スポンサーリンク

2006年09月29日

「グーグルのすごい考え方」二村高史 (著)


グーグルのすごい考え方―Googleが発見した、ビジネス「10の真実」
グーグルのすごい考え方―Googleが発見した、ビジネス「10の真実」

人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

【はじめに】

◆おはようございます。

昨日は厚着して行って大変な目にあったsmoothデス(汗)。

元来寒がりな上に、今の家が異様に寒いので油断していました(笑)。

まぁ、寒いよりは暑い方がマシ(個人的には)なんですけどね(笑)。


◆それはさておき。

今日ご紹介するのは、先日床屋さんに行った帰りに寄った、下北沢のとある書店で見つけた一冊。

場所柄ビジネス書なんてほとんど置いてないということもあり、どれを買うかで悩みまくりでしたよ(涙)。

しかたなく文庫本の棚に行き、たまたまこの本と遭遇。

文庫本ということもあり、「あー、またGoogleの入門本かよー」と最初はなめていたんですが、手に取って眺めてみるとこれはこれは・・・(汗)。


【目次】

1章 ウェブ2・0時代、グーグルが「情報の価値」をガラリと変えた!
 なぜ、グーグルの「トップページ」はシンプルなのか―「検索サイトの価値は、トップページで決まる」と考える
 なぜ、グーグルの「トップページ」は短時間で表示されるのか―ネット社会では、「人は三秒以上待てなくなる」 ほか

2章 グーグルは「広告の考え方」を180度くつがえした!
 なぜ、グーグルで検索すると「有用なページ」がすぐ出るのか―情報は「格付け」してこそ価値が出てくる
 なぜ、「グーグルのページランク」は知の世界を再構築したと言われるのか―いいサイト・悪いサイトは「リンクの数」で決まる ほか

3章 グーグルは「未来についての見方」が新しい!
 グーグルは「グーグルビデオ」で何を目指しているのか―「デジタル図書館」であれば“すごい映像”が集まる
 なぜ、グーグルは「デジタル図書館」を作ろうとしているのか―ユーザーと情報の出会いは「意外性」があればあるほどいい ほか

4章 グーグルは「検索サイトの可能性」を拡大した!
 なぜ、グーグルは「少数民族の言語でも扱えるようにした」のか―経済・地域・教育…「格差の解消」がビジネスにつながる
 なぜ、グーグルは「翻訳機能にこだわる」のか―グーグルは「英語に代わる世界共通語」になり得る ほか

5章 グーグルは、あなたの「仕事の常識」も変えていく!
 なぜ、グーグルには「20%ルール」という規則があるのか―20%ルール 「就業時間の五分の一」は未来を考える時間
なぜ、グーグルは「10の真実を発見した」のか―「すばらしい、では足りない」ことを考える ほか


(長々とスイマセン(汗))


【気になった点など】

★Google が発見した10の事実

◆検索ページ以外、あまりGoogleのお世話になっていなかった私にとって、Googleの会社情報にこのような記載があるとはしりませんでした。

「Google が発見した 10 の事実」

1. ユーザーに焦点を絞れば、「結果」は自然に付いてくる。
2. 1 つのことを極めて本当にうまくやるのが一番。
3. 遅いより速い方がいい。
4. ウェブでも民主主義は機能する。
5. 情報を探したくなるのは机に座っているときだけではない。
6. 悪事を働かなくても金儲けはできる。
7. 世の中の情報量は絶えず増え続けている。
8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
10. すばらしい、では足りない。

上記リンク先には、それぞれのテーマについて解説が載っていますので、是非ご一読を。

そして、本書ではそれらについてもっと掘り下げて解説がなされています。


★Win-Winの考え

GoogleアドセンスにおけるGoogleの考え方は、実は末端の個人サイトとの「共存共栄」です。

Googleは基本的に「コンテンツがない企業」ですから、ニッチな個人サイトであっても、それらがすたれることは、そのままGoogleにとってもダメージになるんですね。

