スポンサーリンク

2007年12月24日

【10万部超!】「ビジネス書を10万部売って目一杯儲ける方法」に参加してきました





【はじめに】

◆今日お届けするのは、超久々のセミナーレポート。

お伺いしたのはこちら。

「ビジネス書を10万部売って目一杯儲ける方法」

いやー、アサマシ系のワタクシでもちょっと赤面しちゃうようなタイトルです(汗)。


◆ただし内容は、極めてガチ

ブランディングから、マーケティングまで、中身もビッシリ(汗)。

朝10時から夕方5時ちょっと前まで、土井節を満喫してまいりました!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!




【第1部 企画編】

◆前の日に、ディスカヴァーさんのパーティに参加していた私は、朝からのセミナーということで、かなり寝不足気味。

鮒谷さんの放談会以来のツラサでした(涙)。

それでも遅刻せずに到着したものの、当然のようにほぼ一番後ろの席(いつもの指定席)に着席。


◆同じく前日のパーティにいた土井さんが壇上に立ち、時間通りにスタート。

あんなに酒飲まれてらしたのにサスガです(汗)。

まずは、2007年に10万部を突破したビジネス書(日本人の書き下ろし)の分析から。












これらについて、共通点等を分析しました。

詳細は当然オフレコなんですが、なんとなく傾向はわかりますよね?


◆ちなみに私は、この中では、5冊記事にしております。

【伝説】『「伝説の社員」になれ!』土井英司

【レバレッジ】「レバレッジ勉強法」本田直之

「無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法」勝間和代

【勉強】『「1日30分」を続けなさい!』古市幸雄

【最強のメンター?】「夢をかなえるゾウ」水野敬也

買ったけど、まだ読んでないのがあるのはご愛嬌(笑)。


◆分析後は、今回のゲスト、マガジンハウスで、
の編集を担当されたHさんがご登場。

この本のヒットの裏話等をお話頂きました。

この本、実は「2007年のビジネス書で一番売れた」んですよね(30万部超)。

このブログにおいては、勉強本のベスト10にも入ってない(ただし2005年からの累計で)んですが。


◆ただ、今回お話をお伺いして同じ勉強本でも、ウチの読者さんと、この本の読者さんとでは、マーケットが違うらしいことがわかりました。

具体的には書けないものの、「1日30分〜」の読者さんは、少なくとも、ガッツンガッツン自己投資されるような方々ではないようです(汗)。

これで例えば、ウチのブログがSEO的に強ければ、検索エンジン経由でお買い上げ頂いたのかもしれませんが、あいにくとそっち方面は非力なもので。


◆また、マガジンハウスならではの、広告展開方法についてもお話頂きました。

確かにアレだけ雑誌をかかえてらっしゃると、他の出版社がうらやむような手法が使えますよね。

こればっかりは、真似したくても難しいですが(笑)。


◆お話の最後に質疑応答が。

私は『1日30分」の著者の古市さんが、似たような違う本を違う出版社から出されているのは何故なんですか?』という質問をしようと思ったのですが、何となく空気読んで(?)自重。

なお、Hさんが帰られてからの土井さんのお話によると、これはどうも「とんでもなくNGな質問」だったらしく(?)、九死に一生を得ますた(汗)。

危ない危ない。


【第2部 著者ブランド編】

◆ここからは、かなり踏み込んだ内容。

もう思いっきり著者向けのお話ですよ(汗)。

私は今回、「ブログで売れる本を見分けるために」このセミナーに参加したので、思いっきりオーバースペック

e6fdfa53.jpg













(図のピラミッドがマル秘メソッドですね(汗))


