スポンサーリンク

2006年08月26日

「突破する企業「大逆転」のシナリオ」津田倫男(著)


突破する企業「大逆転」のシナリオ
突破する企業「大逆転」のシナリオ

人気blogランキングいつも応援ありがとうございます!

【はじめに】

◆おはようございます。

爆睡していて今やっと起きたsmoothデス(汗)。

週末で助かりました(笑)。


◆さて、今日ご紹介するのは、先日記事にした『「ビジネスのIQが高まる泉田式10速発想法」泉田豊彦(著)』を読んでいる時、「あーそう言えば、こういう事例が沢山載っていた本読んだっけなー」と、本の山から発掘した一冊(笑)。

泉田さんの本と併せて読めば、効果倍増カモ(笑)。


【目次】

第1章 公企業体「復活・再生のセオリー」
 売るものがなければ創ってしまう(シンガポール・エアラインズ)
 「常識」破りを率先すること(東京都足立区) ほか

第2章 新旧サービス業の「市場創造と自己変革」
 挑戦を続けることの意味(エイビス・ヨーロッパ)
 顧客より重要なものは何か(マリオット・ホテル) ほか

第3章 老舗メーカーが「存続しつづけるための挑戦」
 偶然から生まれた一〇〇年ブランド(P&G)
 売れ筋商品が陳腐化したら(ネスレ) ほか

第4章 存亡を賭けた企業の「死角を突く逆転劇」
 気づかなかった勝利の方程式(オークランド・アスレチックス)
 異業種の「常識」を当てはめてみる(松井証券) ほか

終章 ブレイクスルーする発想術
 日本人には本当に独創性がないのか?
 「信仰」にとらわれるな ほか


【本書の概要】

◆著者の津田さんは、MBAホルダーで企業支援コンサルの経験を持ち、現在青山学院大学の講師を勤められています。

それだけに、本書における実例に対するアプローチも極めて正統的。

ただしその実例はいずれも「経営危機」に面した会社がそれを乗り切っていくというものです。


◆各企業が「固定観念」を打ち破り、どう成功したか。

ここに共通の「ブレイクスルー」があると津田さんは言います。

「黒川温泉」「エイビス・ヨーロッパ」「マリオット・ホテル」「QBハウス」などなど、16のケースから探る「成功のヒント」。

また、最終章の「ブレイクスルーする発想術」もお見逃し無く!


【気づきや感想など】

◆成功例ばかりとりあげられていることもあり(笑)、時として「いかに固定観念に囚われないことが大事か」ということが理解できました。

特に過去の「成功体験」が足かせになる事例は、歴史上いくつも見ることができます。

「すべての常識を疑う」

これが本書のキーワードだとか。


◆また、津田さんが提唱するDCS(供給者による需要管理)の考え方で、いくつかの事例を採点している点も興味深かったです。

ただ、このDCSについて、ほとんど解説がなかったのが残念。

「基本的な企業経営を学んだ後のさらに上行く方法論」なだけに、基本を知らない私はちょっと心配(汗)。


【補足】

◆本書は、<ケース>、≪解答≫、その後の解説といったパターンで展開されていきます。

たとえば、本の帯の裏に書かれていたケースがコレ。

『主力製品である解毒鎮痛剤「タイラノール」に毒物を混入され、身代金を要求されたJ&J(ジョンソン・エンド・ジョンソン)は、売上高が激減してしまった。
このとき、J&Jの会長がとった手段は?』


私は答えというか、この事例の事は知っていました(ネタバレするんで書きませんが)。

これに対して解答(実際のアクション)と、その解説が書かれているわけです。

何となく学校の問題みたい(笑)。


【編集後記】

昨日の記事で書いたヨメが作った「すげー秘密兵器」がコチラ。

3a7998ca.jpg













マトリョーシカであります(笑)。

入れ子構造になっていて、中にどんどん人形を入れていっちゃうっていうアレですね(笑)。


◆勝手に拝借したキャラクターは分かる人には分かる(笑)、アンパンマン関係(笑)。

ちなみに向かって右端の一番チッコイのがムスメです(笑)。

ていうか、自分のヨメながらここまでやるとはアッパレ(笑)。
Posted by smoothfoxxx at 09:04
Comments(8)TrackBack(0)企業経営このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/50730908
この記事へのコメント
smoothさん、こんにちは!

ライセンス、クリアすればネットで売れますね。
ちなみに、出版社のフレーベル館さんがライセンスを持っていると思います。
Posted by ニタ@教えて会計 at 2006年08月26日 09:25
事例とか生き様ものを読むの結構好きです。

面白そうですね(^-^)

奥さんすごい器用ですね!
ロシアの人形でしたっけ?

娘さんもあけてびっくり、あけてびっくりだったのでは?(^-^)
Posted by たなか@心レベル at 2006年08月26日 10:26
smoothさん、こんにちは!

>「すべての常識を疑う」。
常識にとらわれない発想って大事ですよね。
成功事例があると、ついついそれを
まねしたくなるのも分かるんですが^^;


「常識を疑え」が「常識」になりはじめてますが、
その「常識」を疑うと・・・
って、頭痛くなりそう(苦笑


あと…マトリョーシカ、すごすぎます(笑
Posted by 淺田 義和 at 2006年08月26日 10:31
smoothさん、昨日はありがとうございました。
早速即先方さんへ連絡入れましたので。

最初留守録20代ぐらいの声に聞こえたので、誰かと思いました。失礼。(笑)
Posted by 栗原敏彰 at 2006年08月26日 10:34
こんにちは。

>勝手に拝借したキャラクターは分かる人には分かる(笑)、アンパンマン関係

これすごいですね。
手作りですよね。

売ったら売れそうですが、著作権でダメですね(笑)

Posted by こばやし at 2006年08月26日 11:05
マトリョーシカいいですねぇ^^

しかもアンパンマンバージョンってかわいいですよね。

奥さんすごい器用ですね。ぽちっ
Posted by 笑顔整体の院長 at 2006年08月26日 14:13
おくさんすごい創作力じゃないですか!
マトショーシカっていうんですね。
初めて知りました。
この技術力には脱帽です。

弟子入りしてこれで食っていこうかな(w
Posted by 週末起業サラリーマン・・・hikaru at 2006年08月26日 20:16
おはようございます!
本当に奥様すごいですね!!!
マトリョーシカってロシアのお人形ですよね?
「作れる」なんて思わない(思えない)から驚き2倍です☆

私も弟子入りしたいです。が、不器用極まりないのできっとムリ。


Posted by mami at 2006年08月27日 09:37