スポンサーリンク

2007年04月14日

「ネットで稼ぐ発想術」石崎秀穂


ネットで稼ぐ発想術
シーアンドアール研究所
石崎 秀穂(著)
発売日:2007-01-26
おすすめ度:4.0


人気blogランキング応援クリックありがとうございます!


【はじめに】

◆おはようございます、smoothデス。

今日お届けするのは、石崎秀穂さんの最新作。

フト気が付いたのですが、過去2冊もこのブログでご紹介していました(笑)。

人とお金が集まるブログ作りの秘伝書
シーアンドアール研究所
石崎 秀穂(著)
発売日:2005-07
おすすめ度:4.5

(参考:「人とお金が集まるブログ作りの秘伝書」 石崎秀穂 (著)

とっておきの秘技 もっと人とお金が集まるブログの秘伝書
シーアンドアール研究所
石崎 秀穂(著)
発売日:2006-02-09
おすすめ度:4.5

(参考:「とっておきの秘技 もっと人とお金が集まるブログの秘伝書」 石崎 秀穂 (著)


◆今回のタイトルには、単なるノウハウ本とは一線を画すかのように「発想術」という言葉が。

コレは当然ゲットでございます!


【目次】

●第1章 私がネットで稼ぐようになったいきさつ
●第2章 誰でも「月収十万円」を稼げるって本当?
●第3章 「コツ」を掴んで月収百万円を目指す!
●第4章 欲しいときに欲しいだけ収入を得る「秘訣」
●第5章 インターネットで収入を得るさまざまな方法


【気になった点など】

■稼ぐためのブログのポイント

●書く内容は、最初は自分の好きなことでも良い

⇒ただし、テーマを絞って書いた方がいい

●稼ぐためには外せないポイント

「広告を申し込んでくれそうな人に」「広告に興味をもってもらうように配置して」「ブログに人を集める」


■月収1万円サイト作成に必要な4つのポイント

⇒読者をイメージする

⇒その読者が興味を持ってかつ、「読者の費用負担が少ない」(資料請求等)広告を選ぶ

⇒自分の言葉で広告について説明する

⇒広告を紹介しているページへのリンクをまとめて、各記事の最後にそのリンクを貼る


■稼ぐための「3つの効率」

●「効率」よく稼ぐことが出来る商材

⇒「どうしても欲しいと思わせる商品」「継続的に売れる」「原価が低い」


●「効率」よく販売

⇒「購入する気がある人の、不満を解消するサイト」

⇒購入意欲の高い人ほど、具体的なキーワードを使う傾向がある


●作業「効率」をよくする

⇒フリーソフトを探す(リンクを置き換えできるフリーソフトで、10時間が3分に)


■メルマガで稼ぐ

●メルマガとホームページの違い

訪問販売が向く商材はメルマガで、店舗販売が向く商材はホームページで


●販売テクニック(抜粋)

・繰り返し宣伝広告をすると購入意欲をアップできる

・読者の気持ちを代弁すると好意を抱いてくれるようになる

・購入に至るまでの小さな壁を乗り越えさせる(例「まず無料のものを申し込んでもらう」)

・高額商品ほど営業マンの人柄が購入の決め手になる(地道に読者の利益になる情報を流し続ける

・「見せ方」を工夫するとお得感を出すことができる


■スーパーアフィリエイターへのお言葉

うさぴ氏

(「月収150万円の秘訣」について)「何故、売れるの?何故売れないの?」を突き詰めて考えることではないでしょうか。私は常に、アクセス解析をみて、どのキーワードを使えば購入意欲の高い人が集まって、どのような文章にすれば、成約率が上がるのか調べています。こういうことを調べることができないと、大きな収入を得るのは難しいのではないでしょうか?」


まるまる氏

(「稼ぐのは難しい」という意見について)「稼げないのは、単に『売れそうな商品を紹介した稼ぐための専門のサイト』を運営していないか、『読者が求めるものを意識して記事を書いていない』ためだと思います。」
「売れるものは限られているので、それを見つけることが重要だと思っています。つまり、普段からテレビ・雑誌・街角を見て、アンテナを張り巡らせて、『売れる商材』を見つけることが大切だと思います」


