スポンサーリンク

2006年10月17日

【備忘録】「空気を読める人が、成功する。」中谷彰宏


【チェックポイント】

●悪口を言われている人に「気にしなくていいよ」と言うのは、よけい思い出させてしまう(P54)

●興味がなくて退屈する人は、誘ってもらえなくなる(P84)

●「空気を読む」とは、人の心のひだを読むことだ(P114)


【感想】

◆お馴染み中谷さんの本。

物事を「ちょっとだけ」違った角度から見る、中谷さんらしい一冊。


◆本のクオリティは別として、この文字数でこの値段という意味でも「らしい」一冊(笑)。

逆に「プレゼント用途」として「アリ」な存在かも。


◆結局「空気が読めない」というのはコミュニケーションスキルが欠落しているのだと思う。

リアルであれネットであれ。


【目次】

「お開きの話」が出ているのに、新しいタバコに、火をつけない。
自分の声が、大きすぎることに、気づこう。
遠まわしの注意を、ほめ言葉と勘違いしない。
ビュッフェで逆流して、得意げにならない。
あいさつができる人は、「あいさつをしてはいけない時」もわかる。
自分の両側の席があいている時、2人連れのために、片側に寄る。
コッソリくれたお土産に、大きな声で「ありがとう」を言わない。
会議に遅れて来て、さっきまで話していたことを、言わない。
携帯の出方で、相手の都合の悪さを、察しよう。
電車の中では、携帯の出方を工夫して、都合が悪い状況を伝えよう。〔ほか〕


Posted by smoothfoxxx at 00:43
TrackBack(0)自己啓発・気づきこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。