逆に無数にある個人サイトが繁栄することにより、ますますGoogleも繁栄するという仕組み。

実際ワタクシも、小銭稼ぎ(笑)で別のところで密かにブログを(ry。


★携帯へのアプローチ

◆先日「Mobile2.0」なんて本をご紹介したばかりですが、Googleも負けてはいません。

2006年4月にGoogleは「音声を利用した検索技術の特許」を取ったそう(出願は2001年2月)。

これは明らかに、「携帯電話に向かって音声を発することにより、検索する技術を開発しようとしている」のに他なりません。


◆また、Googleは各国の携帯電話事業者と次々に提携しています。

これも携帯の持つ位置情報アドワーズに生かすためと考えて間違えないでしょう。


◆実際上記の「10の事実」の中にも、「5. 情報を探したくなるのは机に座っているときだけではない。」とあります(汗)。

Googleも次の主戦場は携帯だと思っているのかもしれません。

・・・ますますPHSから携帯へ変えなきゃいかんか、自分(汗)。


★「渋谷」と「渋谷区」の違い

◆例えばラーメン屋を探す時。

「ラーメン 渋谷」と検索した場合、恵比寿駅近辺のラーメン屋さんがGoogle Mapで表示されたらどう思われるでしょうか?

恵比寿駅周辺でも立派な「渋谷区」です(笑)。

でも、これって、東京に住む人の感覚とは違いますよね?

フツウに考えたら、渋谷駅周辺「渋谷」ですから。


◆逆に(私は知らなかったのですが)、「マンハッタン」という場合、アメリカ人にとっては「マンハッタン自治区全体」を指します。

これは電車社会と車社会の違いにもよるのかもしれませんが、アメリカのサービスをそのまま日本に持ち込んでも、成功しないかもしれない、という例です。

もちろん、Googleは対応しています。

そして世界中の他の国に進出する際にも、こういったズレを意識してサービス展開しているそう。

ちなみに「ラーメン 東京」でググってみたところ、「東京駅周辺」のGoogle Mapは出ませんでした(笑)。

この辺は同じ日本国内でも、ビミョウな部分もありそうですが(笑)。


【読後の感想など】

◆冒頭で書きましたように、「10の事実」というのは、全く知りませんでした。

今あらためて10の文章を読んでみても、「アタリマエと言えばアタリマエ」のものが結構あったり。

「3. 遅いより速い方がいい。」ですとか(笑)。


◆ただ、逆にこういうプリミティブなものの中に、重大な真実が含まれているのかもしれません。

何たってあの天才集団のやることですから、裏に何か隠されていても不思議ではないような(汗)。


◆目次の中身は全部は書ききれてません(Amazonでも公開されていないので)が、そのほとんど全てが「なぜ〜」で始まるものばかりです。

基本的なものもありますが、「そんなこと疑問に思ったこともなかったよ」という問いから、新しい発見もありました。


文庫本の書き下ろしという変わったスタイルですが、この内容で税込み560円はお買い得かと。

ネットビジネスに携わる全ての人に!

グーグルのすごい考え方―Googleが発見した、ビジネス「10の真実」
グーグルのすごい考え方―Googleが発見した、ビジネス「10の真実」


【編集後記】

◆昨日は、私の仕事中、母が孫(ムスメ)に会いに来ていました。

ムスメは昼間はしゃいだせいか、結構眠かったらしく、夕食中に久しぶりに撃沈(笑)。

今この記事書いてる時点で、まだ寝ています。

顔むくれる事必至(汗)!


人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ITスキル」へ

「マインドマップで読書感想文」のトップへ
Posted by smoothfoxxx at 06:59
Comments(15)TrackBack(0)ITスキルこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/50768376
この記事へのコメント
smoothさん、おはようございます!

「Google が発見した 10 の事実」は
面白いですね〜。
リンク先のGoogleのページで見て
掲載されていたことに驚きました!

