スポンサーリンク

2006年10月20日

「大きな結果をもたらす小さな習慣」ハリー ポール 他(著)


大きな結果をもたらす小さな習慣
大きな結果をもたらす小さな習慣

【はじめに】

◆おはようございます。

久々に早起きしてみたsmoothデス(笑)。

いえ、単に夕べ喉が痛く、早めに寝ることにしたので、その分目覚ましも早めにセットしただけなんですが(笑)。

そんなこんなで、結局喉の痛みも取れず(汗)。

ダメじゃん、自分(汗)!


◆ところで。

今日ご紹介するのは、薄いながらも内容はアツい一冊。

本の最初の「刊行によせて」からして圧倒されます(汗)!!


【目次】

シカゴ郊外―火曜日の朝
最悪からの脱却
ドクター・アレンのアドバイス
第一のしかけ―味方につける
周りを味方につける方法
第二のしかけ―感動させる
周りを感動させる方法
支持部隊の活躍
真実が明らかに
ドクター・アレンと対面
友人へのアドバイス
第三のしかけ―加速させつづける
人生が変わる瞬間
すべてが好転する法則
人生のきわめて重要な教訓


【気になった点など】

★本書のキモ

◆本書のキモは、実は「まえがき」の部分で著者二人によって総括されています(笑)。

 最近、ふり返ってみて気づいたのは、人を気づかうことについて迷いがあるということだ。たいていの人は、人を気づかうのはよいことだとためらいなく言うけど、とても大切な2点を見逃している。大きな見返りがあることと、公私ともに生活がすみやかによりよくなるということだ。
 本書はその見返りを最大限にするための簡単な3つのしかけを紹介している。「味方につける」は、人をもう少し先に進む気にさせる方法を教え、「感動させる」は、そのやる気を次の段階にまでもっていく方法を教え、「加速させつづける」は、やる気満々の状態をどこまでも維持させる方法を教えている。
 この3つのしかけの教えを実行に移せば、たちまち仕事の成果が上がるようになり、私生活もこれまでになくうまくいくようになるはずだ。

えーっと、私はこれ以上何を書けば・・・(汗)。


★本書の構成

◆本書では、物語形式をとって(上記のとおり(笑))、「人生が好転する3つの【魔法のしかけ】」を伝授してくれます。

主人公は、私生活でのショッキングな出来事から、他人が信用できなくなり、その結果職場での立場も危うくなってしまった、中間管理職のケイティー

彼女は心理学者でもあるラジオのパーソナリティのドクター・アレンの教えに従って、「良い人」を演じることにより、徐々にかつての自分や、社内での評価も取り戻していきます。

しかし、ラジオ番組として放送されていた彼らのやりとりを、社内の人間が聞いていたことから、一転大ピンチに・・・。←ツァイガルニック効果(笑)


★気になったキーワード

◆あまり書きまくるとホントにネタバレになりますので、気になったフレーズなどを・・・。

■よいマネージャーは結果を出す

⇒ある調査の結果によると、最高の業績をあげている人たちは、利益を重視するのと同じくらい部下を重視していた


■自分の感情をコントロールする

⇒オグ・マンディーノの言葉より。

「弱いとは、行動が感情に支配されることである。
強いとは、行動によって感情を支配することである」


■「ナンバー2の世話をする」

ナンバー1の世話をする」というのが、「自分の事だけを考える」のに対し、「ナンバー2の世話をする」というのは、『味方につける』と『感動させる』につながる親切な行動をとって、物事を好転させることをいう


【読後の感想など】

◆相変わらずネタバレが怖くて(笑)詳細が書けないのですが、最終的には上記のように「自分の感情をコントロールできるか」に全てがかかっているような気がします。

例えば、それまである意味冷たく接していた(冷たくされていた)人たちに対しても、温かく微笑むというのは、考えている以上に困難なことかと。

それだけに、「それ」をやり通した結果、大きな成功を手にするというのは、わからないでもありません。


◆また、「相手の話を微笑みながら聞く」というのも、聖幸さん(@「俺と100冊の成功本」)のこの記事によると、結構難しそう(笑)。

私は比較的表情が豊か(自称(笑))なんで、できないことはないと思いつつ、周りの人がどう見るかについては正直ビミョウ(汗)。

ただでさえぁゃιぃこの外見ですから、キモさ20%アップ(当社比)カモ(汗)!

