スポンサーリンク

2007年09月06日

【ダイエット】「いつまでもデブと思うなよ」岡田斗司夫




【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、小飼 弾さんの記事、「404 Blog Not Found:書評 - いつまでもデブと思うなよ」で拝見して購入したものの、この記事にもあるように、長らく「通常3~5週間以内に発送」状態だった一冊。

著者の岡田斗司夫さんは、「オタキング」として名高いオタクのカリスマです。

かねてから、その容姿は雑誌やBS等で拝見していたので、今回のダイエットの成果にはかなりビックリ(遍歴については、こちらをどうぞ)。


◆岡田さんの実施した方法は「レコーディング・ダイエット」というもの。

ダイエットに興味のおありの方なら必読かも(汗)。

だって、本の帯はこんななんですよ(汗)!

b762fb70.jpg










人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!



【目次】


序章 一年で五〇キロやせたよ
第1章 「見た目主義社会」の到来
第2章 ダイエット手段の格付け
第3章 助走・太る理由
第4章 離陸・カロリーを計算してみる
第5章 上昇・カロリーを制御する
第6章 巡航・いろいろやってみる
第7章 再加速・体の声を聞く
第8章 軌道到達・ダイエットの終わり
終章 月面着陸・ダイエットは究極の投資である



【ポイント】

■「レコーディング・ダイエット」とは?
◆小飼さんも記事内で書かれていないので、一応詳細についてはネタバレを懸念しております(汗)。

ただ、ここでいう「レコーディング」とは「記録」のこと。

これ以上は、岡田さんご本人のブログなんぞをご覧頂きたく・・・。

レコーディング・ダイエットのススメ:「いつまでもデブと思うなよ」


■ダイエットが成功した場合
◆本書の序章部分で列挙されている「効果」の結論部分のみ列挙します。

1.急にモテるようになる

2.自分に自信がつく

3.他人からの評価が変わる

4.自分の人生をコントロールできる

自分がドラスティックなダイエットをしたことがないためか、実感はわかないものの、上記の本の帯の画像を見れば、何となく納得(笑)。

ただ、岡田さん自身も、ご自分が太っていることで他人からどう思われているかまでは知らなかったのでした。

 もちろん、自分が太っているのは知っていた。が、たったそれだけの理由で、私に対する評価が、まず「太っているヤツ」であり、自動的に「大食い」「だらしない」「明るいけどバカ」「人付き合いが下手」……などのイメージをあてはめられてしまう、とは考えてもみなかったのだ。

これらは岡田さんがお痩せになって初めてわかったこと。

ゆえに岡田さんはこう結論づけられています。

やせることは、自分に対してできる最大の経済効果をもたらす。

そ、そこまで~???


■自分の価値を高める方法
◆また、岡田さんは、一般的な自己投資に、ダイエットや整形も含めてリスクとリターンを検証されています。

詳細は本書を読んでいただくとして、簡単に抜粋して書いてしまうと、こんな感じに。

【資格取得】⇒「ミドルリスク・ローリターン」

【整形手術】⇒「ハイリスク・ハイリターン」

そして【ダイエット】「ローリスク・ハイリターン」である、と(汗)。


◆本書ではそれに続き、色々なダイエット方法(15種類!)を「食餌系」「運動系」にわけ、それぞれについて「格付け」がなされています。

(正直、この部分を読んで初めて知ったダイエット方法もありました(汗)。)

ちなみに、「レコーディング・ダイエット」は、「ローリスク・ハイリターン」でトップの成績。

ここまで主張されると、これはやはり一度試してみる価値があるのかも・・・(汗)。


■太る理由を知る
◆本書を読んで「なるほど」と思ったところから。

・自分が太っているのは、実は「太り続けるような食事・行動を取っているから」という事実を知ること。

これは確かに言えます。

私も今よりポッチャリしていた頃は、が大好きで、「野菜や魚なんか金出して食べる人の気が知れない」みたいな暴言を、吐きはしませんが、思ってました(懺悔)。

カツ丼とか焼肉とか大好きでしたし。

岡田さんそれについて、こう言います。

 やめなくてもいいから、それが「太っている原因」だということだけ、自覚しよう

そう、まずは「自覚」するところから始まるのです。

そして「それから」については本書をお読み下さい!


