スポンサーリンク

2008年05月17日

【人脈術】「出逢いの大学」千葉智之


出逢いの大学
東洋経済新報社
千葉 智之(著)中川 ミナ(イラスト)
発売日:2008-05-15


【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、これまた当ブログの定番の1つになりつつある「人脈関係」のご本。

著者の千葉さんは、某大手総合情報メディア企業にお勤めの普通のサラリーマンです。

ただ、千葉さんが普通でないのが、その交友関係の広さ。

アマゾンに著者紹介がないので、本書から引用すると、

転勤で広島から上京し、友達ゼロの状態からわずか3年で3000人以上の交友関係を築き、すべての業界に顔の効くコネクターとして活躍

されているのだとか。


◆ご本人曰く「普通のサラリーマンには、普通のサラリーマンに適した人脈術がある」という、その具体的方法論が本書。

著名人の書かれた人脈本とはひと味違います!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【目次】

第1章 人脈について考えてみよう

 講座1 本物の人脈とは
 講座2 人脈は最強の自分ブランディング
 講座3 人脈は最高の「将来への漠然とした不安病」特効薬 ほか

第2章 毎週知らない人に会いなさい

 講座13 とにかく、人に会う機会を作れ!
 講座14 1人との出逢いで人生が変わる
 講座15 原因と結果の法則 昨日と違うことをしよう! ほか

第3章 黄金の人脈を作る振る舞い方

 講座28 フェア・スタンスで人脈チャンスを広げよう!
 講座29 マスターキーの法則 好きじゃないけど、嫌いじゃないの心構え
 講座30 人脈ブランディング思考のメカニズム ほか

第4章 黄金の人脈を作るテクニック集

 講座41 初めてのお誘いは100倍の価値がある
 講座42 頼みごとをされたら勝ち!
 講座43 外見より中身が大事? ほか


【ポイント】

■本物の人脈とは
⇒困ったときに相談に乗ってくれて、損得勘定抜きでつきあってくれる

⇒本当に役立つナマの情報を与えてくれて、いざというときに助けてくれる

 つまり、表面的でビジネスライクではない、もっと深くて人間的なつながりが、ここでいう「本物の人脈」なのです。


■ミラーの法則・逆ミラーの法則
⇒自分のまわりに「ろくなヤツがいない」と思っているとしたら、その時点であなたが「ろくなヤツではない」ということ

⇒あなたの人脈はあなたを映す鏡である

⇒逆に、イケてる人を映そうと思えば、ちょっと無理してでもイケてる人と交流すればいい

⇒すると、鏡に映っている「イケてる人たち」にだんだん自分が近づいてくる(「逆ミラーの法則」


■見返りを期待しない
⇒本物の人脈づくりにおいて「見返りを期待せずに与えること」は、もっとも重要な心構え

ストックよりフローが大事

⇒また、見返りを期待せずに相手のためを思ってやってあげると、右脳と左脳が伸び伸びと活動して、「自分がクリエイティブになれる」


■新しい人たちと出逢う
⇒多くの人脈本には「質の高い人と会わなければならない」と書かれているが、「初対面」がそれほど多くない普通のサラリーマンにとっては、質うんぬんをいう前に、まず「人と会う」ことが大切

⇒初対面の量稽古を続けていくと、に変わって、いい人の割合が増えていく

・初対面を繰り返す
       ↓
・あなたの「コミュニケーション力」が上がる
       ↓
・あなたが魅力的になる
       ↓
・「ミラーの法則」であなたの人脈も魅力的になる
       ↓
・嫌なヤツが減りいいヤツが増える
       ↓
・初対面が楽しくなる