どんまい、自分(笑)!


◆それにしても、「刊行によせて」に登場する方々の豪華なこと・・・。

★スティーブン・コヴィー(お馴染み「7つの習慣」「第8の習慣」の著者 )

「『大きな結果をもたらす小さな習慣』は、完全に『フィッシュ!』をさらに追求したものである。他人への気づかいの三段階が、感動的な物語としてみごとに表されている----それは、自ら選び取ることによって、いかに感情と行動をコントロールすることができるかを示している。そして、そのすべてが、『人がどれほど気にかけているかを知ることではじめて、どれほどわかっているかに気づく』という格言を納得させてくれる」


★ジャック・ミッチェル(「94%の顧客が『大満足』と言ってくれる私の究極のサービス」の著者)

「これはすばらしい本である、必読書である! 本書によって、人への気づかいを取り戻し、自分を『抱きしめること』に思いやりをもち、本書の物語を同僚や家族にも教えてあげよう」


★ケン・ブランチャード (「一分間マネジャー」「The Secret」の著者)

「ハリー・ポールとロス・レックの『大きな結果をもたらす小さな習慣』は、人を元気づけ、動機づけて本人とほかの人びとのよいところを引き出す、すばらしい新方式を教えてくれている。読み、楽しみ、実践しよう!」


と名著の著者さんたちだけでなく、大手企業の役職者からも賛辞の嵐(汗)。

ぶっちゃけ、コレ見て買ったというハナシも・・・(笑)。

マネージメントに悩むリーダーに!

【トラックバックさせて頂いたブログ】

「俺と100冊の成功本」さん
「知識をチカラに」さん


【編集後記】

◆ムスメのおぢさん好きは相変わらずのようで。

家に来る宅配便のおじさんはもちろんのこと、マンションの管理人さん、商店街のおじさん、果ては道路工事の休憩中のおじさんにまで、隙あらば話しかけております(汗)。


◆先日、保育園に預けたムスメの屋外保育に遭遇したヨメによると、他の子供たちがフツウに公園で遊んでいる中、ムスメはやはり(?)ベンチに座っていた知らないおじさんに話しかけていたとか。

ムスメの行く末がちょっと不安なワタクシでした・・・(汗)。


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「マネージメント」へ

この記事のカテゴリー:「自己啓発・気づき」へ

「マインドマップで読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 07:15
Comments(17)TrackBack(1)マネジメントこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/50791467
この記事へのトラックバック
 ⇒『大きな結果をもたらす小さな習慣』ハリー・ポール    http://www...
『大きな結果をもたらす小さな習慣』ハリー・ポール【ビジネス書評・ビジネス誌・ビジネステレビ ビジネスメルマガブログ:知識をチカラに!】at 2006年10月20日 12:47
この記事へのコメント
娘さんの挙動なかなかおもしろいですね。親としては心配ですが。今日の本も絶賛ですね。ぱくっ!
Posted by 週末起業サラリーマン at 2006年10月20日 07:46
この本も買いたい本ですね。

周りをみかたにつけるなど。
具体的なことが多く書かれていますね。

smoothさんは、よくいろいろな本を
見つけてきますね。

感心いたします。土井先生と同じですね。
Posted by 栗原敏彰 at 2006年10月20日 11:27
こんにちは。

簡単なやり方で、成果が出るというのは、良いですよね。

>それにしても、「刊行によせて」に登場する方々の豪華なこと・・・

ほんと、豪華です。
『7つの習慣』は、もっとすごいですよね。

クリントン元大統領などですから。すごすぎです。
Posted by こばやし at 2006年10月20日 11:41
smoothさん、こんにちは
「薄いながらも内容はアツイ」のひと言に動かされます。娘さん社交的ですね。やはり父似でしょうか?(笑)
Posted by マチスケ at 2006年10月20日 12:17
うわー、読みやすそうですし、面白そうですね!

ストーリー風というのは、良いですね!

