スポンサーリンク

2007年05月19日

「お金持ちになる人、ならない人の仕事術」ブライアン・トレーシー


お金持ちになる人、ならない人の仕事術
アスコム
ブライアン・トレーシー(著)弓場 隆(翻訳)
発売日:2007-03-30


人気blogランキング応援ありがとうございます!

【本の概要】

◆おはようございます、smoothデス。

今日お届けする一冊は、ご存知(?)、ブライアン・トレーシー先生の自己啓発本。

ずい分前に買ったのに、放置しておりました(汗)。

上の記事でも書いたように、薄い割にはホント中身は濃いです(汗)。


【目次】

●1章:「お金持ちになる人は、運を味方にする!」は、大まちがい。
●2章:「屈辱をバネにして相手を見返せ!」は、大まちがい。
●3章:「強い信念を持っている人が成功する!」は、大まちがい。
●4章:「裕福な人ほど心は貧しい!」は、大まちがい。
●5章:「まずは業界のトップをめざせ!」は、大まちがい。
●6章:「仲間はいつまでも大切にしろ!」は、大まちがい。
●7章:「ブレのない人が信頼を集める!」は、大まちがい。
●8章:「トラブルは未然に防げ!」は、大まちがい。
●9章:「ビジネスに熱い感情はいらない!」は、大まちがい。
●10章:「貯蓄より、まずは自分へ投資しろ!」は、大まちがい。 



【感想】

◆まず念のために書いておきたいのが、上記の目次のこと。

ちょっと見、一般的に常識と思われていることについて、真っ向から否定しているように取れないこともないタイトルが並んでいます。

原書がそうなのかどうか確認してみたところ、少なくともこういった「意表をつく」ものではない模様。

(参考:「Change Your Thinking, Change Your Life: How to Unlock Your Full Potential for Success And Achievement (ペーパーバック)」の目次部分

うーん、これって結局最近流行り(笑)のタイトル付けか(汗)?


◆例えば、第3章の『「強い信念を持っている人が成功する!」は、大まちがい。』

一見、「信念はいらないのか(汗)」と思っちゃいそうなタイトルですよね。

ところが、第3章の該当項目につけられた小見出しは「信念など、後からいくらでも身につけられる」(汗)。

「え?やっぱり信念はいるの?」と混乱してしまう人が続出しそうな気も。


◆そして各項目ごとに付いているその項目のまとめ(『成功へのアドバイス』)を引用するとこうなります。

今、強い信念がなくても問題ない。これから持てばいいのだ。まず、心の持ち方をポジティブにしよう。自分は必ず成功するという信念を持つことが成功への第一歩だ。

・・・ということで、タイトルを修整するとこんな感じに。

3章:「(今、)強い信念を持っている人が成功する!」は、大まちがい。(カッコはいらないですか(汗)?)

基本的に、目次のタイトルについては、ほぼ全てこんな感じ。


◆・・・と、ちょっとネガティブ(?)な事を延々と書いてしまいましたが、本書は目次以外の部分については、「実は非常に"買い"」です(マジで)。

書かれている内容も、目次とは裏腹に(?)極めて真っ当ですし、ページ辺りの付箋の数は、私が読んだ自己啓発系の中でも屈指

各章ごとにまとめもあって、非常にコンパクトにまとまっています。


◆参考までに、数ある付箋を貼ったポイントの中からいくつか。

●成功と幸福の最も重要な法則のひとつは、自分でどうしようもないことに怒りや不満をためこんではいけないということだ。

●より多く失敗すればするほど、より早く成功する。失敗は成功にいたる準備段階なのだ。

●成功者と人脈を作る最も簡単な方法は、その人が最近あげた業績についてお祝いの手紙を書くことだ。

●見返りを求めずに与えれば与えるほど、ますます多くの見返りが最も予期しないところから得られる。

●問題解決能力を高めるひとつの方法は、問題を正確に紙に書いて考えることだ。

手軽に読めて、お腹いっぱいデス!



