スポンサーリンク

2006年05月22日

『「視聴率男」の発想術』 五味一男 (著)


「視聴率男」の発想術 五味一男
『「視聴率男」の発想術』 五味一男 (著)

人気blogランキングいつもご声援ありがとうございます!

【はじめに】

◆おはようございます。

今週はある種の仕事上の山場のsmoothデス(汗)。

相変わらずブログは周りにはナイショなんで、なんとか続けますぜ(笑)!




◆今回の本は、以前とあるテストに用いて、ちゃんと書評をしなかった(参考過去記事:『「視聴率男」の発想術』 五味一男 (著)一冊。

日テレのバラエティー番組を支える五味一男さんの秘密を探ります(汗)!


【目次】

プロローグ 『エンタの神様』のつくり方
 1年半ぶりの現場復帰
 「視聴率グラフ」から見えてきた“鉱脈”
 決して偶然ではなかったヒット
 「エンタの神様」における「笑い」の要素とは?
 「ヒットさせよう」などと思ったら逆にヒットは生まれない

第1章 日本でいちばん「普通の人」になる
 ヒットには理論がある
 視聴率は「親切率」
 「普通の人」が無視される理由 ほか
 
第2章 ヒットの方程式
 「100のレベルの自分」と「200のレベルの自分」
 前乗りマーケティング ほか

第3章 「普通の人」の精度を高める
 コンセプトがあっていれば「当たり」は見つかる
 ささいなことに「むかついてみる」
 分析癖をつける ほか

第4章 「200のレベルの自分」を鍛える
 方法論の重要性
 ゼロから発想は生まれない
 売れているものを受け入れる ほか


【気になった点など】

◆今発売されている、雑誌「CIRCUS」『「エンタの神様」に学ぶヒット連発の発想術』という特集があって、これがむしろ今の五味さんの考えをよく表しているな、と(リンク先のサイトは次号発売以降は、バックナンバーで「2006年6月号」を指定して下さい)。

CIRCUS (サーカス) 2006年 06月号 [雑誌]
CIRCUS (サーカス) 2006年 06月号 [雑誌]

なんたって

日本テレビの視聴率NO.1プロデューサー:五味一男

『エンタの神様』に学ぶヒット連発の発想術
世間ではお笑いブームと言われながらも、実際に高い視聴率を稼ぐバラエティ番組は数少ない。その中で毎回20%を超え、多くの芸人をブレイクさせてきたオバケ番組が『エンタの神様』だ。これを仕掛けるのは、“手掛けた番組の9割を当ててきた男”こと日本テレビの五味プロデューサー。なぜ今、彼はお笑いに注目し、『エンタの神様』を立ち上げたのか? その成功の要因を取り上げながら、ヒットするための秘訣&発想術を徹底解剖する!

とか書いてありますし(汗)。


★普通の人が求める商品を提供する

◆「自分が面白いと思うものを追求しても、一部には受けても大多数から支持されるとは限らない」と五味氏は言います。

そして氏曰くところの「最大公約数である普通の人1000万人」を頭の中に住まわして、その代表として潜在的に不自由しているものをひたすら考えるとか。

例としては「24時間営業のコンビニ」ですとか「モツモトキヨシ」などなど。


★100と200のレベル

◆一方、それら「普通の人」である『100レベルの自分』と、新しく発信していくクリエーターとしての『200レベルの自分』を対話させていくことにより、番組を考えていくとか。

五味さんの手がけた番組は、確かに凄く斬新ということはないのですが、その後のトレンドになっていたりしています。

「クイズ世界はSHOW by ショーバイ!」

「マジカル頭脳パワー」

「投稿!特ホウ王国」

「速報!歌の大辞テン!!」

「エンタの神様」

(以上全て「Wikipedia」より)


【読後の感想など】

◆今さら気が付いたんですが、ワタクシ上記に上げた番組を何一つまともに観てません(汗)。

結構、高視聴率番組だらけなのに・・・。

最初にこの本を読んだ時にちょっとした違和感を感じたのは、そういうところに原因があるのかもしれませんね(笑)。

もっとも、自分がバラエティやお笑いに関して感性が鋭いつもりは全くありません

単に「世間一般と趣味嗜好が違うだけ」と言う事で。


◆おそらく、五味さん自身「マニア受けする『200レベル』の番組」を作ろうと思えば作れるハズです。

それでも大多数から支持されるために、フツウなのに面白い番組作りをされているんだなー、と。


◆まぁ、個人的には、今回の雑誌『CIRCUS』の記事を読んで、「エンタの神様」でかなり芸人さんの芸に口出しされいる」ことを知り、ちょっとビックリしたんですよね(笑)。