■人と出逢うしくみを作る
⇒この場合の「しくみ」とは、

・定期的に
・かならず
・否が応でも

人と出逢うようにするということ


■イベント主催者の5つのメリット(抜粋)
情報が集まってくる

が集まってくる

⇒主催者というバリューが生まれる


■情報発信の法則
「情報は発信するところに集まってくる」

ブログSNSのコミュニティの主催など、やりやすいところからはじめてみる


■超楽観主義
⇒どんな状況でも物事のいい面を見つけ出すように心の状態をコントロールするテクニック

⇒結局文句を言っているネガティブな人よりも、小さなことは気にしないプラス思考ポジティブな人のところに人は集まってくるもの


■交流会の参加費と参加者の質
会費の安い交流会には目的意識がはっきりしていない、安いからという理由だけで来ている暇な人が多い

高い交流会に来る人は「お金で時間を」買っている

安い交流会に来る人は「時間でお金を」買っている

⇒ただし、本当にVIPな集まりの情報はネットには決して出てこない


■交流会の価値
100人ぐらい参加者のいる異業種交流会で、その後も一緒にやっていけるような気の合う人とは、よくて1人ぐらいしか出逢えない

⇒ゼロだったら、「今回は初対面の訓練だった」と思えばいい


■初めてのお誘いは100倍の価値がある
⇒人脈を広げるうえで、ここは外しちゃいけないというポイントが、『新しく知り合った人からの「初めてのお誘い」を断らない』というもの

⇒「初めてのお誘い」は、誘う方も勇気をだして誘っているので、「ありがとう、いきます」と速攻で返事をしてもらうと、誘ったほうとしてはものすごく嬉しい

⇒反対に断られたら、理由はともかく「今度は他の人を誘おう」ということになる(「お誘いリスト」の順位は下がる)

⇒ゆえに「初めてのお誘い」は、仕事を投げ打ってでも行くべき


【感想】

最近バカ売れ「100円ノート術」の本を彷彿とさせる想定といい、そのノートにラフにスケッチしたかのような中川ミナさんのイラストといい、なかなかに面白いご本でした(笑)。

「人脈術の本」というと、どうしてもそれなりに実績や知名度のある方が出されることが多いのですが、千葉さんの場合、処女作がいきなり本書ですから、さぞ期するところがあったのではないか、と。

暇さえあれば、机に向かって仕事もせずにブログやってる(笑)私と違って、日々出逢いの「量稽古」をこなされているわけですから、その実践具合はハンパではありません。

ポイントでは挙げてませんが、損得勘定抜きでおごるのも大好きのご様子ですし(笑)。


◆ただ、その「ブログ」については、上記ポイントでも挙げましたように「情報発信」という点で、人脈形成のツールにもなりえることに言及されています。

都内に住んでいて、頻繁に交流会セミナーが開かれていればまだしも、リアルではそのような場がそれほどない地域にお住まいの方なら、「ひたすらブログで情報発信し続ける」というのもアリですよね。

実際、聖幸さんは青森に住みながらも、アルファブロガーさんを中心に、幅広い人脈を形成されているのは、皆さんご承知の通り。


◆ところで、ポイントで挙げた「初めてのお誘いは断らない」というお話について。

そう言えば、私も鮒谷周史さんから、いきなり「今時間あります?」と誘われた時に、ひょこひょこ出て行ったのがよかったのか、その後も何度かお誘い頂いております。

他にも、勝間和代さんと初めてお会いしたのも、実は勝間さんが内輪で親しい方を中心に開かれた「内輪出版記念会」(ホントにタイトルに「内輪」って入ってたんですよ(汗))でしたし。

・・・フツウ、会ったことないのに、そんな席に顔出しませんよ。

実際、勝間さんと初対面だったのは、私だけだったという(大汗)。


◆これらは結局、予定がキツかったり、状況的に居心地が悪そうでも、思いきって踏み出したのが、良かったのではないか、と思っております。

単に「仕事に不熱心」「空気読んでない」というご指摘はさておき(汗)。

他にも、相手会のメンツが自分には凄すぎて、「居心地が悪い」というのは、結構たくさんあったんですけど、そういう経験の積み重ねがあっての、今のワタクシなんだと深く納得した次第(汗)。


◆一方、本田直之さんが、「著者会」でビジネス書の著者さんを集められるようには、普通のサラリーマン(自営業の私もですが(汗))は参りません。

そこで必要なのは、やはり出逢いの「量稽古」

「ピン」「キリ」問わず会うことにより、その人数に比例して、クオリティが高くなる、というお話は、千葉さん自身が実践されているだけに説得力があります。


◆私も本業が一区切りついたら、一度このような異業種交流会ですとか、千葉さんたちがおやりになっている「パワーディナー」なるものに、顔を出してみるのもいいのかもしれませんね。

本書によると、そのパワーディナーの様子がYouTubeにアップされているとのことので、検索かけて発見(笑)。



何だかとっても楽しそうデス(笑)。


◆なお、本書の終わりに千葉さんの「オススメBOOK」が紹介されているんですが、かなりこのブログでご紹介した本とかぶってます(笑)。

下記参考記事の4冊に加えて、お馴染みの『「伝説の社員」になれ』や、『仕事は、かけ算。』、さらに何故か(笑)『影響力の武器』まで。

本書もこのブログの読者さんなら、きっと楽しめるかもしれません(笑)。


手が届くやり方で人脈を形成したい方へ!