>いつも思うんですが、その図とかはどうやって作ってるんですか?私の画像なんか、全部ケータイで撮ったかアマゾンのリンクなんで。。。

  XPの中に標準で入っている『ペイント』というツールを使ってます。

  「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「ペイント」で開けます。

  これの使い方も簡単です。
  勘で出来ると思いますよ。

  できなければ、電話やスカイプなどで、対応します。必要な時はお気軽にどうぞ! (^^)

  仕上げに、『縮専』というインターネット上で、無料ダウンロード出来る圧縮ツールを使い、大きさを400×400にして、ブログに貼ってます。
 


Posted by 齊藤 正明 at 2006年10月20日 12:18
smoothさん
こんにちは。

これはっ!先日、少しお話した石井裕之氏の「ダイナマイトモチベーション」みたいなタイトルだなぁとと思ったけど、内容も"Fake it, Until you make it."ってのも含まれてるっぽいですね。(これ、平秀信さんも何かで言ってたな)

早速読んでみます。いつもステキな本の紹介ありがとうございます。m(_ _)m
Posted by ken at 2006年10月20日 12:54
むむっ・・これはいいかも。
強い・弱い・感情のコントロールね・・。
名言です。
Posted by ぼうや at 2006年10月20日 14:02
こんにちは!

関係ないツァイガルニック効果に
一番反応しました(^_^;)

どうも外国の物語はイマイチイメージが
頭で膨らまず苦手気味です。
Posted by ヨシザワ at 2006年10月20日 16:05
私も風邪ぎみでした。
昨日はちょっとダウン(^-^;)

おやじ好き(笑)
・・・思い出したのですが、私の同僚の恩何個におやじキラーと呼ばれた人がいました。

キラーのコツは。笑顔。話する時他の女性と比べ30cmは近い。(きっとドキっとするはず)

私は魔性だ!!っと笑い飛ばしていたのですが
そんな彼女も5歳年下の後輩と結婚し今はママになっております。不思議なもんです(^-^;)
Posted by たなか@心レベル at 2006年10月20日 18:09
何かすごくインパクトがありそうな本ですねぇ。

おやじ好きってsmoothさんがやさしいから、大人の男性が好きなんじゃないですか?!・・・ってちょっとうれしくなりました?(笑)
Posted by イヴォンヌ at 2006年10月20日 20:04
感情のコントロールはほんと大事ですね。

感情は自分自身が作り出しているって気づくことからですね。ぽちっ
Posted by 笑顔整体の院長 at 2006年10月20日 20:48
smoothさん、こんばんは!

確かに、これだけ豪華な賛辞が集まると
惹かれちゃいますよね。
多分、近いうちに手にとってみます(笑)
Posted by 淺田 義和@創造マラソン at 2006年10月20日 21:48
こんばんは。

書評ではチラと見て素通りしていた一冊(汗)だったのですが、これはなかなか面白そうですね!

読書塾が開店半休業となってしまったいま、新たな本との出会いが生まれる場として、これからも楽しみに拝見していきます〜。
Posted by プチファイ! at 2006年10月20日 22:48
smoothさん、こんばんは!
「情けは人のためならず」でしょうか。

これまで「自分の感情をコントロールする」ことができずに失敗したと感じたことがたくさんありますので、私にとってこれは重要ポイントです。
なんとかその場は乗り切っても、後で色々考えてしまったり・・・。まだまだです。
Posted by 手文庫 at 2006年10月21日 00:26
こんにちは。
本の内容と違うかもしれませんが、私は「小さなこと」の積み重ねが、「大きなこと」に必ず繋がると信じています。

Posted by 藤間IM at 2006年10月21日 11:28
smoothさん、こんにちは

箱根に合宿に行き、昨日はアメーバ経営のセミナー。3日ぶりにPCを触っています。
PHSも届かない宿でした。

smoothさんの笑顔は、バッチリだと思いますが(笑)。

Posted by ニタ@教えて会計 at 2006年10月22日 06:37
こんにちは。

ナンバー2を殺している社長や有能マネージャーは多いように思いますね。

成果が出ない会社ほど、そうかも。

この本、面白そうです。
Posted by タツ at 2006年10月22日 09:03