スポンサーリンク

2006年12月08日

「あっ、買っちゃった。」松本朋子


あっ、買っちゃった。 一瞬でお客に反応させる快感マーケティング
あっ、買っちゃった。 一瞬でお客に反応させる快感マーケティング

人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

【はじめに】

◆おはようございます。

昨日は、会計専用機の入れ替え作業等で、ほぼ1日仕事にならなったsmoothデス(涙)。

今日、事務所にお客さんが来るので、その後も掃除や整理整頓なぞ。

一足早い大掃除状態(笑)。


◆それはさておき。

今日ご紹介するのは先日の編集後記でちょこっと触れた一冊。

またもや聖幸さんに先越されてしまってますけど(涙)。


【目次】

第1章 売れない理由がわからない男たち
第2章 なぜあの人は買ってしまうのか?
第3章 「レシート」は女の衝動を知っていた!
第4章 「レシート」に隠された買い物の心理
第5章 「期待感」を創り出して衝動買いを起こさせろ!
第6章 あなたにもできる「期待による幸福」の創り方


【気になった点など】

★この本を読むことによるメリット

◆本書の「はじめに」の部分に、太字で書かれているこのメリット

ちょっと引用してみましょう。

・男脳・女脳の違いがわかり、特に女性の、買ってしまうときの「ひきがね」がわかります。
・「思わず買ってしまう」というメカニズムが理解でき、企画・販促に応用できます。
・マーケティングで言う"快感"とは何かがわかり、企画・販促に応用できます。
・ネーミング、キャッチフレーズといったことばの部分だけでなく、パッケージデザインや販促物など、総合的なデザインへの取り組みが簡単になります。

なかなか面白そうでしょ(笑)?


★抜粋したポイントなど

◆今回も簡単に抜粋します。

■女性顧客に売れない場合の3つの理由

●差別化を考えるうちに陥る、機能差別化への偏り

⇒その差別化のための追加機能を顧客である女性がホントに望んでいるのか?


●女性だけでなくヒトが理性的に買い物するかのような錯覚を持ってしまうこと

「思考する前に手が動く」


●顧客である女性をわかったつもりにさせられているという実態

⇒アンケートでもホンネはわからない


■カスタマー・ハピネス(顧客幸福)

●購入時 ⇒「期待による幸福」

●使用時 ⇒「浸る幸福」

 →★五感を通して感じる快感

 →★私らしさの志向という快感


 1.ブランド
 2.私らしい選択
 3.関係・つながり


■男脳と女脳

●「男脳型」の買い物

「成果、スペック、理屈、モノ、征服」

●「女脳型」の買い物

「快楽、イメージ、直感、ヒト、共存」

(博報堂買物行動研究プロジェクトの成果より)


■「○○そう!」が売れるキーワード

●「美味しそう」「涼しそう」「良さそう」「可愛く見えそう」

●「○○そう」には年齢も収入も関係ない


■「関係消費」と「私消費」

●女性の買物は「関係消費」(自分以外が主人公)が多く、「関係消費」でも幸福になる(一瞬で幸福な物語に入り込めるから)

●「関係消費」には「一緒に○○する」「みんなと一緒に○○する」というパターンが多い


■「イメージ型」と「ことば型」

●イメージ型・・・「美味しそう」「良さそう」(私消費)/「みんなで一緒に○○する」「誰かのための買物」(関係消費)

●ことば型・・・「苦痛からの解放」


■女性が五感で感じる快感

「しっとり」「とろとろ」「ふわふわ」


【読後の感想など】

男性脳のワタクシが、知ったかぶって書いてみましたがいかがだったでしょうか(笑)?

自分としては、結構女性的な面もあるのではないかと思っているのですが、このヒゲ面では全く説得力無し(汗)。

ひげ面


←ヒゲ面(笑)


◆ただ、自分としては、「誰かにプレゼントする」事は好きなので、これって、上記で言うところの「関係消費」なんじゃないかと。

正直、「もらうよりも、あげる方が好き」かもしれません(マジで)。

もっとも「ネギ背負ったカモのデコイ」が、「相手の幸福につながるか」は知りませんが(笑)。


◆本書の本質は、マーケティングや商品開発における「女性的視点の重要性」だと思います。

女性の皆さん、特に女性マーケッターの方にしてみれば、ある意味当たり前のことなのかもしれませんが、私を含め、男性でこの辺の「男女の脳の違い」について疎い方には、なかなか興味深い一冊なのではないかと。

参考までに、本書で紹介された本、並びに参考文献の一部をご紹介しておきます。


話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く
話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く

⇒ちなみに私のキャッチフレーズは「話が聞けなくて、地図も読めない男」(二重苦)デス(笑)。


心脳マーケティング 顧客の無意識を解き明かす Harvard Business School Press
心脳マーケティング 顧客の無意識を解き明かす Harvard Business School Press