【読後の感想など】

◆予想通り過去2冊にくらべ、技術的なものよりは、考え方に寄った内容でした。

今回は初めての縦書きというのも、あるのかもしれませんが(笑)。

また、内容を説明する際にも、身近な事例が多く用いられていて、その点でもわかりやすかったです。


◆特に「効率よく販売する」という章の説明で、、石崎さんが学生時代、大学祭でチケット売り係りを担当された際の話は痛快でした。

その時は、15人ほどの「チケット売り係」がいたにもかかわらず、石崎さんが一人で全売上の8割を売ったのだとか。

やはり「商品を買う人に、商品を売る」のが大事なんですね(・・・と言うのは簡単(笑))。


◆ちなみに本書はブログとメルマガだけでなく、ドロップシッピングやせどり、さらには携帯サイトまで「軽く」触れられています。

いきなりそれらの専門書に手を出すのではなく、本書のようにメインとなる内容(ブログ&メルマガ)に関連した内容として予備知識を入れ、興味があればそちらの専門書を買う、というのがスマートなやり方かもしれません。

私のようにケータイもないのに「モバイルSEM」なんて本買うアフォもいますが(汗)。


◆なお、本書を買うと、購入者特典があるそう。

「ネットで稼ぐ発想術」の購入者特典

本書でわからないコトがあったら、コチラで解決しちゃってください!




【編集後記】

◆第一四半期に「小さな飲食店 成功のバイブル」でこのブログにも旋風を巻き起こした、鬼頭宏昌さんの新しい本が出ました。

小さな飲食店真実の店長バイブル―集客と人材マネジメントの新常識
インデックス・コミュニケーションズ
鬼頭 宏昌(著)
発売日:2007-04

私は当然アマゾンアタック!

前の本が良かった方も、ぜひ!

人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ITスキル」へ

この記事のカテゴリー:「起業全般」へ

「マインドマップ的読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 09:54
Comments(11)TrackBack(0)ITスキルこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/50949078
この記事へのコメント
こんにちは。

買う人に売ることが重要ですね。

それをどう考えるか、ということでしょうか。
Posted by 独立起業家:こばやし at 2007年04月14日 10:04
smoothさん、こんにちは。

チケット売りの事例。面白いですね。
実際にどうやったのか興味があります。

効率探し。
私も仕事をしていると繰返し作業で時間が掛かるものなどは楽しようとフリーソフト探したりや自分でツールを作ってしまったりします。

10時間が3分はすごい!(^-^
Posted by たなか@心レベル at 2007年04月14日 11:16
こんにちは。
こういう記事を読むとつい読みたくなりますね。
さすがsmoothさんといったところでしょうか。
もちっとブログで稼ぐために頑張ろうかなぁ・・・
って思ってしまいました。
Posted by シン@偽哲学者 at 2007年04月14日 13:53
smoothさん、こんにちは!

鬼頭さんの二作目ですか、
それは買いですね。
楽しみです。
Posted by ニタ at 2007年04月14日 15:18
鬼頭さんって、
1冊目を出したのも
最近でしたよね。

ネタが一杯ある人は
ガンガン本が書けて
うらやましいです。

うちは、ネタ切れなので
「遣い回し」に入ります。(^^;

Posted by ヨシザワ@手ガネ経営 at 2007年04月14日 17:57
フリーソフトとか探したら、
かなり便利なものありますよね。

ちょっと視点をはずすと、
いろいろと気づかされること多いですよね。

応援クリック!ぽちっ
Posted by 笑顔整体 健康の知恵袋:院長 at 2007年04月14日 18:51
ネットで稼ぐというところまでは遠そうですが、先人の概念をまず学ぶには良さそうな内容ですね。
発想がタイトルに付いているし・・・。

>訪問販売が向く商材はメルマガで、店舗販売が向く商材はホームページで

住宅業界でも応用できそうなヒントです。
ここから何かネタを考えてみようっと。
Posted by ビルダーナース at 2007年04月14日 22:21
smoothさんこんにちは。
鬼頭さんの新作でましたか!
こいつはゲットしないといけませんよね^^
Posted by 週末起業サラリーマン・・・hikaru at 2007年04月14日 22:49
>やはり「商品を買う人に、商品を売る」のが大事なんですね
買い手が欲しいものを売るですね。
やはりここに行き着きますか。
Posted by マチスケ at 2007年04月15日 00:55
smoothさん、こんばんは!
考え方とは。そういったことも大事なんでしょうね。
Posted by 手文庫 at 2007年04月21日 00:46
smooth様おはようございます。
ネットで稼ぐ方には一種のすごみみたいなのを感じます。
気合いとか、覚悟ですね。
その意味でも、このおすすめ本は良さそうに思いました。
Posted by meg at 2007年04月21日 07:46