スポンサーリンク

2007年07月10日

【伝説】『「伝説の社員」になれ!』土井英司




【本の概要】

◆今日ご紹介するのは、エリエスの土井英司さんの2冊目のご本。

一昨日の「当ブログの2007年上半期ランキング」で2位に輝いたにもかかわらず、実は読んでからの記事を書いていなかったという一冊です(汗)。

本書も発売2ヶ月でもう10万部突破

このブログでも、読者さんの多くが、既に購入されているのではないでしょうか?


◆私はつい最近まで(二人目ができるまで)、頻繁に土井さんのセミナーに顔を出し、色々と話を聞いておりました。

著者を目指しているワケでもないのに、出版マーケティングセミナーにも何度か参加しておりますし(笑)。

特に目的等があったわけではなく、単純に「面白かったから」なんですけど。


◆本書は、そんな土井フリーク(?)なら、「そうそう」とうなずく部分もあり、また、2年以上接してきた私でも、「初めて知った事実」もあり、と、内容的には波乱万丈(?)。

もちろん、「土井英司って誰?」という人でも、読めば圧倒される可能性大!

これから社会に出る学生さん、入社3年目で転職を考えるビジネスパーソン、もちろん、今後のキャリアを考えるお父さんにも「ぜひ読んで頂きたい一冊です!」←土井さんのマネ(笑)。


人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!



【目次】

第1章 自分の値段は自分でつける!
 あなたの「代金」は高いか安いか
 若かろうと平社員だろうと「経営者アタマ」で仕事する ほか

第2章 付加価値をつければ人生が変わる!
 人生はすべて「仕入れ」で決まる
 「頭を下げる仕事」だから見えてくるもの ほか

第3章 最強の自分マーケティング
 日本車も、外国に行けば外車になる
 複数のキャリアを組みあわせて「わらしべ長者」になる ほか

第4章 「伝説の社員」になれ!
 「一億円あったら?」という妄想は人生を映す鏡
 最後に勝つのは能力より「バカになれる情熱」 ほか



【ポイント】

■大きな視点で仕事を見つめる
⇒必要なのは、出世したり、高い給料を追い求めることではない

⇒一生を通じて自分がケアし、それによって自分も成長できる対象を見つけること

(参考書籍)



■転職することについて
⇒転職は、今いる会社で実績を積み、「伝説」をつくってからでも遅くはない

「社内転職」は、危ない橋を渡ることなく自分がやりたいことをやる、一番の近道


■好きなことを仕事にする
⇒まずは自分が好きなことの中身をよく検討する

⇒旅行が好きだからツアーガイドをやりたい、グルメだからレストランの企画をやりたい、という人は、それらを提供するのがすきなのか、されるのがすきなのかをよく考えること


■教育ATM機説
⇒お金はためるより、自分の価値を高めるために使ったほうが、あとで何倍にもなって戻ってくるので、はるかにトク(学んだ内容や知恵は、必要になったらいつでも引き出すことができるから)

人への投資も、教育ほど自在ではないが、必要なとき引き出せるATM機のようなもの


■5%の法則にあてはまる人材になる
⇒ノウハウを聞いても、実践するのは2割で、さらに継続できるのはその中の2割(約5%)に過ぎない

⇒成功する5%の法則に当てはまる人になるには、聞いたことを実践し、習慣にすること

⇒自分が5%の人間になるとともに、5%の他人を見つける


■自腹を切って「仕入れ」する
⇒接待でも、自腹を切って会社の経費に上乗せするという発想があってもいい

購入する人が少ない(情報の希少性が高い)という理由で、高価な本には価値がある


■失敗を生かす
⇒成功する方法は明日には陳腐化するが、失敗の要因はいくつかにまとめられるので、成功したければ、それを分析する

⇒何かしら成功をしたあとは、会社が大目に見てくれるうちに小さな失敗を「実験」しておく(データを集める・・・ex神田昌典さん、竹田陽一さん)


