スポンサーリンク

2008年03月28日

【実践!】「レバレッジオーガナイザー(本田直之・著)」緊急レポ




【本の概要】

◆投稿が遅くなって申し訳ございません(汗)!

今日は、都内一部店舗では昨日先行発売となった、本田直之さんの新刊、「レバレッジオーガナイザー」をご紹介します。

本書・・・というか、本製品は、「本」というよりは、完全に「手帳」

それも「スケジュール帳ではない手帳」になります。


◆本田さん曰く

もし、「変わりたいのに変われない」自分にもどかしさを感じているのなら、あれこれ考え、理屈をこねる前に、どうぞ試してください!

という、この手帳。

「いったいどんなものなのか」について、お約束の見にくい画像付きでお送りしようかと(笑)。

なお、私も既に買ってしまっているので対象外なんですが、アマゾンキャンペーンのお知らせもありますので、お見逃しなく!

・・・というか、「今まで仕事サボって記事書いてたのか?」というツッコミはナシで(汗)。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【目次】

この手帳の使い方
・STEP1 10年後・3年後・1年後のゴールを設定する
・STEP2 時間割をつくる
・STEP3 日々の自己投資額・習慣をチェックする
・STEP4 今月のゴール・俯瞰逆算スケジュールをつくる



【詳細】

■表紙他
cc679391.jpg











「レバレッジオーガナーザー」の表紙。

アマゾンの画像ですと、微妙にくすんでいますが、これは、カバーが半透明の紙が使われているためかと。


fcc00032.jpg











◆カバーを外したところ。

表裏の表紙は銀色のハードカバーで、この画像では見えませんが、下の方に白抜きでLEVERAGE ORGANIZERと入っています。


■STEP1 10年後・3年後・1年後のゴールを設定する
5004b100.jpg






◆なお、以後の画像は、すべてSTEPごとの「記入例」からのものです。

携帯のカメラなので、字が読めなくてスイマセン(汗)。

まぁ、ネタバレ防止ということで(いい訳)


◆まず設定するのが、LONG-TERM GOAL

本田さん曰く

人と勝ち負けを競う目標でなければ、「やったもの勝ち」、つまり、ゴールをきちんと設定し、実行し、継続した人全員が、勝者になれるのです。

そしてそのためにやるべきことが、目標(理想の状況)と、自分の現状のギャップの「洗い出し」なわけですね。


◆本田さんは、ゴール設定に関して、「ビジネス」「ライフスタイル」「セルフマネジメント」「ネットワーク」「マネージメント」の5つのカテゴリに分けて考えてらっしゃいます。

