スポンサーリンク

2006年12月19日

「普通の人」が上場企業をつくる40のヒント」井上高志


「普通の人」が上場企業をつくる40のヒント―人生のスイッチをONにしよう
「普通の人」が上場企業をつくる40のヒント―人生のスイッチをONにしよう

人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

【はじめに】

◆おはようございます。

週明けから本業でヘロヘロのsmoothデス(汗)。

お、おかしい、こんなはずでわ(涙)


◆気を取り直して。

今日お届けするのは、新橋の某リアル書店で見つけた1冊。

帯にある「楽天・三木谷浩史氏絶賛!」のフレーズに飛びついてしまいました(笑)。

【目次】

第1章 「普通の人」だからこそできる
第2章 仕事の本質とは
第3章 ゼロからの出発
第4章 会社を興すということ
第5章 リーダーとして
第6章 経験こそ最大の学び
第7章 成長し続けるためのDNAを埋め込む


【気になった点など】

◆今回は引用中心で。

★アルバイトなどでの気づき

 たとえ数時間であっても、自分の人生をその仕事のために使うわけですから、お金とだけ交換するのはもったいないことだと思います。「こんなこともできるんだ」「あんなこともできるのか」と、自分の意外な可能性を発見することのほうが、お金よりもはるかに価値のあることではないでしょうか。


★常に言葉にする

 あなたも何か目標をつくって、他の人に語ることから始めてください。
 実現できないのは、その目標をいつの間にか忘れてしまうからです。目標を忘れないためには、常に言葉にすることが大切なのです。


★自分と仕事にウソやダマシをしない「秘訣」

「まあいいや」とか「こんなもんだ」などとは、決して言わず、決して考えないことです。その代わりに「もう少し何とかできないか」と、常に考えるようにする習慣をつけるだけなのです。


★制社員採用の最終面接での確認事項

◆最終面接は著者である井上さんが自ら行って、次の2点を確認するそう。

●「ネクスト(井上さんの会社)が大事にしている理念や価値観を共有でき、責任を持って自らの業務をやりとげることができるか」

●「物事に対して他人のせい(他律)にすることなく、自律的な考え方をできるか」


★「組織の方程式」

価値創造 = 人 × 情熱 × 仕組化

⇒企業経営の目的は、売上を伸ばすだけではなく、「価値創造ではないか」

⇒経営者とは、この方程式の解を最大化にするのがその役割


【読後の感想など】

「目からウロコ」的な、飛び道具が一切無い(笑)、「真っ向直球勝負」の経営論でした(汗)。

言われていることは極めて王道

奇をてらったところなど全くありません(汗)!

・・・え?そのような王道本を紹介するなんて、私らしくないですか(汗)?


◆ちなみに著者の井上さんのプロフィールはこんな感じです。

1968年東京都生まれ。1991年青山学院大学経済学部卒業。リクルートコスモスに入社後3カ月でリクルート本社に出向、95年退社。97年株式会社ネクスト設立、同社が運営する不動産物件の検索サイト「HOME’S」は、掲載物件数・ユーザー数・ベージビューともに業界第1位。同社の不動産ポータル事業は、過去5年間で売上高20倍の急成長を遂げている。2006年10月東証マザーズ上場(アマゾン商品紹介より)

プロフィールにある、HOME'Sのサイトを参考までに。

HOME'S


◆あのリクルートで、第3四半期とはいえ全国トップの成績を取るくらいの方ですから、只者ではないのでしょうけど、その「常人との違い」というのが、正直一言で言い表しにくいと言いますか。

冒頭で書いたように三木谷さんが絶賛されたのは、「正攻法でやり抜く意志」みたいなものなのではないかと。


◆あともう一点。

最近あちこちで吹聴している割には、ブログでちゃんと紹介していない(笑)この本。

自分の小さな「箱」から脱出する方法
自分の小さな「箱」から脱出する方法

読んだ人にだけピンと来ていただくしかないのですが、この井上さん、この本で言うところの「自己欺瞞」には陥っていないと、私は感じました。

確かに、飛び道具使いこなすだけが経営者じゃないな、と。←飛び道具好き(笑)

王道好きのアナタに!


【編集後記】

◆以前ご紹介した近所の公園の巨大滑り台

77850480.jpg20d6906d.jpg













27b2aa46.jpg













実際にすべるところを動画で撮ってみましたのでご覧下さい(短いですが)。

途中、フラットな部分があって、すっ飛んでます(笑)。

注:再生されない場合は、プレイボタンを再度押して下さい。




人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「企業経営」へ

この記事のカテゴリー:「起業全般」へ

「マインドマップで読書感想文」のトップへ

Posted by smoothfoxxx at 07:35
Comments(19)TrackBack(1)企業経営このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/50852823
この記事へのトラックバック
ビジネス書「「普通の人」が上場企業をつくる40のヒント」を仕事術の観点から斬っています!
「普通の人」が上場企業をつくる40のヒント [by 井上 高志 (著)【<仕事術版>エンジニアがビジネス書を斬る!】at 2007年01月24日 18:23
この記事へのコメント
おお、私は動画が見られませんでした。
残念ス!!