■自分マーケティング
「自分はどんなことをほめられたら、いちばん嬉しいのか」がわかれば、自分の才能は開花する


■未来をつくるポイント
⇒誰もが思っていることを、どうわかりやすく表現するか

今までにあったものを、現代的なものにどう結びつけるか


■「使える」ビジネスマナー(抜粋)
●相手が年下でも敬語を使う

●この仕事によって、相手にどんなメリットがあるか考える

●複数の人がからんできたときは、紹介者の顔を立てる



■自分の長所について
⇒人は理想の人物に憧れ、少しでも近づこうとするが、それは、自分らしさを磨くことを忘れて他人になりたがっているということ

自分の個性、資質が自分にとっていちばん価値が高い

他人から見たイメージ自己イメージが合致すると、そこからすごいパワーが出てくる

⇒気づくべきは、「受け入れられたい自分の長所」ではなく、「すでに受け入れられている長所」


【感想】

◆自分でまとめてみて、「アレ(汗)」と思ったんですが、今回の「ポイント」は、他の方がピックアップした(するであろう)部分と若干ズレているかもしれません。

本来ならば(?)、「薄給に耐えて、猛烈に仕事をして、自分に付加価値をつける(=「伝説の社員」になる)」というところがメインであるべきなんでしょうね。

まぁ、それももちろん大事なんでしょうけど、ワタクシ的には本書のもうちょっと奥深い部分(?)に注目しております。


◆何て言うか。

「大きな声で言った部分だけが、必ずしも大事なワケじゃないよ」と言うこと。

言い換えれば「さりげなく小さな声で大事なコト言ってませんか?」って思ったんですよ。

もっとも「大事」なんてモノは、人の価値観によってそれぞれ違って当然ですけど。

私の場合、幸か不幸か、セミナーで土井さんの話をかなり聞いていたので、どうしてもセミナーでビビビと来たところに影響を受けているわけでして。


◆ちなみに、上記のポイントの一番最後の「長所」のお話を読んで、以前、土井さんのセミナーで紹介されたこの本の事を思い出しました。


自分では紹介記事を書いていないので、同じ土井セミナー仲間だった、tenさんの記事を(他力本願)。

「そんな新事業なら、やめてしまえ! セルジオ・ジーマン(著)」@10倍ブログ(自己啓発編)

このtenさんの記事の内容と、上記ポイントで抜き出した部分を読むと、「なるほどー!」となりませんかね(笑)?

もっとも、この本自体読んでないと、あまりピンとこないかもしれませんが(この本、マーケットプレイスでウソのような値段で売られているので、まだの方はご一読を!)。

なお、この土井さんの「クリエイティブ講座」(これまたtenさんの記事を拝借しております)は、途中の卒業生として、キーワードマーケティングの滝井秀典さんや、著作が出まくっている吉野真由美さんを輩出しております(汗)。

毎回グループワークの採点結果を挙手させていて、1回目のトップはダントツで吉野さんでした(今考えたら当たり前(笑))。


◆というワケで、本書はあくまで個人的には、「自分磨きのバイブル」と位置づけております。

土井さんの苦労話もインパクトありますが、そういうものが一切書かれていなくても、私にとって、本書のコアエッセンスは変わりません。

自分マーケティングや、自分ブランディングに興味のある方なら、一読の価値アリです!

tenさんや私がボロボロになって(笑)セミナーで仕入れたネタが、さりげなく(笑)ちりばめられております。

まだの方はお早めに!



【関連書籍】


⇒土井さんと同じく「自己投資の鬼」である鮒谷周史さんの本。

(このブログでの記事:「仕事は、かけ算。」鮒谷周史



⇒土井さんと対談CDも出している、同じく「ビジネス書&自己投資好き」本田直之さんの新刊

(このブログでの記事:「レバレッジ・シンキング」本田直之


会社でチャンスをつかむ人が実行している本当のルール
ディスカヴァー・トゥエンティワン
発売日:2007-06-15
おすすめ度:4.0

⇒「伝説」以前に、社内でのし上がるには、この本は必読!

(このブログでの記事:「会社でチャンスをつかむ人が実行している本当のルール」福沢 恵子,勝間 和代


【編集後記】

◆昨日、仕事の合間に新橋の某書店を覗いたところ、上でご紹介した本田直之さんの本のコーナーが、レジ脇にドーンとできていました。

こんな感じ(笑)。

レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書 ほ 2-1)レバレッジ・リーディングパーソナルブランディング 最強のビジネスツール「自分ブランド」を作り出す
Amazy

さすがにレジのまん前で、携帯カメラで撮るわけにはいきませんでしたけど(汗)。←ヘタレ


◆そういえば、いつもお世話になっている聖幸さんのブログでの上半期ランキングには、本田さんの本が3冊もランクインしていましたね。

リアル書店でも本格的なブームの予感!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ブランディング」へ

この記事のカテゴリー:「ビジネススキル」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ


おすすめの本 - livedoor Blog 共通テーマ
Posted by smoothfoxxx at 07:32
Comments(15)TrackBack(0)ブランディングこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51061402
この記事へのコメント
smoothさん、こんにちは!

記事書いていなかったんですね。
セルジオ・ジーマンさんの本は、自分も読んでいたような?
確か、本棚にはありました。
未読だかチェックしてみます。

Posted by ニタ@「教えて会計」 at 2007年07月10日 08:29
smoothさん、こんにちは。

ここで来ましたか。
この機会に自分やトラバいただいた方の
エントリーも再読してみました。
確かに他の方と紹介のポイントが少し違いますね。
さすが土井フリーク(^^)

Posted by LuckyUS@フォトリーダー at 2007年07月10日 10:09
smoothさん、こんにちは!