◆お話の内容的には、かつて、土井さんがテスト的に行われ、私も何故か参加していた「クリエイティブ講座」を彷彿とさせるものでした。

なお、「クリエイティブ講座」については、私と違って最後まで出席された、tenさんのこの記事(特にインデックス)をご覧下さい。

土井英司さんのクリエイティブ講座 卒業プレゼンテーション

「ヒーローの3条件」なんて、懐かしいお話も。


◆その後、上記「クリエイティブ講座」では散々やったワークを(汗)。

あの時は、グループ内でお互い辛らつな評価をしあっていて、かなり凹んだものですが、今回は優秀な人のみ壇上で発表。

287ff887.jpg














下半分の字だらけのところがそう。

画像のみならず、オリジナル自体も汚くて、書いた自分が読めませんでした(涙)。


【第3部 出版マーケティング編】

◆ここからが私の大好物の出版マーケティング。

初めて参加される方もいらっしゃるので、基本からみっちり。

「露出」と「流通」のお話なんかは、他ではあまり聞くことができない内容なので、うなずく参加者が多かったような。

あー、もっと書きたいんですけど、やっぱマズイですね(汗)。


◆また今回は、年末ということもあり(?)、2007年のヒット作の分析から導き出す、来年(2008年)の予想などをお伺いしました。

下の画像は、は入室時に巻物として頂いた、「来年のベストセラー10企画」

8f4e773c.jpg














「なるほどー!」と思えるものが結構多かったですネ。

まぁ、納得しても書ける内容とそうでないものとあるんですが(笑)。


◆今回、セミナー全体を通して、「今後の売れる本選び」のお勉強ができました。

また、私が出版社さんから献本等をご提案いただく際には、お断りする一方で、アマゾンアタッカーならではのアドバイス(?)を差し上げており、そっち方面で特に参考になるお話が多かったです。

土井さん、ありがとうございました!


◆また、会場でお会いしてお名刺頂いた著者予備軍の皆様は、本が書けましたら、お声かけ下さいませ。

「ウチのブログ的に受ける」と私が判断したら、自腹で買って、記事にさせて頂きます!

・・・できれば勉強本とか、仕事術系が嬉しいんですが(笑)。


【関連書籍】

◆今回のセミナーでお話に出た本の中からいくつか。

何がどういう意図を持って取り上げられたかは秘密ですが(汗)。







◆後、本じゃないんですが、勝間和代さんのお話はやたらでてきました。

それと本田直之さん。

なお偶然にも、お二人の最新刊で、ご紹介頂いているワタクシ(光栄です(汗))と聖幸さん「アサマシ書評コンビ」(笑)。


◆お二人ともリアルでお会いしていて思うのは、確かにまず圧倒的にキャラが立ってらっしゃいますよ。

このお二人に加えて、土井さんも登場されているこの本は、もっと売れてもいいのでは(笑)?



【編集後記】

◆実は、今回のセミナーの後に懇親会があり、私は当然のように申し込んでおりました。

ところがセミナー受講中に「ムスコネツデタ」と電報じゃなかった、メールが届き、あえなく退散(涙)。

何か、前も土井さんのセミナー中に「カエレ」メールが来たし、これはひょっとして鬼門なんでしょうか(汗)?


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「セミナー」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ


ビジネスに役立つ本 - livedoor Blog 共通テーマ
Posted by smoothfoxxx at 10:00
Comments(3)TrackBack(1)セミナー・イベントこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51268557
この記事へのトラックバック
【概要】◆今日お送りするのは、さる4月29日にお邪魔してきた「出版戦略セミナー特別編 出版マーケティング最前線!最短で累計100万部達成した戦略とは?」の模様。 もともと人気の高い土井さんの出版戦略セミナーに、勝間和代さんが登場されると...
【勝間さんの秘密?】『出版戦略セミナー「最短で累計100万部を達成した戦略とは?」』に参加してきました【マインドマップ的読書感想文】at 2008年05月01日 08:15
この記事へのコメント
smoothさん、こんにちは!

アサマシ系で、そこまで自己投資して、
来年の動向まで考えている方は、他にいませんから。

来年も、ぶっちぎりですね。
Posted by ニタ@「教えて会計」 at 2007年12月25日 07:59
smoothさん、こんにちは。

こんな面白いセミナーがあったとは!
仕事で忙殺されてセミナーどころじゃなかった。いや仕事がセミナーなんでああ、もう!な状態です。
ちなみに近頃はベストセラー作家のブランド戦略のセミナーCDを耳勉中だったんですよ。
Posted by LuckyUS@フォトリーダー at 2007年12月25日 14:25
>ニタさん

えーっと、自己投資して、それが書評ブログで回収できるかは超ビミョウなんですが(笑)。
とりあえずは、小飼 弾さんとかにぶっちぎられないよう頑張ります!

>LuckyUSさん

本来なら、著者を目指す方が来るべきセミナーなんですけどねー(笑)。
私の場合はアサマシという。

ところでそのCDって、本田健さんのでしょうか?
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2007年12月26日 11:26