スポンサーリンク

2007年10月10日

【モチベーションハック】「使える!モチベーション仕事術」


使える!モチベーション仕事術―70のヒント&ツール
東洋経済新報社
リンクアンドモチベーション(著)
発売日:2007-10
おすすめ度:5.0



【本の概要】

◆今日お届けするのは、自宅近くの書店で発掘したご本。

平積みにするわけでもないのに、棚に3冊も同じ背表紙が並んでいたら、それは目立ちますわな。

手に取って、最初の数ページのカラー部分に釣られて購入してしまいました(笑)。


◆本書を執筆されたのは、株式会社リンクアンドモチベーション(以下「LM」と略す)の広報チーム。

従来、この会社の経営陣や経営者(小笹芳央さん)の書かれた本が「堅苦しい」(本書表現のまま)ものであったのに対し、本書はかなりライトな感じかと。

実際、本書の「はじめに」にもこうあります。

 そこで今回は多くのビジネスパーソンが「明日からさっそくやってみよう!」といった感じですぐに取り組んでもらえるような、より実践的な"実践ハンドブック"をわたしたち社員自身で企画編集しました。

同じ「はじめに」にある「モチベーションカタログ」という表現がピッタリの一冊です!


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!



【目次】

はじめに

第1章「やる気」の源泉その1 目標の魅力―「やりたい!」
 「抽象のハシゴ」を上って、仕事の価値を見出す!
 「ズームスイッチ法」で視界を大きく、小さく切り替える!
 「ワーキングスタイル」で行動指針の浸透をはかる! ほか

第2章「やる気」の源泉その2 危機感―「やらなきゃ!」
 週のスタートは「リーダーメッセージ」でモードを変える!
 嬉しいトピックスは「オールメール」でメッセージする!
 位置づけは「忘年会」!次ラウンドへの弾みづけをする!! ほか

第3章「やる気」の源泉その3 達成可能性―「やれそう!」
 「コミットメントシート」は目標を達成するためのツールととらえる!
 結果はすべて本人にフィードバック!評価で成長を促進する!! 
 ビジネススキルを「筋力」で表す!自分の強化ポイントを知る!! ほか



【ポイント】

■「やる気」の構造
●フレーム

『やる気』=『1.目標の魅力・・・「やりたい!」』×『2.危機感・・・「やらなきゃ!」』×『3.達成可能性・・・「やれそう!」』


■「やる気」の源泉をつかさどる効果(テクニック)
●『1.目標の魅力・・・「やりたい!」』

⇒ラダー効果

⇒スポットライト効果 ほか


●『2.危機感・・・「やらなきゃ!」』

⇒リンク効果

⇒ライバル効果 ほか


●『3.達成可能性・・・「やれそう!」』

⇒フィードバック効果

⇒ロールプレイング効果 ほか


◆本書においては、これらの「源泉」ごとに章をわけて、細かなテクニックが説明されています


■具体的なテクニックあれこれ
●入社セレモニー

中途採用者に対しても行う

⇒いい意味の緊張感を持つことができる

⇒受け入れられる側に安心感と感謝の気持ちが生まれる


●名前を刻む

⇒マニュアルや社内資料でも、責任者のみならず作成にかかわった名前を併記する

⇒署名の重みからさらにやる気が


●誕生日を盛り上げる

⇒主役になれる喜びでやる気がアップ!