出逢いの大学
東洋経済新報社
千葉 智之(著)中川 ミナ(イラスト)
発売日:2008-05-15


【関連記事】

【人脈】「一生モノの人脈力」キース・フェラッジ(2008年04月07日)

【人脈】「レバレッジ人脈術」本田直之(2007年12月14日)

「人脈の教科書」藤巻幸夫(2007年01月23日)

「タテ型人脈のすすめ」志賀内泰弘(2006年08月01日)


【編集後記】

◆鮒谷さんと言えば、丁度昨日の「平成・進化論。」で、以前「進化論」で取り上げたこのDVDの反響の大きさについて触れられていました。

紳竜の研究
R and C Ltd.
島田紳助、松本竜介(俳優)
発売日:2007-05-30
おすすめ度:4.5

ウチのブログを今年の3月以前からご覧になっている方なら、既にご存知かと。

【紳助のヒミツ】「紳竜の研究」はスゴかった(2008年03月14日) はてなユーザーの評価

何たって、3月のランキングの隠れランクイン商品ですから(汗)。

鮒谷さんもおっしゃってますが、この内容でこのお値段は安すぎ

もし、まだの方がいらっしゃいましたら、是非!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ブランディング」へ

この記事のカテゴリー:「コミュニケーション」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:00
Comments(13)TrackBack(3)ブランディングこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
この記事へのトラックバック
出逢いの大学(2008/05/15)千葉 智之商品詳細を見る  【 目 次 】  第1章 人脈について考えてみよう   講座1 本物の人脈とは   講座2 ??.
これぞ等身大の人脈術 講座50 : 出逢いの大学 千葉 智之(著)【Makeup Life! メイクアップ・ライフ!】at 2008年05月18日 11:25
出逢いの大学東洋経済新報社中川 ミナ(イラスト)発売日:2008-05-15おすすめ度: おはようございます。 東京はあいにくの雨です。 前も言いましたがこういう日は読書につきます! さてさて今日の本は 私の好きなブログで皆様が絶賛していたので 【人脈術】...
【人脈術】035.出逢いの大学 千葉智之(著) 中川ミナ(落描き)【悩める24歳平凡会社員の「多読」成功術】at 2008年05月31日 10:30
 【 目 次 】 第1章 人脈について考えてみよう  講座1 本物の人脈とは  講座2 人脈は最強の自分ブランディング  講座3 人脈は最高の「将来への漠然とした不安病」特効薬  講座4...
出逢いの大学 千葉智之(著)【森永Mgrの「本学」講座】at 2008年06月08日 08:16
この記事へのコメント
こんにちは!SMOOTHさん
いいですねぇ〜、この人脈本。

>◆ご本人曰く「普通のサラリーマンには、普通のサラリーマンに適した人脈術がある」という、その具体的方法論が本書

まさしく、読みたくなるような紹介文ですね。

これだけでなく、最近の記事紹介されている、
・モテる話術
・SEOバイブル
これらも、激そそりる著作ばかりですね。

SEOバイブルは紹介後、すぐにアマゾン2位で落ちないし(笑)
目が離せない記事が連発ですね。
Posted by ケイエム at 2008年05月17日 13:42
タイトルも良いですね。
何事もまずは量、っていうのはよくわかります。
私もブログ始めてから出会う幅が広がったのを実感しました。
おかげでsmoothさんともブログでお付き合いいただけてますし。

こういう普通にできることを語ってくれていると助かりますね。チェックしておこうっと。

Posted by ビルダーナース at 2008年05月17日 18:53
smoothさん

ご紹介ありがとうございます!
内容の詳細な説明から
パワーディナーのpvまでアップしてもらって、
ほんと感謝です。

発売3日目ですが、すでに沢山の方からメッセージを頂いているんですが、一番多いのが、

「ほんと読みやすくて、一気に1時間ぐらいで読みました!」っていう感想なんですが、

書くのに1年もかかったのに僕としては複雑な心境です。(笑)

ほんとありがとうございました!