私個人的には9年目のブレークを示唆されている土井さんに励まされました。
転職して9年目なもので、私にも当てはまるのかと(笑)。
自分ブランディングのことを話されているCDもとてもいいですよね〜。
オマケとは思えない充実ぶりに感謝感謝です☆
Posted by ニャロメ at 2007年07月10日 10:29
こんにちは。

あれ、紹介していませんでしたっけ?
紹介されてなかったんですね。
時期をずらしての紹介は、珍しいですね。
何か狙いなどはないですよね(笑)

Posted by 独立起業家:こばやし at 2007年07月10日 10:56
smoothさんこんにちは。土井さんとムギさんは、リアル書店でも一等地においてあります。相当うれてるんでしょうね。そういえば土井さんのCD実はまだ聴いてないんですよね(汗
Posted by 週末起業サラリーマン at 2007年07月10日 15:36
紹介してなかったんですね。

高い本はやはり希少価値は高いですよね。
高いものはそれだけの内容が入ってますしね。

応援クリック!ぽちっ
Posted by 笑顔整体 健康の知恵袋:院長 at 2007年07月10日 18:51
こちらは土井さんを生で拝見する前に読ませてもらいました。
「武士道」のサラリーマン版みたいだなぁと思い、土井さん=カッコイイ人なんだと認識してから講演を聞きました。
話し方も切れ味抜群で、カッコイイ生き方をされている方だとすっかりファンに。
この本のような仕事の仕方をしている人が周囲にいればすぐホの字なのですが、現実はなかなか・・・。
ってことで自分がそうなれるよう頑張ろうと思います。
ますます素敵な男性から遠ざかりそうですけど(笑)

Posted by ビルダーナース at 2007年07月10日 23:22
>ニタさん

そうそう、ジーマンの本は、ニタさんは記事にされてましたよ(笑)。
私が勧めたのに、自分は書いてないという(汗)。

>LuckyUSさん

本書のポイントについては、土井さんに聞いてみないと、ホントのところはわかりませんけどね(汗)。
皆さん、自分なりの「重要点」があっていいかと(笑)。

>ニャロメさん

そういえば、私もこの業界にそまって9年くらいになります!
・・・全然違う方面でブレイクしそうな予感(笑)。
CD、実は元ネタのセミナーに出てるんで、まだ聞いてないんです〜!

>こばやしさん

読んでからの記事は今回が初めてでした。
狙いはあるかもしれません。
ないかもしれません(笑)。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2007年07月11日 00:57
>hikaruさん

土井さんもムギさんも10万部超えだそうです。
そしてCDは上記の通り私も(汗)。

>院長サマ

自分的に値段の高い本と言えば「影響力の武器」。
まぁ、中身から言ったら安すぎですが(笑)。

>ビルダーナースさん

土井さんの声はいいですよね〜。
適度にスピードがあって・・・っていつもCDは倍速で聴いてるので、ホントはもっとゆっくりなのか(汗)?
この本のようにビルダーナースさんが働いてらしたら、ファンもたくさんできちゃうと思います。
私も負けずに頑張りたいと思います!
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2007年07月11日 01:03
smoothさん

私のブログへのリンクをありがとうございました。なかなか継続しなくて。。。

クリエイティブ講座出身の方で本を出されたのは他にも3人いらっしゃるのですが、ご本人も土井さんも表立っては言っていないようなので、書くのは控えます(私のブログでは所々に書いちゃいましたけど)

Posted by ten@10倍ブログ at 2007年07月11日 16:22
>tenさん

おぉ!後3人もいらっしゃいましたか!
そういう意味では、なかなかスゴイ面子だったんですね!
ボロボロになっても気にすることなかったか(笑)。
んで、そろそろtenさんもでは?
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2007年07月11日 22:57
smoothさんこんにちは。

昨日また引き寄せられる様に本屋へ。
仕事をかけもちし始めて12時間働く日が続いてた為ぼーーっと棚を眺めてたら
土井さんの本が光ってましたので読む時間がとれないのにソッコーGetしました(^_^;
…読む時間がないのに
箱田さんの本も光ってたのでGetしました(笑)
Posted by 瑠璃 at 2007年07月14日 14:31
>瑠璃さん

そんなお疲れの中、本を買われるなんてサスガです。
私は買っても読まない本とか結構あるんで、お恥ずかしい限り(汗)。
箱田先生も多作ですよね。
なのに私はまだ1冊も読んでないという(汗)。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2007年07月15日 13:20
smoothさんのご紹介が上手な上お人柄が好きだから名著をスルーしないですんだんだわと出逢いに感謝デス(^^)
…ほかのブロガーの方々の書評を偶然読みましたが断然とっぷでした(*'-^)
Posted by 瑠璃 at 2007年07月15日 15:36
smoothさん、こんばんは!
> ●相手が年下でも敬語を使う
私はそうしています。会社に入った当時、誰にでも敬語を使う先輩がいて、とても違和感を感じたのですが自分もそうするようになっていました。不思議です。

(私もこちらの本の紹介がまだできていません・・・。)
Posted by 手文庫@ビジネス書で問題解決 at 2007年07月16日 01:12