>「また、『洪水で流された』とかいうのは無いですよね・・・?」これは伏線とみましたが、これいかに(笑)。

  今回、大丈夫でした〜〜。
 

Posted by 齊藤 正明 at 2006年12月19日 08:09
ネクストさん...以前個人情報紛失の前科があるんですよね、確か...

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2003/12/10/1445.html

ちょっとその件でいい記憶が無かったので...
Posted by a_aji at 2006年12月19日 08:26
smooth様おはようございます。
>「目からウロコ」的な、飛び道具が一切無い(笑)
なるほど。王道だけで、普通の人が上場企業を作れるということころが,逆に『希望』なのでしょうか。ショートカットするにも、根っこの部分は必要ですもんね。・・・とゲリラ的戦略が好きな私が言っても説得力がないかなあ。
Posted by meg at 2006年12月19日 09:23
そう言えば金森さんって日曜の夜に
ラジオ出演されているのご存じですか?
以前は小坂裕司先生でしたよ。
ラジオであの方達がおしゃべりをするって
世の中変わって来ましたね。
Posted by hanta at 2006年12月19日 10:45
smoothさん、こんにちは!

”王道好き”のニタです(笑)。
昨日は、元上司に、王道中の王道、営業精神を注入されてきました。
ちょっとは、パワーアップせねば。
あっ、これは買いですね!

Posted by ニタ@教えて会計 at 2006年12月19日 10:57
こんにちは。

smoothさん、らしからぬ(?)本の選択ですね(一応突っ込みを入れてみました(笑)。)

ほんと、王道ですね。
それができるか、できないかの差なのかもしれません。
Posted by こばやし at 2006年12月19日 11:32
すばらしい本がありましたね。

これは、読みます。
アルバイトの捉え方なども変わってきます。
レバレッジが効く働き方になりますね。

あと、すべりだいの動画いいですね。
迫力満点、よく撮れましたね。
今度は、映画監督みたいになって
はまるのでは。
Posted by 栗原敏彰 at 2006年12月19日 11:46
動画見ました。

面白かったので2回見ました。

滑り出して、もう終わりかと思いきや
一度フラットになってから
その先があるんですね。

仕事中にクリックして
思わずにやけてしまいました。

年末調整の息抜きにもってこいです。
Posted by 会計事務所ではらたく熱血職員 at 2006年12月19日 12:15
smoothさんこんにちは。ご紹介の内容をはいけんしていると、確かに王道ですよね。私も飛び道具好きです(笑
お仕事がんばってください!バルセロナ負けちゃいましたね。
Posted by 週末起業サラリーマン at 2006年12月19日 12:38
HOME'Sは知ってましたが、井上さんは知りませんでした。
直球勝負の本ならとっても面白いかも。
本屋で見かけたらタイトルにもひかれそうな・・・。

滑り台、いいなぁ。
体重が重たくなった今となっては子供時代より絶対スリリングに違いない。
加速度は何倍になっているのかな。
Posted by ビルダーナース at 2006年12月19日 16:45
飛び道具マニアだったりするぼうやです。「王道」は至らなさをたたきつけられているようで、避けて通ってしまいます。「自己欺瞞」よく言われます。
Posted by ぼうや at 2006年12月19日 18:16
smoothさん、こんばんは!

リクルートでトップセールスになる人
を「普通の人」と呼ばれると、
私なんぞは・・・(T T)

動画楽しそうですね。

いつか私もアップしてみます。
Posted by Yoshizawa Accounting Office at 2006年12月19日 19:46
「普通の人」ってこの井上さんって方は普通の方ではないですよね。すごい方!

お滑り台すごいですねぇ〜!
Posted by イヴォンヌ at 2006年12月19日 21:28
王道といえば、私が思い出すのは、ジャイアント馬場です。(すいません)

飛び道具ナシで、まっすぐ行くのは結構大変かもしれません。やりぬくのはやっぱり冗談ぬきで根性ですね。
Posted by タツ at 2006年12月19日 21:47
>正攻法でやり抜く意志
やはりここに行き着きますね。
Posted by まちすけ at 2006年12月19日 21:57
smoothさん、こんばんは。

個人的には、王道とは当たり前のことをきちんとやり続けることだと考えています。

だからこそ、実は一番困難なことなのかもしれませんね。

王道好きですが、王道はまだ歩んでいません(汗)
Posted by funコーチ at 2006年12月20日 00:45
こんばんは!

「王道」。実にいい響きで、常に心がけていることでもあります。

井上さんのプロフィールを見ると、一目「王道」な感じを受けない(汗)私ですが、smoothさんの書評を読んでいると、どうやら好物本のような気がしてきました。

やはり本は人で出会うのが一番ですね。
Posted by プチファイ!@今日僕が学んだこと。 at 2006年12月20日 01:33
smoothさん、こんばんは!

そもそもどの辺が王道なのかも
まだはっきり分かってません(汗)

ということで、今回の1冊をまずは参考にさせてもらいます^^;
Posted by 淺田 義和@創造マラソン at 2006年12月20日 01:57
smoothさん、こんばんは!
「普通の人」という表現にまずひっかかりが・・・。普通の範囲も広いなーと思いました。
Posted by 手文庫 at 2006年12月21日 00:50