Posted by 千葉智之 at 2008年05月17日 22:14
smoothさんこんばんは!
私の苦手分野で最大の興味である人脈形成についてまたまた物凄〜くためになりそうな本のご紹介ありがとうございます!!
『自分のまわりに「ろくなヤツがいない」と思っているとしたら、その時点であなたが「ろくなヤツではない」ということ』
ガーン!仰る通りですね…。早速ポチりました!!
smoothさんの記事と著者の千葉さんのコメント↑を読んでますます興味が湧きました。読むのが楽しみです!
Posted by 二代目 at 2008年05月17日 23:08
全ての業界に顔が利くコネクターって・・・
すごいな。
Posted by ITおやじ at 2008年05月18日 01:43
>ケイエムさん

自分でも結構人脈本を読んでいることに気がつきました(笑)。←今さら
その割には「全然実践してない」というハナシもあるんですが〜(汗)。
そして、SEO本は、ネットビジネス関係のメルマガでドカスカ告知されてたのが、順位のヒミツだったかと。
ウチでは正直それほど強くないですし(汗)。
どちらかというと、ケイエムさんには「モテる話術」に挑戦して頂きたいような(笑)。

>ビルダーナースさん

ビルダーナースさんとは、出会いはセミナーでしたが、その後のコンタクトはほとんどブログですもんね。
てか、mixiを私が全然活用していないのが問題なんですが(汗)。
この本は読みやすくてオススメ(笑)。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2008年05月18日 02:26
>千葉智之さん

著者様直々のコメントありがとうございます。
この本、三省堂書店有楽町店でゲットして参りましたよ!
パワーディナーのPVは、ホントに千葉さん関係のかどうか自信なかったのですが、あってて良かったです(笑)。
そして1時間で読みきれるくらい分かりやすく書かれているというのは、良いことですって。
今後ともよろしくお願いします。

>二代目さん

アタックありがとうございます(涙)。
私は自分が至らないこともあり、周りの方のフォローがないと、全然ダメな人間なので、こういう本の内容は腑に落ちることが多いです。
その割には相変わらず実践しきれてませんが(汗)。

>ITおやじさん

私もコネクションがあるのって、出版関係(出版社さん・著者さん)ばかりです(汗)。
他のメディアにはとんと疎いですね。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2008年05月18日 02:31
amoothさん、読みました。
激面白でした。感謝です。

記事をこの記事も熟読しました。
本と同じぐらい、激面白でした。(笑)

トラックバックさせていただきます!
有難うございました。
Posted by ケイエム at 2008年05月18日 11:31
>ケイエムさん

お褒め頂きありがとうございます。
私も「もうちょっと人脈形成を意識して行動すれば」、と思うことしきりなので、この手の本は、ついつい買って読んでしまいますね(笑)。
ところで、記事も拝見させて頂きました。
ケイエムさんの記事の方が面白いカモ(笑)。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2008年05月18日 12:03
良い本の紹介ありがとうございます!
さっそく読んでみたいと思います!

「初めてのお誘いは断らない」、なるほどですね〜
私だったらどうしてもビビってしまいそうですが(汗)、行動できるsmoothさんスゴイです。
「誘われる」時点で、そこに居ても良い、と考えれば、ビビることないのかも!と思いました。
Posted by Ko's Style at 2008年05月24日 21:15
>Koさん

人脈を考える方なら、一読の価値はあると思いますよ〜。

>私だったらどうしてもビビってしまいそうですが(汗)、行動できるsmoothさんスゴイです。

単に「空気読んでない」という可能性もあるんですが(汗)。
たまに「社交辞令」で誘われていたこともあったかもしれませぬ(汗)!!




Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2008年05月26日 02:24
こんばんは、smoothさん
勝手にトラックバックさせていただいたのに、丁寧なコメントをいただき 恐縮です

コメントは社内ブログにも転記させていただきました
記事も転記しているのですが、コメントへの反応の方に集中してました(笑)

本当に有難うございました��
Posted by 森永mgr at 2008年06月09日 21:59
>森永mgrさん

げげげ、コメントまでですか(汗)。
いや、ホントはもっと色々書きたかったのですが、空気読んで自重しました。
皆様にもよろしくお伝え下さいマセ。
でも、ますますヘンな本は紹介しにくいですね(汗)。
・・・個人的にはヘンな本も嫌いじゃないので(笑)。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2008年06月10日 00:24