【感想】

◆かつて私もややぽっちゃりしていた頃がありました。

それが、花粉症の対策として、漢方の先生に食事療法を指導していただいたところ、花粉症は完治しなかったのに、みるみる体重が減ってしまって(笑)。

確かに「肉・油モノ禁止」「甘いもの禁止」「冷たいもの禁止」と言った(本当はもっと細かいですが)教えを守っていたら、フツウ痩せますわな(笑)。

結局半年で10キロ痩せて、1年後から徐々に元のの食生活に戻したものの、今もそれほど変わりはない状態です。


◆当時は、色々なモノを食べたいという欲求以上に、食事のメニューが似たようなもの(魚定食のローテーションとか)になってしまうことが苦痛で。

ある日、「ホントにみんなこんな食事生活送っているのか」と先生に聞いてみたのでした。

すると、先生曰く、「他の人にも同じような処方をしている」のだけれど、「ここまでストイックにやれたのはキミだけだよ」

「ガーン、他の人はもっとテキトウだったのね(涙)」

何やかんや言っても、一応私は「意志が強い」方だったようです。


◆実は私も、本書を読んで以来、1日のカロリーを1500キロ以下に抑えるように調整中。

おかげで、3食3食、食べる前には必ず空腹感を感じています。

ただ、そうするためには、「大胆に食事を残す」とか、「間食はできるだけ取らない」といった、一種の「努力」も必要なんですよね。

私は学生時代に食費を削って、服やレコードを買っていたような人間だからできますが、食べることがお好きな方が「記録」するだけで、果たしてそこまでできるのか(汗)。

少なくとも「食べるの大好き」なウチのヨメやムスメには絶対ムリっぽいです。


◆岡田さんもその辺のことは承知の上で、「助走」「離陸」といった、「段階を踏んだ流れ」を主張されているのではないか、と。

私も実際にちゃんと、この「レコーディング・ダイエット」の決められた「作業」をしたわけではないので、効果のほどは断言できません。

ただし、そもそもBMI数値20.4の人間であるワタクシに、ダイエットの必要があるのか疑問(笑)。


新しいダイエットのカタチ!



【関連記事】

「人はなぜ太るのか」岡田正彦(2007年02月05日)

「プチクリ!」岡田斗司夫(2006年07月10日)


【編集後記】

◆ムスコが一昨日から、ムスメと同じ保育園に通っております。

ただ、そこでも生後半年以内の赤ちゃんは少ないため、子供達にムスコ大人気(笑)!

結構ニコニコしていることが多いので、パンパンなほっぺたを、みんなから指でツンツンされたりしてるようです(笑)。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「健康」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ


最近読んだ本 - livedoor Blog 共通テーマ
Posted by smoothfoxxx at 07:09
Comments(11)TrackBack(2)健康このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51117517
この記事へのトラックバック
今回のフォトリーディングのターゲットは 岡田斗司夫さんの『いつまでもデブと思うなよ』です。 1年で50Kgものダイエットに成功した著者が送る、最新ダイエット法。 これまでいろいろなダイエット法に挑戦しては、敗北を続けてきたのに、なぜこのダイエット法は驚くほど...
【LifeHack】いつまでもデブと思うなよ@岡田斗司夫【フォトリーディング@Luckyになる読書道】at 2007年09月06日 22:25
 健康上や美容上の必要性から、ダイエットを考えている人は多いであろう。既に色々なダイエットを何回も試みられた方もいるかもしれない。ここでは、何回もというのがミソであり、...
いつまでもデブと思うなよ【時空の流離人(さすらいびと) (風と雲の郷...】at 2010年09月24日 17:41
この記事へのコメント
smoothさん、おはようございます〜!

タイトルからしてとても惹かれます。
運動指導に携わるものとしてはさっそくクリック☆
自覚をする、記録をする、ストイックにやる(笑)、
というのはダイエットのみならずいろんな場面で応用できそうですね。
Posted by ニャロメ at 2007年09月06日 07:43
smoothさん、こんにちは!

