スポンサーリンク

2007年12月26日

【お金と仕事】「きっと、よくなる!2〈お金と仕事〉編」本田 健


きっと、よくなる! (2)
サンマーク出版
本田 健(著)
発売日:2007-12-13
おすすめ度:4.0



【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、本田 健さん、待望の新作。

「きっと、よくなる 2」です。

このブログにも、本田健さんのファンは多いので、もうお読みになられた方も多いのではないでしょうか?


◆前作の「きっと、よくなる」の後、翻訳本や文庫本、さらには漫画版等がひっきりなしに出ていたので気がつきませんでしたが、書き下ろしとしては、2年ぶりなんですね。

その間、アメリカに住んでいらっしゃったとは思えないくらい、メディアやご自身のセミナー等、露出があったような(笑)。

そう言えば、私も昨年、講演会に参加させて頂きましたっけ(本田健さんの「ライフワーク」講演会に行ってきました)。


◆本作では、前作の「きっと、よくなる」でも扱っていたテーマでもある「お金」「仕事」について、さらに深く掘り下げてらっしゃいます。

本書のあとがきに

原稿をほぼ三冊分書きためつつも、なかなか一冊の本に仕上がりませんでした。

とあるくらい、練りに練った一冊。

それだけの力作とはいかなるものか(汗)?


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!



【目次】

仕事とお金のトラブルは、お金持ちへの招待状
お金と親友になれる人が、幸せなお金持ちになる
「こういうのがあったら」は、ライフワークの第一歩
お金を払っても、やりたい仕事ですか?
両親から受け継いだ不要なお金観を手放す
石の上に三年も座ってはいけない
仕事は喜んでやってくれる人に任せる
子供には、お金よりも信用と感謝を残す



【ポイント】

■自分の大好きなことを見つけるコツ
「こういうのがあったらいいなぁ〜」と考えていること

⇒自分がいいな〜と思う物は、たいてい同じような趣味趣向を持つ人も欲しいと思っているはず


■幸せなライフワークとは?
「報酬がなくてもやれる」か?

⇒むしろ「お金を払ってでもやりたいこと」か?


■新しいビジネスのヒント
⇒成功しているビジネスは、いくつかのビジネスモデルのパターンの組み合わせ

華僑の人やユダヤ人たちが成功しやすいのは、お金の稼ぎ方のデータベースが膨大に整理されているから


■「豊かさは、流れ」
⇒幸せなお金持ちは、5つの流れを自分の人生に引き込んでいる

⇒その流れとは、「人」「情報」「チャンス」「お金」「感謝」の5つ


■ミリオネア・メンタリティー
⇒一言で言うと「どんなときでも、豊かになれる」感覚

⇒大事なのは、世界中どこへ行っても自分は豊かになれるという、"裏づけのない確信"

⇒ミリオネア・メンタリティーを持っている人は、所有という概念が実は幻想であることを知っている


■幸せと豊かさの源泉
「幸せの源泉」とは、それをやっているだけで幸せになれるもの

「豊かさの源泉」とは、それをやるだけで経済的に豊かになること

⇒お金持ちであっても幸せでない人は、「豊かさの源泉」だけは掘り当てたのに、「幸せの源泉」を掘り忘れた


■投資すべきもの
資産1億円以上を持つ人たちに何に投資するべきか問うた際の答え・・・「資産が3000万円できるまでは、自分の稼ぐ力に投資すること」

⇒具体的な数字で言うと、年収2000万円、資産3000万円ぐらいまでは、とにかく自分の稼ぐ力をつける


■余裕を持つ
「どんなときでも余裕を持ち」「すべての力を使い切ってはいけない」

⇒自分の限界を超えて、無理をしたりしない

「多くを望まず、満たされることを知り、必要以上のものを人にも期待しない」


■親兄弟と和解する
⇒私たちは家族に感じるのと同じ感情を社会に対して持つのでは?

