スポンサーリンク

2007年10月15日

【モテ】「ホムンクルスの目」石井裕之




【本の概要】

◆今日お届けするのも、ちょっと前に出たご本。

平積みになっていても、ビジネス書好きなら絶対買わなさそうな装丁。

商品説明がそっけないアマゾンの購入ページ。

これらのハンディ(?)を抱えたこの本が、まさかこんなに濃い内容だったとは(汗)。


◆身内でも既に、tenさんLuckyUSさんがプッシュしているという本書。

恋愛心理学を学ぶには、うってつけの一冊です!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!



【目次】

漫画 嘉山君の場合

第1章
 意識の側と無意識の側
 WeタイプとMeタイプ
 サブリミナル恋愛講義 ほか

第2章
 相手の隠れた不満を知る
 その気にさせる魔法の言葉
 信頼させるラポール・テク ほか
 
第3章
 ムッとしないで聞いてくれ!!
 無敵のダブルバインド1
 無敵のダブルバインド2 ほか

第4章
 カレの心を釘付けにし続ける方法
 その話、早くやめてくれ!!
 ちょ、待てよ!! ほか

第5章
 食わず嫌い王決定戦
 「暗示」でオトせ!!
 あのコはキミに夢中? ほか

おわりに


【ポイント】

■その気にさせる魔法の言葉

「例えば」という言葉には、「あくまでもひとつの例だから、軽く考えてもらえればいいんだ」という意味が「含み」としてある

例:「例えば、今度、飲みに行かない?」

⇒相手は不覚にも実際に飲みに行くことを「イメージして」しまい、それが潜在意識に浸透する

⇒ただし、実際に「軽く考えてくれればいい」と口に出してはダメ!


■「マイ・フレンド・ジョン」

⇒自分のことではなく、第三者についての話を聞いているときは、暗示にかかりやすい

●打ち解けたムードを作る場合

例:「今日はお時間を割いていただいてありがとうございます―さっきも別の会社の社長とお話させていただいたんですけど、その方がものすごくニコニコして上機嫌な人だったんですよ。(後略)

別のお客さんとの、ものすごく打ち解けた雰囲気を解説することにより、相手はその様子を想像して聞きながら、打解けた気分を自分でも体感する


■引き込む会話の秘密

嗅覚は、五感のなかでも特別な処理をされ、よりダイレクトに潜在意識に影響を与える

⇒嗅覚に集中させることにより、相手を会話に引き込むことが出来る

⇒そのためには、相手が匂いを思い出したり想像したりするような言葉を、会話の中にできるだけ多くちりばめる

例:「私の成功のイメージは、匂いで言えば、高級車の革張りのシートの匂いですね」


■ダブルバインド

⇒大事なのは言葉そのものではなく、「言葉によって想起される空想」

例:「新食感!○○チョコレート。あなたはもう体験しましたか?」

⇒「No」の場合、それはまだ体験していない」ということになり、潜在意識の中に「まだ体験していないな。いつ体験しようかな」という空想がふわっと拡がる


■コングルーエンシー

言語情報(言葉そのもの)と、聴覚情報(声の雰囲気・口調)や視覚情報(しぐさ・表情)が矛盾した場合、後者の方が強い影響力をもつ

⇒さらに、聴覚情報と視覚情報が矛盾した場合は、視覚情報の方が強い

説得力のある話し方ができる人は、視覚情報・聴覚情報を、話す言葉と完全に一致させることを常に心がけている


■会話を盛り上げるテク

⇒長所を誉めるのではなく、相手の欠点をひっくり返して誉めるのがコツ

⇒普通に誉められてもあまり反応しないコも、「え〜、そんなことないよ。ワタシそれ全然ダメなんだよ」という言葉ならすんなり出てきやすい

⇒大人は、自分の長所を誉めてくれる人よりも、短所を愛してくれる人に心を開くもの


■スムーズにお茶に誘う

「ある責任を負うことを確約すること」「コミットメント」と言う

●コミットメントのナンパの例

例:「あなたのことがとても素敵だと思ったので声をかけました。お茶に付き合ってください」

⇒お茶に応じてしまった場合、「好きだという気持ちを受け入れた」というコミットメントになりかねない・・・相手に負担をかける


●コミットメントさせないナンパの例

例:田舎から出てきて、ひとりでコーヒー飲むのも寂しいんで、30分だけ付き合ってもらえませんか?」

何のコミットメントもないので、気軽にコーヒーに付き合える


【感想】

◆相変わらずの列挙しまくりでお送りしました(笑)。

いかがだったでしょうか?

本書は特に「ナンパ本」というわけではないのですが、元の連載が青年漫画誌(「週刊ビックコミックスピリッツ」)ということもあり、その内容の多くが恋愛絡みだったりします。