ぼうやさんに間接的に買わせて、私はまだ買ってないという(汗)。


<本書とは関係なく、私のオススメ>

ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた
ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた

⇒個人的には、「男女の考え方の違い」を知る上で、この本が一番参考になりました。


【おまけ】

◆私は期間前に買っちゃったんでカンケーないんですが(涙)、アマゾンキャンペーンも10日までやっていたり(笑)。


【トラックバックさせて頂いたブログ】

「俺と100冊の成功本」さん


【編集後記】

◆昨日に引き続きまして、また違う某所でのスナップ。

cd20e2a1.jpg











最近は、こういうブルー系のイルミネーションが流行りなんでしょうか?


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「マーケティング」へ

「マインドマップで読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 07:44
Comments(14)TrackBack(0)マーケティングこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
この記事へのコメント
smoothさんこんにちは。ブルー系ねイルミ多いですよね。幻想的できれいです。
Posted by 週末起業サラリーマン at 2006年12月08日 09:11
こんにちは。

女性のマーケティングに参考になりそうな本ですよね。

トラックバックですが、こちらでは設定は変えていません。
相変わらず、こなくて良いトラックバックはたくさん来てますが、原因はわかりませんね。
Posted by こばやし at 2006年12月08日 10:27
う〜〜ん、私の売っている物って、ホント
女性を刺激するわけでもなく男性を刺激する
訳でもなく・・・よくやってるよ。
って考えてしまいましたよ。
神田先生の仰るにはマーケティングに
商品の違いは無いとの事ですが。
私の売っている物フワフワでもないし、しっとりでもないし、とろとろでもないし。

で、今日は改めて自分の商材を違った
面からアピールしてみては?なんて
思いました。
有難う!Smoothさん。
Posted by hanta at 2006年12月08日 10:54
smoothさん、こんにちは!

確かに面白そうっすね〜。
「地図が読めない〜」と併せて、
まとめて読んでみたいです。

余談:僕も地図あんまり…。
Posted by 淺田 義和@創造マラソン at 2006年12月08日 12:50
○○そう。
いいですね。お勉強になります。
smoothさんは人にあげるのがマジで
好きそうですね。

昨日、記事全部落ちてましたが、一時的だったんですね。良かった、良かった。

Posted by ぼうや at 2006年12月08日 13:49
しっとり・とろとろ・ふわふわですか。
覚えておきます。

>いやー、その1センチが出会い系では大きいかもしれませんよ(爆)。


   _| ̄|○
Posted by 齊藤 正明 at 2006年12月08日 17:55
smoothさん、こんにちは!

カーナビを使うようになり、
住所もネットで検索するとなると、
地図を見る機会が減りましたね。

カーナビ使うと、運転中に頭を使わなくなるという研究あった気がしますが、カーナビ頼って何回走っても道覚えなかったりしますね。

男性・女性の違い?ちょっと変わってきますかね。
Posted by ニタ@教えて会計 at 2006年12月08日 18:08
こんばんは!

私は、男ですけど、
極度の方向音痴で
地図を見るのが苦手です。(T T)
Posted by Yoshizawa Accounting Office at 2006年12月08日 20:06
この本は利用価値たかそうですよね。

せっかくだから
アマゾンキャンペーンで買っときますかねぇ^^ぽちっ
Posted by 笑顔整体 健康の知恵袋:院長 at 2006年12月08日 22:25
somoothさんのヒゲづらは、
既にトレードマークですね。

説得力あります。(笑)
違う意味で。
Posted by 栗原敏彰 at 2006年12月08日 23:07
smoothさんのブログにくると、

「あ、買っちゃった。」って感じで

アマゾンで本をたくさん購入してしまっているサリィです。

鹿児島はあったかいですぅー♪
Posted by 金光サリィ at 2006年12月09日 00:35
こんばんは。
最近、感性・感脳マーケティングの本を読んでいたので、よても興味深く拝見させていただきました。

私事ですが、独自ドメインを設定しました。
http://www.dokuritsukigyou.jp/
(独立起業 ドット ジェイピー)

独立・起業に関する情報を充実させていきたいと思います。
応援ポチッと
Posted by 藤間IM at 2006年12月09日 00:37
今朝ほどはありがとうございました。
ご紹介の記事、苦手といっていられない分野です。私も最近多方面から勉強させていただいております。
Posted by まちすけ at 2006年12月09日 00:57
ターゲットを絞るときに
段s所の脳の違いをしっておくと
とても効果的ですね^^
しっとり、とろとろ、ふわふわ、
どれも弱い言葉です^^:
Posted by 笑顔整体 健康の知恵袋:副院長^^ at 2006年12月09日 12:57