スポンサーリンク

2007年05月27日

【はがき道】「お客様の心に響く直筆三行はがき術」沼澤拓也


お客様の心に響く直筆三行はがき術
東洋経済新報社
発売日:2007-04
おすすめ度:5.0


人気blogランキング応援ありがとうございます!

【本の概要】

◆おはようございます、smoothデス。

今日お届けするのは、久しぶりにカテゴリ「手紙・お礼状」に属する一冊。

自分が大好きなジャンルとはいえ、滅多に本が出版されないので、捕獲したら即ご紹介です(笑)。


◆著者の沼澤拓也さんが出すはがきの枚数は、何と年間6000枚(汗)。

これはもう自分と向き合う修行僧の域に達しているかと。

筆不精の人こそ必見デス(汗)!


【目次】

第1章 なぜ、はがきか
第2章 はがきが顧客をつないでいる
第3章 真心のはがきを作る役者たち
第4章 はがきが変化をもたらした―実践者たちの手記(1)
第5章 はがきの力を感じる時―実践者たちの手記(2)
巻末付録 お客様に「想い」を伝えるこの三行



【ポイント】

■はがきの良い点

⇒相手の都合で読むので精神的な負担が少ない

⇒メールにはない「表情」がある


■はがきは踏み絵?

⇒自分と継続的に関われる人は誰なのかを知る

⇒返事をくれるのは3割

⇒相手を思う気持ちを失うと、相手の心を動かすことは難しい(契約が欲しいと思って書いたはがきほど、その下心が相手に伝わる


■3つの試練

●見返りを求める気持ちに打ち勝つ

●楽したい気持ちに打ち勝つ

●契約への焦りに打ち勝つ


■実践的テクニック

●どんなはがきを使う?

⇒1面絵か写真の絵はがき(宛名は裏面の半分)

⇒絵柄面が横書きなら、宛名も横書きのもの(読みやすい)


●どんな絵柄(基準)?

季節感を大切にする

⇒送る相手や自分に関係のあるもの


●印鑑・スタンプ

落款を使うと、相手も捨てにくい

⇒自分の似顔絵スタンプというのもアリ


【感想】

◆久しぶりにポイントを列挙してみました(笑)。

これで出先からでも確認OK・・・ってそこまではしないか(笑)。

でも、確かに付箋は貼りまくりましたよ(「手紙オタク」なので)!


◆本書で言う「三行はがき」とは厳密に「三行で書く」というものではないそう。

ただ、本書のように絵はがきの半面に書くとして、挨拶文と結びの文を除けば、実質三行程度しか書くスペースはありません。

そしてこの三行に、何を「込める」かが問題。


◆沼澤さん曰く、「ここに書き手側の真意がチラチラ見え隠れする」のだとか。

つまり、ちょっとでも売り込みをかけたら、それはもう単なるDMにすぎない、と。

この辺は、他の「はがき・手紙」本と比べてもかなりストイックです。

(ちなみに、他の手紙関係の書籍については、カテゴリ「手紙・お礼状」をご覧下さい)


◆その結果、「はがきのやり取りだけで良好な関係」になって「相手から声をかけてもらえる」には、

私の経験からすると、最初のはがきを出してから、大体1年から1年半くらい、はがきのやり取りの回数で言えば5回〜6回でしょうか

ということになります。

思いっきり農耕型ビジネスのような(汗)。

・・・私のように売り込むものがないと、それでもいいんですが。


◆4章と5章では、実際にはがきを活用されている方の体験談が計10名載っていて、これはこれでかなりの説得力。

保険の営業の方が多いのは、私自身、Kさんの手紙で「落とされて(?)」保険に入ったことからも、ある意味当然かと。

実際、私も商品なんかよく調べないで、Kさんの保険に入っちゃいましたもん(笑)。


◆ポイントで出てきた「落款」は私も使ってます。



こんな簡単なものでも、押すとそれなりに雰囲気出るんですよ(笑)。


◆「巻末付録」フレーズ集は、そのまま使っちゃってもいいでしょう。

結局、本書で推奨しているのは、DMやセールスレターではありません。

「何を書くか」はあまり大事ではなく、「はがきを出しているか否か」が大事ではないか、と。


まずは実践あるのみ!

お客様の心に響く直筆三行はがき術
東洋経済新報社
発売日:2007-04
おすすめ度:5.0


【編集後記】

◆昨日、私の休日出勤中に、ムスメはヨメとホットケーキを作ったそう。

86a89480.jpg






ムスメの場合、「料理好き」なのか、はたまた「料理を食べるのが好き」なのか、ビミョウですが(汗)。

まぁ、どっちも好き、ということで(笑)。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「手紙・お礼状」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ


おすすめの本 - livedoor Blog 共通テーマ
Posted by smoothfoxxx at 09:19
Comments(7)TrackBack(0)手紙・お礼状このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
この記事へのコメント
smoothさんこんにちは。
ゴム印の落款なんかでも雰囲気でますでしょうか?
私も作りたくなりました^^
Posted by 週末起業サラリーマン・・・hikaru at 2007年05月27日 11:04
保険代理店の方の手紙は
感動の域にまで達してました。

私はマイフォント多用しまくり
ですけど。ヾ( ´ー`)

Posted by ヨシザワ at 2007年05月27日 15:44
沼澤拓也さんの本ですか。
もうかなり前ですが、
講演聴いたことあるんですよ。

まだバイトしてたりするころですから、
ほんとかなり前ですが^^;
そのときわけもわからず、
仲間内だけの懇親会にも参加しました。

はがきは内容はどうであれ、
まず出すことですね。

応援クリック!ぽちっ
Posted by 笑顔整体 健康の知恵袋:院長 at 2007年05月27日 20:02
>hikaruさん

私の落款は思いっきりゴムですぜ(笑)。
smooth父作のオーダーメイドです。


>吉澤さん

相手を契約させるだけなら、まぁまぁの手紙でもいいのでしょうが、それを口コミレベルになるまで仕上げたのが、例のKさんの凄いところで。
「見せて回るから送って」と言えば、喜んで送ってくれるかも(笑)。

>院長サマ

おぉ!院長サマスゴイですね!
私も機会があれば、講演を聴いてみたいと思ってたんですよ。
確かにこれこそ「実践あるのみ」ですよね!
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2007年05月27日 22:02
smoothさん、こんばんは
三行ですか、前に七行はがきというのがありました。知る人ぞ知るのDMの元祖さんです。あれを読んで感心したことがありましたが、三行だともっと短い、きっと付箋を貼りまくる濃さがあるんでしょうね。さっそくチェックしてみます。
Posted by マチスケ at 2007年05月27日 22:05
smoothさん、こんばんは!

いつの間にかタイトルに[タグ]入ってますね(笑)。はがき、出した経験ほとんどないです^^;もらうと嬉しいんですが、いざ自分から出そうとするとなかなか…となりますorz
Posted by 淺田 義和@創造マラソン at 2007年05月27日 23:09
>マチスケさん

>七行はがき

指摘されて思い出しました。
梅宮さんの本ですよね。
以前、ここでも紹介していたのに、上記カテゴリに入ってませんでした(汗)。
調べたらカテゴリ指定がどこにもされてなかったというアリサマ。
ありがとうございました!

>淺田さん

タグは気まぐれでつけたのですが、今日の記事に無かったので、急いでつけました(いいかげん)。

今の若い世代からみたらアナログでしょうけど、だからこそ効果があるんですよ(笑)。


Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2007年05月28日 07:17