スポンサーリンク

2006年03月02日

★『「へんな会社」の作り方』 近藤淳也 (著)


「へんな会社」のつくり方


人気blogランキング本業でも苦戦中(笑)!

◆こんばんは。

最近新し目の本にはまっているsmoothデス。

先日オアゾ(×フ(笑)聖幸さん、ツッコミどうもです(笑))の丸善行った時も、時間が無かったせいもあって、平積みコーナーからテキトウに持ってきてしまいました(汗)。

あ、もちろんレジには並びましたよ(この年で万引きするわけにも(汗))。



◆今日ご紹介するのも、例の「ウェブ進化論」関係でございます。

というか、梅田さんが取締役を務めるはてなの社長の近藤淳也さんのご本です。


「ウェブ進化論」から、梅田さんが近藤さんについて語った部分を抜き出してみます。

はてなの経営に参画する決心をしたのは、蠅呂討柄篭伴垠鷦卍后Χ疇淳也が、たくさんの日本の若者たちの中でも、特にキラリと光る逸材だったからだった。

世の中に、優秀な人というのは想像以上にたくさんいるものだが、不思議な人間的魅力を伴う「器の大きさ」と「動物的な強さ」を併せもつ個性に出会うことは滅多にない。初対面のときに、近藤にはそれがあると直感したが、しばらく付きあっていくうちに、その直感は確信に変わった。


◆この本では、ちょっと変わった会社であるはてなとそのちょっと変わったサービスについて描写されています。

「立ったまま会議をする」
「ほぼすべての会議をICレコーダーで録音し、MP3ファイルでアップする」
「ブログを見て採用する人材を決める」
「社員全員の相互評価でボーナスを決める」

(この「ボーナスの決め方」には、「高い評価の人からの評価ほど意味がある」と、Googleの概念を取り入れたそうです(笑)。)

などなど、社内のシステムは斬新ですし、

はてなブックマーク

はてなアイデア

などのサービスも一味変わってます。

ただ、それを変わっていると思うのは、単に私たちの常識に過ぎません。


◆この本の最初で近藤さんは、子供の頃やった草野球のお話をされています。

18人いれば、キチンとしたルール(「9人対9人」)でやれるけれど、子供が10人しかいなければ「5人対5人」の変則ルールになり、もっと少なければ、「ベースもいらないや」となっていくわけで。

近藤さん曰く

ルールなんていうのは、たくさんある可能性の中の単なる1つに過ぎない

ということ。

はてなはそんな自由な発想の元にできています。


◆そしてはてながスゴイのは、そのユーザー寄りの姿勢。

バグや脆弱性があってもそれを隠さず、ユーザーとともに直していくのはもちろん、50%の完成度でサービスをリリースする(もちろん、最低限の安全性を確保した上で)というのは、常識ではなかなか考えにくいやり方です。

しかしはてなは不特定多数のユーザーを信じています。

梅田さんは「ウェブ進化論」で近藤さんのことを次のように評しています。

そして何より近藤は、時代の大きな流れを体現する「不特定多数無限を信頼する心」を過剰に有していた。


来るべき「Web2.0時代」を先取りするかのような、はてな

はてなのことをもっと知りたい方にはお勧めです!

ちなみに非常に読みやすいですから、昨日までの2冊に挫折した人でも安心(笑)!


人気blogランキングクリックありがとうございました!

Posted by smoothfoxxx at 22:30
Comments(11)TrackBack(2)起業全般このエントリーを含むはてなブックマークYahoo!ブックマークに登録

スポンサーリンク




この記事へのトラックバックURL


●スパム防止のため、個別記事へのリンクのないトラックバックは受け付けておりません。
●トラックバックは承認後反映されます。
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/50478024
この記事へのトラックバック
yahooで「ウェブ進化論」を検索してみると最初の方にごそっと本がいっぱいでてきますねぇ。 何かと思えば 「ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる」 作者: 梅田望夫 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2006/02/07 メディア: 新書 出版社/著者からの内容紹介 インタ...
ウェブ進化論【オタク生活を晒すブログ】at 2006年03月11日 07:12
yahooで「ウェブ進化論」を検索してみると最初の方にごそっと本がいっぱいでてきますねぇ。 何かと思えば 「ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる」 作者: 梅田望夫 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2006/02/07 メディア: 新書 出版社/著者からの内容紹介 インタ...
ウェブ進化論【オタク生活を晒すブログ】at 2006年03月12日 16:40
この記事へのコメント
オアフの丸善がツボにはまりました。

ナイス!


Posted by 聖幸 at 2006年03月02日 23:17
私も、今日近藤氏の野球の話を
「へんな会社のつくり方」で読みました。

確かに「はてな」って日々感じているかなあと
ちょっと自分を振り返ってみました。。。
Posted by jetblue at 2006年03月03日 00:07
今は変わってるっていってるものでも、
そのうち当たり前になるものですね^^

アイデアは常に入れ替わり立ち代りですね。ぽちっ
Posted by 笑顔整体の院長 at 2006年03月03日 00:07
梅田さんの本あたりからこの分野にはまっています。

毛嫌いしていた分野ですが紹介していただいてはまっています。

この本も読まさせていただきます。
Posted by 屋宮 久光 at 2006年03月03日 02:16
smoothさんおはようございます。最近の記事は私にとってヒットの連続です。モバイル環境だとマインドマップがみられないんです。ちょい悪税理士smoothの3分間ブログセミナーのおかげで、インスピレーション湧きまくりです。臨界点越えたかしら?とにかくありがとうございます。
Posted by 週末起業サラリーマン at 2006年03月03日 06:10
最近はまっている”オープンソース”な
働き方について知ることができる一冊です。

さすがsmoothさん、おさえてますね〜(笑)




Posted by YOSHI at 2006年03月03日 08:31
smoothさん、おはようございます。

>ちなみに非常に読みやすいですから、昨日>までの2冊に挫折した人でも安心(笑)!
なるほど、こういったトークを使えば、障壁が下がるんですね。

>あ、もちろんレジには並びましたよ
気持ち分かります。私はsmoothさんと違いカバーとか要りませんので、セルフレジとかあれば、勝手に会計すましちゃいたい性質です。

Posted by ニタ@教えて会計 at 2006年03月03日 08:54
長年常識と勘違いしていること
は、多いですね。

立って会議をやったり、
ボーナスを社員全員の相互評価
で決めたり。

これがほんとうは正しいのかも
しれませんね。

ブログで採用を決めるというのも
良いですね。
Posted by 栗原敏彰 at 2006年03月03日 09:05
こんにちは。

はてなは、名前からして、変わっている感じがしますね。

今までとこれからをつなぐものが、うまくいくような気がしています。
Posted by こばやし at 2006年03月03日 11:34
smoothさん、おはようございます!
「はてな」
常識で考える人はこんな名前の会社作らないでしょうね^^
面白い。やはり常識って大いに疑ったほうが面白いアイデアは浮かびやすいんですね!
Posted by 2000の単語を超速で暗記する!ブログ 雄宇 at 2006年03月03日 12:27
こんにちは。

>ルールなんていうのは、たくさんある可能性の中の単なる1つに過ぎない

これスゴイですね。
この感覚ってなんとなくは解るんですけど、
ここまで明確に感じていたり、言語化できる
のはスゴイです。

このルール認識にやられました。
Posted by LifeTrackBack at 2006年03月04日 11:28