⇒両親や家族に対して怒りや憎しみを持っていると、社会とも無意識のうちに戦争をしてしまい、お客さんや取引先とのトラブルも多い


■「どうすれば成功できるか?」
「家に帰ってきたら、靴を揃えておくように」(その理由は本書を)


■3秒で決断を下す練習をする
⇒とりあえずいまは決めないでおこうというのは、「先送りにすること」を決めているのと同じであり、たいていの場合、それは最悪の決断

⇒何か決断に迫られたら、とにかく3秒で決めること

⇒一度決断したらもう一方の選択肢がどうだったか検証する手だてはなく、いざ決断したら、その道でできる最高の事をやればいい


■永遠の学習者にならない
「もっと知識が必要」「もっと経験がいる」という内なる声の本質は、「恐れ」

⇒完璧でなくでも、いまの情熱を100パーセント分かち合うことで、新しいステージが見えてくる


【感想】

◆久しぶりに本田節を堪能いたしました(笑)。

本書はエッセイであり、ひとつひとつの項目は非常に短いです。

ただし、量的には短い中にも、考え抜かれたフレーズ深い内容のコンテンツが(汗)。

何たって、冒頭に書いたように3冊分の原稿から出来上がった本ですからねー。

当然、今回もポイント端折りまくり(汗)。


◆本田健さんは、本作りが非常に緻密なことで知られており、本書もおそらく色々な人に受け入れられるよう、フレーズごとに検討がなされているのだと思います。

そもそも、タイトルの「きっと、よくなる」も、考え抜かれたタイトルだと、以前聞いた記憶が。

確かに、装丁といい、タイトルといい、万人受けしそうな感じがしますね。

本をお出しになる方(出版を志す人も)は、本のテーマだけでなく、こうした本田健さんの「本作り」の部分にも注目していただきたいところ。


◆また、ポイントで挙げた「靴を揃える」という話は、これまたつい最近読んだ(CDを聞いた)石井裕之さんのこの本とシンクロしているような。


言ってる内容は違うものの、通ずるものを感じました。

詳細はぜひ本書でご確認頂きたく(特に石井さんの本を読まれた方)。

今や私も必要以上に(笑)靴を揃えておりますが、とりあえず、まだ成功はしておりません(笑)。


◆そして、最後の「永遠の学習者」というお話は、まさに私のことかと(汗)

今は、「子育てでいっぱいいっぱい」という言い訳で、現実逃避している自分。

いったい、いつになったら勝負をかけるのか・・・てか、それ以前に本業はどこへ(汗)?


◆もっとも、「お金を払ってでもやりたいこと」と言ったら、今はブログしかないわけで(笑)。

実際、本を購入したり、有料のブログサービス(ライブドア・プロ)に加入したりで、お金はそれなりに出て行ってます。

もちろん、アフィリエイト収入はありますけど、まぁ、小飼 弾さんのように

ここ半年ほどは点数で一日3桁が常態になってきた

なんて方とは全然比べようがございません(涙)。


◆それでも私はブログを続けます。

残念ながら、まだ、「豊かさの源泉」にはなってませんけれど、それが私にとって「幸せの源泉」だから。

というワケで。

来年もこのブログをよろしくお願いします!←でも年内もまだ続けますよ(汗)!




【「きっと、よくなる!2」プレゼント企画】

◆本書は、アマゾンキャンペーン等ではなく、独自のプレゼントの企画がございます。

その1 本田健の『テレセミナー』

アメリカから本田健の「生の声」をみなさんにお届けします。本のカバーについている「応募券」をハガキに貼って、アイウエオフィスまでお送り下さい。

□ プレゼント詳細・応募方法は、「きっと、よくなる!2」特集ページをご覧ください

 → http://www.aiueoffice.com/main.cfm?PID=Good


その2 本田健『特製ペン』

アメリカの新聞のアンケートで、90%以上の人が『人生で起こった最悪の出来事が、長い目で見ると、今の自分の幸せにつながっている』と答えました。
このエピソードから「きっと、よくなる!」シリーズがスタートしました。

みなさんも、今までの人生を振り返ったとき、その時は苦しかったり辛かったりした経験が、長い目で見た時に、今の自分の幸せにつながっていませんか?