それもこれも番組としてのクオリティを上げるためなんで、その観点から見たらオッケーなんでしょうけど。

・・・と、「エンタの神様」をまともに観ていないsmoothが言ってみるテスト(笑)。


◆ちなみに、私は小学校時代(笑)にコレに「はまった」ためか、大学時代のホームステイ先にイギリスを選びました・・・。

今考えても、影響力は偉大だったかと(汗)。

空飛ぶモンティ・パイソン VOL.1
空飛ぶモンティ・パイソン VOL.1


【編集後記】

◆昨日は、家族で大井町(何故(汗)?)にムスメの靴を買いに行きました。

未読本がどっさりあるにもかかわらず、ヨメがムスメとトイレに行っている間にこっそり(笑)買ったのがコレ!

即戦力の磨き方
即戦力の磨き方


◆帰りは、日頃使わない東急大井町線の駅から歩いて帰宅したのですが、ムスメがどうしても「自分でベビーカーを押す!」と言いだしてひと苦労(涙)。

私が手伝おうとすると烈火のごとく(笑)怒り出し、無理やり押そうものなら大号泣・・・(涙)。

フツウなら10分程度で帰れるところを、30分以上かけて帰りました。

泣きたいのはこっちナリ(涙)!

人気blogランキングご声援ありがとうございました!

この記事のカテゴリー:「アイデア・発想・創造」へ

このブログのトップへ

Posted by smoothfoxxx at 07:11
Comments(14)TrackBack(0)アイデア・発想・創造このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
この記事へのコメント
おはようございます。

私は、ほとんどテレビはみないので、
バラエティーも知らないのですが、当然
明確な勝ち・負けはあるはずですね。

以前「どっちの料理ショー」のカラクリを聞いて、びっくりしたことがあります。

応援クリック。
Posted by タツ at 2006年05月22日 07:40
smoothさん、おはようございます。

私も、ここにある番組をほとんどみたことがありません。
動画配信になると、視聴率の概念も変わるんでしょうね、全部実績値になりますから。

そういえば、昨日は、うちのムスメは、幼稚園の先生ごっこで、笛を吹きながら、生徒を引率するという遊びにはまっていまして、
30分引率されました(笑)。
Posted by ニタ@教えて会計 at 2006年05月22日 08:15
こんにちは。

どれも、その時代に流行っていた番組ですよね。

大衆に受けるものは何か、という観点から考えているというのがよくわかります。
Posted by こばやし at 2006年05月22日 09:40
またまた超魅力的な小見出し群ですね。私エンタ好きなので読みたいです。ベビーカーのお話は、うちもそうなので笑っちゃいました。
追伸 6月頭に東京へ行きます。タイミングが合えばお会いしたいです。またミクります。
Posted by 週末起業サラリーマン at 2006年05月22日 10:05
こんなに高い完成度のブログを作っていて、会社にナイショですか!

smoothさんの素晴らしい才能を、会社は知らない可能性もあるのですね!

五味さんの作品をあまりご覧になった事がないというのは、ある意味すごいです (^^;)
Posted by 齊籐 正明 at 2006年05月22日 12:26
芸人さんの芸に口出ししてるんですか!

それはおもしろいですねぇ。
そういうところまでぬかりなくやってるからこそなんでしょうね。ぽちっ
Posted by 笑顔整体の院長 at 2006年05月22日 12:26
こんにちは。
>「最大公約数である普通の人1000万人」を頭の中に住まわし。この話しに興味を持ちましたが、個人的にはこちらの方が。「トイレにいっているすきにこっそり本を買う」⇒どういった選択眼で本を選んでいるんですかね。笑)ひかれるものがあるとか?