つぎは音声検索に向かうのですね〜。
はやく試してみたいですね♪
Posted by エムストーン at 2006年09月29日 08:58
smoothさん、
おはようございます。

あまり関係ないですが、
「床屋」って出版上は
使ってはいけない用語みたいですね。

「理髪店」に変えられました。
編集者も個人的には
「よくわからない」と言ってましたが。
Posted by Yoshizawa Accounting Office at 2006年09月29日 09:11
画面表示を3秒以内に。

システムを作成する時、スピードはとても意識していました。
3秒以上架かる処理はチューニング。どうしてもかかる場合はステータスバーを出して処理してるのが分かるように・・と工夫したりしてましたよ(^-^;)

携帯音声認識の技術
検索ではありませんがそれに近いものが出てきていますねー(^-^)
http://www.advanced-media.co.jp/newsrelease/newsrelease.cgi?detail=20060718164726
Posted by たなか at 2006年09月29日 10:50
ググルから目が離せませんね。この本は買います。数冊未読本があるので。それが済んだら。いつもナイスです。
Posted by ぼうや at 2006年09月29日 11:12
ずおー、完全に、私にとって未来話です。
想像も付かないです。

今、smoothさんが紹介されていた、鈴木さんの書かれた、『SEO対策テクニック』を読んでます。

私のブログ、まずタイトルの時点で、SEO対策なってませんね。

改善点山盛りです。ありがとうございます!

>笑いは検索エンジン的には意味無いかもしれませんが、ファンは増えますよ、きっと(笑)。私も負けじと頑張ります!

 確かに!SEOとバランスを取って、やっていきます。

 いつもありがとうございます。
 とても勉強になります。

Posted by 齊籐 正明 at 2006年09月29日 12:16
smoothさんこんにちは。大好物きましたね!掘り出し物ですね。ぱくっ!
Posted by 週末起業サラリーマン at 2006年09月29日 12:40
smoothさん、こんにちは!

金額といい、お手頃な本ですね。
何かの、ついでに、買います。


Posted by ニタ@教えて会計 at 2006年09月29日 12:44
「遅いより早いほうがいい」
これ、当たり前と思うんですけど、なかなか出来ないです〜

やっとこ昨日、イトーヤでジェットストリーム購入しました^^;


Posted by mami at 2006年09月29日 13:55
smoothさん、こんばんは
>Google が発見した10の事実
そのまま見るとふ〜んですがきっとgoogleのことですから凄いことやってるんでしょう(笑)。文庫本の書き下ろし珍しいですね。
Posted by マチスケ at 2006年09月29日 19:45
ネット系に興味ある方にはとってもいいのでしょうね。

私にはちとむずかしいですが・・(汗)
Posted by イヴォンヌ at 2006年09月29日 19:56
こんにちは。

最近は、グーグル以上のサービスを出すところも出て来ているように思います。

それでも、やはりネットの代表的な企業ですよね。
Posted by こばやし at 2006年09月29日 21:17
グーグルの「トップページ」ってなんであんなの?という疑問を持っていました。
この本読めばそれも解決しそうですね。
560円でこの内容は深いっ。

PHS駄目でしょうか・・・?
ネットもこれでやってるから便利なんだけどなぁ。

Posted by ビルダーナース at 2006年09月30日 01:42
smoothさん、こんばんは!
Googleの本を読むたびに、そこで働いている人の凄さというか次元の違いを感じます・・・。遠いです。
応援クリック!
Posted by 手文庫 at 2006年09月30日 01:43
連続コメントで失礼します

>大村さんのお話の続きは週明けになりそうな(笑)。

  がんばって、今日、進めました!(-_-;)

Posted by 齊藤 正明 at 2006年09月30日 09:35
グーグルの先見性を
知れば知るほど、
驚かされることばかりです。

その一部でも
徐々に吸収していきたいですね。
Posted by ひなみっくす at 2006年10月04日 21:27