わたしも、去年ぐらいまでは、けっこう真剣にやってました。1500だと、厳しいですよね。ファミレスでは、一食で超えるメニューもありますし。

でも、最近、ちょっと、ヤバイので、
ダイエット復活しようかとも。

Posted by ニタ@「教えて会計」 at 2007年09月06日 08:30
著者を最近テレビで見て、あまりの変貌ぶりに驚いたものでした。
病気でもしたのかと(笑)
以前お会いしたときSmoothさんはダイエットに無縁の方だと思っておりましたが、やはりわれわれの年代になると皆さん気にせざるをえませんね。
これまで本屋では素通りでしたが、今日昼にでも手にとってみよう。
それから仙台ブログランキングも応援ありがとうございます。(笑)最近どうにもこうにも忙しくて、ランキングの店じまいも考えたのですが、ランキングは今年一杯続けることにしました。

Posted by マチスケ at 2007年09月06日 10:20
一年で50キロはすごいですよね^^;
まあそれだけ太っていたってことですよね。

私は結構たべてるつもりでも、
逆に減ってたり^^;
夏場はもっと食べないとですね。

応援くりっく!ぽちっ
Posted by 笑顔整体 健康の知恵袋:院長 at 2007年09月06日 11:58
すごいですねぇ〜

一年で50キロとは!

でも確かにダイエットは健康にもいいし、
見た目もいいし、ローリスクハイリターンですよね。
Posted by イヴォンヌ at 2007年09月06日 12:40
smoothさんが、元ぽっちゃりだった話にビックリ!
ものすごくスマートなお坊さん体型ですよね?!

BMI数値が20もありますか???
ぜったいそんなにないと思うのですが。
(私ですらありません)
そう、この本、ちょっと気になってました。
でも、ダイエットの基本は「食べすぎない」「運動する」に尽きるのかなぁと。

Posted by mami at 2007年09月06日 16:26
smoothさんこんにちは。ダイエット本ですか!やはりインプットを制限することが一番の近道なんですね。だから私はやせないのか!食欲旺盛なんですよね。困ったものです。
Posted by 週末起業サラリーマン at 2007年09月06日 20:46
smoothさん、こんにちは。

記事がかぶりましたね。
BMIは僕も約20とほぼ一緒で、この本を読んで
実践することも無いのに買っちゃってます。
紹介のポイントが全然違うのが面白いですね。
後ほどトラバさせていただきます。

Posted by LuckyUS@フォトリーダー at 2007年09月06日 22:06
男性の書いたダイエット本が新書で売られる時代なんですねー。
まずそっちに驚きが・・・
確かに電車でもぽっちゃり系のサラリーマンを多く見かけます。
smoothさんも花粉症改善のためでも、ダイエットしていたなんてびっくりです。

>1日のカロリーを1500キロ以下

って、どうやってきちんと計算されているんですか?そのマメさに脱帽ですぅ。


Posted by ビルダーナース at 2007年09月06日 23:06
>ニャロメさん

お買い上げありがとうございます(涙)。
本書の中では、特に「記録する」ことの重要性を学べたような気がします。

>ニタさん

1500のためには例の「フィット・フォー・ライフ」でいくですよ(笑)。
朝はフルーツ・ジュースのみ。

>マチスケさん

お忙しいところコメントありがとうございます。
2つとも連打しておきましたから(笑)。
マチスケさんは、キャラ的に今のままの方がよろしいような気がしますけど・・・。

>院長サマ

確かに50キロやせるには、もともとが100キロ以上なきゃ、ですよね(笑)。
個人的には、医学的な見地から、この「レコーディングダイエット」がどうなのか知りたいところです。

>イヴォンヌさん

見た目は著者の岡田さんを見る限りでは、えらく変わりますよね。
自分も今より10キロ太ってたら、結構違いそうな(汗)。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2007年09月07日 06:37
>mamiさん

BMI20あるんですよー。元々骨太なので、見た目より体重はあるんですよね。
本書では、運動についてはおいといて、いかに「食べる量を制限するか」にポイントが置かれております。
いずれにせよ、mamiさんには不要(笑)。

>hikaruさん

食欲旺盛なのは、健康な証拠ですよ(笑)。
ムスメも食べまくってますし。

>LuckyUSさん

トラバありがとうございます。
チョット前に出た本なのに、同じ日に紹介するとは奇遇ですよね。
しかもお互いダイエットの必要が(笑)。

>ビルダーナースさん

普通の男性じゃなくて、デブキャラだった岡田斗司夫さんだからこそのインパクトなのかと(笑)。
1500以下にするには、「朝と昼でいかに押さえるか」がキモです。
昼はたいていコンビニ飯なので、カロリーがわかります。

Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2007年09月07日 06:44