⇒メンバー間のコミュニケーションのきっかけになる

⇒LMでは誕生日当日の人を社内モニターで全社に紹介する


●オリジナルグッズ

⇒会社組織やプロジェクトメンバーでオリジナルグッズを作って一体感や連帯感をアップ

⇒アイテムは普段からよく使用する実用性の高いものにする

⇒LMでは、携帯電話のデザインや、アプリケーション(コンテンツ)もオリジナルのものがある


●ホワイトボード

⇒ホワイトボードを多面的に活用し、発散されたアイデアや意見を視覚的に共有することで、当事者として前向きな意欲が湧く

⇒LMでは会議室の壁一面がホワイトボードになっていて、枠にとらわれない発想が可能になっている


●失敗やミスを次に生かす

⇒失敗やミスは「周囲と共有」し、「次に活かす」

⇒プロがしてはならないこと「1.失敗を恐れて何もしない」「2.失敗を報告・共有しない」「3.同じ過ちを繰り返す」


●「自分株式会社=アイカンパニー」の社長を宣言する

⇒自分をひとつの会社と仮定することで、経営的視点で自分のキャリアをとらえ、"選択される人材"を目指す

⇒自分株式会社のアナリストになったつもりで、「やりたいこと」「やれること」「やるべきこと」を整理する

⇒LMでは、半年に一度、アイカンパニーの計画書になる「設立計画書」「経営計画書」を作成し会社に提出する


●「マナーかるた」

⇒若手社員のビジネスマナー向上

⇒LMの事例

・(こ)合コンで配りまくるな 会社の名刺
・(と)トイレに耳あり 電車に目あり → 個人的にウケました(笑)
・(め)メールでするな 議論や批判


【感想】

◆冒頭にも書きましたように、まさに「モチベーションハック」と言うに相応しい内容だと思います。

ハックネタがわんさかで、その数70

全てが見開き2ページという潔さです(笑)。


◆しかもほとんどのページに、LMで実践されている具体例の画像があって内容をイメージしやすいのも好印象。

私が「ハックネタ+画像」の組み合わせにすこぶる弱い、というのは置いといて(笑)。

実際にはこんな感じです。

ae2c7e8e.jpg79f0d50d.jpg






字数的には少ないので、私は楽しみながら30分程度で読み切ってしまいましたよ。


◆そして私が「釣られた」カラーページの画像がコチラ。

12b0e595.jpg






全ページこんな風にカラーだったら、もっとオススメしてたかも(?)。


◆このようなハックは、全社的に導入するのは難しくとも、部や課、又はグループで取り入れてみるのも良いかもしれません。

もちろん、「アイカンパニー」という概念は、一人でも十分可能。

モチベーションというものは、このようなハックを組み合わせることによって、あげていくことができるのだと、実感させられた一冊でした。

「やる気」を生む仕組み作りのために!

使える!モチベーション仕事術―70のヒント&ツール
東洋経済新報社
リンクアンドモチベーション(著)
発売日:2007-10
おすすめ度:5.0


【関連記事】

【HACKS】「【超】WORK HACKS!」小山龍介(2007年09月12日)

「デジタル・ワークスタイル」徳力基彦(2007年05月08日)

「3分LifeHacking」山口真弘(2007年05月06日)

「TIME HACKS!」小山龍介(2007年02月21日)

「IDEA HACKS!」原尻淳一 ・小山龍介(著)(2006年07月29日)


【編集後記】

◆◆日経の広告を見て、ヨメがこの本に興味を持ちました。

外資系企業がほしがる脳ミソ―採用試験の定番!  問題解決力を試す60問
ダイヤモンド社
キラン・スリニヴァス(著)辻谷 一美(翻訳)外資系企業研究会(翻訳)
発売日:2007-09-14
おすすめ度:5.0

たまたま家にあったので、サクっと問題が出せそうなのを選んで質問。

すると先日の記事でもご紹介した、「現在の時刻が3時15分だとすると、時計の長針と短針の間の角度は何度か?」という問題をアッサリ正解されてしまったという(汗)。


◆その後、上記記事にもあった「問題12」は間違えた(私と同じく「3回」と回答(笑))ものの、他の問題では結構健闘。

ママ友達でこういうパズルが好きな人に、この本を見せたいと言っておりました。

うーん、ビジネス本ならたくさんあるのに、よりによってこういう本に興味を示すとは(汗)。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ


最近読んだ本 - livedoor Blog 共通テーマ
Posted by smoothfoxxx at 09:40
Comments(6)TrackBack(0)ビジネススキルこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51154072
この記事へのコメント
こんにちは。

わたしも、本書読みました。
(まだメルマガでは紹介していませんが。)
さらっと読める感じですよね。
Posted by 独立起業家:こばやし at 2007年10月10日 10:21
こんにちは(o^▽^o)ノ

うわぁ〜、いい本ですね。
興味津々です!

素敵な本のご紹介ありがとうございます!

早速チェックしました〜。

次回、アマゾンに本を注文するときに
買います!

耳寄り情報に感謝!応援していきますね☆
Posted by ひでへん@ちょいコガ マスター at 2007年10月10日 12:07
smoothさんこんばんは。

外資系企業がほしがる脳ミソ―採用試験の定番! 問題解決力を試す60問

これ面白そうですね!
奥様さくっととかれるあたり
只者ではないですね!

Posted by 週末起業サラリーマン・・・hikaru at 2007年10月10日 21:22
smoothさん、こんにちは。

モチベーションアップの内容を
ここまで簡潔にわかりやすく書いた本って
見たことないですね。
これは面白そうです。
Posted by LuckyUS@フォトリーダー at 2007年10月11日 00:02
smoothさん、こんにちは!

モチベーションときたら、
私の専攻分野なんで、
買いです(笑)。
Posted by ニタ@「教えて会計」 at 2007年10月11日 08:25
>こばやしさん

確かにさらっとと言うか、ライトというか(笑)。
「カタログ」的ではありますよね。

>ひでへん@ちょいコガ マスターさん

フォトリーダーにとっては瞬殺処理できる一冊ですよ(笑)。
いつも応援ありがとうございます。
私も応援させて頂きました。

>hikaruさん

「外資系企業」の本は、塾生的にはマストです!
ヨメは最近ワケあって勉強してたのでそのせいかと。

>LuckyUSさん

実は自分があまりモチベーションで苦労したことがないので、この手の本は初めてだったかも(汗)。
書店でご確認を。

>ニタさん

全て実践できる立場にいるのは、身内ではニタさんだけだと読んでて思ってました(笑)。
ニタさんには読む価値アリですね。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2007年10月11日 10:13