前作「きっと、よくなる!」から3年。その間に、みなさん自身が体験した、「きっと、よくなる!」ストーリーを教えて下さい。

投稿して下さった方の中から、抽選で300名の方に、本田健のメッセージ入り『特製ペン』をプレゼントいたします! 

あなたの人生の「きっと、よくなる!」ストーリーをお待ちしています。

□ ご投稿はこちらから

 → http://www.aiueoffice.com/main.cfm?PID=Good

いずれも、お買いになられたら、ふるってご応募下さい!


【関連書籍】

◆関連書籍といいますか、アマゾン見ていて、今はじめて本田健さんのこんな物が出ている(これから出る?)と知りました。

ベストセラー作家のブランド戦略~長く愛される作家になるための8つの成功法則
TOPBRAIN/コミュニケーションデザイン
本田 健(著)TOPBRAIN(編集)
発売日:2007-12-12

内容は、今年10月に行われた『著者の方限定』『シークレットセミナー』の模様。

“著者”として活躍する方や“出版関係者”の方はもちろん、“著者デビューを夢見る方”も必聴のCDです。

とのことなので、良かったらぜひ!


【関連記事】

「オレンジレッスン。」犬飼ターボ(2006年11月14日)

「自分を好きになれば、人生はうまくいく」本田晃一(2006年10月09日)

「スイス人銀行家の教え」 本田 健(2005年08月24日)

「人生を変えた贈り物」 アンソニー・ロビンズ(2005年08月01日)

「ユダヤ人大富豪の教え」本田 健(2005年02月17日)


【編集後記】

◆昨日ムスメはヨメに連れられて、「キッザニア東京」に行ったそう。

a6d622b9.jpg











中央で手を広げている、ひときわ小さいのがムスメ。

ずい分楽しんできたようです(ブログ書いてて帰りが遅くて、話聞けなかったんですが(涙))。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「自己啓発・気づき」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ


おすすめの本 - livedoor Blog 共通テーマ
Posted by smoothfoxxx at 08:40
Comments(4)TrackBack(0)自己啓発・気づきこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51271273
この記事へのコメント
smoothさん、こんにちは!


私も、今日、紹介しようと思ってました。
けっこう、
同じところを、引用しようかと(汗)。
Posted by ニタ@「教えて会計」 at 2007年12月26日 10:56
ちょうど昨日読んだばかりでした。
今回もわかりやすい表現ながら、奥の深い内容でしたね。
私も「お金を払ってでもやりたいこと」のページは凝視でした(笑)
そうそうだから独立したいのよ、って自分に言い聞かせながら読みふけりましたっけ。
お片づけと靴をそろえることを毎日きっちりやりながら、道を開いていこうと元気付けられる内容でとっても良かったです。

Posted by ビルダーナース at 2007年12月26日 11:36
smoothさん、こんにちは。

>自分の限界を超えて、無理をしたりしない
どういう状態なんでしょうか!?
想像つかないですね。

そうそう、昨日コメントしたのは今日紹介してるCDですよ。出版に興味のある方は是非とも聞いて欲しいと思います。
Posted by LuckyUS@フォトリーダー at 2007年12月26日 18:05
>ニタさん

記事拝見しました。
ビミョウにかぶってる点が私たちの共通点かも(笑)。

>ビルダーナースさん

本田健さんの本作りを知ってて読むと、非常に考えて作られている本だな、と感じる一冊でした。
「お金を払ってでも」というのは、以前参加したセミナーでも言われて、ドキっとしましたよ(汗)。
とりあえず、「靴を揃える」のはお互い必須で。

>LuckyUSさん

ご指摘の部分は、自分をムリに追い詰めたりしない、本田健さんの「やさしさ」(?)なのだと思います。
そして、CDもう聞かれてましたか!
これ、ちょっと気になるんですよね・・・。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2007年12月27日 09:01