スポンサーリンク

2006年09月03日

「検索連動型広告を成功に導くSEM戦略」紺野俊介(著)


検索連動型広告を成功に導くSEM戦略 費用対効果を最大化する魔法のキーワードの見つけ方
検索連動型広告を成功に導くSEM戦略 費用対効果を最大化する魔法のキーワードの見つけ方

人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

【はじめに】

◆おはようございます。

今日はこれから、実家に遊びに行く(と言うか孫の顔が見たい母に呼びつけられた)smoothデス(汗)。

たまには親孝行しないと(汗)。


◆さて、本日ご紹介するのは大好物のネット広告関係のご本。

相変わらずこのブログではSEOしかやっておりませんが、いつか攻めに出るときは(どこに(笑)?)、ぜひともやってみたい検索連動型広告のノウハウが満載です!


【目次】

Introduction 検索連動型広告の基礎知識
01 Google/Overtureと検索連動型広告の仕組み
02 費用対効果を最大化するキーワードの方程式
03 ターゲットを逃さないキーワードの選び方
04 売れる広告文と初期運用のポイント
05 クリック率を上げる運用メンテナンス
06 クリック単価を抑える運用メンテナンス
07 コンバージョン率を上げる運用メンテナンス
08 ライバルを蹴散らす入札・運用テクニック



【本書の概要】

◆検索連動型広告のスペシャリストの紺野俊介さんが「アドワーズ」「スポンサードサーチ」の活用法について詳しく解説した一冊。

手軽に始められ、SEOと違ってすぐ効果が出る反面、慣れないと成果に結びつきにくいのがこの検索連動型広告。


◆本書では掲載順位の仕組みから、キーワードの選び方、効果的な広告文の書き方、さらには入札の仕方メンテナンスの方法まで盛り沢山!

また「完全一致」「フレーズ一致」「部分一致」の使い分けを知らずして、費用対効果の向上は望めません。


「基礎から応用まで」と謳われているのも納得。

本書を読まずしてSEMを語ること無かれ!


【気づきや感想など】

◆本書に収録されたさまざまな例を見るにつけ、「大事なことを知らないで」検索連動型広告に出稿している広告主が結構多いことに驚きました。

また、キーワードごとに広告文を変え、さらには誘導するページも変えるなど、コンバージョンレートを上げるための「言われてみれば当たり前」のノウハウも思わず納得。


◆個人的に目からウロコだったのが、ユーザビリティの考え方。

SEO的な観点からは、自サイト内の他のコンテンツへのナビゲーションは有益なのですが、キーワードでピンポイントに誘導する検索連動型広告にはこれはかえってマイナス

まずは自サイトの見直しも必要なのかも(汗)!


【補足】

◆参考までに今までご紹介したSEM関係のご本を。

1億稼ぐ「検索キーワード」の見つけ方儲けのネタが今すぐ見つかるネットマーケティング手法
1億稼ぐ「検索キーワード」の見つけ方 儲けのネタが今すぐ見つかるネットマーケティング手法

(参考記事:『1億稼ぐ「検索キーワード」の見つけ方』 滝井秀典 (著)

この本、かなり売れてるみたいですよ(汗)。


コストゼロで集客!究極のSEM対策テクニック
コストゼロで集客!究極のSEM対策テクニック

(参考記事:「コストゼロで集客!究極のSEM対策テクニック」 鈴木将司 (著)

先日セミナーにお邪魔した鈴木さんの本。

ご本人もかなり情熱的でした。


 SEOを超えたホームページ集客術 ~プロが教えるSEM(検索エンジンマーケティング)の実践テクニック96
SEOを超えたホームページ集客術 ~プロが教えるSEM(検索エンジンマーケティング)の実践テクニック96

(参考記事:「SEOを超えたホームページ集客術 ~プロが教えるSEM(検索エンジンマーケティング)の実践テクニック96」 細木康裕 (著)

なんだかこの本の記事書いた頃は、あまりSEMについて前向きじゃなかったみたいですね(笑)。


 Googleアドワーズ&アナリティクス活用テクニック
Googleアドワーズ&アナリティクス活用テクニック

(参考記事:「Googleアドワーズ&アナリティクス活用テクニック」永松貴光(著)

この本はアドワーズだけですが、その分「手順」は詳しいです。


◆うーん、こうして見ると、いつまでたってもSEMやらない私は口だけ番長と言われてもしょうがないような(汗)。

・・・って、相変わらず売るものないんですが(笑)。


でも、この本は検索連動型広告に携わる方は必携!!!

