなり今の動画が再生されるので、職場で閲覧する際には音声に注意してください(汗)。


◆また、特設ページから、さらにYouTubeにアップされた、日本語字幕付きのパウシュ教授の講義のフルバージョンも見ることができます。




(これ以外に8つ、全部で9つの動画がアップされています)

全部で1時間半とちょっと長いので、たつをさんの記事を参考にして、iPodに入れて見てもよいカモ。


◆私は、この字幕付きバージョンの方は、既に全部視聴していたので、Tさんに「今回の本」と、「この動画」の違いについて尋ねてみたところ、どうも、お互いが「補完する関係」にあるようです。

たとえば、上記の書籍版の動画にも、教授がステージで勢い良く腕立て伏せしているシーンとかあるんですけど、実は教授はこの講義の前までは、ベッドに横たわっていたくらい体調がよくなかったらしく、その辺の描写は書籍には詳しく載っているとのこと。

私はそのことは知らないで動画を観ていて「ずい分元気な人だなー」とか能天気に思ってたんですが、それだけ教授は「この講義に賭ける想い」があったんでしょうね・・・。

この本を読んだら、絶対もう1度動画を鑑賞するつもりデス。

いや、お話お伺いしてよかった(笑)


◆なお本書には、この動画をDVDに収めた「DVD付きバージョン」もあります。

最後の授業 ぼくの命があるうちに DVD付き版
ランダムハウス講談社
矢羽野 薫(翻訳)
発売日:2008-06-19

画質にこだわる方なら、是非こちらを(笑)。


◆さて、今回は「美女お二人」にお越し頂いたにもかかわらず、Tさんばかりに熱弁を奮ってもらいました。

もう一人の美女Mさんによると、Tさんは書店さん回りの時も、こんな感じでこの本の良さや、パウシュ教授の素晴らしさを説いているとか(笑)。

ただ、Tさん的には、ご本が売れたらもちろん嬉しいものの、それ以上にパウシュ教授のことを知ってもらったり、この「最後の講義の動画」を見てもらいたいのだそうです。

さすが「パウシュ教授のエバンジェリスト」を名乗られるだけのことはあるな、と(笑)。


◆というわけで、皆さんもまずは上記のダイジェスト版から動画をご覧頂き、パウシュ教授のを感じてください。

最後に、昨年秋にパウシュ教授の講義が行われた際の様子をレポートしている「メディアサボール」さんの記事から、パウシュ教授のこの言葉を。

気づいたかな? 夢をいかにかなえるかが問題ではないんだ。いかに人生を進めていくかなんだ。正しい方向に進めば、運命が導いてくれる。そして夢の方から、あなたに向かってやってくる。


Tさん、Mさん、ありがとうございました!
ご本の方も期待しております!



最後の授業 ぼくの命があるうちに
ランダムハウス講談社
矢羽野 薫(翻訳)
発売日:2008-06-19

最後の授業 ぼくの命があるうちに DVD付き版
ランダムハウス講談社
矢羽野 薫(翻訳)
発売日:2008-06-19


【関連記事】

【直感力】『人生のすべてを決める鋭い「直感力」』リン・A・ロビンソン(著)本田 健(訳)(2008年05月26日)

【成功法】「90日間で人生を最高にする方法」荘司雅彦(2008年04月30日)

【夢の細分化?】「夢を実現する技術」藤沢晃治(2008年01月11日)

【実践的成功法】「夢は宣言すると叶う」祐川京子(2007年12月06日)

【最強のメンター?】「夢をかなえるゾウ」水野敬也(2007年08月30日)


【編集後記】

◆昨日のお買い物。


まだ冒頭の数ページしか読んでませんが、かなりヤバそうなヨカン(マジで)

私のアンテナがゆんゆんいっております(笑)!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「会談」へ

この記事のカテゴリー:「自己啓発・気づき」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:30
Comments(7)TrackBack(0)会談このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
この記事へのコメント
Smoothさん、こんにちは。

私も、パウシュ教授の話をたつをさんのサイトで知って、YouTubeを見て、パウシュ教授のCMUのサイトへ飛んで、そこでDVDを販売していることをしり、速攻CMUのサイトからDVDを注文してGetしまったという…(^^;
(リンク先がその時のブログの記事です)

Amazonで原書を取り寄せようとしていたところなので、渡りに船ですね。早速注文させていただきました!(もっとも原書も買うんですが(汗))

病気の話もそうですが、それよりもなによりも「意志のあるところに道は開ける」というような教授の強い信念と行動が、人々の感動を呼ぶのだろうと思います。

私もこの話は出来る限り多くの人、とくに若者に、見て聞いて知って欲しいです。そして夢を持って自分の人生を歩んで欲しいなと思います。
Posted by Sio @ Sio's Gadget Blog at 2008年06月01日 11:13
>Sioさん

おぉ!お買い上げ感謝です!
Sioさんの場合、原書まで読まれようとなさるわけですから、さぞかしこの動画から受けた感動が大きかったのではないか、と。
私はホント、病気のことを知らないでこの動画を観たら、「プレゼン上手いな」「いい話だな」みたいな感想しか持たなかったかもしれないくらい、講義単独でのクオリティも高いと思ってました。
教授が次々と夢を叶えていくところは、確かに「強い意志」を感じましたね〜。
早く裏話というか、本が読みたいです!
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2008年06月02日 01:36
あー、また買わされちゃいましたよ(笑)。これまでに何冊こちらで買ったことか・・・。今後とも、よろしくお願いします。
Posted by 酒井穣 at 2008年06月02日 14:05
smoothさん、こんにちは。

推定はてブには到達しませんでしたが
美女二人とご一緒できたとは、家では
言えない話でしょうか(笑)

ちなみに僕も今日のランチは美女4人(真面目に)+男性僕1名という最高のシチュエーションでした。良い仕事環境に感謝しております。
Posted by LuckyUS@フォトリーダー at 2008年06月02日 18:29
>酒井穣さん

ヒットビジネス書の著者様自らの、お買い上げ、まことにありがとうございます。
この本は確かに良さげな予感がしております。
ぜひお楽しみ下さいマセ。

>LuckyUSさん

いや、今までも「セミナーで知り合った方」「読書仲間」等々とランチをしているのは知ってますし、大丈夫だと思います(多分(笑))。
それより恒常的(?)に美女に囲まれているLuckyUSさんがうらやましいです・・・(笑)。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2008年06月03日 10:14
エバンジェリストとはすごいですね。
本の世界も「編集者は誰」というのがクローズアップされることが増えていて、皆さん個性豊かだなと感心します。
Posted by meg at 2008年06月05日 11:31
>megさん

そうなんですよ、マジで「伝道」されちゃいましたから(笑)。
ちなみにTさんは、ランダムハウスさんでも有能な編集者さんだと思います。
他に編集された本でも、勝間本以外に、結構有名なものもありましたし。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2008年06月06日 01:24