Posted by まちすけ at 2006年05月22日 13:37
smoothさんどうもです

オレもほとんどみてない番組ですwww

でも、いい時間帯にみんなが普通に見る番組ですね。

万人受けする内容だったのでしょうね。

応援クリックしておきます〜
Posted by 34才失業パパ♪インスタント超加速装置 at 2006年05月22日 20:04
smoothさん、こんばんは。
ここ半年ほど、テレビを見なくなったので
(みなさんの仲間入りです(汗))
エンタの神様は題名しか知りません。
それでも番組名が認知されているとことに、
五味さんのマーケティングの凄さがあるの
でしょうか。
ちなみに、他の番組はすべて視聴していました。(笑)
Posted by 重田貴士 at 2006年05月23日 00:07
>タツさん

私もムスメが生まれて、幼児番組を観るようになった位で、基本的にテレビはホント観ませんねー(汗)。

スイマセン「どっちの料理ショー」のカラクリも知りません(汗)。

>ニタさん

ニタさんも観てないということでひと安心(笑)。
視聴率については、ネットになるのを恐れているのはやはり代理店であって、正しく計測できるネットだと、色々都合悪そうです(笑)。

そしてここにもムスメの相手で疲弊しているパパ発見(笑)!

>こばやしさん

「大衆の視点」というのがワタクシの場合欠落しているモヨウです(汗)。

でもそれが無いと、「数こなすビジネス」は難しいのかもしれません。

実は私がこのブログで苦戦(?)しているのも、この辺に理由があるのかも(汗)。


Posted by smooth@マインドマップでビジネス書評 at 2006年05月23日 00:39
>hikaruさん

エンタ好きさんがいらっしゃいましたか(笑)!
この本読む前に、まず雑誌"CIRCUS"を読まれることをオススメします。
正直、そっちでもかなりエッセンスは得られますし(笑)。

6月頭は実はsmooth家が家族旅行なんで、ひょっとしたらまたダメかもしれません(スイマセン)。

>斉藤さん

そちらにもお書きしましたが、このブログはとにかく仕事と全く繋げていないので、仕事の関係者が評価することはありえません(笑)。

また、定時後「忙しい」理由がブログと思われるのも心外なので(その部分もかなりあるんですが(笑))、このまま伏せておくつもりです(笑)。

>院長サマ

この芸人に口を出す『「エンタの神様」スタイル』を毛嫌いしているファンや、芸人さんも結構いるらしいです。

上記リンクの「エンタの神様」のページにかなり詳しく載っていました。
Posted by smooth@マインドマップでビジネス書評 at 2006年05月23日 00:46
>まちすけさん

あれ?いつのまにひらがなに(笑)。

お問い合わせの「私が本を選ぶ基準」について。

1.新刊で面白そうなもの
2.記事としてネタにできるもの
3.記事にした場合に検索エンジン経由での訪問客が見込まれるもの
4.上記3.とも関係しますが、書店ランキング等で上位にあるもの

こんなところでしょうか?

>パパさん

パパさんもご覧になってませんか。
でもタイトルぐらいは知ってますよね?
それが「ヒットしている番組」ってことかと。

>重田さん

五味さんが優れているのは、ある種の「分析力」だと思います。
「ありそうでなかったもの」を造り出す、というよりは、見つけ出す能力に長けてらっしゃる、と言いますか・・・。

私はホント、バラエティ番組は観ないので、その凄さがイマイチわかってませんが(汗)。
Posted by smooth@マインドマップでビジネス書評 at 2006年05月23日 00:56
めっちゃくちゃおいそがしい中、私のブログにコメントを寄せていただき本当にありがとうございます、嬉しいデス。

10人限定の小人数の講座ですが、私はやはり受身より主体のほうが性にあってます。

紹介の番組は私は一応全部見たことはあります。

エンタの神さまは話題になってるから、どんなのかだけ見ておこうって感じてみただけでしたが。

マーケティング発想源のセミナーもうすぐで、すごく楽しみです。

娘さんのエピソードをいつもとても楽しみにしています。

くれぐれも体をお大事にしてください。




Posted by まさみ at 2006年05月23日 01:32
>まさみさん

おっしゃる通り、まさみさんは「主催する」方が似合ってます(笑)。

そうそう、「大阪発想源」もうすぐですね!

メルマガの「お便りコーナー」でチクチク(笑)書いたりしていますし、実際セミナーで名刺渡したら、その場で破られるんじゃないか、というイメージがありますが、決してそんなことはなく(笑)。

ムスメは貴重なネタ提供元として、当分活用するツモリです(笑)。

お気遣いありがとうございました。
Posted by smooth@マインドマップでビジネス書評 at 2006年05月23日 20:34