【編集後記】

◆先週末の画像なんですが、義姉さん夫婦に連れて行ってもらった牧場でのそり滑りの模様を。

cf7fc594.jpg






ムスメ、まだオムツ星人なんですが、怖くないんですかね・・・(汗)。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「自己啓発・気づき」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ


読んだ本 - livedoor Blog 共通テーマ
Posted by smoothfoxxx at 09:19
Comments(12)TrackBack(1)自己啓発・気づきこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
この記事へのトラックバック
●自己啓発系では大家のブライアン・トレーシーの最新刊。 158ページと薄いが、中身は極めて濃い。 ●自分が一番取り入れようと思ったのがコレ。 「成功者と人脈を作る最も簡単な方法は、その人が最近あげた業績についてお祝いの手紙を書くことだ。」 確かに、「お礼...
お金持ちになる人、ならない人の仕事術【ビジネス・ブック・アーカイブ】at 2007年06月19日 21:29
この記事へのコメント
こんにちは。

ひねってますよね。
内容は、しごくまっとうです。
ブライアン・トレーシー氏の本は、だいたいこんな感じの印象がありますね。
Posted by 独立起業家:こばやし at 2007年05月19日 10:58
smoothさんこんにちは。今回の書籍もいいんですね!是非 ゲットしたいとおもいます。
Posted by 週末起業サラリーマン at 2007年05月19日 15:08
さすがアスコム。

日本人著者で同じタイトル付けを
やられたら、相当なバッシングが
起きるかも。ヾ( ´ー`)
Posted by ヨシザワ at 2007年05月19日 16:06
>こばやしさん

確かに「しごくまっとう」ですよね〜。
もっと素直なタイトル付けして欲しいと思うのは、ビジネス本なら何でも買っちゃう私たちだけなんでしょうか(笑)?

>hikaruさん

良くまとまっているので、紙に書いて壁に貼るといいですよ(笑)。
ウチは嫁の手前できませんが(汗)。

>ヨシザワさん

えー、誰とは言いませんが、ウチのブログで紹介した本でも、コレに近いタイトル付けしてた本ありましたよ(笑)。
ヨシザワサンも次作では是非(ウソ(笑))!
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2007年05月19日 16:14
ブライアン・トレーシー氏の本ですか。

一つの共通項目での内容が多いように感じますよね。

応援クリック!ぽちっ
Posted by 笑顔整体 健康の知恵袋:院長 at 2007年05月19日 20:03
smoothさんこんばんは。
首を長ぁくしてお待ちしておりました。
早い時期に私の望みをかなえて下さってありがとうございました♪♪
でもでも…smoothさんのご紹介記事なら今回の記事の三倍の長文を拝見したかったデス<(_ _)>
Posted by 瑠璃 at 2007年05月20日 00:03
smoothさん、こんにちは。

娘さん、かっちょいいです。
大人はコケてころがる想像をしてしまうんでしょうね。

おむつ星人ですか・・(^-^;

うちの犬も土手の下り坂を全力疾走で走っていきます。
こけたら3回転はしそうなんですが・・
Posted by たなか@心レベル at 2007年05月20日 00:28
smoothさん、こんばんは!

実はブライアン・トレーシー、一冊も読んでいないと言う(汗)。手元に「カエルを食べてしまえ」があるので、まずはその辺から手を付けておきます^^;
Posted by 淺田 義和@創造マラソン at 2007年05月20日 01:00
>院長サマ

記事にも書きましたように、内容盛りだくさんでございました。
他の本をお持ちでなければオススメかと。

>瑠璃さん

この時期、この3倍の長さの記事はなかなか難しくて(涙)。
もっとも、皆さん色々なサイトをご覧になる以上、できるだけ長文にしないよう心がけるつもりですが(笑)。

>たなかさん

ムスメは単に怖いもの知らずなだけかと(汗)。
セバスチャンが転げまわる図はmそれはそれで可愛いかも(笑)。

>淺田さん

私も自己啓発系は、それほど多く読んでいるわけではないです。
ブライアンさんも、実はこの本が初めてという(汗)。




Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2007年05月20日 16:22
smoothさん、こんばんは。ニャロメです。

今回の本、いつもその薄さに?
「またそのうち買おうかな」と思っていたのですが、
明日さっそく買いに行きます(汗)。
タイトルと中身に混乱しないように、じっくり読みますね!
Posted by ニャロメ at 2007年05月20日 22:48
smoothさん、こんばんは!
目次はインパクトありますね。賛成する人と反対する人、どちらも惹きつけそうです。
内容は確かにまっとうですね。目次と大きなギャップを感じます。
Posted by 手文庫@ビジネス書で問題解決 at 2007年05月20日 23:42
>ニャロメさん

タイトルで敬遠されていたらもったいないですが、このタイトルで気になって手に取る人もいるんでしょうね〜。
ぜひ書店で一読を!

>手文庫さん

ハイ、とても真っ当です(笑)。
真っ当すぎるので、あえてこのタイトルにしたのかもしれませんが(汗)。
Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文 at 2007年05月21日 06:49