以前ご紹介した、「コミュニケーションのための催眠誘導」以上の恋愛ネタの多さに、面食らう方もいらっしゃるかもしれません(特に女性の方)。

実際、ネタの「質」「量」ともに、「恋愛系の情報商材」として売られていてもおかしくない位です(買った事ないですが(汗))。


◆本書は青年誌のコラムの単行本化ということもあってか、アマゾンでもカテゴリーが「コミック」になっており、リアル書店ではどの棚に置かれているか、よくわかりません。

冒頭の「嘉山君の場合」だけが漫画で、残りはイラストが挿入されているものの、普通のテキスト形式。

各項目が見開き2ページで完結するという、スピーディな展開の仕方です。

どこから読んでもよさげなので、スキマ時間に読むというのもアリかと。


◆自分が若かりし頃、人並みに恋愛なんぞしたことがありましたが、本書のようなテクニックとは全くの無縁でした。

今考えたら、脅威の徒手空拳状態(笑)。

当時、これらのノウハウを持っていたら、もっと違った人生を歩んでいたかもしれません(マジで)。

・・・そっかー、「素敵だと思ったから」と言って誘っちゃいけなかったんだー(ブツブツ)。

また、付き合うまでのアプローチ法だけでなく、「上手なウソのつき方」のような、「浮気をごまかすときのテク」も収録されていて、ありがたい限り(誰が(笑)?)。


◆なお、冒頭の漫画「嘉山君の場合」は、ブ男(失礼)の嘉山君が、本書に収録されているテクニックを駆使して、「高嶺の花」である麻生さんにアプローチするお話です。

実際にここまでのテクニックをマスターできるかどうかは別として、この中の1つでも使いこなせるようになれれば、その分成功する確率は高まることでしょう。

ネットビジネスで言うなら、「コンバージョンレートが高くなる」というか(笑)。

ただ、コンバージョンを高めたとしても、最低限のトラフィックは必要なワケで、それはアナタの心構えしだい。

本書を片手に(?)勇気を出してアプローチして下さい!

成功を祈ります!




【関連記事】

【モテ】「なぜ、その人に惹かれてしまうのか?」森川友義(2007年09月14日)

【モテ】「ベストパートナーになるために」ジョン・グレイ(2007年08月09日)

「催眠誘導」石井裕之(2007年02月19日)

『「心のブレーキ」の外し方』石井裕之(2007年01月21日)

★「なぜ、占い師は信用されるのか?」 石井裕之 (著) 【マインドマップ付き】(2005年12月05日)


【編集後記】

◆ネットサーフィンしていて見つけたこの本。


「SEOはもういいよ〜(涙)」と言いながらもしっかりアマゾンアタックしました(笑)。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「コミュニケーション」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ


おすすめの本 - livedoor Blog 共通テーマ
Posted by smoothfoxxx at 07:46
Comments(7)TrackBack(3)モテ・恋愛このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51156596
この記事へのトラックバック
ホムンクルスの目 (ビッグコミックススペシャル)を読む。 読心術チックなモテのための強化書。
ホムンクルスの目(書評)【blog50-1】at 2007年10月19日 00:18
ホムンクルスの目 (ビッグコミックススペシャル)を読む。 読心術チックなモテのための強化書。
ホムンクルスの目(書評)【blog50-1】at 2007年11月01日 12:38
【はじめに】◆今日お送りするのは、当ブログでも「勉強本」「仕事本」と並んで、3大人気ジャンルの1つである「モテ本」の特集。 週末と言うことで、今までご紹介した「モテ本」を、ここらで一つ、振り返ってみようかと。 ちなみに記事のタイトルは、久しぶりに「ホッ....
完全「モテ本」マニュアル 永久保存版【マインドマップ的読書感想文】at 2008年11月12日 12:41
この記事へのコメント
smoothさん、こんにちは!

ダブルバインドというのは、私もセミナーで学びました。
教育ママが行き過ぎると、子供に問題行動を引き起こす原因となります。ウチも気をつけないと。

恐らく、こんなテクニックを全て使いこなせる人もいないとは思いますが。仮にできても、依存的なタイプの人を引き寄せるという別の問題が起こりそうな気もします。
Posted by ニタ@「教えて会計」 at 2007年10月15日 07:59
smoothさん(o^▽^o)ノこんにちは!

わぁ〜、この本、読みました^−^

ちょっとヨコシマな大人が心理学を
学ぶのに、一番理解が深まる本ですね!

NLPを受講中に受講者の人に
教えてもらいました。

本当に内容が濃いですね!

今日も、応援していきます〜☆
Posted by ひでへん@ちょいコガ マスター at 2007年10月15日 10:22
smoothさんこんにちは。いやーすっかり読んだ気になりました。これは役立ちますね!(なんにっ 汗)
Posted by 週末起業サラリーマン at 2007年10月15日 21:06
smoothさん、こんにちは。

昔の記事紹介してもらった上にトラバまでありがとうございます。
「コンバージョンレート」も重要ですが、
その前に、そもそも自分の望む相手がどういう人で、それはどこに行けば出会えるのか?が出会いでは重要だそうですぜ。
Posted by LuckyUS@フォトリーダー at 2007年10月16日 00:05
>all

レスは後ほど(汗)。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2007年10月16日 08:13
>>「あなたのことがとても素敵だと思ったので声をかけました〜」
って率直に言う人はOKですよ、私の場合。

>>田舎から出てきて、〜
の方が、なんであなたの都合につきあわねばいけないの?と即ツッコミます(笑)

相手に説得力を持たせるための話し方をマスターするためと、上手な口説かれ方をマスターするために読んでおきたいです。
それと逆ナンの仕方も(爆)


Posted by ビルダーナース at 2007年10月16日 23:37
>ビルダーナースさん

おぉ!そっちの台詞の方がOKでしたか(汗)。
オンナ心はやはりわかりません(笑)。
この本、女性にも活用できるところもありますけど、逆ナンについては書いてなかったような(笑)。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2007年10月17日 00:56