そしてそれぞれに関して、「10年後」「3年後」「1年後」のゴールを設定するわけです。

その際の設定のポイントを少々。

●10年後・・・妙に自己規制せず、「大きく高く」掲げる

●3年後・・・理想と現実のギャップから「何をするべきか」という具体的な手段をあぶり出す

●1年後・・・現実的・具体的に考え、現在の自分に20%ほど上乗せする意識でつくる

・・・最後の20%というのが、リアリティ有り(笑)。


■STEP2 時間割をつくる
a31be981.jpg






◆次に具体的な1週間の時間割へ。

時間割というと、子どもがやるものだと考えている人も多いのですが、実は大変有効なシステムなのだとか。

 時間割づくりは、細かいことを考えずによい習慣を身につける最も簡単かつ効果的な方法です。


◆そこでここでもポイントを抜粋して。

⇒起床・就寝時間を決め、「可処分時間」を認識する

⇒インプット(自己投資)の時間を「天引き」する

⇒固定時間は「二毛作」を考える

⇒慣れるまで、毎月微調整を繰り返す


■STEP3 日々の自己投資額・習慣をチェックする
ee9cfb8c.jpg






◆さて、このSTEP3が、「レバレッジオーガナイザー」のキモ。

上記画像の見本では、思いっきり「行動を記録」しております(汗)。

デフォルトで記入するのが「起床時間」「就寝時間」「睡眠時間」「可処分時間」等の稼動時間

そしてその稼働時間の内訳として、最も大切「自己投資」や、その他「アウトプット」「プライベート」等の時間も。


◆また、自己投資も「できるだけ数値化」するのが、本田さん流。

読んだ本の冊数、会った人の人数等も記録していきます。

この場合ある程度大雑把でも、数値化して続けるのがミソのようですね。


◆また、自分で全て設定する項目として「習慣」の欄があります。

ここには、人が生きていくうえでのインフラ継続することによってレバレッジが効いてくる習慣を記入して、毎日チェックするわけですね。

画像の例では(見えませんが(汗))、「机の上の整理整頓」「金融ニュースを見る」「人に情報を提供する」なんてのがありました。


■STEP4 今月のゴール・俯瞰逆算スケジュールをつくる
a5a228da.jpg






◆こちらでは、STEP1でのゴールを毎月ベースに落とし込む作業をします。

その月ごとにゴールを設定すれば、かなり具体的になりますよね。

しかも、「毎朝その日のタスクを3つ決める」のだそう。

 いずれにせよ、タスクを設定すれば、常にそれを意識するようになります。意識すれば、実行するようになります。実行すれば、もっと意識するようになります。これこそ、自分でコントロールして生きる第一歩なのです。


◆最後にまとめとして、本田さんのお言葉をもう一つ。

くれぐれも完璧主義にならず、無理をせずに続けること―これが最大限にレバレッジを効かせて活用する方法なのです。
 どうか、楽しみながら続けてください!




【アマゾンキャンペーンのお知らせ】

◆昨夜知ったのですが、今回の特典は、「本田さんとのランチ&アドバイス会を限定5名で開催!」というもの。

今回はちょっと条件が細かい(?)ので、詳細はこちらのページでご確認下さい!

amazonキャンペーン スペシャルプレゼント!

対象期間は、3月28日(金)12:00〜29日(土)23:59まで。

奮ってご応募下さいマセ。


【関連記事】

【真打登場!】「無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法」勝間和代(2007年10月17日)

【自己投資】「レバレッジ・シンキング」本田直之(2007年06月29日)

【時間の投資】「レバレッジ時間術」本田直之(2007年06月05日)


【編集後記】

◆昨日この本が誤って2冊同時に届いてしまいました(汗)。


うーん、今までそういうミスはしたことなかったのですが、ぼけたのか(汗)?


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

この記事のカテゴリー:「自己啓発・気づき」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ



ビジネスに役立つ本 - livedoor Blog 共通テーマ
Posted by smoothfoxxx at 12:00
Comments(4)TrackBack(0)ビジネススキルこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
この記事へのコメント
smoothさん、こんばんは!

手帳は数年前から気に入ったスタイルで記入して持ち歩いているのですが、

> もし、「変わりたいのに変われない」自分にもどかしさを感じているのなら、

・・・に思わず黙ってクリックしてしまいました(笑)。読んで、実践して、行動にうつせば自ずと「変わる」んですね!
Posted by ニャロメ at 2008年03月28日 20:26
こんばんはぁ

時間管理を大切に実行すればって感じの
ものなのですね。
大切ですよね。

目標設定して期限決めて実行しなくっちゃ!
Posted by イヴォンヌ at 2008年03月28日 21:45
smoothさん、こんばんは。

何となく、熊谷社長の「一冊の手帳で・・・」を思い出しました。それよりももっと実践的な感じでしょうか。
もうすぐ新年度ですし、気分一新、本田さんの手帳の力を借りようかな(笑
Posted by yakumo at 2008年03月28日 22:28
>ニャロメさん

買ってから気が付いたんですが(今さら)、コレ、手帳なんですよね(汗)。
つまり、実践しないと全く価値がない、と言えないこともなく(汗)。
smooth最大のピンチか(汗)?

>イヴォンヌさん

おっしゃるとおり!
ゴール設定、期限設定、あとタスクの分散ですね。
私にとっては「言うは易し」(汗)。

>yakumoさん

熊谷社長のは本を読んだだけなので、実物の手帳は見たこと無いのですが、方向的には近いです。
日付けも入ってないので、いつでもスタート可。
私は今日からやるつもりが、さっそく「4月からにしようか」と軟弱になっておりますが(汗)。

Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2008年03月29日 01:30