検索連動型広告を成功に導くSEM戦略 費用対効果を最大化する魔法のキーワードの見つけ方
検索連動型広告を成功に導くSEM戦略 費用対効果を最大化する魔法のキーワードの見つけ方


【編集後記】

◆先月、家のすぐそばの公園のお祭りで盆踊りを踊ったムスメは、今でもヨメに

「ママァ、公園に『アラレちゃん音頭』踊りに行こうよー」

とせがむそう(笑)。

その度、ヨメはムスメに「太鼓の音聞こえないでしょ?今はやってないわよ」と説明するのだとか(笑)。


◆ムスメはそれでも、自転車でその公園の近くを通り過ぎる都度に

「ママァ、今日も太鼓やってないね。アラレちゃん、踊れないね」

と言うのだとか(笑)。

ムスメよ、お祭りは年に1度しかやらないんだぞ(涙)!

というワケで、お祭りのときの画像をもう一度。

daf4971e.jpg











人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「ITスキル」へ

「マインドマップで読書感想文」のトップへ

Posted by smoothfoxxx at 10:16
Comments(10)TrackBack(1)ITスキルこのエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/50738798
この記事へのトラックバック
鈴木将司
鈴木将司【マインドマップで読書感想文】at 2006年10月03日 15:16
この記事へのコメント
親孝行してきてくださいね^^

今のうちにできることしてあげておきたいですよね。ぽちっ
Posted by 笑顔整体の院長 at 2006年09月03日 17:21
smoothさんこんにちは。
この本読んでないです(汗

静かにしていますといいたいところですが、
委託先が本格的に広告費を積んできました(汗

6ヶ月で5000万売上げやらにゃあかんくなりましたよ〜^^;

がけっぷち週末起業サラリーマン〜
アボ〜ン!

この本早速購入します(滝汗
Posted by 週末起業サラリーマン・・・hikaru at 2006年09月03日 19:52
smoothさん、こんばんは。
ご紹介の分野、積ん読状態です。^^;)早くヨマネバと思いつつなかなか手つかずになっています。
Posted by マチスケ at 2006年09月03日 21:08
娘さん、
とてもお祭りが楽しかったみたいですね!

検索連動型広告。
将来は使ってみようと思ってます。
良い本の紹介ありがとうございます。
Posted by たなか@心レベル at 2006年09月03日 21:46
こんばんは〜。

先週金曜日に、ランキングが暴落してから、
SEOとかSEM??とか気にしないといけないのだろうか?
と真剣に考え出しました。

ランキング考えていたわけではなかったはずなのに、
潜在的には考えていたようであります。

どうしよぉ。

私の中で自分に対しての合言葉は
・・目指せ!オンリーワン☆
なんだけどな。周りは意識しないようにというか。

SEM戦略、気になりますね、やっぱり。
競争社会で生きてきましたから(汗

Posted by sayuri at 2006年09月03日 21:57
検索連動型で、集客するのは成長期の後半にはいっているような気がしますが、それでもまだまだ有効ですね。


Posted by タツ at 2006年09月03日 23:56
SEM意味すら分かりません (^_^;)

うわ〜、話にならない・・・

お祭り、かわいい話ですね。
Posted by 齊藤 正明 at 2006年09月04日 06:23
楽天に店を・・・なんて最近考えているんですよ(爆笑)。必要ですね。避けては通れないですね。マインドだけじゃ。

そのときはエッセンスだけ注入してください(笑)
Posted by ぼうや at 2006年09月04日 19:36
はじめまして。アイレップの紺野と申します。中里さんからsmoothさんのブログについて紹介され、レビューについて拝見させて頂きました。ありがとうございます!ただ、仰って頂いているほどは・・・。(笑
Posted by 紺野 俊介 at 2006年09月21日 10:31
このたびは辺境のブログにコメントありがとうございました。

著者ご本人様からのコメント頂き、大変光栄に思っております。

本当はもうちょっと突っ込んだ形でご紹介したかったのですが、実は、中里さんと知り合った土井英司氏の別のセミナーの関係で、書評の字数が制限されていた関係上、
あのような書評になってしまったことをお伝えさせて頂きます。

実際、ご本につきましては、私としてはSEM関係の本の中でも、とても質が高いものだと思っております。

自分が、実際に出稿したことがないので、キーワード広告の奥深さについては今ひとつよくわかっておりませんが、次回作等を出版されましたら、また拝読させて頂きます。

今後ともよろしくお願いします。
Posted by smooth@マインドマップで読書感想文 at 2006年09月21日 10:59